とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

ディメンシオン : 7/8中京3R 3歳未勝利・牝 優勝!(^_^)

【ブリッツェン】引退名馬繋養展示事業 新規助成対象馬!

2016-02-14 06:31:28 | 殿堂馬
クラブのスタッフブログに紹介されて初めて知りました。
あのブリッツェンが、『引退名馬繋養展示事業 新規助成対象馬』になったのだそうです。

*引退名馬繋養展示事業
本事業は公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルが行う事業であり、事業は、競馬、繁殖や乗馬として供用されなくなった高齢(10歳以上)の引退競走馬(競走を引退した馬)のうち、競走馬として活躍し(JRA重賞もしくはNAR交流重賞勝ち馬)、多くのファンに夢や希望を与え競馬の発展に貢献した名馬の繋養展示活動に対し助成等を行い、繋養先などの情報を広く提供するものです。(広尾TCスタッフブログより)

要するに、ブリッツェンのように重賞を勝った高齢馬が、種牡馬や乗馬を引退しても安心して暮らせるように、繋養展示活動に助成を行いつつその情報を発信し、功労馬を長く支えていこうという活動のようです。
内容を聞くと本当にありがたいと言うか、重賞を勝っていて良かったと言うか、引退したサラブレッドが幸福裡に天寿を全うすることの難しさを考えると、改めて感慨深いものがありますね。

ちなみにブリッツェンは、常総ホースパークという立派な乗馬クラブに繋養されています。
そもそもこの事業の主旨が、“繋養展示活動の助成”ですから、当然事前に連絡すればキチンと見学をさせてくれるようですし、場所も牛久なのでゴルフに行くと思えばそれほど遠いところではありません。
いや、あの方面でプレーをした後、ダラダラせずに車を飛ばせば簡単に会いに行けちゃう距離感です!

これは、ブリッツェンに会いに行く作戦を考えるのはアリですね。
茨城方面でゴルフをするチャンスがあれば簡単なのですが、近々、あったっけなぁ… とまあ、慌てる話ではないですから、落ち着いて企画してみようと思います。
それまでブリッツェン、楽しみに待っててね!(差し入れは何がイイのかな(^^))

■引退名馬のページ:https://www.meiba.jp/
 ブリッツェンだけでなく、かつてお世話になったいろいろな名馬の情報が分かって懐かしいです。
 ニッポーテイオー、イナリワン、ムービースター、ウィナーズサークル… ご健在だそうです(^^)
 ◇ブリッツェンのページはコチラ:http://www.meiba.jp/horses/view/2006106319

■常総ホースパーク:http://www.joso-hp.com/
 〒300-1283 茨城県牛久市奥原町3634 TEL 029-875-1717
 今は体験乗馬のコースはやっていないようです。
 それがあれば、乗馬体験をしつつブリッツェンと過ごす、みたいなゴージャスな休日が企画できたのに(^^ゞ

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】引退通知到着、ありがとう!

2014-07-06 17:25:43 | 殿堂馬
先日、引退が決まっていたブリッツェンの引退通知が届きました。



思い起こせばブリッツェンのデビュー戦はちょうど6年前、夏の福島開催芝1200mの新馬戦でした。
あれからもう6年も経ったのかと思うと感慨もひとしおですが、3歳時には、クラシック出走を目指してチャレンジを続けた春までにひとつ、ひと息入れたあとに素質を開花させ始めた秋・冬にふたつと3勝もしてくれました。

その後も4歳時にひとつ、5歳時には準オープンの武庫川ステークスとG3・ダービー卿チャレンジトロフィーを連勝するなど勝ち星を積み上げてくれましたし、また、一億円を軽く超える賞金も稼いできてくれました。
いやホント、こんなにいろいろな経験をさせてくれた上に賞金まで稼いでくれる馬は珍しいです(^_^)

そういえば、この4月に同期のスプラッシュエンドが引退をしたばかりですが、この世代は私が出資をした2頭がともにオープン馬になってくれたんですよね。
『いやぁ、我ながら見る目がある…』というのは冗談で(^_^;)、2006年産馬とはたまたま幸運なめぐり合わせだっただけですが、やはり、ブリッツェンやスプラッシュエンドのように長く付き合った馬が引退していくと、何か力が抜けるような感覚になりますね。

いずれにしても、ブリッツェンの引退はもう決まったことです。
ブリッツェンの今後の馬生が穏やかなものであることを祈るとともに、(懲りない性格と言われようがどうしようが)この先もブリッツェンやスプラッシュエンドを越える馬たちを探し求めていきたいと思います!
(って、この先、こんなに素晴らしい馬たちとの出会いは本当にあるのだろうか…(^_^;))


ブリッツェン
2006/3/4 平取産
父:スペシャルウィーク、母:レディストロベリー(母父Caerleon)

通算成績:37戦6勝、2着8回(初勝利2009/2/8)
主な勝ち鞍:ダービー卿チャレンジトロフィー、武庫川ステークス、UHB賞、神奈川新聞杯、小樽特別

募集総額:2,310万円
獲得賞金:1億7,602万円(本賞金+付加賞金のみ)

長い間ありがとうございました、ゆっくり休んでください(^_^)/~


【2013/12/14撮影、ラストランとなったディセンバーSでのブリッツェン : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】現役続行断念。。ありがとう&お疲れ様でしたm(_ _)m

2014-07-02 22:42:03 | 殿堂馬
本日、クラブからブリッツェンの現役続行断念=引退のアナウンスがありました。
それによれば、「過去に肺出血を患っている経緯、年齢的なこと、出走態勢を整えていくにあたってのリスク、復帰後の可能性などについて二ノ宮調教師と協議を継続し、最終的に現役を引退させる方向で合意に至った」とのことです。

◇二ノ宮調教師のコメント
「重賞を勝たせてもらった馬でもあり、予定していたレースを回避したまま引退させるのもどうかと思い、もう一度ファンの皆さんの前で、いいコンディションで走る姿をお見せしようと考えていた次第。それにはしっかりと仕切り直しを図り、秋競馬を目標にする必要があったわけですが、倶楽部の意向も十分に理解できましたので、もうゆっくりさせてあげたいと思います。重賞制覇までの道のりはもちろん、6歳になっても7歳になってもオープンクラスで上位争いを演じてくれた頑張りには本当に頭が下がります。これまで応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。」
-----

夏競馬の全休が決まったあと、一抹の不安を抱えながらも秋競馬での復帰を期待していたのですが、もう一度元気に走る姿を見せるのが難しい、或いはそれを目指すプロセスに多くのリスクがあるとなれば、これはもう仕方がない判断なのでしょう。

正直なところ、突然の発表でまだ気持ちの整理がついていませんが、デビューから今まで実に様々な経験をさせてくれたブリッツェンと、一生懸命にブリッツェンの面倒を見てくれた二ノ宮調教師や厩舎・牧場スタッフ、関係者の皆様には本当に感謝の気持ちで一杯です。
そして、とにかくブリッツェンにはゆっくりと休んで欲しいし、この先穏やかに過ごしてくれることを祈るのみです。

本当にお疲れ様でした&ありがとうございましたm(_ _)m

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】やはり夏は全休、秋に備える作戦に。。

2014-06-26 05:02:19 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、現在はウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに軽いキャンター1400~2100m、または坂路での普通キャンター1本を消化しています。

◇二ノ宮調教師のコメント
「咳に関しては、もうほとんど気にならなくなってきていますが、過去に肺から出血があったことなどを考慮しますと、すぐにピッチを上げていくわけにもいきません。病み上がりで真夏の新潟や小倉にむけて追い切りや輸送を重ねていくのはさすがに可哀想ですので、秋に備えて夏場を休養に充てることになりました。当面は普通キャンターまでに留めて体調管理に専念したいと思います。」
-----

咳に関しては大事に至ることなく、すでに体調も回復をしているようでホッとしました。
それでですね、体調がすんなりと回復したのであれば、夏競馬に使うかどうかはもう少し検討してもいいような気がしますが、今までのブリッツェンの使い方を踏まえると、まあ、夏全休は想定内ということなんでしょうか(^_^;)

