とりあえず一口馬主の楽しいこと

気合の出資馬応援と飲み食い! たま~に趣味の話題など。。(^^ゞ

ディメンシオン : 10/29新潟12R 柏崎特別・牝(芝1600m) 優勝!(^_^)

最近のサラリーマンランチ一気見せ! @東池袋周辺

2018-01-21 08:16:01 | うまいもの
今日は最近になって池袋近辺で食べたランチを一気に紹介します。
まずは、昼も夜もたまにお世話になっているサン浜名さん。
ランチ利用のときもメニューがたくさんあって悩むのですが、この日はかねてから気になっていたこちらをお願いしました。

サン浜名焼きそば。


店名を冠したメニューだけに、何かのこだわりが…
あ、わかりました!
こちらの大将はとろみ、餡かけが好きなので、このトロッとした餡かけにこだわりがあるのでしょう。
味のベースは塩なので、サン浜名焼きそばとは餡かけ塩焼きそばの事なんですね。

麺はごく普通の中華そばです。


トロッとした餡が大量にかかっていますが、味がさっぱりした塩味なので、最後までもたれずに食べられます。
特別に素晴らしい何かがあるわけではないですが、食べながら、『こういう味の焼きそばって、たまーに食べたくなるんだよなぁ』という、不思議な感覚に陥る焼きそばなんです。
そう、どうしても食べたいわけじゃないけれど、何となく食べたい焼きそば。
これを狙ってやるのは相当に難しいはずなので、きっとたまたまなんでしょうね(^_^;

一方こちらは、同じサン浜名さんのきくらげ定食です。


大ぶりで厚みのあるきくらげがドーンと入っています。


きくらげOTR!


きくらげ定食、という名前に興味をひかれてしまい、どうしても食べてみたかった定食です。
だって、珍しいですからね、きくらげ定食!
ただ、心配(&少しの期待)をしていた、“きくらげだけを炒めた黒いおかず”にはなっておらず、きくらげと玉子を炒めた中華定食といった趣で、全然抵抗なく食べられましたし、普通に美味しい炒め物でした。
これはアレですね、誰もが食べられるという意味では正解なのでしょうが、名前は考え直した方が…(^_^;

サン浜名
豊島区南池袋2-43-16 2F
03-3985-1767


続いて紹介するのは、以前一度紹介済みのとみーさんです。
確か以前はアジフライ定食を紹介したので、今度は別の定食を食べてみようと思ったのですが。。

で、結局アジフライを頼んでしまいました(^^ゞ


何故かってここのアジフライ定食、美味しくてボリュームがあってとてもお得な感じがするんです。
揚げ立てホクホクのアジフライと白いご飯。


何故か定食にはセットになっているハムエッグと白いご飯(プラス醤油をちょびっと)。


ちょっと不思議な空間で食べる平日ランチ、高級店では決して味わえない良さがあります。
ただ、以前からとみーさんには夜の訪問をしたいと思っているのですが、それはいまだに実現せず。。
池袋にはお店がたくさんあって、なかなか順番が回りません(^_^;

とみー
豊島区南池袋2-4-3
03-3981-0484


こちらは、一時だいぶ話題になった(らしい)ターキーさんのもやしそばです。


ターキーは池袋というより雑司ヶ谷にあるのですが、本当に小さな街の中華蕎麦屋さんで、事前の知識なしにお店の前を通ったら、10人中9人は何も感じずに通り過ぎてしまいそうな雰囲気です。
それが、この昔ながらの中華そばが美味しいとの話が伝わり、以前は行列店だったとか…
いやぁ、本当に懐かしい美味しさのホッとする中華そばなのですが、さすがに行列はやり過ぎな気がします(^_^;

麺も昔ながらの王道系。


ターキーさんの特徴は、やはり、鶏ガラベース醤油スープの完成度の高さですかね。
色は少し濃く見えますが、醤油辛さもないししょっぱくも無く、とても優しい味なんです。
最近、流行りのラーメン屋さんのような、洗練された雰囲気は1ミリも感じませんが、これはこれで長く続いて欲しいし、気がつくとたまに食べたくなる中華そばだと思います(^^)

中華そば ターキー
豊島区雑司が谷1-24-2
03-3981-7648


今日の最後は、以前紹介したマンサンさんのランチです。
この日は二度目の訪問だったのですが、実は、入店後すぐに「ランチの方式が変わりました」と言われまして…
どう変わったかと言いますと、全品100円ほど値上げになり、代わりにご飯と味噌汁、そして水やウーロン茶、コーヒーなどの飲み物がセルフサービス方式(食べ放題飲み放題)になったとのこと。
うーむ。。 これ、もしかしたら無茶苦茶お得なんじゃないですかね(^^)

