とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主、競馬、スポーツ、食べ歩きなど、趣味の話題を気楽に

飯田橋究極のB級グルメ、「えぞ松」の回鍋肉(ホイコーロー)定食

2013-03-19 06:21:51 | うまいもの
飯田橋界隈のB級グルメは?というと必ずと言っていいほど名前があがる、「えぞ松」さんに行ってきました。
このえぞ松というお店は回鍋肉(ホイコーロー)定食が有名、という話は事前情報で聞いていたのですが、そもそも回鍋肉って中華の中でも非常に馴染みが深い料理ですし、あまり究極のB級グルメ!みたいなイメージは湧かなかったんですよね。
ところがドッコイ(表現が古くてすみません)、回鍋肉定食を注文してしばし待ち、目の前にそれが出てきた瞬間に、『いやぁ、こりゃあB級だわ!』と全てが自然に納得できたのでした(^_^)

はい。こちらがその回鍋肉定食(660円!)です。


どうです、定食と言いながら、実態はあらかじめオンザライスの回鍋肉丼的な風貌です。
そして、なんと言ってもこの見た目、この香り、このボリューム!
一見しただけで、この回鍋肉定食はB級グルメに必要な要素を兼ね備えているぞ!という主張が伝わってきます(^O^)

ちなみに、回鍋肉はキャベツと豚バラ肉のみで構成されています。


そして、回鍋肉の味付け。これがまたいいんですよね。具材がシンプルなのに、大量に食べても飽きが来ない。
B級だけにもちろん濃い味付けなのですが、途中で嫌になるようなしつこさはないし、胃にもたれる感じもない。そんなギリギリの線まで濃く味付けがしてあるんです。(計算していたとしたらまさに絶妙!)

味のベースは味噌なのですが、ちょっぴり甘くてちょっぴり辛い、いかにも白いご飯にのせて食べたくなる(最初からのっかっていますが…(笑))回鍋肉でした。
B級グルメというのは美味しくないと成立しないものですが、さすがに人気店だけのことはありますなぁ(^O^)

ほーら、白いご飯とベストマッチな感じですよね。。


これだけのボリュームですから、食べ終わった後は当然お腹が一杯になります。
でも、この量でありながら一気に食べ切れてしまう美味しい回鍋肉。コスパも最高!本当にご馳走様でしたm(_ _)m


では、ここからちょっと番外編のお話を…(^_^;)
実は、この日私とほぼ同じタイミングでえぞ松に入店した若者がいたのです。

その若者曰く、「回鍋肉定食大盛で!」

『ふーん。大盛とはさすがに若いなぁ…。ま、おいらは午後も仕事だし、普通盛りにしておこう』、ということで、当然ながら私は普通盛りを頼んだわけですが、それでも上の写真にあるようなボリュームなのです。
これが、100円増しの大盛のすごさと言ったら…。

まあ、洗面器とは言わないまでも、大皿に山盛りのご飯と回鍋肉。普通の人が見たら、何じゃこりゃぁ!!!的な量なのです。その大盛り回鍋肉が若者の前に運ばれるのを横目で見つつ、私、『やっぱ、若さって素晴らしいなぁ』とある種の微笑ましい思いに浸っていたわけです(^^ゞ

そして、なんとなんと、私が4分の3ほどを食べ終えた頃、その若者が、「ご馳走様」と言いつつ支払いをしようとしているではありませんか!
『あの量をこの速さで食べたのか!!』という驚きを隠し切れない私でしたが、何気なく若者の前の大皿を見たとき、全く逆の意味でびっくりすることになったのです…。

『えええぇぇぇーーーーー!?そんなのあり???』←(私の心の声です)
思い出したくもありませんが、その若者は大盛り回鍋肉を頼んでおきながら、その大半を残していたのです!

がっかりと言うかなんと言うか、その若者が食べた回鍋肉の量から考えて、絶対に彼は少食だと思うんですよね。なんか、少食のヤツがそもそも「大盛りで!」とか言うなよ、ってな話なわけです(T_T)

百歩譲って彼が「えぞ松」初訪問で、どのぐらいの量が出てくるか分からずに頼んでしまったとしましょう。
(確かにそういうケースもあり得ますし、食べ切れないものを無理して食えと言う気はないんです。)

でもですね、例えそうであったとしても、私としては、その若者には大量の回鍋肉にもっと立ち向かって欲しかったんですよね。なんか、「もう普通にお腹いっぱいだし、さっさと帰ろうかな」みたいな雰囲気で、涼しい顔でお会計しちゃいかんと思うんですよ。(大きなお世話と言われればそれまでですが(^_^;))

見た瞬間に、「こりゃあ完食は無理」と思ったとしても、そんなのやってみなけりゃわからんわけだし、少なくとも大盛りを頼んだ以上は、「この人はお腹がすいていたんだなぁ」とか、「さすがに若いだけあってたくさん食べるなぁ」とか、そういうことを周りに感じさせるぐらいのパフォーマンスを見せようとして欲しかった…。
そりゃぁ、そんなこと面倒だし一文の得にもならないかもしれませんが、若者らしく戦う姿勢さえ見せてくれれば、『多少食べ切れなくたって仕方がないよな』、と思ったはずなんです。

もちろん変なやせ我慢、というか格好のつけ方は合理的ではないかもしれませんが、そんな若者の姿を見つつ、日本の将来に不安を感じた平日のランチタイムだったのでした…。。。(^^ゞ


えぞ松 神楽坂店
新宿区神楽坂1-14
03-3268-9314

 ←応援クリック励みになります!
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週は出走予定ありません(^_... | TOP | 【バシレウス】キターッ\(^o... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics