とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

ディメンシオン : 7/8中京3R 3歳未勝利・牝 優勝!(^_^)

【エタンダール】胸を張ってダービートライアルへ! レース後関係者コメント

2012-03-31 16:37:58 | 引退馬
山吹賞で2勝目を挙げたエタンダールの関係者コメントです。

◇松岡騎手のコメント(抜粋)
「いい脚を長く使う印象の馬でしたので、後方からではなく、前々で競馬しようと思っていました。戦前は逃げる2番の直後ぐらいをイメージしていましたが、向こうのスタートがひと息でしたので、『それなら行っちゃえ!』と思いきってハナを切った次第。とにかく風が強く、道中は物見する感じもありましたが、何とか頑張り最後は差し返すところまで見せてくれました。印象通り、やはり長くいい脚が使える馬でした。この時期の1着と2着は大きな差。今日はとにかく勝てて良かったです。平坦よりも坂のあるコースの方が合うのではないでしょうか。」
◇厩舎スタッフのコメント(抜粋)
「心配だったゲートを出てくれた時点で半分は勝負あり。最後は際どくなったけど、今日は勝ってくれたことが大きいからね。これで胸を張ってダービートライアルに向かえます。」
-----

今日のレースがチャンスだったのは間違いありませんが、やはり実際に勝つのは簡単ではありません。
その意味では本当に1着になれたのは大きいですし、だいぶ遠回りはしたものの、ひとつの目標だったトライアルへの出走が実現するのですからこんなに嬉しいことはありません。
手綱を取った松岡騎手をはじめ、厩舎スタッフ、全ての関係者の皆さんに感謝をしたいと思いますm(_ _)m

さて、問題の次走ですが、陣営からは、レース後の回復状況を見極めたうえで青葉賞(G2)を目指すという言葉が出ています。こうなったら、なんとか上手く調整してもらって、良い状態で関東遠征を敢行して欲しいと思います。
もしも青葉賞出走となったら、相手は更に強くなるはずですが、エタンダールがひと叩き効果を加えて実力を発揮してくれれば、結構面白い勝負が出来るのではないでしょうか(^O^)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】逃げ切りダァーッ! 山吹賞優勝おめでとう\(^O^)/

2012-03-31 15:07:08 | 引退馬
中山8R山吹賞に出走したエタンダールは、見事な逃げ切り勝ちを収めました!

【レース内容】
ポンと好スタートを切ると、押し出されるように先頭へ。(大寒桜賞のマカハとダブってちょっと嫌な感じ…)
その後は折り合いのついた逃げで1000m通過67.5秒の超スローペースを作り出し、3コーナーからグッとペースを上げて先頭のまま直線へ。
直線ではずっと2番手でエタンダールをマークしていたブラインドサイドに一旦並びかけられましたが、坂を登ってからグイともうひと伸び、クビ差出たところがゴールでした!
-----

ガンバレーー!
そのままぁーー!!
残せぇぇぇーーー!!!
ヤッタァァァぁーーーー\(^O^)/


いやぁ、今日のレースも燃えました。。
直線でブラインドサイドがきた時はどうなることかと思いましたが、馬体を併せに来てくれたので勝負根性に火がついた感じでしょうか。(そこがマカハの前走と違う形でしたね。。)
着差は僅かにクビですが、どこまで走っても縮まらないクビ差という感じで、なかなか強い競馬だったと思います。

今日は結果を出すことが全てでしたから、位置取りに拘らず状況を読み切って先頭で折り合いをつけた松岡騎手もナイスプレーでしたねぇ。ホント、ありがとうございましたm(_ _)m

ちなみにエタンダールはこんなラップでレースをしています。
<エタンダールのレースラップ>
0~400m     13.7-12.9
400~1000m  13.5-13.7-13.7
1000~1600m 13.4-13.1-12.8
1600~2200m 12.0-10.8-10.5

スローの上がり勝負に持ち込んだ時点で大崩れはないと思いましたが、それにしても上がり3F33.3秒、最後が10.8秒→10.5秒では後続各馬の出番はありません。
こんなに美味しいレースは滅多に無いと思いますが、今日はとにかく勝てて良かったです\(^O^)/\(^O^)/