ちなみに、この日はササカラ定食(900円)を選びました。
メインのおかずはささみチーズ揚げが1.5本相当、それと大きな唐揚げが2個相当です。


ささみチーズ。


唐揚げ(食べやすい大きさにカットされています)。


要するに鶏肉の揚げ物定食ですが、脂の少ないヘルシーなささみと、モモ肉を使った唐揚げの両方が楽しめるのがポイントです。
お味はいずれも無難にまとまられていますが、やはり私はささみチーズ派ですかねぇ。
パサつかない程度の揚げ具合が見事に出来ていて、ふんわり柔らかくてとても食べやすいです。

ただですね、ご飯味噌汁食べ放題と言われても、昼からガンガンお代わりするのもどうなんでしょう。。
午後を寝て過ごせるならいいですが、さすがにプロのサラリーマンとしてはそういうわけにもいきませんから(^^ゞ
となると、このルール改定、私にとってお得なのかどうか、意外に難しい判断なのかもしれません。
(便利で美味しいので、今後も利用させてもらうのは確定なんですけど(^^))

串焼きバル mansun 池袋東口店
豊島区南池袋2-41-19
050-5594-2973

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦屋飲み派VSうどん屋飲み派 @硯屋・池袋

2018-01-17 05:29:17 | うまいもの
今日はうどん屋さんでの新年会を紹介します。
通常はうどんより蕎麦を優先する派の私ですが、この日はメンバーの中にうどん推し派がおりまして、強引に、そして割りとあっさりと押し切られ、気がついたらうどん屋飲みに突入していました(^^ゞ

まずは緑茶ハイで喉を潤しつつ、


玉子焼きと、




牛スジ煮込みで軽くご挨拶です。




と思ったらですね、この牛スジ煮込みがとても美味しかったんです。
ポイントは、牛スジがただ柔らかいだけでなく、お出汁がよく滲みていてジューシーなところ。 味も濃過ぎず薄過ぎず、ボリュームもあるのでかなりのお勧めメニューだと思います。
うどんより蕎麦が好きとか、こうなるとあまり関係ないかもですね(^^)

牛スジのデキの良さに気をよくして、天ぷらをお好みで揚げてもらいました。


ネタは、かぼちゃ、なす、ちくわ、そして玉子。
ネタひとつから揚げてもらえるので、各自好きなものをリクエストできるのがいいですね。
面倒だから盛り合わせ、という手もありますが、天ぷらと焼き鳥はお好みで頼むのが私は好きです。
ま、カラッと揚げ立ての天ぷらですから、これが美味しくないはずはありません!

という事で、お酒もこの頃には芋焼酎ロックに変更です。


さてさて、果たしてシメのうどんまでたどり着けるかを心配しながら、中盤戦はしめ鯖から。


タコの素揚げと、


アスパラのおひたし、


ついでに、カキの天ぷらも食べちゃいますか!


いやぁ、なんだかこのお店、楽しい料理がたくさんあってイイですね。
しめ鯖の浅めのシメ具合はお酒のアテとして丁度よかったし、タコが素揚げなのもちょっと珍しいかも。
おひたしのアスパラは柔らかく、カキの天ぷらも全然文句のつけようがありませんでした(^^)

じゃあ、終盤戦をうどんでまとめて楽しい飲み会を仕上げていきますか!
と思ったのですが、もう少し飲んでいたいという誘惑に負け、からすみを頼み、


冷静な判断力が鈍ってきたのか、今さらあなごの白焼きに逆戻り、


ついには冷やしトマトなどという、これから飲み始めですか?みたいな料理も並んでしまいました(^◇^;)


ちなみに、からすみは何のからすみですかね。
一般的にからすみと言えばボラが有名ですが、このサイズと厚みで大したお値段ではなかったので、何を使っているのかな?と。。
まあ、美味しかったから、余計な心配はやめにしましょう(^^ゞ

それから、特筆すべきはトマトの甘さ。これはアレですかね、多分フルーツトマトとか、そういう類のものでしょう。
こんなトマトがあるぐらいですから、このお店、ただのうどん屋じゃないですね。 (むしろ小料理屋か)
ただのうどん屋じゃないことを確認したら、いよいよシメのうどんを頼まなきゃ! (ここまで結構長かった)

