とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

ディメンシオン : 7/8中京3R 3歳未勝利・牝 優勝!(^_^)

あれぇ、 味が変わったかなぁ?? 桜上水・麺屋 錦堂のつけ麺

2012-01-31 06:01:24 | うまいもの
かなり久しぶりだったのですが、先日、魚ダシ系ラーメン・つけ麺が売りの麺屋錦堂さんに行ってきました。
このお店はラーメンにするかつけ麺にするか非常に悩むのですが、この日は麺をたくさん食べたい気分だったので、味玉つけ麺(850円)を注文しました。(と言っても注文は食券方式です)


麺の上にメンマがのっていますが、これはタイムサービスの無料トッピングです。


つけ汁はこんな感じです。


意外にさらっとしたつけ汁なのですが、煮干しをはじめとする魚系のダシが効いていて、見た目よりも食べた時にガツンと来る・・・はずだったのですが、何故か以前感じたほどのインパクトはありませんでした。そうですねぇ、ジャンクフードを食べに行ったら意外に上品な薄味料理が出てきて拍子抜けしたような感じ、とでも言いましょうか。

うーむ、麺との相性なのかなぁ・・・と考え込んでしまった麺はこちらです。


太くて黄色っぽくてツルイツルの麺、コレは以前と同じでした(・・・と思います)。
ただ、以前はこの“モチモチ感が少なくて固めのスープが絡みにくい麺”が、しっかりした濃い味系のつけ汁と組み合わされていたのですが、今回はつけ汁かなり上品になっているので味が薄く感じてしまいました。
つけ汁の濃さがこのぐらいなら、もう少しつけ汁が良く絡む麺を使うか、粉の味がストレートに伝わるタイプの麺にした方が良い気がします。

そして、最後の確認のために飲んだつけ汁のスープ割りです。


はい、間違いありません!
以前はスープで割っても最後まで飲むのが厳しいほど味が濃かった(多分塩気も化学調味料もふんだんに使っていたでしょうが・・・)つけ汁が、今回は結構美味しく簡単に最後まで飲めてしまいました(笑)
これは単純に悪いことではないと思いますが、私はスープ割りを飲みにいったわけではなく、あくまでも“魚系ジャンキーつけ麺”を求めていたわけですから、何となく不完全燃焼になって・・・。

まあ、最初からこういうつけ麺だと思っていれば普通に美味しく食べられるレベルなのですが、今回はあまりにも意表をつかれたので評価としては参考外にしたいと思います。
こりゃあ、一度ラーメンの味が変わってないかも確認しておかないといけませんな。


麺屋 錦堂 桜上水
世田谷区桜上水4-15-16 三津元ビル1F
03-3304-1910

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

出資決定! ドーニングストーム’10

2012-01-30 23:00:00 | 引退馬
つい先ほど、広尾TC 2010年産募集馬ドーニングストーム’10への出資申込みボタンを押しました!
実は、私の場合は入厩(or満口)ギリギリまで出資するかどうかを悩むケースが多いのですが、この馬に関しては、『きっといずれ出資するだろうなぁ』という気持ちになってしまい、早期割引期間内の出資決定となりました(^^ゞ

では、どうして『きっとこの馬には出資するだろうなぁ』と思ったのでしょうか。
まあ、理屈を言えばそれなりにいろいろ並べられるのですが、正直なところは、昨年11月の展示会でこの馬を見たときに、『これはいい馬だなぁ・・・』と感じてしまったからです。

ちなみに、展示会のあとに私が書いた記事はこんな感じになっています。
『父ゴールドアリュールはダートで大物を出すイメージがありますが、この馬の場合は充分過ぎるほどの馬格の割りには全く重苦しさが無く、体型や動きから受ける印象はダート馬というよりむしろ芝で活躍しそうな馬のものでした。
また、午前中の集団調教でのハッキングキャンターは、二ノ宮調教師が言う“理想的なハッキング”の姿勢に近かったですから(6月のドリームファーム見学会の時に教えて頂きました(^^)v)、きっと物覚えが良くコントロールがしやすい馬に成長していくのではないでしょうか。』

実際に、現時点まで調教は何の問題もなく進んでいますし、後藤場長もこの馬を高く評価しているようです。
もう少し負荷がかかったときの動きを見てみたいのは山々ですが、公式HP動画で見た姿は展示会のときから更にひと回り成長した非常に頼もしいものでしたし、この馬が基本的な能力の高さや丈夫さ、頭の良さなど、サラブレッドに必要な要素をいくつも兼ね備えているのは間違いないと思います。(多分・・・(^^))

ということで、今回の出資は私なりの理屈とインスピレーションが融合した結果です。
(理屈については説明を省いていますが(笑))
そして、出資を決めた以上はこの馬にも頑張ってもらわなければいけません。もちろん結果は分かりませんが、私も最後まで一生懸命応援していきたいと思います!