■3/31中山8R 山吹賞(3歳500万下・芝2200m)・良
【着順 予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 タイム】
 ◎  エタンダール(牡3) 56.0 松岡正海 2.20.1
 ○  ブラインドサイド(牡3) 56.0 田中勝春 2.20.1
 -  サカジロオー(牡3) 56.0 柴山雄一 2.20.2
 △  ステラウインド(牡3) 56.0 三浦皇成 2.20.4
 -  ラスカルトップ(牡3) 56.0 横山典弘 2.20.6

★複勝ころがし馬券 - 3番エタンダール 32,100円購入 ⇒ 54,570円配当(1.7倍的中!)
この複勝が1.7倍は美味しい。順調に転がる気配が出てきましたo(^O^)o

 ←応援クリック励みになります!
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】勝ってこいよ! 山吹賞発走まで1時間

2012-03-31 13:03:23 | 引退馬
■3/31中山8R 山吹賞(3歳500万下・芝2200m)14:05発走
【予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 馬体重(増減) 単勝オッズ(12:56時点)】
◎  エタンダール(牡3) 56.0 松岡正海 432(-6) 3.2
○  ブラインドサイド(牡3) 56.0 田中勝春 478(-2) 6.3
▲  キャノンシュート(牡3) 56.0 内田博幸 482(+8) 3.8
△  ステラウインド(牡3) 56.0 三浦皇成 462(-2) 4.3
※※※※このレースは“複勝ころがし対象レース”です※※※※

エタンダールの馬体重は432kg。長距離輸送による馬体減を心配していましたが、430kg台キープなら許容範囲ですし、精神面で落ち着いてさえいれば力を出してくれると思います。

人気の状況は、エタンダールが1番人気ですが3倍以上のオッズとなっており、絶対の存在と評価されているわけではないですね。まあ、今までエタンダールもたくさん負けていますので、この評価も致し方ない感じでしょうか。
逆に、休養して鍛え直してきた成果をここで発揮できれば、この先のレースで再び注目の存在になるでしょうから、その意味でも鮮やかな勝利を期待したいところです。

それから、今日の中山は強風が吹き荒れているようなので、馬が何かに驚いてアクシデントが起きたりするのが心配です。エタンダールに限らず、とにかく全馬無事にレースを終えて欲しいと思います。

★複勝ころがし馬券
現在の資金は31,200円です。
今日のエタンダールは3着以内が目標ではありませんし、ここは安心して転がしチャレンジをしてみます。
この状況でエタンダールの複勝が1.5倍以上つくのは非常に美味しいと思います!

 ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】負けられない一戦! 山吹賞枠順&予想

2012-03-31 05:47:39 | 引退馬
■3/31中山8R 山吹賞(3歳500万下・芝2200m)14:05発走
【枠番-馬番 予想 馬名(性齢) 斤量 騎手】
1-1 - グランラファル(牡3) 56.0 後藤浩輝
2-2 △ ステラウインド(牡3) 56.0 三浦皇成
3-3 ◎ エタンダール(牡3) 56.0 松岡正海
4-4 - ラスカルトップ(牡3) 56.0 横山典弘
5-5 ▲ キャノンシュート(牡3) 56.0 内田博幸
6-6 - サカジロオー(牡3) 56.0 柴山雄一
7-7 ○ ブラインドサイド(牡3) 56.0 田中勝春

エタンダールは3枠3番からの発走になりました。
ちなみに、7頭立てのメンバーの中で、エタンダールとサカジロオー以外の5頭はこのレースが昇級初戦です。単純に「だから楽なレースだ」という気はありませんが、普通に考えれば、今まで強い相手と戦ってきたエタンダールにとっては“負けられない一戦”なのだと思います。

不安な点をあえて挙げれば、休み明け+長距離輸送の影響と鞍上がテン乗りということぐらいですが、「あわよくばダービー出走も!」というつもりのエタンダールですから、ここはなんとしてもスンナリ通過して欲しいところです。

 ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】3/31山吹賞出走確定、しかも7頭立てですか!