こちらは四川麻辣うどんという、ちぃと辛いうどん。(そんなに激辛じゃなかったハズ)


そしてこちらは、年中無休の冷やしカレーうどんです。


私としては、ここでバシッと味のレポートをしたいのですが、実はですね、麻辣もカレーも、味を良く覚えていなくて(^^ゞ
いや、どちらも美味しく頂いたのは間違いないのですが、なんですかねぇ、細部の記憶が曖昧でして。。
適当なことを書いてお店に迷惑がかかってもいけませんし、ここは涙を呑んで味のレポートは次回とさせて頂きます。
なんだかなぁ、要するに、シメにたどり着く前に飲み過ぎたってことですな。┐(´~`)┌ ヤレヤレ

忘年会もすごく楽しいものですが、新年会にも捨てがたい楽しさがあります。
毎年、毎年、忘年会で盛り上がり、そして新年会で盛り上がる。
新年会で盛り上がったと思ったら、バタバタしているうちに、『今年も一年早かったなぁ』などと…
それでイイのかと言われれば、きっとあまり良くないのでしょうけれど(^~^;
とにかく硯屋さん、ごちそうさまでございましたm(_ _)m


うどん処 硯家(すずりや) 南池袋店
豊島区南池袋1-9-24 B1F
03-5911-7451

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

行った事がありそうでなかった中華屋さん @黒龍門・池袋

2018-01-16 05:21:19 | うまいもの
今日紹介するのは中華屋さんでの新年会です。
お店は池袋にある黒龍門さん。 チェーン店のような気がしますが、実は私は初めての訪問でした。
(青龍門とか龍門には行ったことがあるんですけれど…)

最初の一杯目はウーロンハイ、それにあわせる前菜は、ピリ辛キュウリと、


蒸し鶏ごまダレ(バンバンジー)です。


ピリ辛キュウリは、ラー油の他に塩といわゆる旨み調味料が使われていると思います。
健康志向の方は気に入らないかもしれませんが、ただの叩きキュウリでは味わえない旨みがポイントです。
美味しければ何でもイイ派の私としては、思わぬ拾い物をした気分になれた一品です(^^)

バンバンジーは、蒸し鶏はあくまでも柔らかく、ごまダレの味も程よくて、とても美味しいと感じました。
正直、もっと普通のバンバンジーが出てくると思ったのですが、意外にレベルが高くてビックリ。
黒龍門って、チェーン店だからと馬鹿に出来ないお店なんですね!

飲み物を紹興酒ロックにチェンジして、


お店の看板メニューから、四川風麻婆豆腐をお願いしました。


見るからに本格的な濃厚系麻婆豆腐で、刺激的な山椒の香りが食欲をくすぐってきます。
で、口の中が痺れるのを覚悟しつつ食べてみたのですが…
これが意外に辛くなく、山椒系の辛さが苦手な人でも充分に対応できる範囲に収まっていました。
味のトーンは本格的な濃厚タイプなので、『陳麻婆は美味しいけど辛すぎて苦手』という人にうってつけかもしれません。
子どもからお年寄りまで食べられる陳麻婆豆腐、これはこれでなかなか良いのではないでしょうか(^^)

そしてもう一品、看板メニューの雰囲気を感じた山芋入り黒酢の酢豚です。


真っ黒でわかりにくいですが、手前のが山芋、ゴロっとした塊が豚さんです。


これもなかなかイイですね。
黒酢の深い味わいが豚と山芋にたっぷり絡んでいて、酸味がそれほど立っていないのも黒酢系酢豚の王道。
黒色を強調しているのはわざとだと思いますが、黒光りする豚肉ってのは不思議な魅力を発するものなんですね。
それと、“山芋入り”とあえて書くだけあって、実は山芋が非常に美味しい。
何だか、“黒酢山芋”というメニューが欲しくなりました(^^ゞ

この日は短期決戦前提の飲み会だったので、さっさとシメの一品、上海焼きそばに突入です。


麺は昔からお馴染みの、中華屋さんのそばでした。


上海焼きそばの定義は以前も書いたような気がしますが、要するに、『具材は豚肉と野菜が中心で、味のベースが中国醤油』な焼きそばのこと。 具材は海鮮の場合もありますから、中国醤油で味付けをした焼きそばの総称、と憶えるのが無難ですかね?
もちろん、黒龍門の上海焼きそばも中国醤油がベースです。
日本の醤油も素晴らしいものですが、しっかり濃い目に主張する中国醤油の風味もなかなかのもの。
この醤油風味であればこそ、いわゆる普通のソース焼きそばとは全く違う、中華風の焼きそばが楽しめるのでしょう。

