瑞穂のラグビー好き

ラグビーをみんなで盛り上げましょう

テストマッチ:豪州 対 フランス 雑感

2009年06月30日 | 海外

<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 NZとのテストマッチを1勝1敗で終えたフランス。特に1戦目は一部選手が
 合流に合わなかったにもかかわらず、見事な勝利
 ワラビーズ相手にどんな試合をするか楽しみにしてましたが・・思ったより
 大差がついてしまいました(22:6)

 ミスがないワラビーズは強いですね。南アのような激しさにないしたたかさを
 感じます。放送でも言われてましたがロビー・ディーンズの2年目の成長と
 考えて方が良いようですね

 この様子では、今年のトライネーション 怪我人が多いNZは少々分が悪いかも

 放送の解説が、岩渕氏で判りやすかったです

 おまけ:関東協会のHPが更新されてませんね
      関西協会や九州協会は、JWCのこともしっかりUPされていたのですが
      関東協会は、秋まで休養中なのでしょうか?

 読んで、良かったと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テストマッチ 南ア 対 Lions 第2テスト

2009年06月29日 | 海外


<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 今のラグビーで短期集中勝負で一番強いのはスプリングボックスでしょう
 問題は、波のあるチームであること。あっけなく負けることも多いです

 さて、12年振りのLionsとの第2テスト。
 会場は南アですが、バックスタンドは真っ赤なLionsサポーターで埋まってます

 で、いきなり荒れます KO32秒で、記念の50キャップ目のFL:バーガーが
 サミング(指で目をつつく)でシンビン
 
 LionsはPGで先制すると、続いて今日抜群の動きのFB:カーニーがトライ
 Gも決まって 10点差に                      (0:10)

 バーガーシンビン明けると今度は南ア、ラインアウトから一発でとってきます
 トライは、WTB:ピーターセン。Gは決まらず          (5:10)

 ここでようやくスクラム、前回押し負けたLionsが押し勝つと会場から歓声が
 上がります(よっぽど悔しかったんでしょうね)

 試合はこれからヒートアップ。ブレイクダウンが凄い・・というより、もはや格闘技
 に近い試合。あちこちで小競り合いが続くのでレフリーも大変です

 前半は、Lionsが2PG追加しますが、南アは最後にFB:ステインが55mの
 PGを決めて8点差で後半に                      (8:16)

 後半になってすぐにLionsの両プロップが同時に負傷。アクシデントなので
 仕方ないですが、これ以降のスクラムはノーコンテストとなってしまったのは
 少し残念でした

 今日はSOピナールが不運な日。キックがことごとく入らず(可哀想なくらい)
 逆にスーパー14の得点王モルネ・ステインを出せとコールがおきます

 その後、LionsはPGを確実に決め点差を広げます.SO;ジョーンズは完璧

 22分 ついに南ア、WTB;ハバナが爆発。切り込んでトライです
      G決まって4点差に                    (15:19)

   続いても南ア、交替のモルネ・ステインがPG決めて1点差
   LionsもPG決めて再び4点差                 (18:22)

 35分 南ア、ペナルティを狙わず、バックスで勝負。フーリ―が右隅に
     トライ。モルネのキックも成功で逆転           (25:22)

 37分 試合はまだ終わらない、南アの反則でPG成功で同点 (25:25)

 試合終了直前のオガーラの危険なプレーで、モルネがPGを狙う
 正確な弧を描いたボールはポールの間に飛び込み成功    (28:25)

 そのままノーサイド。南アは交替選手がいい働きでした
 Lionsは、最終戦に意地をかけて1勝をとりたいところです
 
 それにしても激しい試合。久々にガチンコ勝負を見ました
 フィットネスという以前の戦う姿勢はジャパンも見習うべきですね

 読んで、良かったと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

PNC:トンガ戦+WC開催地決定一ヶ月前

2009年06月28日 | ジャパン

<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 苦戦続きのPNCですが、今回は、最近相性のいいトンガ