■ドーニングストーム’10

募集総額 : ¥16,000,000-(400口)
父 : ゴールドアリュール
母 : ドーニングストーム (母父ストームキャット、母母父アリダー)
*2010/4/27生 栗毛・牡
所属厩舎 : 栗東・森秀行厩舎

募集時紹介コメント : まるで蹄の先まで神経が通っているかのような身のこなし、つくべき箇所にしっかりと見て取れる豊富な筋肉、そして首さしの良さ。適度なボリュームに包まれたその精悍なフォルムからは、豊かなスピードと敏捷性、瞬発力の高さなどが窺い知れます。ひとことで言うなら、“カッコイイ馬”。これから成長が進み、前後駆のバランスが整ってくれば、さらに本馬の持ち味が活きてくるはずです。


【ドーニングストーム’10募集時写真 : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【ブリッツェン】2/5東京新聞杯(G3)特別登録

2012-01-30 05:09:32 | 殿堂馬
ブリッツェンが予定通り東京新聞杯に登録しています。
登録馬は24頭ですが、ブリッツェンは賞金順で問題なく出走できます(^^)v

ところで、結局1月は、私も広尾TC全体も未勝利に終わってしまいました。
それでも内容的には、ステラリードの久々の好走など良いニュースもありましたが、やはり勝ち星が無いと本格的に勢いがついてこない感じがします。
その意味で、今週末は前回好走のスマイルミッキーや一週前追い切りで動きが良かったアストレーションなどが出走を予定しており、なんとか2012年広尾TC初勝利を挙げて欲しいところです。

さて、東京新聞杯の登録馬に関してですが、このところブリッツェンにとって非常に目障りな存在だったシルポートがいません。もちろん、逃げ馬不在だからといってマイル重賞が単純なスローペースになるとは思いませんが、意外に落ち着いた流れになってくれれば、ブリッツェンにあわやの場面が来ても不思議はありません。

ブリッツェンは私の出資馬に限らず広尾TCの大将格ですから、何とかここでいいレースを見せてもらって、クラブ全体の雰囲気を盛上げて欲しいと思います。

■2/5東京11R 東京新聞杯(G3・芝1600m)登録馬
【馬名(性齢) 斤量】
アスカクリチャン(牡5) 56.0
アドマイヤロイヤル(牡5) 56.0
ガルボ(牡5) 56.0
キングストリート(牡6) 56.0
コスモセンサー(牡5) 56.0
ゴールスキー(牡5) 56.0
サダムパテック(牡4) 57.0
スマイルジャック(牡7) 58.0
セイカアレグロ(牡7) 56.0
ダノンシャーク(牡4) 56.0
ツクバホクトオー(牡6) 56.0
ネオヴァンドーム(牡5) 56.0
ヒットジャポット(牡5) 56.0
フミノイマージン(牝6) 56.0
フラガラッハ(牡5) 56.0
ブリッツェン(牡6) 56.0
フレールジャック(牡4) 56.0
マイネルクラリティ(牡6) 56.0
マイネルラクリマ(牡4) 56.0
ミッキードリーム(牡5) 56.0
ラインブラッド(牡6) 56.0
ランチボックス(牡7) 56.0
ロビンフット(牡4) 56.0
ワイルドラズベリー(牝5) 54.0

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ステラリード】川田騎手ゴメンナサイm(_ _)m レース後関係者コメント

2012-01-29 19:00:31 | 殿堂馬
本日の京都12Rで5着となったステラリードの関係者コメントです。

◇川田騎手のコメント(抜粋)
「思っていたよりもゲートを出てくれたので、ちょっと色気を持って乗りすぎました。それに3コーナーで1番人気の馬に軽く接触したら、そこから完全にハミが掛かってしまい、結果2頭でグイグイ上がっていく形になってしまって・・・。もう少し守りの姿勢で1番人気に付いて行く形がとれていれば、また結果も違ったのかもしれません。本当に申し訳ありませんでした。距離に関しては、やはりこれぐらいが良さそうです。」
◇日高助手のコメント(抜粋)
「体が増えていた(プラス6kg)ことですし、前走時よりパドックで落ち着いていたのは何より。次走への優先権が欲しいところではありましたが、今日のような競馬になっても大崩れせず、メドが立ってきたのは良い傾向です。だいぶ安定してきており、もう(稽古で)速い時計も要りませんので、引き続き厩舎で様子を窺っていくことになると思います。」
-----

レース直後の記事『【ステラリード】あっ、動いちゃダメェー!』で、川田騎手が、ステラリードの好走パターンを無視して気持ち良く1番人気馬を負かしにいったのが敗因のように書いてしまいましたが、どうやら川田騎手もそういう形に持っていくのが本意ではなかったようです。
いつもの事ではありますが、やはりレースでおきていることはテレビ画面だけでは分からないものですねぇ。
えー、川田騎手、勝手なことを書いてスミマセンでした。ゴメンナサイm(_ _)m

ということで、今日の結果はツキもなかったという事なのでしょう。勝負事は、いつまでもくよくよしていては更にツキが遠ざかってしまいますので、奇麗サッパリ切り替えて、次の目標に向かって頑張っていきましょう\(^O^)/

さて、その次走ですが、もしも使えるようであれば2/11の牝馬限定戦(ダ1400m)を意識するとのこと。
最近のステラリードは使ってもヘコタレないし、トレセンにいても体が減らないし、本当に強くなってきたと思います。この良い流れ(調子の良さ)を活かすことが出来れば、次走では更なる前進が見込める気がします!