前菜から看板メニュー、そしてこの焼きそばと、お値段もそれほど高くないですし、結構使い勝手が良いお店なんですね。
新年早々新しいお店に入ってみて、改めて未知へのチャレンジが重要なのだと再認識をさせられました( ・`ー・')キリッ


黒龍門
豊島区南池袋1-20-1 横田ビルB1F
050-5869-0616

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホームグラウンドで新年会 @しょうさく亭(ちかまん)・大森

2018-01-13 05:38:07 | うまいもの
年末に挨拶に行けなかったので、年が明けてから“ちかまん”に顔を出してきました。
広い意味では、これも新年会ということになりますかね(^^)
にしても、久しぶりの訪問なのに変わらず暖かく出迎えてくれる雰囲気、いいものですね。

お酒は別に頼んでいないのですが、勝手に伊佐美のロックが出てきました。


何故伊佐美なのかについては不明ですが、お店にも何らかの事情があったのでしょう。
このは二杯目以降も一度も飲みたい焼酎の銘柄を伝えるチャンスはなく、グラスが空くと新しい芋焼酎ロックが用意される、この黄金パターンの繰り返し。 まあ、美味しいし、お値段も良心的なので全然問題ないんですけれど(^^ゞ
(あと、お通しのタコと白身魚の唐揚げ、これが結構美味しいんです)

この日も外はとても寒かったので、最初は温かいものをと思い、煮込み豆腐をお願いしました。




ちかまんの煮込み豆腐は、モツ煮込みに豆腐が入ったもの。で、これが非常に美味しいんですよね。
何度か紹介しているので詳細は割愛しますが、もつの旨み、深いコクがある味噌汁のような煮込み汁がまず絶品。
濃厚系のモツ煮込みにはない、食べやすさ飲みやすさは特筆モノです。
系統としては加賀屋さんのモツ煮込みに似ていますが、とにかくアッサリしていて深い煮込みです。

煮込みで少し身体が暖まったのですが、この際もっと暖まろうということで、鶏鍋をお願いしました。


ちかまんの鍋はコスパの良さがひとつの売りで、一人前850円でこのボリューム感です。
鍋は二人前からなどとケチ臭いことも言われませんし、鍋でチビチビ飲んでいると、すごくお会計が安くなってしまいます。
こんなことでやっていけるのかなぁ…

などと心配をしているうちに、鍋がグツグツ完成です!




味のベースはと言いますと、鍋の具材から出るダシをいかしたオーソソックスな醤油味。
こういう素朴なお出汁は最近ではむしろ珍しいですかね。
難しいことはやらないけれど、飲みながら美味しく食べられるものを安価に!という、ちかまんらしい鍋だと思います。
あと、このお出汁を使ったモツ鍋もおいしそうです(^^)

本来鍋の後にはシメがつき物なのですが、この日はある作戦があったので、あえてここでキュウリの一本漬けを。


口の中を一旦さっぱりリセットしたら、この日の本当のシメ、特製ピザの登場です!


チーズをたっぷり使ったワンコインのピザ。
これを食べるたびに、宅配ピザに××円ものお金を払うのがバカらしく思えてしまいます(^_^;

以前に比べるとめっきり回数が減ったちかまん訪問ですが(最盛期は週に何回か来ていましたからねぇ(^^ゞ)、この日も知り合いが三々五々飲みに現れたり、なんとなくのホームグラウンド感は失われていません。
大将の顔が見られなかったのは残念ですが(どうしたのかな?)、日本で三本指に入る働き者のAちゃんにはお目にかかれましたし、今年の(今年1月の?)目標も聞けましたので、またそのうちに、フラッと顔を出してみようと思います。


しょうさく亭(ちかまん)
大田区大森北1-4-10 B1
03-3766-3890

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2018新年会でプルプルのモツ鍋 @おおやま・池袋

2018-01-10 05:49:14 | うまいもの
新年会は1/4から始まっていますが、場所を決めずに何となく約束をしている会の場合、どこで何を食べながら新年の抱負を語り合うのか、意外に難しいときがあります。(人気店は予約で一杯だったりしますし…)
この日も街に出てから、どこに行こうか的な会話になったのですが、ふと、「このところ寒いから、鍋でもどうっすか?」という非常に建設的な提案をしてくれたメンバーが居て、「普通の鍋ではつまらないので、モツ鍋でもいってみますか!」との結論になったのです。
新年会の主旨にモツ鍋が合うかどうかは微妙ですが、まあ、美味しくて楽しければ何でもアリですからね!