 とはいうものの、NEC:ラトウ、サントリー:ティーポレ、神鋼:マカパイトロの
 3列は強烈。バックスにも元神鋼:ホラ、元ワールド:ヴァカとツワモノぞろい

 前半からスクラムを押される辛い展開。今までの例だとズルズル行きそうな
 嫌な予感がしましたが、なんとか凌いでました(成長のあとかな)

  8分 ジャパン良くつないでゴールラインまで迫りますが、FB:ウェブが
     押し戻されます。その後、ラインアウトからCTB:ニコラスがゴロパンも、
     ノートライ(解説でも言われてましたが、この作戦はどうなんだろう?)

 17分 SH:田中のキックをチャージし、その後つないで、ヴァカがトライ
     G成功し、トンガが7点先取

 20分 CTB:ニコラス突破から,WTB:小野澤が抜けてトライ・のはずが
     トンガのペナルティで幻に。とりあえずPGで3点返す    (3:7)

 22分 ターンオーバーからキックでゴール前に、小野澤が持ち込み、最後は
     ウェブが押さえトライ。G不成功(ニコラスは、不調です)  (8:7)

 33分 ターンオーバーからウェブ→ニコラス→ウェブで中央にトライ。G成功
     15:7 で前半このまま折り返し

 後半 
  5分 ラインアウトからトンガのHOがスルスルと抜けて、トライG決まって1点差

 10分 トンガのLOがシンビン。ニコラス、比較的安易なキックを外す
 
   シンビン中に追加点がとれそうで、とれず

 22分 トンガのオフサイドで、PG。今度はアレジが決めて4点差 (18:14)

 36分 再びPG決めて、7点差の負けはない安全圏に・・このまま終われば
      と思ったら、あっさりトンガに突破され失トライ。課題だなあ
     G決まらず、2点差でジャパンの勝利。            (21:19)

   個人的にはMOPはウェブですね。コーラは良い戦力補充しました
   ホラ、森田の影で神鋼では出番がなかったのですが、神鋼ファンは複雑かも
   FWではトンプソンかな、菊谷の方が目立ってましたが、DF重視します

 と・・最後まで記録を見ていたら・・得点機会に漢字の名前がない・・
 これはチョット寂しい 


 さて、あまり話題になってませんが、2015、2019年WC開催国決定まであと
 1月となりました。個人的には、2大会同時決定の意味が分かりません。
 4年ごとにその時の状況を鑑みて判断すべきでしょう。10年も先のことを
 決めてしまっては、その先のWCを招致しようとする意思すらそぎ落とす、
 蛮行だと思ってます

 問題は、開催国決定より大事な2大会同時決定という非常に重大なことが、
 決定したの一言で終わってしまっているラグビー界の現状。
 なぜ異議を唱えないのでしょうか?日本招致の可能性が高まったから?
 そんなのおかしくないでしょうか?

 今からでも、今年は2015年の開催地のみ決定し、2019年は4年後までに、
 各国が再度名乗りを上げ招致活動を行うということが、ラグビー界の意思
 決定の透明化のために必要なことだと思いますがいかがでしょうか?

 JWCのチーム数削減といい、IRBは一方的な決定が多すぎて不信が募ります
 WCですら、20か国開催がいつまで続くか不安になります

 読んで、そうだなあと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書き始めて早4年^^

2009年06月27日 | 共通

<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 みなさん、いつもご愛読ありがとうございます。このブログも書き出して丸4年
 なんだかんだと書くことが尽きなく、楽しんで続けてます
 これからもよろしくお願いします

 (いつもは、6/21に書いているのですが、今年は忙しかったので週末で
  ご勘弁)

 書き始めた頃のトピックを少し上げます

  1.ジャパンの監督がエリサルド氏に要請
  2.PNCが来年から開催か?
  3.2011年WC招致活動
  4.トヨタのファンクラブの優遇
  5.トップリーグがまだ12チームだった
  6.ライオンの憂鬱(NZ遠征、マッチテスト全敗)
  7.ニューカッスル来日
  8.オールブラックスが「カパオ・パンゴ」披露(当時は名前が分からなかった)