2012-03-30 06:47:53 | 引退馬
エタンダールは、3/31中山8R 山吹賞(3歳500万下・芝2200m)に松岡正海騎手で出走します。

12.03.28 川田 栗CW良 7F 98.4 82.0 66.0 51.5 38.2 12.4 8 馬なり余力
<ファントムライト(三歳500万)一杯の内0.5秒追走0.2秒先着>
12.03.25 助手 栗東坂重 1本       61.8 45.8 30.0 14.9   馬なり余力

◇荻野助手のコメント(抜粋)
「今週の追い切りはウッドチップで長めを追いました。自分は併走相手に乗って見ていましたが、シッカリした脚取りでしたし、動き自体も良かったと思います。」
◇田代助手のコメント(抜粋)
「今の中山の芝は結構荒れていますが、この馬自身パワーはある方ですし、長距離輸送についても以前ほどヤンチャな面をみせなくなっていますので、ここは克服して欲しいところです。それに全ての馬が同じ条件で走るわけで、その中で勝ち上がって行かないと先が見えてこない世界でもありますから…。このクラスなら能力的にアッサリ勝ってもおかしくない馬。あとは実戦で最後まで集中力を切らさずに走ることができるか、おそらく精神面の問題になってくると思います。」
-----

調教の動きは素人目にも絶好だったと思います。
ひと息入れた効果もあるのか、調子自体は良さそうなので、あとは上手く長距離輸送をクリアして欲しいですね。

相手云々は関係ないと言いたいところですが、山吹賞はなんと7頭立てのレースになりました。
キャリアが浅くて実力未知数の馬が多いのですが、普通に考えれば田代助手の言うとおり、エタンダールがアッサリ勝ってもおかしくない気がしています。

競馬なので何が起こるか分かりませんが、明日が大きなチャンスなのは間違いありません。
ここは気合を入れて何とかしてもらいましょう!

■3/31中山8R 山吹賞(3歳500万下・芝2200m)出走馬
【馬名(性齢) 斤量 騎手】
エタンダール(牡3) 56.0 松岡正海
キャノンシュート(牡3) 56.0 内田博幸
グランラファル(牡3) 56.0 後藤浩輝
サカジロオー(牡3) 56.0 柴山雄一
ステラウインド(牡3) 56.0 三浦皇成
ブラインドサイド(牡3) 56.0 田中勝春
ラスカルトップ(牡3) 56.0 横山典弘


【3/28撮影、栗東トレセンでのエタンダール : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【スプラッシュエンド】いきなりやれるか!?

2012-03-30 06:27:25 | 引退馬
美浦トレセン在厩のスプラッシュエンドは、28日にウッドでラスト2Fのみ14-14程度を消化しています。
27日測定の馬体重は500kgです。

◇鹿戸調教師のコメント(抜粋)
「挫石の症状については、鉄橋蹄鉄をはかせていることもあり、乗りながらでもクリアしていけるレベル。調教をセーブしているとはいえそれなりのところは乗れているわけですし、週末あたりから少しずつペースを上げていっても問題はないでしょう。4/29福島11R 福島民友C(オープン・芝1200m)に向けて、ひと月かけてじっくり調整していきたいと思います。」
-----

挫石の症状が軽く、乗り込みを継続できているのは何よりです。
次走はオープン初挑戦ということになりますが、芝の短距離は準オープンもオープンも展開次第で同じようなレベルのレースになることがありますから、何となく期待をしてしまいます(^^ゞ
今夏の大目標であるアイビスサマーダッシュに向けて、是非ともいいスタートを切って欲しいと思います!


【3/28撮影、美浦トレセンでのスプラッシュエンド : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ステラリード】状態安定、順調です。。

2012-03-30 06:14:21 | 殿堂馬
栗東トレセン在厩のステラリードは、坂路を中心に乗り込まれ、順調に調整が進んでいます。
27日測定の馬体重は450kgです。

12.03.29 助手 栗東坂良 1本 61.4 44.0 28.7 14.1 馬なり余力
12.03.27 助手 栗東坂良 1本 60.9 44.5 29.6 15.1 馬なり余力
12.03.23 助手 栗東坂良 1本 61.8 45.0 29.7 14.9 馬なり余力