ということで、まずはキムチの盛り合わせからです。


そして、牛スジ煮込み。


さらには、センマイ刺しです。


ウォーミングアップはここまでの三品で充分でした。
キムチの中では左下の裂きイカのキムチ、これはお酒のアテとして最強レベルにヤバイです。
ホント、その気になればこれだけで別の世界にトリップが可能じゃないですかねぇ。。
(無理して別の世界にいく必要はないですが(^_^;))

牛スジも上品過ぎず濃すぎずな丁度良い濃さの味付けで、一品一品丁寧に作られているのがわかります。
贅沢を言えばもう少しボリュームが欲しいですが、一人で飲むケースを考えると、逆にこのぐらいが適当なのかもしれません。

センマイ刺しも、最初の一口で新鮮さがわかりました。
モツを扱うお店だけあって、こういう料理のレベルが高いのには説得力がありますね。
センマイ独特の見た目と食感、楽しませていただきました(^^)

ちなみにですが、お酒の品揃えはソコソコで、我々は面倒なので黒霧島のボトルを入れてみました。


ウォーミングアップで身体を温めてから、いよいとよメインのモツ鍋です!


こちらのお店は味噌味がオススメとのことで、素直な我々は当然味噌を注文しました。
モツとニラと豆腐を綺麗に並べてあるのは、このお店の特徴なんでしょうね。
混ぜちゃえば同じとは言え、確かに見た目が綺麗ですし、他のモツ鍋とは違うぞ!という気合が伝わってきます。
でも、肝心なのはお味なんですよねぇ…

という事で実際に食べてみると、このモツ鍋、すごく美味しいですね。


どのぐらい美味しいかと言いますと、わざわざ可愛らしいお店のスタッフさんに、「これ、すごく美味しいですね!」と声をかけるレベル。(別に、可愛いらしいから声をかけたわけではありません!)
自慢の味噌は九州らしい白味噌ベースで、コクと風味が際立っています。
味噌の甘みとモツのコラーゲン&脂分がミックスしているので、すごく深い旨みを感じさせてくれます。

プルプル新鮮なモツとニラに隠れているキャベツの相性もいいので、ついついモツやら何やらを追加で頼んでしまいました。




綺麗にモツを平らげたら…


そりゃあ、麺を投入するしかありません!


特製スープをたっぷり含んだちゃんぽん麺、至福のひと時です(^^)


勢い余って何故かデザートまで頼んでしまいました。。(^^ゞ


いやですね、新年早々美味しいモツ鍋にありつけて良かったです。
ただ、このお店は駅直結のPARCOの中にありまして、酔っ払いオヤジだけのテーブルは非常に珍しいのです。
ですから、「うぉーい!酒だ酒!酒持ってこーい!!」などと、(応援する馬が負けたからと言って店員さんに絡むような)危険な雰囲気を出すとつまみ出されかねませんので、よくよく常識的な行動をとるよう注意が必要です(^~^;


博多もつ鍋 おおやま 池袋パルコ店
豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ8F
050-5828-8661

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

正月恒例の新年会料理、食べ過ぎました(^_^;

2018-01-08 06:43:44 | うまいもの
昨日は、親戚の家で正月恒例の新年会でした。
毎年、お呼ばれをして手作り料理を頂くのですが、今年も美味しい料理をたくさん食べる事が出来たので(お酒もたくさん飲みましたが(^^ゞ)、感謝の気持ちを込めてザッと写真を載せておきます。

まずは、お正月なので煮物です。なるべくアヤツが主張しないように撮影してみました。


これは近所で買ってきたお刺身。最近はスーパーに入っている魚屋さんもレベルが高い!


かぼちゃのサラダ。タマゴやハムが入っていて、見た目以上に濃厚マッタリなお味です。


ローストビーフ。肉の旨みが凝縮された一品です。


キッシュです。キノコやほうれん草も入っていて、あっさり食べやすいのが特徴です。


サーモンのテリーヌ。とても柔らかくふんわり仕上がっていました。


少し酸味のある特製ソースをかけて頂きます。


食事はお赤飯とお吸い物を準備してくれました。


ご飯のおかずには、ぶり照り!