 時の流れを感じます。ボチボチ読みなおしてみるのも良いもんですね

 さて今日はテストマッチ3本立て(豪華だなあ)

  1つ目:PNC 対:トンガ戦。なんとか1勝を

        平島(神鋼)  青木(サントリー)  畠山(サントリー)

  豊田(コーラ) トンプソン(近鉄)  北川(トヨタ)   統悦(近鉄)

                菊谷(トヨタ)
 
              田中(三洋)

             アレジ(海外)

       ニコラス(サントリー)    今村(神鋼)

 小野澤(サントリー)             タラント(日本協会)

             ウェブ(コーラ)

リザーブ:金井(サントリー)、山下(神鋼)、大野(東芝)、中山(トヨタ)
     吉田(東芝)、大田尾(ヤマハ)、平(サントリー)


  2つ目:ワラビーズ 対 フランス
       好調同士の対決。今後のトライネーションを占う大事な1戦

  3つ目:南ア 対 Lions 第2テスト  

 うーん。一日中見ないといけないなあ(嬉しい悲鳴)

 読んで、良かったと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

怒涛の6月

2009年06月26日 | 共通

<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 ワールドカップ開催以来の連日のラグビー漬け
 JWCにPNCそれにLions南ア遠征に海外テストマッチ
 全ての試合を見るのはさすがに厳しいです

 とは言うもののJWCは、ライブで観戦した瑞穂会場は楽しかったし、決勝の
 秩父宮の試合も良かったです。

 テストマッチは、フランスが好調なのかNZが不調なのか?
 黒衣が強くないと物足りなさを感じてしまう2試合でした

 Lionsは、後半持ち直しきたところは、さすがです。
 今年は充実度からいくと南アが一番強いのかも
 残る2試合が楽しみ・・

 今週末は、南ア:Lionsと豪州:フランス戦
 結局、ラグビー漬けになりそうです

 読んで、良かったと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PNC:ジュニア・オールブラックス戦 感想

2009年06月25日 | ジャパン


<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 久々に前半観てくじけそうになりました

 今年のターゲットだったはずのPNCが・・盛り上がらない上に内容が寂しい
 ほとんどの方が結果を知らないことが逆に良かったとすら思えてしまいます

 前半終えての 0:40 は U20のジャパンとウルグアイと同じですが
 内容的には見劣りしてます(もちろんジュニア・オールブラックスは強いですが)
 
 後半 ジャパンが持ち直し、なんとか惨劇の二の舞は回避できました。
 いったい何が変わったのか?不思議なところではありましたが、豊田の
 投入が良かったのかなあ

 あと2試合、今のジャパンがどこまで通じるのか?
 今のままでいいのか?が問われる試合になると思います
 オールブラックスですら、テストマッチ1試合負けただけで監督の交替の噂
 がでる時代。次のWCまで安泰(と見えてしまう)のジャパンの体制が本当に
 いいのか、疑問を感じています 

 読んで、同感と思われたら1回押して下さい人気blogランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

JWC お祭りが終わっての感想

2009年06月24日 | JWC

<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 「U20世界ラグビー選手権
 (IRB ジュニア ワールド チャンピオンシップ2009)」


 名残惜しいですが、この中見出しも今日までとします
 また日本開催を期待したいですね

 事前のPRのなさに、どうなるかと不安の多い大会でした。
 開幕の秩父宮も雨のナイターでそんなに入りませんでしたから

 それでも、ヤングジャパンの頑張りで、だんだん増えてきて良かったです
 予選プールで一つ勝っていたら・・惜しかったです
 憎らしい位強いイングランドは兄貴分そっくりの戦い方