◇日高助手のコメント(抜粋)
「4/8阪神8R 播磨特別(1000万下・ダ1400m)に向けてこの中間も順調そのものですし、飼葉をシッカリ食べて馬体重も安定しています。最近は馬場状態の影響もありポリトラック中心の稽古でしたが、今回はコンディションが良くなった坂路中心に替えており、普段の乗り込みから負荷が強くなっているはずですので、その辺りでの上積みが期待できるかもしれません。今年に入ってから長く休むことなく使い込んでいます。従って今週は速いところはやらないか、やっても週末に15-15くらいの軽いところで十分。来週も様子を見ながら、追い切りの強度を調整していきます。」
-----

ステラリードは本当に大人になってきましたねぇ。
トレセンにいても体が減らなくなったし、坂路でもポリトラックでも思い通りの調教が出来るようになるとは、以前のことを考えると夢のようです(笑)
こうなると次走では結果も期待したくなりますが、まあ、ステラリードの場合はとにかく無事にレースをしてくれるのが一番で、“結果はおまけ”みたいな感覚で気楽に応援してあげようと思います。


【3/28撮影、栗東トレセンでのステラリード : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】続戦! 次走は慎重に検討。。

2012-03-30 06:05:53 | マカハ
栗東トレセン在厩のマカハはレース後のダメージはなく、現在は疲労取りメニューに取り組んでいるとのことです。
尚、27日測定の馬体重は452kg」です。

◇五十嵐助手のコメント(抜粋)
「結果論になりますが、前走は他に行く馬がおらず逃げることになり、後続馬のいい目標にされましたね。それに、3角から競り込まれる苦しい流れだったことを考えれば、良く頑張っていましたし、前々走の敗因が距離でないこともみえました。吉田豊騎手が『変に手前を替えたりせず、集中して走っていたし、ブリンカー効果はあったと思う』と言ってくれたのも良かったです。前々走はレース後ケロッとしていましたが、さすがに前走後は一生懸命走った感じで息の入りも遅く、翌日にも少し疲れている様子に感じられました。それでも脚元などに反動はありませんし、一週間ほど楽をさせれば回復する程度の疲労だと思います。この状態なら、このまま続戦していっても問題なさそうです。次走については、『慎重に考えて』(調教師)いきましょう。」
-----

大寒桜賞で惜しい3着となったマカハですが、小崎調教師の希望通り何とか続戦の方向でいくようです。
次走の選択についてはいろいろなパターンがありそうですが、芝の中距離戦を狙うのが一番無難でしょうし、普通に走れば次あたりで順番が回ってくる気もしています。
まあ、もしも一発狙うなら思い切って重賞挑戦という手もありそうですし、小崎調教師がどのように「慎重に考える」のか、次週以降の報告を楽しみに待ちたいと思います。


【3/24大寒桜賞でのマカハ : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【アタッキングゾーン】調子が上がってきました!

2012-03-30 05:32:49 | 引退馬
美浦トレセン在厩のアタッキングゾーンは、順調に一週前追い切りを消化しています。

12.03.28 助手 美南W良 5F 66.4 51.3 38.0 12.7 8 馬なり余力

◇三浦助手のコメント(抜粋)
「4/8福島11R 吾妻小富士賞(1000万下・芝1200m)に向けた一週前追い切りとしては、動き、息ともに及第点の内容だったと思います。行きたがって頭を上げ、口を割ったり、物見をするなどの敏感な面はありますが、これでも昔に比べればマシになってきましたし、特にウォーミングアップの時などは、ずいぶんと常識にかかってきています。それに、今は状態そのものも良さそうです。」
-----

前々走あたりまでは、アタッキングゾーンは1000万条件で頭打ちか?とも思えるレースが続いていましたが、前走で久々に芝に挑戦し、それなりの進境を見せてくれたことで、再び現級突破が視野に入ってきました。
と言っても、本当にそうなのかどうかは次走のパフォーマンス次第という気もしますので、吾妻小富士賞に関しては、今の好調さを活かして、内容のある、次に繋がるレースをして欲しいと思います。


【3/28撮影、美浦トレセンでのアタッキングゾーン : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】変わり無いのは良い報せ

2012-03-29 05:52:56 | 殿堂馬
大滝ステーブル在厩のブリッツェンは、引き続き30~60分程度の騎乗運動を継続しています。

◇大滝代表のコメント(抜粋)
「休ませているので体はフックラ太めになってきていますが、これは仕方のないこと。リフレッシュ自体は進んでいますので、休養期間中は目を瞑ってもらうしかありません。取り立てて変わった事がないというのが今週のニュースでしょうか。でも、休養馬にとっては、こうやって変わりがないほうがイイんです。」
-----