テリテリに照りがついていて、美味しかったです。


デザートは濃厚チーズケーキ。お腹がいっぱいになりました。。


恒例の新年会は基本的に昼からやるのですが、大量のお酒を飲む関係もあって(別に飲まなくてもイイんですけれど、正月なので…)、家に戻ったら、晩ご飯を食べずにひと眠りして休憩をします。
たくさん食べてたくさん飲んで、ひと眠りして目が覚めたら深夜。 大体そういうパターンですね。
まあ、あまりイイことではないのでしょうが、お正月ですからっ!(^_^;

このイベントが終わると、本当の言意味で正月気分にもひと区切り。
明日からは、通常モードで会社の仕事に取り組むことになりそうです。
(と言っても、新年会はまだまだ続きます!(^^))

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そば食べて、年越しの準備万端です!

2017-12-31 19:25:25 | うまいもの
お陰様を持ちまして、2017年の大晦日も、無事に年越しそばにたどり着くことが出来ました。
今年の競馬、一口馬主についてはすでに振り返った通りですが、昼間の仕事(あ、別に夜の仕事があるわけではありません(^^ゞ)に関しても、勤務地が大森・秋葉原から池袋に変わるなど、小さいとは言えいろいろなことがありました。
それでもこうして呑気に蕎麦をすすって年越しが出来るのは、世の中が平和であればこそなのでしょう。

そんなこんなで、今年の年越しそばです。


見た目はあまり良くありませんが、今年も昨年に引き続きシンプルなかけそばにしました。
醤油色をしたおつゆは買ってきた蕎麦に付いていたものを基本に、多少の手を加えてアレンジをしています。
(おつゆたっぷりが好きなので、どうしても、おつゆ多めに作りたいんですよね(^^ゞ)

そしてそして、今年は天ぷらを自分で揚げてみました!


天ぷらはプロと素人の差がはっきり出る料理のひとつですが、最近は歳の所為でしょうか、スーパーで売っているお惣菜系の海老やかき揚げは衣が重過ぎる気がしてしまい、今年は自分で揚げた天ぷらにしようと決めていたのです。
ネタは海老、カボチャ、玉ねぎですが、海老がくるっと丸いあたり、素人っぽくてイイですよね(^_^;
(若干、天ぷらが多過ぎるように見えますが、大丈夫なので気にしないでください(^^))

自分の好きなネタを好きなだけ、かけ蕎麦にのせながら頂きます!


ちなみに今年の蕎麦は、きねうちさんの『プレミアム十割そば』にしました。


三年前は栃木・米山そばさんの石臼挽き蕎麦、一昨年は信州安曇野のお蕎麦、昨年が出雲のだんだんそばでした。
正直、よく分からない中で毎年違う蕎麦を選んでいるのですが、今年のものは、北海道産のそば粉100%で作っているとの謳い文句で、北海道大好きの私の心を見事にキャッチしてくれました。
さて、来年は何処の蕎麦を食べようかなぁ… って、いくらなんでもそれは気が早過ぎますね(^^)

何だかんだで今年もブログの毎日更新を達成することが出来ました。
来年も同じように出来るかどうかは分かりませんが、事情の許す限りは頑張っていこうと思います。
それでは皆さん、良いお年をお迎えくださいm(_ _)m

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

忘年会の、その先にあるモノは… @麺屋銀星・池袋&??・???

2017-12-27 05:29:35 | うまいもの
忘年会となりますと、全てを忘れるためについ飲み過ぎる事もあるわけです。
そうなると、無意識のうちに椅子に座って休憩したくなったり、温かいものをお腹に入れたくなったり…
先日、とある忘年会のあとに、流れ流れてたどり着いたのは、銀星というラーメン屋さんでした。


この日はかなり多めの食事とお酒で盛り上がったはずなのですが、そういうときに限っているんですよね、何も考えずに、「ちょっと麺でもすすってから帰りましょう!」と言い出すヤツが。
うーん。。 オイラは本当にお腹が減っているのかな?と自問してはみるものの、断って自分だけ帰る方が余程面倒だし…。
で、結果的にあまりお腹が減っていないのに、手近なラーメン屋さんに突撃することになるわけです(^_^;

銀星さんは煮干系ラーメンが売りのようで、私が頼んだのは濃厚煮干ラーメンです。(多分)