いずれにしても、秋になるまでブリッツェンの元気な姿を見ることは出来ないようです。
それについては今は残念としか言いようがありませんが、その分、戻ってきた時にはブリッツェンらしさをアピールできるよう頑張って欲しいと思います。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】今年も夏は全休でしょうか。。

2014-06-19 05:17:52 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、ウォーミングアップ馬場において、おもにダク1400m、ハッキング2800mを消化しています。

◇国分担当のコメント
「その後も体温が著しく上下するようなことはありませんが、まだ時折コホッと咳き込むことがありますので、ペースを落として様子見を継続。調教師によれば、『札幌にはこれといった番組がないですし、夏場が苦手な本馬を暑い盛りの新潟や小倉に向かわせるのも酷。今後のプランについては、馬の状態と相談をしながら、もう少し考えさせてもらいます』とのことでした。」
-----

まあ、馬のことを考えると致し方ないところでしょうが、今年も夏全休の可能性が高くなってきました。
一番いいパターンは、まずはブリッツェンが元気になってくれること。そして、冷夏で気温が上がらずに新潟でレースが出来ることですが、ここまで思い通りにならなかったものが急に上手くいくとは考えにくいですし…。

とにかく、いろいろな可能性を探りながら判断して頂くしかありません。
そして、どちらにしても、ブリッツェンが復帰した時には、また一生懸命応援したいと思います。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】咳のため巴賞を回避、復帰は白紙に。。

2014-06-12 05:28:29 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、先週末より咳をし始めたため、大事を取って軽めのメニューに終始しています。

◇国分担当のコメント
「心肺に気を遣っていく必要がある馬ですから、この状況で無理はしたくないですし、調教師も『それであれば、直近の帰厩は見合わせたほうが良いだろう』との見解。残念ですが、『予定していた巴賞を回避し、まずは回復を待つ』ことになりました。本馬の体力を考えれば、多少ペースを上げたぐらいで影響があるとは思えませんので、おそらくは最近の寒暖の差にやられてしまったのではないでしょうか。引き続き獣医師と相談しながら、調整方法を検討していきたいと思います。」
-----

7/6の巴賞に向けたトレセン帰厩~函館への移動など、今週はその予定が聞けると思っていたのですが。。
先週はバシレウスが捻挫でジョイナスファームに逆戻り。そして今度はブリッツェンの復帰スケジュールが白紙になるとは、残念ながらものすごくツイていないというか、何だかガッカリしちゃいますねぇ。。(T_T)

若い馬に期待をするのは当然ですが、ブリッツェンとかバシレウスとか、実力のあるベテランが元気に活躍してくれると雰囲気も盛り上がりますし、こちらもホッとするのですが…。(愚痴っぽくてスミマセンm(_ _)m)
まあ、確かに無理をしては元も子もないですから、ここはもう一度グッと堪えて見守るしかありません。
とにかく、早く元気になってくれる事を祈る、今日のところはそれで行こうと思います。。


【6/4撮影、ドリームファームでのブリッツェン : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】北海道への移動はレース直前かな?

2014-06-05 05:17:26 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、ウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路でのハロン16~18秒ペースのキャンター1~2本を消化。週2回、速めを乗り込まれています。

◇国分担当のコメント
「先週の土曜日に坂路で1本目は2F30.5-14.7、2本目に28.2-13.2、4日朝は周回コースで3F15-15を計時。まだ具体的な日取りはあがっていないものの、『来週末あたりの帰厩を目標に、しっかり進めておくように』(調教師)との指示をもらっています。5日以降は天候との相談にもなりそうですが、基本的には周回と坂路をうまく使い分けながら、この調子で体を引き締め、息を作っていきたいと思います。」
-----

ここまで順調に乗り込めていますので、あとは移動のタイミングをいつにするかが焦点でしょうか。
ハッキリしたことは分かりませんが、コメントから考えると、美浦トレセンで仕上げたうえで、レース直前に函館に入厩するパターンなのでしょう。(最終追い切りは函館のウッドになるかもしれませんが…)

まあ、これだけ入念に乗っていれば、休み明けでも単純な乗り込み不足にはならないはずです。
しっかりと調子を上げてもらって、初戦からいい走りを見せて欲しいと思います!

