とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

レトロクラシック : 6/26東京12R 3歳以上500万下優勝!(^_^)

久々、芝浦ホルモンで遊んじゃいました(^^) @芝浦食肉・大森

2016-12-06 05:32:25 | うまいもの
大森の芝浦ホルモン、芝浦食肉さんに行ってきました。
何だかんだで随分ご無沙汰でしたが、ホルモンの美味しさは相変わらずでした(^^)

最初はウォーミングアップですから、まずは生系のメニューから、ホルモンミックス刺しと、


和牛の焼きユッケをいってみました。


どちらも卵黄を混ぜ込んで食べるのですが、そりゃあ美味しいに決まっています。
タレの味と卵黄のマッタリした濃厚さ、これが混ざると、ついついご飯が欲しくなったりします。

そして、こういう料理には、何故かマッコリが合うんですよね(^^)/▽☆▽\(^^)


こちらは早いメニューから、海苔おかかアボカドです。


アボカドの上に海苔の佃煮がのっていて、おかかと一緒に頂きます。
これはですね、とても美味しいのですが、味の大半をコントロールしているのは、実は海苔の佃煮なんです。
そうですねぇ、味のハーモニーというよりは、海苔の佃煮そのものを食べている感じ。 いや、美味しいからいいのですが、アボカドとおかかが多少勿体ないかもしれません(^^ゞ

パリパリ生キムチは、生の白菜をヤンニョムで混ぜ込んで食べる一品。
これが混ぜる前で、単なる白菜です。


そして混ぜたあと、どう見てもキムチです(^^)


これがですね、白菜のパリッとした食感が新鮮で、結構病みつきになるかもしれません。
しっかり漬かったキムチも美味しいですが、こういう新食感のキムチも面白いです。
でもこれ、韓国の人が食べたらどう思うのかな??(^_^;

茹でタンです。


トロッというよりホロッと崩れる柔らかさ。
割りとシンプルなダシで煮込まれていて、タン好きには堪らない一品です。
少し歯ごたえのある焼タンもおいしいですが、茹でタンとかタンシチューとか、煮込んでも美味しいのがタンのすごさですね。

そして、芝浦食肉と言えばやはりこれ、大トロホルモン焼(この日は醤油味!)です。


キャベツドームの中に隠れていたホルモンを焼き上げていきます。(お店のスタッフが(^^ゞ)


自慢の醤油ダレが鉄板の上で踊っています。


カットしたホルモンをキャベツと合わせて完成です!


芝浦食肉のホルモン焼は、塩と醤油と味噌、三種類の味が選べます。
それぞれ特徴があるので好みで選べばよいのですが、初めての方は基本の醤油から試してみるのがオススメです。
キャベツの甘み、ホルモンのトロっとした旨み、これが合うんですよね、香ばしい醤油ダレと\(^O^)/

この日のシメは、いつもの焼き飯ではなく焼きうどんにしてみました。


醤油ダレが絶妙に絡んだコシ強のうどんに、おかかを混ぜて完成です!


どうです、照りがあって美味しそうですよね。


実際に食べてみると… ホントにこのうどんは美味しいです。
焼いてもクタッとならないコシの強さ、噛み締めたときの弾力も充分で、濃い目の醤油ダレに全く負けていません。
これは食べた瞬間に感じるのですが、要するに、うどん自体がかなり美味しいのです。
私、以前からずっと焼き飯派だったのですが、今後については改めて方針を考えてみたいと思います(^^)v

芝浦食肉さんには久しぶりの訪問だったのですが、なんか、イイっすね、こういうの。
ワイワイガヤガヤ気取らずに食べて飲んで、楽しく遊んでお値段もソコソコ。 たまに今回の焼うどんのような発見もあって、さすがに毎日とはいきませんが、シーズンに何回かずつは全然楽しめそうです。
さーてと、次回はいつ頃、どんな探検をしに来ますかね~ (^^)


芝浦食肉 大森店
大田区大森北1-11-3 サカエビル1F
050-5868-7608(予約専用)
03-5767-6612(問合せ専用)



 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

今週末は出走予定なし、今年はあと一走ですかね(^_^;

2016-12-05 05:44:25 | 競馬・一口馬主全般
昨日のマカハは6着。
続戦模様は嬉しい話ですが、判断は来週以降の馬の状態次第ですし、仮に続戦OKだとしても時期は年明け以降になりますから、今年はひとまずお疲れ様でした、ということですね。

今週は、クレッシェンドラヴの一週前追い切りがあります。
次走は3戦目で初のダートになりますが、どうやら(私の出資馬では)今年最後の一戦になりそうですし、何とか恰好をつけて2016年を締め括って欲しいところです。
そもそもの期待度からすれば、今のところはかなりの凹みようですから(^^ゞ

その他の馬たちも、多少の凸凹はありますが、それぞれにモヤモヤ感のある状況でしょうか。
このまま年末年始の休みに突入するのは何となく嫌ですが、私が嫌だと言ってもどうにもなりませんし、かえってこういう状況の方が、来年は反動でいい年になるかもしれません。
ということで、今はあまり深く考えるのはやめておこうと思います(^_^;

<出資馬の状況>


<2016年総合成績/12月一週終了>




 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】さらにチャンスを求めて続戦視野に @関係者コメント

2016-12-04 19:13:21 | マカハ
市川ステークスで6着となったマカハの関係者コメントです。

◇吉田豊騎手のコメント
「指示通り、後ろから直線だけの競馬になりましたが、今日はペースが落ち着いてしまいましたから…。もう少し流れてくれれば違ったのかもしれませんが、こればかりは仕方がありません。中山のマイルであれば何とかやれるものの、広いコースでは、やはりもう少し短い距離のほうが良さそうです。3歳時に乗せてもらった時と比べると、年齢的にズブさを感じました。ただ、最後は脚を使ってくれていますので、あとは展開待ちでしょう」
◇小崎調教師のコメント
「この少頭数でこのメンバー。スローになるのは予測できましたので、ポジションを取りに行っても良かったという見方もできなくはありませんが、行かせたら行かせたでダラッとした脚しか使えなくなる可能性も大いに考えられますから。やはりマカハの競馬に徹して、ハマるのを待つしかなさそうです」
-----

吉田騎手のコメントも、小崎調教師のコメントも、まあ、そういうことなんですよね。
『分かっていても自分から形を変えないほうが良い』、と陣営が判断しているのですから、多少のもどかしさがあったとしても、展開がハマるチャンスが来るのを待つしかなさそうです。

気になる今後については、小崎調教師が、「2月の東京まで待つには間隔が開きすぎますし、1月に使うとなれば京都の芝1400mか中京の芝1200mあたりでしょうか。すぐに放牧に出すのではなく、トレセンに帰ってからの様子も見ながらじっくり考えていきたい」、と仰っており、このまま放牧には出さずに、続戦を視野に考えることになりそうです。

まあ、展開ハマりを待つのであれば、なるべくチャンスが多い方がイイに決まっています。
ここ数戦の内容を見ると、コース条件よりは展開面での注文が大きなウェイトを占めているようですし、マカハの状態が許すのであれば、適度な間隔を取りつつ数を使っていく作戦が妥当なのかもしれません。

来年はマカハも8歳になります。
あと何戦頑張ってくれるかは分かりませんが、何とかいいレースをさせてあげたいものですm(_ _)m


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】展開ハマらず、差して届かず(^_^; 中山10R 市川S・6着