 意外とと言ったら失礼ですが、盛り上がったのが瑞穂会場。U20とはいえ
 NZの人気は凄い。ハカ目当てに、平日の試合でも結構埋まってました。
 あと、アイルランドとアルゼンチンは結構サポータがいましたし
 アルゼンチン、ウルグアイの長い前奏後の大声の国歌斉唱も面白かった

 ちょっと寂しかったのはデーゲームしかできない花園会場。観に行きたいけど
 会社休んでまで行けないという方多かったです
 かといって、長居では器が大きすぎるし・・ナイター興行については今後も
 課題ですね
 南アのファンの方が、ジュニアとはいえボクスのジャージが観られて嬉しかった
 との声を聞きました。フランスのファンは意外と少なかったかも
 
 九州会場は、放送がなかったので良く判らないです。
 予選が3日あったので、1回くらい見たかったです(特に豪州 対 ウェールズ)
 
 いろいろ運営上の課題も見つかった大会でしたので、沢山入って良かった
 だけで終わらないようにしっかり総括して今後の代表戦やトップリーグに
 活かして欲しいです

 5日間、各会場で運営に携わったみなさん、特にボランティアの高校生の
 みなさんお疲れ様でした。多くの方の協力で会場に訪れた観客はもちろん
 選手も気持ち良く、日本での試合を楽しまれたことと思います
 またスタジアムでお会いしましょう 

 PNCはまた明日書きます(さすがに連日見るのは疲れました)

 読んで、良かったと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

JWC:ヤングジャパン最終戦

2009年06月23日 | JWC

<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 「U20世界ラグビー選手権
 (IRB ジュニア ワールド チャンピオンシップ2009)」
 みなさん観戦お疲れ様でした^^またの開催を期待しましょう


 さて、ジャパンの最終戦。。なかなかレビューにするのは難しいなあ

 前半ジャパンが小気味よくトライを重ねます。今までのうっ憤をはらすように
 バックスが、左に1本、中央に2本。FLの1本を挟み、CTBが2本と量産
 前半で 40:0 と圧倒します

 と安心してしまったのか(観客席もでしたが)、ハーフタイム後ジャパンに
 緊張感が抜けたようなプレーが続出。しかもばてたようで、走れてない

 逆にウルグアイが、準ホーム(瑞穂会場で5試合目)の強みか、元気が
 出てきました。後半早々、ディフェンスに粘りのないジャパンからトライを
 奪うと1本返された後も2本FWでトライを奪います

 最後にジャパンがトライを奪うも、後半だけなら負けてました (14:17)

 最終スコアは、54:17 やっぱり15位決定戦の内容だなと言うのが正直な
 感想。この世代の強化をしてなかった日本は、まだまだですね。

 私の座った少し後ろの席にジャパンのコーチングシートがあって、
 薫田監督と元木コーチが並んで座ってましたが、終始渋い顔
 振り向いたら叱られそうで、怖かったです

 地元開催で、日の丸背負った経験は何物にも代えがたいものがあるでしょう
 願わくば、未来のジャパンを目指して欲しいです

 今日はPNCのジュニア・オールブラックス戦。強敵ですが、喰らいついて
 欲しいですね

 サファリ・セブンスの情報
 強い相手には勝てなかったようですが、シールドで優勝です
 http://www.rugby-japan.jp/japan/sevens/2009/id6615.html
 
 読んで、良かったと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

JWC:決勝戦 レビュー

2009年06月22日 | JWC


<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 「U20世界ラグビー選手権
 (IRB ジュニア ワールド チャンピオンシップ2009)」終了


 最終日は、秩父宮か瑞穂会場かで悩みましたが、結局はヤングジャパンの
 応援に駆けつけました

 ただし、今日のレビューは決勝戦。雨の中1万を超える観衆の中でキックオフ
 先行したのはイングランド。PGを重ねます

 11分 スーパープレイが出ました。NZのFB:ロビンソンが、トライをセーブ
     グラウンディング寸前にボールをもぎ取る神業。どんな練習したら
     できるんでしょうね