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】気分良く走らせてあげたい(^_^)

2014-05-29 06:04:21 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩。ウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路でのハロン16~18秒ペースのキャンター1本を消化。週2回15-15を乗り込まれています。

◇国分担当のコメント
「先週末に坂路で2F15-15を1本、28日朝は周回コースで3F15-15を消化。オープン馬だけもあって、これくらいのメニューは楽々という感じですし、肺への負担を考えつつ息を作っていく必要がありますので、(周回コースでも)3Fだけ少しペースを上げて乗り進めています。この調子で速めの本数を重ねて体のラインを引き締めていきましょう。」
-----

7/6の復帰に向けて、トレーニングも本格的になってきました。
ブリッツェンの場合は元々仕上げが難しい馬ではないですから、じっくり息を作ってあげれば、あとは気持ちの問題でしょう。
是非とも上手く仕上げて頂いて、とにかく気分良くレースをさせてあげたいですね(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】順調にペースアップ!

2014-05-22 05:24:49 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、ウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路でのハロン16~18秒ペースのキャンター1本を消化。週1回の15-15を開始しています。

◇国分担当のコメント
「21日朝、坂路で2F15-15を1本。これを手始めとして、徐々に体を引き締めていきたいです。過去に肺出血をやっている点を考慮して、速めは坂路のみで。呼吸が荒くなっている状態をあまり長い間作りたくないですから、2ハロンくらいをビュンと上げていくイメージで仕上げていきます。」
-----

だんだんとペースが上がって15-15も始まりましたので、調整は順調と思ってよさそうです。
7/6の巴賞に出走するとして、レースまであとタップリ一ヶ月半。まだ時間的な余裕はありますので、この調子でジックリしっかり仕上げて頂ければと思います。
ブリッツェンは復帰初戦で好成績を収めた実績がありますし、北海道の洋芝もバッチリこなした経験がありますので、きっちり仕上がってさえいれば、いきなりの好走も十分に期待できるでしょう(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】大人になり過ぎちゃいかんですぞ(^_^)

2014-05-15 05:59:09 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、今週もウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路でのハロン15~20秒ペースのキャンター1~2本を乗り込まれています。

◇国分担当のコメント
「来週からコンスタントに15-15を取り入れ、本格的に進めていく予定。最近はこの馬なりに落ち着きが増し、若駒のお手本になるような走りを見せてくれています。おもに縦列の先頭をきって駆けており、他馬を引っ張るような形で動けています。」
-----

重賞馬ともなれば貫禄もあるでしょうから、若馬のお手本になるのは当然ですよね。
でも、ブリッツェンもまだ現役ですから、コーチ役で満足せずに、そろそろ闘争心を前面に出してもらえればと思います。
このまま予定通りにペースアップが進み、7月、函館で復帰してくれるのが楽しみです(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】復帰初戦は北海道・函館の巴賞(^_^)

2014-05-08 05:59:05 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、ウォーキングマシン60分、周回コースにおいてダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路においてハロン15~20秒ペースのキャンター1~2本を乗り込まれています。

◇国分担当のコメント
「『7月6日(日)函館11R 巴賞(オープン・芝1800m)を目標に進めていく』(調教師)ことになりましたので、来週もしくは再来週くらいから調教メニューに15-15をコンスタントに取り入れ、徐々に負荷を高めていきます。暑すぎず寒すぎず、ちょうど良い気候のもとで稽古を進めて行けるのも、本馬にとっては悪くない条件だと思います。」
-----

ようやくと言ってはなんですが、ブリッツェンの復帰プランが明らかになりました。
それによれば、復帰初戦は巴賞が目標とのこと。変更の可能性はあるとしても、これで落ち着いて応援に専念出来そうです。
この先、問題なく調教が進み、北海道でブリッツェンが活躍するのを楽しみにしたいと思います(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】少しずつ気合が入ってきたかな!?