どうでしょう、見た目は濃厚煮干というよりも、鶏ダシ系のあっさりスープに見えますよね。
実際に食べてみても、ザラつくような煮干粉は感じませんでしたし、濃厚というほど濃くもなかったような気がします。
ただですね、しっかりした鶏ダシに煮干がブレンドされたスープはなかなかの完成度で、“濃厚煮干し”の先入観さえなければ、丁度良いバランスタイプのスープとして人気が出るかも… というレベルに美味しかったと思います。
煮干しの濃さに関しては好みの問題ですが、名前に「濃厚」とつけるかどうかは難しいところだと思います(^^ゞ

麺は中細ストレート麺。


これもあまり自信はないのですが、この麺はスープに負けず劣らず美味しかった気がします。
粉にまで拘っているかどうかは??なものの、縮れがないのであっさり美味しいスープをよく絡めてくれますし、飲んだあとのラーメンに丁度良い太さ固さだったと思います…

でも、私の記憶がどこかで何かと交錯しているのかなぁ。。という疑念が払拭しきれないのも事実です。
次回、もう少しまともな状態の時に再確認したい、そう思わせるラーメンでした(^^ゞ

麺屋銀星 池袋
豊島区南池袋2-27-4 青柳池袋駅前ビル B1F
03-6907-1557



そして、今日、紹介するもう一軒のお店がこちら、なのですが…


よくわからないのですが、銀星に行った日の数日後、深夜に食べたであろうラーメンです…


麺はこんな感じなのですが、全く記憶にございません…


味玉は、写真で見る限り味が滲みていて美味しそう。 でも、思い出せません。。(T_T)


一体この日、私の身に何が起こったのでしょうか。。
普通はですよ、いくらなんでも薄っすらと覚えているものなんです、ラーメンを食べたことぐらい。。
でも、このラーメンは、翌朝、いつも通りに会社に着いて、スマホのカメラを確認するまで全く知りませんでした。
いやぁ、確かにお酒を飲んで酔っ払いはしましたが、普通に帰ったはずなんですけどねぇ(^_^;

もしかしたら、誰かが勝手に私のスマホでラーメンの写真を撮ったのかも…
いやいや、忘年会というヤツは、なかなか厳しいものですねぇ┐(´~`)┌ ヤレヤレ

ちなみに、
店名:一体何のことですか?
住所:おそらく新宿あたり、でも、詳しいことはわかりません…
電話:いい加減にしないと怒られますよ!m(_ _)m



 ご面倒でしょうが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズンは池袋で牡蠣を食す。。 @四喜・池袋西口

2017-12-26 05:44:35 | うまいもの
忘年会が続く中、そう言えば、今シーズンはあまり牡蠣を食べてないなぁ…
という事で、池袋西口で探し当てたカキのお店に行ってきました。
何しろ、池袋で冬を迎えるのは初めてのことですから(^^)

生ビールとお通しのホタルイカ。 ホタルイカ好きの私には嬉しいお通しです(^^)


ウォーミングアップにサラダを。 決して健康第一生活を忘れたわけではありません!(^^)v


さらに、カキのアヒージョです。牡蠣云々ではなく、ニンニクとオリーブオイルが美味しい(^^ゞ


飲みものを日本酒にチェンジして、


なめろうで更なるウォーミングアップを行います。


ウォーミングアップで終わってしまわないように、ここで名物ガンガン焼きです。




ガンガン焼きが何なのか、実はあまりよく知らないのですが、要するに牡蠣を大雑把に焼いたものです。
殻つきのままガンガン焼いて、それを熱いうちに食べる、みたいなコンセプトですかね。
ひねりがない分、牡蠣そのもの味なので、牡蠣の店に来たんだなぁ、というムードが盛り上がります。
これはこれで、直球勝負なところがイイですね。

こうなると、やはりり生牡蠣を食べたくなりまして、まずは岩手の赤崎産を。


続いて、北海道は厚岸さんの生牡蠣です!


岩手も北海道も牡蠣どころとして有名ですが、この日の牡蠣も甲乙つけ難い美味しさでした。
ただですねぇ、元々牡蠣が大好きな私としては、生牡蠣を食べ出すとつい止まらなくなってしまったり…
私はあまり経験がないのですが、気持ちよく牡蠣を食べ続けた結果、翌日にお腹が痛くなったりする人もいるらしく、そうなると面倒ですから、実は牡蠣は程々にしないと危ないんですよねぇ。。
でもまあ、美味しい牡蠣を目の前にしたら、いちいち気にしていられないっすね\(^O^)/