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ステラリード】あっ、動いちゃダメェー! 京都12R(1000万下) 5着

2012-01-29 17:03:34 | 殿堂馬
京都12R(1000万下・ダ1400m)に出走したステラリードは5着になりました。

【レース内容】
絶好のスタートを決めて内側の先行馬を行かせ、中団前目の位置をキープ。
断然1番人気のダイヤモンドムーンをマークする形で道中を進み、そのままの態勢で3コーナーへ。そして、3コーナー過ぎから動き始めたダイヤモンドムーンの外に併せるように、大外を上がっていったのですが・・・。
直線入り口では先頭に並びかける勢いでしたが、いざ追い出すと、コーナーでなし崩しに脚を使ったのが災いし、伸びずバテずの形となり、結果5着での入線となりました。
-----

ダメダメ!
そこで動いちゃダメだってばーーーーー!!


という心の叫びもむなしく、1番人気のダイヤモンドムーンをピッタリマークする形で、本当に気持ち良く上がっていってしまいましたねぇ・・・。枠順や展開など、致し方ない面はあるのでしょうが、あそこでグッと我慢して直線弾けるというのがステラリードの好走パターンだけに、ちょっと残念な形になってしまいました。

いやぁ、それにしても今日は口惜しい競馬でした。
(昨日のエタンダールも口惜しかったですが、内容的には今日のほうが口惜しいかも・・・)
まあ、直線でバッタリ止まったりせず、最後までしっかり走っていたのはステラリードが好調な証拠だと思いますが、前走の内容がピッタリ嵌っていただけに、結果的に岩田騎手から川田騎手への乗り替りが裏目に出てしまったのも残念です。
(あ、もちろん川田騎手は若手のホープですから、これからもお世話になるつもりですが(^^ゞ )

いずれにしても、ステラリードが今の状態をキープしてくれれば、このクラスを勝ちあがるのは時間の問題でしょう。このあとはひと息入れる可能性もありますが、今年はステラリードにもかなり楽しませてもらえそうです!

■1/29京都12R 1000万下(ダ1400m)・良
【着順 予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 タイム】
 △ 13 エーシンハダル(牡5) 57.0 C.ルメール 1.24.5
 △  ススガノメダリスト(牡6) 57.0 四位洋文 1.24.8
 △  スピルオーバー(牡5) 57.0 秋山真一郎 1.24.9
 ○ 16 ダイヤモンドムーン(牝5) 55.0 武豊 1.25.2
 ◎ 12 ステラリード(牝5) 55.0 川田将雅 1.25.3
*なんか、予想と逆の着順だし・・・

★複勝ころがし馬券 - 12番ステラリード 4,200円購入 ⇒ ハズレ
せっかくエタンダールで無事にスタートを切ったのですが、早くも2戦目で振り出しに戻りました。
次回は3,000円から再スタートになります(;´∩`)

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【ステラリード】452kgで大混戦に断! 京都12R発走まであと1時間

2012-01-29 15:14:22 | 殿堂馬
■1/29京都12R 1000万下(ダ1400m)16:10発走
【予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 馬体重(増減) 単勝オッズ(15:08時点)】
◎ 12 ステラリード(牝5) 55.0 川田将雅 452(+6) 7.9
○ 16 ダイヤモンドムーン(牝5) 55.0 武豊 520(-2) 2.3
▲  アマノレインジャー(牡4) 56.0 国分恭介 492(-2) 8.0
△  スピルオーバー(牡5) 57.0 秋山真一郎 548(+8) 8.0
△ 13 エーシンハダル(牡5) 57.0 C.ルメール 504(+6) 9.5
△  ススガノメダリスト(牡6) 57.0 四位洋文 486(-6) 11.4
△ 15 ディアアゲイン(牡7) 57.0 渡辺薫彦 470(+18) 145.0
※※※※このレースは“複勝ころがし対象レース”です※※※※

人気の状況は、1番人気のダイヤモンドムーンがやや抜けていて単勝2.3倍、そのあとが大混戦で、ステラリードを含む5頭前後が単勝10倍以下にひしめいています。

確かにダイヤモンドムーンは現級で3戦連続2着と安定していますが、その3戦はいずれも1200m戦で今回は1Fの距離延長すし、『安定はしているけれどいつも何かにやられてしまう勝ち切れない馬』とも言えるでしょう。
ステラリードは前走でダート1400mが適条件であることを示したばかりですが、嵌れば勝つ力があることは間違いありませんので、ダイヤモンドムーンがやられてしまう“何か”になる可能性は充分だと思います。

そして、なんと今日の馬体重が452kg!
最近は440kg台で安定していた馬体重ですが、レースい当日に450kgを越えたのデビュー以来初めてです。しかも、日頃の調教もしっかりこなした上でのものですから、これは価値が高いと思います。
ヨシ! ここで一発2年半ぶりの勝利を決めて、遅まきながら真の本格化を証明しちゃいましょう!!

★複勝ころがし馬券 - 12番ステラリード 4,200円購入(ころがし2回目)
昨日のエタンダール3着からスタートした“複勝ころがし”ですが、このレースのステラリードも勝負になると思います。馬券的妙味はむしろ単勝かもしれませんが、複勝でも3倍近い配当が期待できるのは嬉しいですね(^^)v

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

なかなかの刺激(^^)v 紅虎餃子房の黒胡麻坦々麺

2012-01-29 07:50:15 | うまいもの
つい先日、東京駅付近で仕事があったので、ランチタイムに紅虎餃子房を利用しました。
紅虎餃子房といえば鉄鍋にのったまま出てくる棒餃子が有名ですが、ランチタイムともなると、坦々麺とか麻婆豆腐定食とか、いかにもといったメニュー目当てのサラリーマンで賑わいます。

その中で、私が頼んだのはコチラ、メニューの中で辛さ度が最も高い黒胡麻坦々麺です。


いやぁ、見るからにいい色をしていますねぇ(^^)
濃厚な練り胡麻が効いた坦々スープにたっぷりの黒胡麻、唐辛子と山椒の刺激は若干舌が痺れを感じるほどで、この色は決して見かけ倒しではありません。
以前も書いたと思いますが、私は比較的辛いものが大丈夫な上に刺激的な坦々麺が好みなので、こういうスープを汗をかきながら飲むのは大好きですが、あまりこの手の刺激に慣れていない普通の人にはキツイかもしれませんね。

そして、麺はこんな感じです。


縮れの少ない細麺で、コシが全く感じられないほど柔らかいです(;^_^A それに加えてスープが強烈でとろみがあるほど濃厚なので、正直、麺が完全に負けてしまっています。でも、不思議なことに、ツルツルといくらでも食べてしまえそうな感じで、スープとのバランスは意外に悪くないのかもしれません。

ちなみにこちらは麺類に付くサービスのライスです。


ご飯の上にのっているのは、あらかじめテーブルに用意されているもやしですが、もちろんこれもサービスです。ピリッと山椒の効いた辛い坦々麺には、白いご飯がとてもよく合います。(^^)

さて、全体としてこちらの坦々麺は、人によって好き嫌いがハッキリするタイプだと思います。
ご承知の通り(?)、私自身はこういう刺激的な坦々麺が好きなのですが、正直言って、『もう少しまろやかで深みのある坦々麺の方が一般受けするだろうなぁ』という気がします。(ここまで刺激を強くすると、麺やスープを落ち着いて味わう余裕が無い人が多いでしょうから・・・)

うーむ。でも、やっぱり私は“刺激”を求めたいかなぁ(笑)


紅虎餃子房 丸の内センタービル店
千代田区丸の内1-6-1 丸の内センタービル B1F
03-3212-1772

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】冷静な判断です。。 梅花賞レース後関係者コメント

2012-01-28 17:50:10 | 引退馬
本日の梅花賞で3着となったエタンダールの関係者コメントです。

◇岩田騎手のコメント(抜粋)
「跨った感じでは、レースを使うごとに良くなっていますよ。ただ、まだグーンとくるような弾ける感じではないんです。一瞬はそういった手応えが伝わってくるのですが、どうもその後がジリジリになってしまって。素質を感じさせる馬ですが、まだまだこれからなのかもしれません。4角で逃げ馬が下がってきて、ちょっと詰まり気味になったのは確かですが、それが影響したわけではありません。」
◇藤原調教師のコメント(抜粋)
「格好が良く雰囲気もいい馬ですが、どうもグンと伸びる感じではないですね。大きく負けていないとは言え、現時点で頂点を目指していくにはまだ力不足。今日のレースで課題がクッキリと見えてきた気がしますので、ここで一旦放牧を挟み、もう少し体を大きくしてから再チャレンジ。引き続き足りないところを補い、上積みを求めていきましょう。後々はまだ良くなってくる器だと思っています。」
-----

やはり岩田騎手も藤原調教師も、今日の負け方については、「現時点では頂点を目指すだけの力がついていない」、という感触だったようです。短期的には口惜しいことではありますが、長い目で見ればここで無理をして得することはありませんので、極めて冷静な判断なのだと思います。

このあとは一息入れて成長を促しつつ調整することになりますが、レース後の状態やその後の展開によっては“春に拘らない”という選択肢もあるかもしれません。
こちらとしてもあまり思い込みを持たず、少し長い目で応援する姿勢で復帰を待ちたいと思います。…といいつつも、一回ぐらいダービー出走を目指したレースが使えたら良いなぁ、なんて思っていたりしますが(^^ゞ

エタンダールは血統的にも奥があり、本領発揮はまだまだこれからの馬です。
3歳最初の目標であるクラシック出走は現時点で微妙な情勢と言わざるを得ませんが、彼の競争生活は始まったばかりですので、今後も引き続き気合を入れて応援していきたいと思います!