2014-05-01 06:04:00 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、引き続きウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路でのハロン15~20秒ペースのキャンター1~2本を消化しています。

◇国分担当のコメント
「今週は一日だけ終い15-15を織り交ぜて。年齢的に気合い面が薄れつつあるようにも見えていましたが、今週に入ってからはどことなくやる気が出てきた感じでしょうか。気持ちが前面に表れてきたのは良い傾向です。これも充電効果のひとつかもしれませんし、流れとしては悪くないと思います。」
-----

「今週あたりからなんとなくやる気が出てきた」というのはイイですね。
百戦錬磨のブリッツェンですから、トレセンに入ってレースが近い雰囲気になれば自然と気持ちも身体も出来てくる、と思っていましたが、それにしても今迄は以前に比べて気合乗りが悪かったようで、そのあたりも本格的な始動をためらわせる一因だったのかもしれません。

いずれにしても、5月は復帰に向けてペースが上がる大切な一ヶ月になるでしょう。
充分に休みを取った効果が出た、と言われるようなブリッツェンらしい走りを期待しています(^_^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】復帰はいつ頃でしょうか?

2014-04-24 06:11:13 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、ウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路でのハロン15~20秒ペースのキャンター1~2本を消化しています。

◇国分担当のコメント
「日々調教パターンを固定せず、近頃は終いだけハロン15秒台も取り入れています。これまでの経験が違いますし、この年齢ともなれば、走らせればしっかり走りセーブすれば行きすぎず、馬自身がちゃんとコントロールできるようになっています。」
-----

今週も特に問題なく調整が進んでいます。
マンネリにならないよう気を使いながらの調整ですが、基本的な運動量はほぼ一定のようで、ペースが上がるのは具体的な復帰目標を定めてからになりそうです。

その復帰目標ですが、現時点で明らかにならないということは、暑さが不得手と言われているブリッツェンだけに、やはり北海道シリーズが本線ということでしょうか。
まだ流動的なのかもしれませんが、そろそろ方向性だけでも知りたいところです。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】状態は安定。。どこへ向かうのかな?

2014-04-17 05:53:38 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、先週同様、ウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mの後、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路での普通キャンター1~2本を消化しています。

◇国分担当のコメント
「年齢的に稽古での反応そのものはズブくなっているようですが、これは十分な経験を積んでいることを意味するものでもあります。引き続き、日によっては終いをハロン16秒程度まで伸ばすなどして、飽きのこないメニューにより体調管理に努めます。」
-----

状態は安定していて引き続き順調に調整されています。
復帰レースがどこになるかは別にして、いい状態で競馬が出来るよう万全の準備をお願いしたいと思います。
ということなのですが、そろそろ大まかなスケジュール感とか、少しでいいので知りたいですねぇ…(^_^;)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】いつごろ復帰のイメージかしら…

2014-04-10 05:48:19 | 殿堂馬
ドリームファーム在厩のブリッツェンは、ウォーキングマシン60分、周回コースでのダク1400m、ハッキング1400mのあと、おもに普通キャンター1400~2100m、または坂路での普通キャンター1~2本を消化しています。

◇国分担当のコメント
「基本的には無理のないメニューに終始していますが、日々の稽古が単調にならないよう、少し終いを伸ばしてみたり、あえてセーブしてみたり。周回コース中心で乗った翌日には坂路に入れるなど、なるべくバリエーションをつけるように心がけています。この期間を通じて、十分に英気を養って欲しいものです。」
-----

日々のバリエーションのつけ方は別にして、基本的なメニューは先週と同様ですね。
体調面、精神面にも特に問題はありませんから、あとは純粋に充電期間をどこまで取るかの判断だけでしょう。
昨年は北海道シリーズが変則開催だったので夏は全休になりましたが、もしかしたら二ノ宮調教師は北海道・函館での復帰を視野に入れているのかもしれませんね。

昨日、同期のスプラッシュエンドの引退が決まりました。
ブリッツェンにはまだまだ元気に頑張って欲しいと思いますm(_ _)m

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加