2016-12-04 15:27:42 | マカハ
中山10R 市川Sに出走したマカハは6着でした。

【レース内容】
互角のスタート。 いつものように先行各馬を行かせると定位置の最後方へ。 1000m通過が59.2秒と決して早くないペースの中、道中ずっと“おっつけ通しの追走”に見えたのは気のせいでしょうか。。
本格的に追い出されたのは3コーナーを過ぎてから。 4コーナーで大外を回って先行各馬を交わしにかかりましたが、勢いがついた坂上の時点で残された距離は僅かしかなく、前半楽をしていた先行勢の脚も止まりませんでした。
結局3頭交わすのが精一杯、惜しくも6着での入線に終わりました。
-----

まあ、仕方がないんでしょうね(´ヘ`;)

開幕週の中山マイル、スローペースも想定通りでしたから、“差し届かず”の結果もある程度は…。
直線坂上からゴールまで、精一杯の脚で追い込んでくれましたが、さすがにあの展開を外から差し切るのは無理でしょう。 せめて、0.2秒差の馬券圏内までは届いて欲しかったですが、なかなか上手くいかないものです。

ちなみにレースリプレイを見ると、4コーナーで外を回らずインをついていたら馬券圏内はありそうでした(^_^;
でも、“展開ハマり”を期待する、というのはこういう事なんですよね。
歯がゆい思いをしようがどうしようが、最後方から外を回って追い込む一手にかけるわけですから、結果を見るたびに、あそこでこうしていれば…というのは本末転倒なのでしょう。

まあ、今日はペースが落ち着いてしまったこと、開幕週の馬場の所為で前が止まらなかったのが全てですね。
個人的には、かなりズブさの出てきたマカハには、もっと距離の長いところがあっているかも…、などと思いますが、それはあくまで思いつき。 今からスタイルを変えるのは、実際はなかなか難しいですしね。。
いずれにしても、今日もお疲れ様でした。 まずはゆっくり休んでくださいm(_ _)m

■12/4中山10R 市川ステークス(1600万下・芝1600m)・良




 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

気になる1歳馬、ウェルシュステラ’15が美浦近郊に移動

2016-12-04 07:41:53 | イベント・募集馬検討
ウェルシュステラ'15は1日に木村牧場を出発。2日、ジョイナスファームに到着しています。

◇国枝調教師のコメント
「姉のレトロクラシック同様、決して早熟タイプではなさそうですが、今後が順調であれば手軽に動かせますし、何より目が届きやすいですからね。ここからは、北海道よりも気温が落ち着いている美浦近郊で乗り進めていきたいと思います」
◇古谷社長のコメント
「輸送で体温を上げることもなく無事に移動を終えています。様子見を兼ねて、数日ほどこちらの環境に慣らし、週明けより馬場入りを開始していく予定です」
-----

まだ出資をしていないので何とも言えませんが、この移動は少し驚きました。
普通は北海道で乗り進めて、少なくとも年明けぐらいまでは様子を確認してから移動でしょう。
調教師コメントにもあるように、(移動とデビュー時期、早期始動に何の関係もなさそうなこの時季ですから)単純に手元に置いておきたいこと&寒さ対策なのかもしれませんが、だとしたら、余計に特別扱い感が漂ってきます(^^)





ちなみに今回更新の動画(上)と前回動画(下)を見比べると、僅か一ヶ月の間に成長が進み、歩き姿に伸びが出て、さらにゆったり大きく柔らかく歩けるようになったのがハッキリわかります。(上下一緒に再生すると面白いです)
私、こういう歩きが出来る馬が個人的には大好きで、またまた検討上のプラスポイントが加算された気がします(^_^;

いずれにしても、北海道競馬在籍以外の全ての馬が、“いつかはクリアしなければいけない北海道からの長距離輸送”を早くも問題なく終えてしまったのは、これは悪いことではありません。
出資に関する判断はもう少し先にする予定ですが、今のところ前向きな気持ちに変わりはありません(^^)