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。


人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】負けちゃったかぁ・・・ 梅花賞3着

2012-01-28 15:09:52 | 引退馬
京都9R梅花賞に1番人気で出走したエタンダールは3着に終わりました。

【レース内容】
この馬にしては良いスタートを切って、出たなりで中団内側の位置取りに。(ゲート練習の効果ありました!)
その後は1~2コーナー、向こう正面とインコースで折り合いに専念しながら進むも、やや行きたがる素振りを見せて徐々に位置取りを上げ、3番手で3~4コーナーを回る形になりました。
直線入り口で前が奇麗に開いた時は、一瞬「やった!」と思いましたが、そこからの反応にいまひとつ切れ味がなく、外からかぶせるように上がってきた1、2着馬ににアッサリと交わされ、残念ながら3着での入線となりました。
-----

ああーーー、残念・・・!!

今日は勝って欲しかったのですが、なかなか世の中上手くいかないものです(;_;)
敗因はいろいろ考えられるのでしょうが、やはりインコースを上手く立ち回って内から一気に抜け出すような器用な競馬は、今のエタンダールに向いていないように見えました。(1枠が仇に・・・)

そうですねぇ、負け惜しみ半分で言わせてもらえば、3~4コーナーで外を回って勢いをつけながらトップスピードに乗るような、そんな大雑把な競馬ができれば結果も違っていたように思います。
そのほか、馬場が荒れた内側を通らされたとか、やや行きたがる場面があったとか、連戦の目に見えない疲れがあったとか、いろいろな要因があるでしょうが、それでも今日のレースは・・・。
勝ったミルドリームとは着差ほど実力差があると思いませんが、まあ、結果は結果なので素直に受け入れるしかありませんね。

さて、この敗戦で、さすがにこのままクラシックに直結というワケにいかなくなったかもしれません。このあとの作戦については陣営のコメント待ちになりますが、普通に考えれば、ひと息入れて立て直しという可能性が高いでしょう。
もしも次の目標が3/10のゆきやなぎ賞とかになると、またもやマカハとガチンコになりそうですが、それはまたその時考えることにしたいと思います(;^_^A

■1/28京都9R 梅花賞(3歳500万下・芝2400m)・良
【着順 予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 タイム】
 -  ミルドリーム(牡3) 56.0 C.ルメール 2.27.9
 -  ナリタポセイドン(牡3) 56.0 幸英明 2.28.2
 ◎  エタンダール(牡3) 56.0 岩田康誠 2.28.4
 ▲  フレージャパン(牡3) 56.0 藤田伸二 2.28.6
 ○  ショウナンタケル(牡3) 56.0 和田竜二 2.29.5
*なんか、1、2着馬がいなければ予想もほぼ完璧だったのに・・・

★複勝ころがし馬券 - 1番エタンダール 3,000円購入 ⇒ 4,200円配当(1.4倍的中!)

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】現在1番人気! 梅花賞発走まであと1時間

2012-01-28 13:28:30 | 引退馬
■1/28京都9R 梅花賞(3歳500万下・芝2400m)14:25発走
【予想 馬番 馬名(性齢) 斤量 騎手 馬体重(増減) 単勝オッズ(13:19時点)】
◎  エタンダール(牡3) 56.0 岩田康誠 438(±0) 2.7
○  ショウナンタケル(牡3) 56.0 和田竜二 510(-10) 5.4
▲  フレージャパン(牡3) 56.0 藤田伸二 452(-2) 9.8
△  ハランデール(牡3) 56.0 小牧太 534(-4) 4.8
※※※※このレースは“複勝ころがし対象レース”です※※※※

現在エタンダールはデビュー戦以来の1番人気に推されています。まあ、出走確定の時から、このメンバーならそれなりに人気になるとは思っていましたが、やはり実際に1番人気になると緊張感が違いますね。
とは言うものの、出走馬8頭のうち、なんと7頭は単勝10倍前後の範囲内に入っていますし、最低人気のコスモアンノーンですら30倍以下ですから、客観的にはどの馬が勝ってもおかしくない一戦に見えているのでしょう。

だがしかーーし!! どう考えても勝つのはエタンダールだと思うんですよね。
理由は今さら繰り返しませんが、とにかく2400mの舞台で負けるわけにはいきません!(^^)!
複勝ころがしのスタートを飾るためにも是非頑張ってほしいと思います!!