「変わりないのがイイ」のは確かにそうです。
まあ、ブリッツェンの場合は怪我や病気があるわけではないので、今は休むことしかやることが無いですから、暫くはこんな感じの近況報告が続くことになるでしょうね。
それでもどうしても気になってしまうのが出資者の心情ですので、いろいろ忙しい中大変でしょうが、毎週の近況報告はサボらずにお願いしたいと思います(笑)

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【バシレウス】きっと乗り切れます!

2012-03-28 06:38:44 | 引退馬
グローバル在厩のバシレウスは、今週もウォーキングマシン50分、パドック放牧3時間で管理されています。

◇後藤場長のコメント(抜粋)
「先週末は大雪でしたが、それでも日に日に季節は春へ。暖かくなるにつれて馬に元気が出始め、だいぶ煩くなってきました。脚元の熱感に関しては、日中動き回っているためか、たまに気になる午後もありますが、朝はウォーキングマシン運動後もスカッとしており、このままリハビリを続けながらでもクリアできる範囲とみています。」
-----

脚元に関しては、完全にスッキリとはいかないものの、少しずつ良くなっているように思えます。
リハビリを続けながら乗り切れるレベルということは、普通にしていればほとんど問題ないということですから、あとは、運動量を増やすタイミングの見極めが重要ということでしょうか。

まあ、そういうことも含めてこちらは全てをお任せするしかありませんが、グローバルの皆さんに一生懸命ケアして頂いているのは理解していますので、必ず乗り切れると信じて待ちたいと思います。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

メニュー多いですねぇ(^^)。。 新中野 あじいち(味一番)

2012-03-27 05:33:18 | うまいもの
もう一週間が経ってしまいましたが、とある日曜日の夕方に新中野駅付近で見つけたお店の紹介です。
お店の名前は「味一番」というのですが、看板には大きく「あじいち」と書いてあり、いかにも地元に根ざしたという雰囲気がある、常連さんが多そうなお店でした。

では、早速料理の紹介、まずはお通しです。


マカロニの上にかかっているのはツナのソースです。
もちろん、ツナとマカロニの相性が悪いわけはありませんので、普通に美味しく頂けます。

こちらは、ブロッコリーとグリーンアスパラのアンチョビソース添え(多分)です。


結構長い名前ですが、要するに茹でたブロッコリーとアスパラを真ん中にあるソースにつけて食べるだけ(笑)
ただ、真ん中にあるソースが結構美味しいんです。クリームチーズのまろやかさにアンチョビの塩気が加わると、野菜の風味を壊さないサッパリとしたソースになるんですね。
このソース、どこかで売っているものなら買いたいなぁ、と思ってしまいました。

続いては、鶏と新ジャガのマヨチーズ焼き(多分)です。


新ジャガをどけると鶏肉とブロッコリーが出てきます(^^)


これは見るからに美味しそうですよね。
新ジャガ、鶏肉、マヨネーズ、チーズ、オーブン焼き、と単語を並べて美味しいものが思い浮かばなかったら、“かなり想像力に問題がある”と思った方が良いぐらいですからネ(笑)

そして、せっかく居酒屋さんに来たのだから、という理由で串焼きも頼んでみました。
王道のネギ間。


そして定番のレバー。いずれも塩焼きです。


ネギ間もレバーも焼き加減、塩加減がちょうど良くて、ソツのない串焼きという感じでした。
そうですね、このぐらいやってくれれば、この手の居酒屋さんの串焼きとしては充分以上のレベルだと思います。

ということで、“新中野あじいち”の料理をいくつか紹介してきましたが、何はともあれ私が驚いたのは、とにかくメニューの数が多いことです。純和風の刺身や焼き魚から、洋風(無国籍?)の可愛らしいつまみ、更にはちょっとひと捻りしたおかず系の料理まで、実に様々なメニューがそれほど高くない料金で用意されています。

まあ、ひとつひとつの料理にすごく手間をかけているわけでは無さそうなのですが、なんと言いますか、「こういうお店が近くにあったら退屈しないだろうなぁ」と思わせてくれました(^O^)