 14分 NZがボールを動かします。バックスがつなぎ、ロビンソンがトライ
     
 17分 イングランド、密集からLO:ギャスクルが持ち込みトライ  (5:11)

 21分 NZ 裏に蹴ったパントにWTB:ギルバートが拾ってそのままトライ
     1点差に(NZのキックは、なかなか入らないです)      (10:11)

 25分 NZがPG決めて逆転                      (13:11)

 27分 NZがFW、BK一体となってボールをつなぎSO:クルーデンが右隅に
     トライ                                (18:11)

 30分 NZが止まらない。再びクルーデンがトライ(中央)     (25:11)

 35分 イングランドがPG返しそのままハーフタイム        (25:14)

 両チームとも短期間の5試合目とは思えないほど運動量が落ちないのは
 さすがです(瑞穂会場では、4チームとも疲れてましたので)

 後半、3分 NZ ラインアウト乱れるも修正しSO→CTB:トゥリービーが
      トライ。G成功                          (32:14)

   9分 ゴールPTからNO.8:ファーンズが速攻しトライ。G成功 (32:21)
   
  19分 NZ ギルフォードが2つ目のトライで点差を広げます  (37:21)

  31分 NZがシンビンで1人欠くもののHO:ミッチェルがトライ
      試合を決めました。Gも成功                 (44:21)

  37分 イングランド SH:ルーイスが1トライ返すもここまで  (44:28)

  NZがJWC連覇達成
  プレーヤー・ザ・イヤーは,NZの主将クルーデン。見事にチームを
  率いました
   
  今日のブログに名前をあげた選手たちを近い将来大舞台で観られることを
  楽しみにしましょう

  最後の優勝後のハカ良かったです

 読んで、良かったと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テストマッチ:南ア 対 Lions

2009年06月21日 | 海外


<-- ようこそ ラグビーの庭へ -->


 「U20世界ラグビー選手権
 (IRB ジュニア ワールド チャンピオンシップ2009)」最終日


 今日で楽しいお祭りは千秋楽。このブログを読んで会場に行きたく人は
 迷わず押し寄せましょう
 秩父宮では、最高峰の組合せが。花園では、バグパイプと2つのウォークライ
 福岡では、因縁のフランスとウェールズが。そして瑞穂ではジャパンが
 みなさまをお待ちしてますよ

 昨日は注目のテストマッチが2試合

 NZで、フランスとの第2テスト。(詳細は後日の予定)
 1戦目惜敗したNZがなんとかタイに戻しましたが、今年は厳しい戦いが
 続きそうです。それともフランスが充実しているのか?

 南アでは、ブリティッシュ&アイリッシュLoinsとの第1テスト
 12年毎の対戦なので、お祭り騒ぎの度合いが凄いです
 南アのホームなのにスタンドが真っ赤

  5分 まず先制したのは南ア。ゴール前スクラムから強いつなぎで最後は
     PRに回ったスミット主将が中央にトライ
     その後もPGを重ね差を広げます                (13:0)

 22分 Lions反撃、CTB:オドリスコルが切り込みFL:クロフトがトライ
     G決まって6点差に、試合は面白くなりました         (13:7)

 その後、南アがPGで追加点。バーバリアンズとは違う真剣勝負が面白い
 前半終了で 19:7

 後半 6分 南アがモールを押しこみトライ              (26:7)
     Lionsはここで耐えたいところ

 27分 南ア陣内で攻め続けるLions。再びオドリスコル→クロフトで
     トライです                             (26:14)
 
 31分 Lions絶好のトライチャンスでしたが・・南アがトライセーブ

 34分 Lionsゴール前スクラムからSH:フィリップスが抜けてトライ (26:21)
 
    勝負は残り5分、Lions攻め切れずノーサイド

 惜しいプレーは多かったけど、とり切れなかったですね
 テストマッチはあと2試合。Lionsの奮起に期待です

 読んで、良かったと思ったら1回押して下さい人気blogランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加