【ファンタストクラブ内木村牧場でのウェルシュステラ'15 : 公式HP(12/2更新分)より】


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】12/4中山10R 市川ステークス・枠順&予想

2016-12-03 17:15:21 | マカハ
■12/4中山10R 市川ステークス(1600万下・芝1600m) 14:40発走



◎ マカハ
○ ミッキージョイ
▲ チャンピオンルパン
△ ゴットフリート
△ オコレマルーナ
△ ショウナンライズ

マカハは8枠8番になりました。
中山マイルの内枠有利は周知のとおりですが、厩舎サイドは、「それでも外枠が欲しい」とのこと。 どうせ最後方に下がってから競馬を始めるマカハの場合、変に内枠に入って動けないことの方が嫌ですからね。
まあ、開き直って一発を狙う立場としては、そういう事でもイイのだと思います。

それにしてもこのレース、本当にどの馬が勝ってもおかしくないですね。
一応印をつけてはいますが、それじゃあペルソナリテやアンブリッジにチャンスがないかというと、どう考えてもそれほど差があると思えず…。 逆に言えば、そういうレースだからこそ、マカハ本命で充分イケるということでしょう(^^ゞ

展開面では、パッと見ではスローペース確定のメンバー構成にも思えますが、実際にやってみたら意外に流れて差し台頭の競馬になったとか、そういうケースがあるのも中山マイルならでは。 明日の市川ステークスが、直線の坂上でガラッと着順が入れ替わるような、そんなタフなレースになってくれることを期待したいです!



 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

残口僅か第1号は、スイートマカロン’15!

2016-12-03 06:44:09 | イベント・募集馬検討
スイートマカロン'15に残口僅かサインが点灯しました。
といっても2000口募集になってから、残口僅かから満口までには余裕が出来ましたので、今すぐに慌てる必要はないですが、人気のバロメータとしては参考になりますし、『やはり、なるほどねぇ』という感じです。

以下、スタッフブログから抜粋です。
◇ファンタスト内木村牧場、川嶋場長のコメント
川嶋:二ノ宮先生にも見てもらったんですが、すごく手先も柔らかいですし胴伸びもあって距離的にもマイル以上、距離が延びた方が良いタイプだなと二ノ宮先生も言ってました。馬体重は入厩時に測った時に446キロ、関節の大きさからみても490キロ前後で競馬できるのではないかと思います。関節の大きさから推測できるのはそれくらいの体重という見立てです。

ディープブリランテ産駒ですし、サンデー系の中では筋肉の発達した馬なので、それが、この馬にも出ていると思います。見た目、脚元にも何も不安もないですし、飛節の角度とかも凄く良いですし膝下も長いですし、芝馬だなと思います。
筋肉も柔らかそうですし、繋ぎも柔らかいですし、すごく身のこなしが良い仔ですね。
今後の予定ですが、どちらかというと早いデビューが可能なタイプかと思います。二ノ宮先生は毎月一回は来てくれまして、調教の進み具合によって、早くもっていくグループと遅くもっていくグループでそのうち分けていく流れになっていまして、通常4月時点で坂路でどういう動きをするのかによって夏デビューするのか秋デビューするのかを先生が決めるんですけど、関節をみても化骨の進み具合も良さそうですし、順調にいけば夏デビューも可能というタイプだと思います。
-----

展示会で見た時にも、(もともとのバランスの良さを含めて)完成度では一番の馬でしたし、早めのデビューが期待できそうな点は大きなセールスポイントになっていると思います。
それに、デストリーライズやゼロカラノキセキが勝ち上がって頑張っていることも大きいでしょう。 単純に馬体を見た印象では、兄たちよりも本馬の方が上…と思っても不思議はない感じでしたから。

ここから先の売れ行きは読みにくいですが、先行申込期間の来年1月末、そこがひとつの分かれ目でしょうか。
今までのところ順調度でも他馬に先んじている印象のスイートマカロン'15。 私自身は本馬に魅力を感じているものの、正直、検討順1位ではないだけに、難しい判断を迫られることになるのかもしれません(^^ゞ