味一番(あじいち)
中野区中央3丁目34-7
03-3382-3090

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】3/31中山へ! 山吹賞特別登録

2012-03-26 05:34:35 | 引退馬
エタンダールが山吹賞に登録してきました。
両睨みかと思われたアザレア賞への登録はありませんので、中山1本に狙いを定めたことになります。
登録馬は18頭ですが、アザレア賞とのダブル登録馬や連闘を視野に入れた“とりあえず登録馬”、果ては未勝利馬まで登録しているので、最終的にはそれなりの頭数に落ち着くものと思われます。

さて、エタンダール陣営が、「ダービー出走を諦めない」と公言している以上、中山遠征までしての自己条件戦への出走は自ずと勝利を目指してのものと理解されます。
もちろん、「勝つつもりで行ったら必ず勝てる」というほど競馬は甘くありませんが、それでも強い気持ちで勝ちに行かなければ好勝負すら覚束ないでしょう。(他馬の陣営も気合が入っているはず!)

このチャレンジが吉と出るかは分かりませんが、とにかく万全の準備をしてレースに臨んで欲しいと思います。
その結果、思い通りの競馬にならなかったとしても、それはそれで仕方がありません。まずは、気合を入れて“やるべきこと、やれることはすべてやること”、それが大事なのだと思います!

ということで、今日はちょっと熱血路線でいってみました(^^ゞ

■3/31中山9R 山吹賞(3歳500万下・芝2200m)登録馬
【馬名(性齢) 斤量】
エタンダール(牡3) 56.0
キャノンシュート(牡3) 56.0
クラウドチェンバー(牡3) 56.0
グランラファル(牡3) 56.0
サカジロオー(牡3) 56.0
サトノレオパード(牡3) 56.0
ジャングルクルーズ(牡3) 56.0
シンボリエンパイア(牡3) 56.0
ステラウインド(牡3) 56.0
スーパームーン(牡3) 56.0
タムロトップステイ(牡3) 56.0
ディアデラバンデラ(牡3) 56.0
ハードロッカー(牡3) 56.0
ブラインドサイド(牡3) 56.0
ラスカルトップ(牡3) 56.0
ルナ(牡3) 56.0
レッドフォルツァ(牡3) 56.0
ローレルクラウド(牡3) 56.0

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Hiroo9(Nonet)近況更新、引き続き順調そのもの

2012-03-25 20:42:24 | イベント・募集馬検討
2010年産“気になる馬”についての最新近況報告(3/23)です。

■ゴールドウインク’10 牡(父ステイゴールド、栗東・小崎憲厩舎)
◇メニュー:ウォーキングマシン40分、坂路でのハロン20秒ペースのキャンター1~2本。
◇3/15測尺:馬体重473kg、体高160cm、胸囲184cm、管囲20cm
◇後藤場長のコメント(抜粋)
「厳しい寒さが和らぎ、モチベーションも高まってきたのでしょう。馬に活気が出始め、動きにもステイゴールドらしさが出てきたように感じます。走りにはやわらかさが、気持ちの面では前向きさが窺えるようになりましたが、まだまだ変わってきそうな雰囲気の馬です。体も順調に大きくなってきました。」

■ウェルシュステラ’10 牝(父ハーツクライ、栗東・松永幹夫厩舎) ⇒残口僅か!
◇メニュー:ウォーキングマシン40分、坂路でのハロン20秒ペースのキャンター1~2本。
◇3/15測尺:馬体重524kg、体高162cm、胸囲191cm、管囲21cm
◇後藤場長のコメント(抜粋)
「スピードはありそうですから、小手先ではなく全身を使ってそれを生かしていけるよう、今は走り方を覚えさせている段階。本馬の場合は、好きにやらせるのではなく、つねに扱う人間側が良い方向に導いてあげるようなイメージで、攻めず弱めず進めていきたいと思います。」

■メジロフランシス’10 牡(父マヤノトップガン、美浦・鹿戸雄一厩舎)
◇メニュー:ウォーキングマシン40分、坂路でのハロン20秒ペースのキャンター1~2本。
◇3/15測尺:馬体重510kg、体高163cm、胸囲189cm、管囲20cm
◇後藤場長のコメント(抜粋)
「背中の感触がイイ馬で、馬力タイプに見えて走りにやわらかさもあるんです。現在は角馬場で左右の周回を入念に行い口向きの勉強中。鞍上の指示にうまく従えるよう、こちらがしっかりとコントロールし、馬をリードしてあげています。」