★複勝ころがし馬券 - 1番エタンダール 3,000円購入

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ステラリード】6枠12番! 1/29京都12R 1000万下枠順&予想

2012-01-28 10:52:14 | 殿堂馬
■1/29京都12R(1000万下・ダ1400m)16:10発走
【枠番-馬番 予想 馬名(性齢) 斤量 騎手】
1-1 ▲ アマノレインジャー(牡4) 56.0 国分恭介
1-2 - グリッターエルフ(牝8) 55.0 酒井学
2-3 - ショウナンカッサイ(牝6) 55.0 C.デムーロ
2-4 - ピュアマリーン(牝6) 55.0 芹沢純一
3-5 △ スピルオーバー(牡5) 57.0 秋山真一郎
3-6 - ラディアーレ(牡4) 56.0 和田竜二
4-7 - ピイエフドルチェ(牝7) 52.0 花田大昂(3kg減)
4-8 - シェーカー(牡5) 57.0 佐藤哲三
5-9 △ ススガノメダリスト(牡6) 57.0 四位洋文
5-10 - テイエムフルパワー(牡8) 57.0 丹内祐次
6-11 - クリスタルドア(牡7) 57.0 古川吉洋
6-12 ◎ ステラリード(牝5) 55.0 川田将雅
7-13 △ エーシンハダル(牡5) 57.0 C.ルメール
7-14 - クラウンリバー(牝4) 54.0 熊沢重文
8-15 △ ディアアゲイン(牡7) 57.0 渡辺薫彦
8-16 ○ ダイヤモンドムーン(牝5) 55.0 武豊
※※※※このレースは“複勝ころがし対象レース”です※※※※

前走が5枠9番で今回が6枠12番。もともと枠順の有利不利が少ない京都のダート1400mですから、差しを狙うステラリードにとって、真ん中外めのこの枠はレースがしやすい良い枠だと思います。
あとは前走のように、“スタートを決めて自分のリズムで追走できるか”、がポイントになりますが、これはゲートが開いてみなければ分かりませんので、今のところは必ず上手くいく筈だと思っていましょう(^^)

このレースには、ダイヤモンドムーンをはじめ何頭か強そうなのが混ざっていますが、内側の先行各馬がやり合う“差し馬有利の展開”になりそうで、前走のような競馬が出来ればステラリードにも充分チャンスがあると思います。
ステラリードには、せっかく前走で掴んだ復活の手応えを確かなものにするためにも是非とも良いレースをして欲しいですし、できれば勝利を期待したいと思います。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2012年新企画、出資馬複勝ころがしやってみます!

2012-01-28 07:38:23 | 競馬・一口馬主全般
今年は何か新しい挑戦をしたいと考えていましたが、競馬に関しては、“複勝ころがし”にしようと思います。
(イイ大人が何やってんの?? とか思わないように(;^_^ )
ルールは簡単で、私の出資馬が出走しているレースで、『これは3着以内に入るでしょ!』と思ったら出資馬の複勝を購入、もしも的中したらその配当を全額次の対象レースに投入するということです。

私の計算では、3000円からスタートして1.5倍の複勝を的中し続ければ9連勝時点で10万円を越え、さらに15連勝すればなんと金額は130万円を越えることになります。
参考までに、私の出資馬が3着以内にどのぐらい入るものかというと、2009年は19回、2010年も19回、2011年はちょっと少なくて13回でした。まあ、厳しい数字と言えばそうなのですが、決して複勝15連勝が絵に書いた餅とは言い切れないのではないでしょうか。
ということで、2012年の目標は、3000円の元手で100万円ゲット!!にしたいと思います\(^O^)/

ちなみに、どのレースが複勝ころがし対象なのかが分かるように、予想記事か発走直前の記事に“複勝ころがし対象レース”の表示をするようにしておきます。(別に気にしなくても良いです(笑))
それから、もしも途中で挫折した時は、格好つけずに再び3000円からスタートしますのであしからず(^^ゞ

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】またもや1枠1番! 梅花賞枠順&予想

2012-01-27 22:25:06 | 引退馬
■1/28京都9R 梅花賞(3歳500万下・芝2400m)14:25発走
【枠番-馬番 予想 馬名(性齢) 斤量 騎手】
1-1 ◎ エタンダール(牡3) 56.0 岩田康誠
2-2 - ミルドリーム(牡3) 56.0 C.ルメール
3-3 - ナリタポセイドン(牡3) 56.0 幸英明
4-4 - ダイワデッセー(牝3) 54.0 福永祐一
5-5 - コスモアンノーン(牡3) 56.0 酒井学
6-6 ○ ショウナンタケル(牡3) 56.0 和田竜二
7-7 ▲ フレージャパン(牡3) 56.0 藤田伸二
8-8 △ ハランデール(牡3) 56.0 小牧太