【ファンタストクラブでのスイートマカロン'15 : 公式HP(12/2更新分)より】

展示会時の記事はコチラ→『2016広尾TC展示会報告(5)・スイートマカロン'15』
そしてコチラも参考に!→『水野由加里の募集馬検討会【スイートマカロン'15編】』


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】12/4中山10R 市川ステークス・出走確定

2016-12-02 05:31:36 | マカハ
マカハは、12月4日中山10R 市川ステークスに吉田豊騎手で出走します。11/29測定の馬体重は480kgです。

-調教時計-
16.11.30 助 手 栗東坂重 1回 54.1-39.5-25.3-12.4 一杯に追う
16.11.25 助 手 栗東坂良 1回 55.3-41.3-27.1-13.3 馬ナリ余力

◇小崎調教師のコメント
「休み明け3走目ですし、レース間隔もそう開いていませんので、30日の追い切りはほどほどに。目一杯ではありませんから、時計もあの程度で問題ないでしょう。今回は頭数が少ないことですし、中山のマイルであっても外枠が希望。ラスト400mの競馬でどこまで交わせるかだと思います。デキは安定していますので、鞍上には本馬の好走パターンをよくイメージした上でレースに臨んでもらいたいです」
-----

マカハの出走が確定しました。
準オープンのマイル戦が少頭数になるイメージはあまりないのですが、とにかく出走馬はわずかに9頭。
最近頻繁に見せられる、“二桁着順”の可能性が最初からゼロなのは、正直、ありがたい限りです(^_^;)

いや、そんな事で喜んでいる場合ではないのかもしれませんが、後方からの競馬がお約束になっているマカハにとって、“直線で交わさなければいけない馬が最初から少ない”というこの状況は、どうしてもお得に感じてしまいます。
今からスケベ根性を出し過ぎると良くない気もしますが、何となくニヤニヤしてしまいそうです(^^ゞ

■12/4中山10R 市川ステークス(1600万下・芝1600m)出走馬



【栗東トレセンでのマカハ : 公式HP(12/1更新分)より】


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【クレッシェンドラヴ】次走は12/17中山2R(ダ1800m)が目標

2016-12-02 05:13:44 | クレッシェンドラヴ
美浦トレセン在厩のクレッシェンドラヴは、30日は北馬場で普通キャンターの調整です。

◇斎藤厩務員のコメント
「ソエ(特に左前)が出かかっているとはいえ、休ませるほどのものではなく、この中間も大きく変わった様子はありません。目標は12月17日中山2R 2歳未勝利(ダ1800m)ですから、速めは週末ぐらいからでよいでしょう。次走はダート適性がカギ。ソエ気味であることを考え合わせれば、ここで一度試してみるのも悪くないと思います。現状をしっかりと受け止めたうえで、ひとつひとつ手を加えていきたいです」
-----

「現状をしっかり受け止めた上で、ひとつひとつ手を加えていきたい」、…全くその通りだと思います。
バランスの良い馬体、調教での素晴らしい動きを見てしまうと、世代でも有数の存在のような気がしてしまいますが、今はただの未勝利馬。 これが現実ですからね。 やはり、しっかり地に足をつけて初勝利をめざさなければいけません。

という事で、まずはダート適性を探る意味も含めて中山ダート1800m戦へ。
何だかんだでトレセン在厩期間も長くなっていますので、もしもここでも今までと同じような競馬になってしまったら、気持ちをリセットする意味でも、一旦放牧立て直しになる可能性が高いのではないでしょうか。

と書いてはみたものの、私にはどうしてもクレッシェンドラヴが“ただの未勝利馬”には思えません。 今は結果が出ずに未勝利に甘んじていますが、ひとつ歯車が噛み合いだせば、一気に才能が開花することだってあるわけですから。。
次走のダート挑戦が、結果としてそのきっかけになってくれたら嬉しいです。