■レフィナーダ’10 牡(父アルデバラン2、美浦・藤沢和雄厩舎) ⇒残口僅か!
◇メニュー:ウォーキングマシン40分、坂路でのハロン20秒ペースのキャンター1~2本。
◇3/15測尺:馬体重447kg、体高159cm、胸囲179cm、管囲19cm
◇後藤場長のコメント(抜粋)
「年末年始の頃とは馬がガラッと変わってきました。背丈が伸び、幅も出て、身のこなしにしなやかさが出てきた感じ。もう昔のようなひ弱い印象はありません。走ることに対して真面目に取り組んでくれる姿勢、首を使った走り、飼葉喰いの良さなど、私自身の中での評価がどんどん上がっている一頭です。」
-----

4頭とも前回と同じメニューを継続中で、順調に調教が進められているようです。
その中でも“変わり身”という点で注目なのはレフィナーダ’10でしょうか。後藤場長の評価もどんどん上がっているようですし、大きすぎない牝馬ですから意外に仕上がりも早いのではないでしょうか。
藤沢厩舎は入厩~デビューのハードルが高いですが、上手く嵌れば面白い存在になりそうです。

メジロフランシス’10とゴールドウインク’10が今後どう変わってくるかも気になります。
特にゴールドウインク’10は注目のステイゴールド産駒ですから、馬体の成長とともにいい意味での煩さがもっと前面に出てくれば、更に注目度がアップすることになりそうです。

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

[高松宮記念]カレンチャン電撃戦G1連覇! サンカルロは2着。。

2012-03-25 17:27:37 | JRA 重賞戦線
SANSPO.COM 『【高松宮記念】カレンチャン秋春電撃G1連覇』
-----ここから引用(抜粋)-----
第42回高松宮記念(G1、芝1200m)は、池添謙一騎手騎乗の2番人気カレンチャン(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎)が好位から抜け出して優勝。昨秋のスプリンターズS(G1)に続くG1・2勝目で、秋春スプリントG1連覇を果たした。勝ちタイム1分10秒3(重)。
2着には3番人気サンカルロ、3着には1番人気ロードカナロアが入った。
カレンチャンは父クロフネ、母スプリングチケット、母の父トニービンという血統。通算成績15戦9勝。重賞は11年の阪神牝馬S(G2)、函館スプリントS(G3)、キーンランドC(G3)、スプリンターズS(G1)に続く5勝目。池添謙一騎手、安田隆行調教師はともに高松宮記念初制覇。
-----ここまで引用(抜粋)-----

カレンチャンが先行抜け出しでサンカルロの強襲を凌ぎ、見事にスプリンターズSに続いて1200mのG1連覇を果たしました。正攻法の競馬で堂々と勝ちきるあたり、まさにスプリント女王の貫禄という印象のレースでした。
2着のサンカルロもその強さは充分に発揮してくれましたが、G1だとどうも後ひと息足りないレースになってしまいますね。本当に、「惜しかった」のひと言なのですが、この僅かな差が壁なんでしょうかねぇ。

3着になった4歳馬ロードカナロアも良く頑張ったと思います。
最内枠からロス無くレースを進めて直線でも抜け出すチャンスがありましたが、今日のところは上位2頭の自力にねじ伏せられた感じでしょうか。ただ、この時期にこれだけの競馬が出来るのであれば、この先のスプリント路線で中心的存在を担う一頭なのは間違い無さそうです。

■3/25中京11R 高松宮記念(G1・芝1200m)・良
【着順 予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 タイム】
 △ 10 カレンチャン(牝5) 55.0 池添謙一 1.10.3
 ◎ 17 サンカルロ(牡6) 57.0 吉田豊 1.10.3
 △  ロードカナロア(牡4) 57.0 福永祐一 1.10.4
 - 15 ダッシャーゴーゴー(牡5) 57.0 横山典弘 1.10.4
 ○ 12 マジンプロスパー(牡5) 57.0 浜中俊 1.10.6

 ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加