出来れば真ん中ぐらいの枠が良いなぁ、と思っていましたが、前走、前々走に続いて3戦連続で1枠1番ということになりました。うーむ、これって引きが強いのか弱いのか、何だか不思議な感じがしています(;^_^
と言いつつも今回は距離が2400mありますし、頭数も8頭なのでそれほど枠順に拘ることもないでしょう。

ところで、この一戦に臨むエタンダールについて、「ブログ報知・現場発!POGブログ」にこんな記事が出ていました。
藤原英厩舎3歳情報 1月27日-----
前走の福寿草特別(5着)はスタートが敗因の大部分を占めると思います。ジャンプするような感じで出て、後方のポジション。内を窮屈そうに走らされていました。レースの前半1000メートルは62秒9、後半が59秒3。逃げ馬にうまく運ばれて、これでは後方から追い込むのは厳しいです。「ゲートでああなったからな。距離が延びるのはいい。内回りから、外回りにコースが替わるのもいいだろう」と田代助手は分析します。重要視したいのが兄のクリサンセマムが阪神の2400メートルで強い競馬をしていること。弟にとっても距離延長は好材料と私はみています。ここは反撃を期待したいところです。
-----

やっぱりそうですよね。エタンダールにとって距離延長は明らかなプラス。相手関係を考えても、この一戦が大きなチャンスであるのは間違いないと思います。
この中間は課題のスタートを上手くクリアするためにゲート練習もこなしているようですが、こういう陣営の地道な努力が結果に結びついてくれるよう期待しています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Hiroo9(Nonet)近況更新、ついにウェルシュステラ’10が・・・!?

2012-01-27 18:37:06 | イベント・募集馬検討
広尾TC2歳募集馬の近況が更新されました。
前回の近況更新は1/13でしたが、その時は測尺情報がなかったので、馬体の変化を確認するという意味では約1ヶ月ぶり(前回の測尺は昨年12/15)の作業になります。

ちなみに、この1ヶ月で10kg以上体重を増やした馬はいませんが、ドーニングストーム’10(プラス9の498kg)、メジロフランシス’10(プラス5の490kg)などはかなり雄大な馬体になりつつあるようです。
また、昨年の展示会で、『バランスの良さは1、2を争うけれどちょっと小さい』と思っていたレフィナーダ’10が425kgの158cmまで大きくなっています。この馬はまだまだ成長しそうな余地があるだけに、今後の動向に注目する必要が出てきたようです。(“気になる馬”リスト入りか!?)

それ以外では、ウェルシュステラ’10がついに500kgを越えてしまいましたねぇ(;^_^A
既にこれ以上体重はいらない感じなのですが、果たして上手く収まってくれるのかどうか、レフィナーダ’10とは違った意味で要注目ということになりました。

広尾TC2歳馬への出資は、今月末までが最大15%OFFの早期割引期間です。
現在“残口僅か”サインが点灯しているミスペンバリー’10やドーニングストーム’10は育成状況も順調なだけに、1/31までの数日間で一気に売れていく可能性もありそうです。
特にドーニングストーム’10は私の“気になる馬リスト”上位に入っていますので、そうなった時にどうするのかも含めて、もう一度じっくり悩んでみたいと思います(^O^)


■ゴールドウインク’10 牡(栗東・小崎憲厩舎)
  父ステイゴールド×母父サクラユタカオー
  馬体重432kg、体高156cm、胸囲179cm、管囲19.5cm(11/15測定)
  馬体重450kg、体高157cm、胸囲178cm、管囲19.5cm(12/15測定)
 ⇒馬体重448kg、体高159cm、胸囲182cm、管囲19.5cm( 1/16測定)

■ウェルシュステラ’10 牝(栗東・松永幹夫厩舎)
  父ハーツクライ×母父Zafonic
  馬体重493kg、体高155cm、胸囲185cm、管囲20.5cm(11/15測定)
  馬体重499kg、体高157cm、胸囲187cm、管囲20.5cm(12/15測定)
 ⇒馬体重506kg、体高158cm、胸囲186cm、管囲20.5cm( 1/16測定)

■ミスペンバリー’10 牝(栗東・藤原英昭厩舎)
  父ダイワメジャー×母父Monjeu
  馬体重428kg、体高152cm、胸囲177cm、管囲18.5cm(11/15測定)
  馬体重427kg、体高152cm、胸囲180cm、管囲19.0cm(12/15測定)
 ⇒馬体重436kg、体高152cm、胸囲178cm、管囲19.0cm( 1/16測定)

■ドーニングストーム’10 牡(栗東・森秀行厩舎)
  父ゴールドアリュール×母父Storm Cat
  馬体重484kg、体高159cm、胸囲184cm、管囲20.5cm(11/15測定)
  馬体重487kg、体高160cm、胸囲185cm、管囲20.5cm(12/15測定)
 ⇒馬体重498kg、体高162cm、胸囲187cm、管囲20.5cm( 1/16測定)