【美浦トレセンでのクレッシェンドラヴ : 公式HP(12/1更新分)より】


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

【ビジューブランシュ】ドリームファームでリフレッシュ

2016-12-01 06:19:20 | ビジューブランシュ
ビジューブランシュは、29日、ドリームファームへリフレッシュ放牧に出ています。

◇石井厩務員のコメント
「(前走は)馬運車に乗せたら妙な汗をかき始め、メンコをつけても様子が変わらず、もうレース前に終わってしまった形。パドックでも元気がなかったですし、思いのほか輸送がこたえる結果となってしまいました。レース後も脚元に反動はないものの、細化した馬体の回復を促すためにもまずは牧場でリフレッシュ。軽く仕切り直しを図りたいと思います。しっかりと稽古を重ねていた中での除外により、気が入りすぎてしまった部分もあるのでしょうか。次回は少し早めにレースを迎えさせてあげた方がイイのかもしれません。芝やダート、左右の周回などの適性に関しては、あの一戦だけではまだ何とも言えません」
-----

前走だけで芝、ダート、距離適性などを判断するのは早計、それはその通りだと思います。
まあ、『ガタガタ心配するのはまだ早い、次回は必ずリベンジするぞ!』といったところでしょうか(^^)

それにしても、石井厩務員のコメントを見ても、前走は相当に良くない状態の中でレースをしたようですから、まずはそのダメージを取り除いてあげるのが先決でしょう。
その上でもう一度身体を作り直すこと、再デビューに向けた作戦を考えるのはそれからですね。

デビュー戦の前は、こちらもかなりテンションが上がっていましたので、ビジューブランシュ同様に、一旦、気持ちをリフレッシュしたいと思います。(でも、レースが近くなると、結局は興奮しちゃうんですけれど(^^ゞ)


【11/26京都、メイクデビュー京都でのビジューブランシュ : 公式HPより】


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ハニートリップ】まずは10kgほど馬体回復

2016-12-01 06:07:23 | ハニートリップ
吉澤ステーブル在厩のハニートリップは、おもに坂路でのハロン17秒ペースのキャンター1本を消化。週1回の15-15を開始しています。11/29測定の馬体重は436kgです。

◇柴原マネージャーのコメント
「目に見えるような疲れやダメージはありませんので、今後は馬体の回復と体力面の増強に注力。ペースを上げながらでも短期間で10kg増加していることですし、同じおとなしい感じでも先週とは異なり、リフレッシュして落ち着いている印象ですから、あらためて調教のボリュームを上げ、鍛え直していきたいと思います」
-----

馬体重が426kgまで減っていたのはかなりの驚きでしたが、10kgほどは戻ったようで良かったです。
まあ、藤原厩舎のトレーニングはそれほどハードということですが、今回の鍛え直しを経て、そういうトレーニングにもしっかり対応できる体力、芯の強さを身につけてもらえればと思います。
ハニートリップの一旦放牧は、やはり、まだ機が熟していなかったということでしょう。


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ディメンシオン】終い13秒台までペースアップ

2016-12-01 05:59:03 | ディメンシオン
吉澤ステーブルWEST在厩のディメンシオンは、おもに坂路でのハロン16~17秒ペースのキャンター1本を消化。週2回の速めを乗り込まれています。

◇柴原マネージャーのコメント
「週2回の速めのうち1回は、終いハロン13秒台を交えて。ピッチを上げた後も脚元はスッキリとしていますし、当初は気合不足にも思えた走りに前進気勢が見られるようになり、バネの利いたキャンターを素軽く見せるようにもなってきました。成長の進度は緩やかなタイプなのかもしれませんが、ここにきて着実に良化が進んでいるのが分かります」
-----

先週の15-15から、終いが13秒台まで上がってきました。
藤原先生がどのタイミングで、「あとは厩舎で進めてみよう…」と判断されるかはわかりませんが、今の調子であれば、吉澤ステーブルWEST在厩のままで、かなりのところまでペースを上げていきそうです。

何事も無ければこのまま年内には入厩、そして2月デビューの線は狙える感じでしょうか。
別にデビュー時期を競うわけではありませんが、ひょっとすると、放牧立て直し(鍛え直し)になったハニートリップよりも、早いデビューがあり得るのかもしれませんね。


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【コンフォルツァ】ようやく来週から馬場入りです!