ということで、続いてはカキフライ…ではなく、牡蠣の天ぷらをお願いしました。






カキフライも美味しいし、大好きですが、天ぷらもなかなかどうして捨てがたいものです。
衣がサクッとカラッとしていて、熱いうちに塩でサクッと食べるのがオススメ。
一応、ギリギリ火が通っている程度の揚げ具合がたまりません(^^)

四喜さんというこのお店、お値段ソコソコでいろいろなカキ料理が楽しめます。
ちょいと軽めの忘年会で使うもよし、ただただ牡蠣を食べるために使うのもまたよし。。



梅水晶なんかもあるので、延々と日本酒を飲み続ける人も退屈せずに済んだりします。
これはアレですね、結構便利なお店ではないでしょうか(^^)/▽☆▽\(^^)


四喜 池袋西口駅前店(Shiki)
豊島区西池袋1-13-5 シーガルハウス7F
050-5570-2827



 ご面倒でしょうが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒドイことになっちゃったなぁ┐(´~`)┌ ヤレヤレ @小次郎・池袋

2017-12-20 05:35:22 | うまいもの
これも、この時期にありがちな忘年会と言えるでしょうか、以前、私の勤務地のひとつだった秋葉原に在勤のメンバーが、「池袋で飲みたいのでたまには付き合ってください!」と連絡を入れてきました。
(彼は自宅が池袋経由方向なので、きっと帰るのが便利だからなんでしょうねぇ(^_^;))
理由はどうあれ、「たまには…」と言われると、言う通りにしたくなってしまうのが私の欠点でありまして、本当は翌日の朝が早いので飲む予定が無かったにもかかわらず、「まあ、じゃあ、たまには行きますか!?」などと…

結局この日は池袋で羊肉を焼き、その後にもう一軒飲みに行ってフラフラに…
「ああ、またやっちゃんたんだなぁ」と反省しつつ、家路につこうと思ったら、「あのう、せっかく久し振りに池袋で飲んでいるんだし、ラーメンでも食べて帰りませんか?」との、悪魔の囁きが。
うむむ。。 「たまには」と同じぐらい「久し振り」という言葉に弱い私にとって、この誘いはいかにも魅力的。
本当は行きたくないけれど、“久しぶり”の奴がいたので仕方なく、という言い訳も用意されているので…

結局、その約10分後、私たちはラーメン小次郎のテーブル席で水を一杯飲んだのでした。


そして、水を飲みつつメニューを眺めた結果…


ラーメンの前に、餃子と、


ガツのネギタレかけを頼んでしまいました。


ちなみにこのネギタレかけは、結構ピリリと辛味がきいて、


緑茶ハイが一杯では足りませんでした。。(^_^;


そうこうするうちに、我々はラーメンを食べにきたんだ、ということを思い出しまして…


選んだラーメンがコチラ、こってりにんにくラーメンです!


このラーメン、とにかくニンニク臭がスゴイです。
スープの上に浮いているのは背脂にも見えますが、これが実はにんにくでありまして、ここまで強烈&ストレートなにんにく勝負ド直球ラーメンは、ちょっと他には思い当たるフシがないほどです。
なんと言いますか、お酒を飲んでいなかったら、スープをひと口飲むのにためらいを感じるかもしれません。

ところがですね、ベースになっている鶏ガラ醤油スープ、これが結構美味しいんです。


“昔ながら”と簡単に言うには洗練され過ぎているほどで、その完成度はとてもチェーン店の定番規格品スープと思えないレベル。 強烈なにんにく臭に隠れているとは言え、スープだけを飲んでもかなりの満足感がありました。
多少はお酒の所為もあるかもしれませんが、それにしたって、ベースのスープがある程度以上に美味しくなければ、いくらにんにくを大量に投入してあるといっても、簡単には誤魔化されない気がしますし。。
味噌やとんこつではなく、こういうスープが欲しくなるタイミングって、誰にでもあるんじゃないですかねぇ(^^)

麺は縮れの少ない細めの麺。 ツルツルっと吸い込まれていく感じがスープに合っていると思いました。


あまりにもスープがいい感じだったので、先ほどのピリ辛ガツをスープと一緒に!


そして、白いご飯もスープと一緒に!


アレレ? 私はなんでご飯を食べているのでしょうか…
こまったなぁ、記憶が定かでないなぁ…
ひどいことになっちゃってたんだなぁ…
こういう事を繰り返していてはいけないなぁ…


ラーメン餃子館 小次郎 池袋店
豊島区西池袋1丁目40-5
03-3982-7549



 ご面倒でしょうが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加