■ドラゴンラッシュ’10 牡(栗東・角居勝彦厩舎)
  父キングヘイロー×母父ワイルドラッシュ
  馬体重444kg、体高151cm、胸囲177cm、管囲20.5cm(11/15測定)
  馬体重460kg、体高152cm、胸囲177cm、管囲20.5cm(12/15測定)
 ⇒馬体重461kg、体高154cm、胸囲182cm、管囲20.5cm( 1/16測定)

■レフィナーダ’10 牝(美浦・藤沢和雄厩舎)
  父アルデバラン2×母父サンデーサイレンス
  馬体重410kg(10/15測定)
  体高156.5cm、胸囲173.5cm、管囲18.5cm(11/8測定)
  馬体重418kg、体高156cm、胸囲173cm、管囲19.0cm(12/15測定)
 ⇒馬体重425kg、体高158cm、胸囲177cm、管囲19.0cm( 1/16測定)

■メジロフランシス’10 牡(美浦・鹿戸雄一厩舎)
  父マヤノトップガン×母父カーネギー
  馬体重467kg、体高157cm、胸囲186cm、管囲19.5cm(11/15測定)
  馬体重485kg、体高158cm、胸囲185cm、管囲20.0cm(12/15測定)
 ⇒馬体重490kg、体高161cm、胸囲187cm、管囲20.0cm( 1/16測定)

■ミスグローリー’10 牡(美浦・尾関知人厩舎)
  父ジークエンブレム×母父サクラユタカオー
  馬体重392kg、体高152cm、胸囲167cm、管囲18.5cm(11/15測定)
  馬体重398kg、体高153cm、胸囲170cm、管囲18.5cm(12/15測定)
 ⇒馬体重406kg、体高155cm、胸囲171cm、管囲18.5cm( 1/16測定)

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【エタンダール】1/28京都9R 梅花賞出走確定

2012-01-27 05:51:48 | 引退馬
エタンダールは、1/28京都9R 梅花賞(3歳500万下・芝2400m)に岩田康誠騎手で出走します。

- 調教時計 -
12.01.25 鮫島良 栗東坂良 1本 57.3 …… …… 12.8 一杯に追う
<メイショウクロオビ(古500万)末強めを0.6秒追走0.1秒遅れ>
12.01.21 助手  栗東坂重 1本 57.3 41.4 26.7 13.0 馬なり余力

◇田中博助手のコメント(抜粋)
「今週の追い切りは岩田騎手不在のため鮫島騎手に乗ってもらいました。もう少し速い時計でも良かった気はしますが、チップが凍りついて全体的に走りづらい状態でしたし、終いはビッシリ追えていましたので特に問題はないでしょう。脚元などに不安のない馬ですし、ここまで順調にきていますので状態は安定しています。血統的にもレースぶりからも距離延長は望むところですし、外回りに替わるのも末脚が確実なこの馬には合っているはず。新馬を使った後などはテンションがかなり高く普段の世話にも手こずらされたものですが、この頃はレース後も落ち着いており精神面の成長が感じられます。エンジンの掛りが遅くテンに置かれそうなレースが続いていますが、距離延長で前半のペースも落ち着くはずで、ある程度前目の位置に付けられれば結果も変わってくるのではないでしょうか。」
-----

今回の最終追い切りはCWではなく坂路になりました。
タイム自体は平凡ですが、田中博助手の言うように最後までビシッと追えたのはプラス材料ですし、レースを使いながら負荷を高めていけるのは、この馬の丈夫さ・タフさの表れで、いつか必ず結果に結びついてくると思います。

で、今週の競馬ですが、梅花賞は結局8頭という少頭数に落ち着きました(登録は11頭)。
ザッと見て気になる相手といえば、福寿草特別で先着されているショウナンタケルでしょうが、2400mなら明らかにコチラが上という気もしますし、益々“負けられない一戦”という雰囲気になってきました。
(新馬勝ち2戦目のハランデールみたいなのを気にしだしたらキリが無い・・・(笑))

負けても負けても期待し続けてくれている厩舎の努力に応えるためにも、是非ともここで本領発揮といきたいものです!

■1/28京都9R 梅花賞(3歳500万下・芝2400m)出走馬
【馬名(性齢) 斤量 騎手】
エタンダール(牡3) 56.0 岩田康誠
コスモアンノーン(牡3) 56.0 酒井学
ショウナンタケル(牡3) 56.0 和田竜二
ダイワデッセー(牝3) 54.0 福永祐一
ナリタポセイドン(牡3) 56.0 幸英明
ハランデール(牡3) 56.0 小牧太
フレージャパン(牡3) 56.0 藤田伸二
ミルドリーム(牡3) 56.0 C.ルメール


【1/25撮影、栗東トレセンでのエタンダール : 公式HPより】
*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの記事・写真転載の許可を頂いています。

人気ブログランキングへ ←応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加