2016-12-01 05:52:29 | コンフォルツァ
坂東牧場在厩のコンフォルツァは、おもに丸馬場での常歩10分、角馬場での速歩20分を消化しています。

◇荒木マネージャーのコメント
「週明け月曜日より馬場入りを予定しており、現在はそれに向けての準備段階。休ませて成長を促していたとはいえ、つねに背中から乗り手とのコンタクトは取れていますので、スムーズに移行できると思います。まずはダート周回コースでハッキングからのスタートです」
-----

コンフォルツァがようやく来週、馬場入りを開始してくれるとのことです。

いやぁ、今まで本当に長かった…

状況が今ひとつピンとこない中で待ち続けるのは、本当に長く感じます。 でもまあ、この成長促進期間が結果的に良かったのだと、そう思える日がくると信じてはいますけどね(^^ゞ
ということで、来週の馬場入り後はとにかく無事に、順調にステップアップをして欲しいと思います!


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ステラバレット】まだ疲れが抜けきらず。。

2016-12-01 05:43:40 | ステラバレット
エミオンステーブル在厩のステラバレットは、坂路でのハロン16~17秒ペースのキャンター1本を消化しています。

◇村上場長のコメント
「立ち上げの際に数日だけカリカリした程度で、今は落ち着いて調教に臨んでくれています。前回送り出した時に比べるとまだ馬体に張りが足りない感じですが、ここにきてお尻の肉が戻りつつあるように、疲れが取れてだいぶ回復が進んできた様子です。この分であれば、来週ぐらいから時計を詰めていけるのではないでしょうか」
-----

坂路一本、16~17秒の調整ですが、まだ完全には疲れが抜け切っていないようです。
まあ、前走の感じから言えば、慌てて進めても簡単に結果が出るとも思えませんし、森先生が仰っていた「年内もう一走」に拘りすぎず、しっかり鍛えてレースに出る方がいいかもしれません。
いずれにしても、もうしばらくは、様子を見ながらヤキモキ&モヤモヤしたいと思います(^_^;


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ベイビーティンク】だんだん上手になってきた!?

2016-12-01 05:36:59 | ベイビーティンク
蒜山ホースパーク在厩のベイビーティンクは、先週同様、ウォーキングマシン60分、おもに角馬場での長めの駈歩、丸馬場でのバー障害や竹柵障害の練習を消化しています。

◇牧原担当のコメント
「竹柵に対しても怖がることなく安定して飛べるようになってきています。本馬を問わず、練習の頻度を下げると飛越を躊躇し始めることがありますし、だからと言って、毎日練習ばかりを繰り返していても、今度は飽きがきて飛ばなくなることもあります。自分から障害に向かって行く気持ちをキープすることが重要になってきますので、最近では障害の置き場所を替えたり、飛ばす方向を変えたりするなど、違った景色でも対応できるように仕向けているところです」
-----

ここまで時間をかけて進めて頂いたお陰でしょうか、だんだん飛越が自分のものになってきたようです。
それにしても、牧原さんのコメントを見ていると、障害練習も簡単ではないというのが良く伝わってきます。 思い起こせば、練習はしたけれど結局デビューできなかったアタッキングゾーンのような例もありますし…(^_^;
まあ、ゴッドフロアーみたいな馬は本当に珍しいんでしょうね。

今のところベイビーティンクは、アタッキングゾーン以上ゴッドフロアー未満(幅が広すぎるかな?)のようですが、これまでの経緯を考えると、少なくともレースで素質を試すところまではいけそうです。
まだ難しいハードルはあるのでしょうが、是非、この調子で頑張って欲しいです。


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。


 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comment
この記事をはてなブックマークに追加