とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

ディメンシオン : 7/8中京3R 3歳未勝利・牝 優勝!(^_^)

[広尾TC展示会報告7]繁殖牝馬とあれやこれやの関連情報

2014-11-30 20:06:53 | イベント・募集馬検討
今回は木村秀則牧場で見学した繁殖牝馬の情報を、一気にお届けしたいと思います。
木村秀則牧場にお邪魔するのは毎年恒例ですが、いつもいつも本当に気持ち良く歓迎して頂けるので、募集馬がいようがいまいがここに来るのが楽しみのようになってしまっています。
『展示会』の主旨からすると微妙なのかもしれませんが、でも、楽しいからいいですよね(^_^)


繁殖牝馬は例によって2頭ずつ連れてきてくれます。今年のトップバッターはステラリードでした。




ステラリードは本当におとなしく、お母さんらしくなっていました。
そばに寄っても鼻面に触っても全く動じるところがありませんし、かつてのこの馬を知っている人にとっては、「これが本当にあのステラリードなのか…」と、狐につままれたような気になると思います。
もちろん、お転婆のままでは賢母になれないですし、いいことなのは間違いないのですが、なんだか少し不思議です(^_^;)

ちなみに、私が先日出資を決めたステラリード'14に対しても、適度に面倒を見るとてもいいお母さんだったそうです。
あ、もしかしたら、そんな話を聞いたことも出資を決める後押しになったのかもしれませんね(^_^)

血統診断でお馴染みの竹内啓安さんもステラリードの繁殖牝馬としての可能性には注目しておられるようですが、先日ステラリード'14に出資をしたばかりの私も当然ながらステラリードが名繁殖牝馬になってくれることを望んでいます。
ステラリード'14に活躍をして欲しいのはもちろんですが、二番仔、三番仔にも注目していきたいと思います。
ステラリードは現在ワークフォースを受胎中です。


ステラリードと一緒に出てきたのはミスペンバリーです。




ミスペンバリーはクリサンセマム、エタンダール、そして注目のミスペンバリー'13の母として有名です。
一時は体調を崩して空胎が続いたこともありますが、いまではすっかり元気そうで、それはもう堂々としたものでした。
繁殖としての価値は現在でも大したものですが、エタンダールやミスペンバリー'13の活躍次第では、真の名繁殖牝馬になるかもしれません。(ミスペンバリー’13を見ていると、そうなる可能性は結構高いかと…(^_^))

ミスペンバリーには、14年産の牝馬(父ディープインパクト)がいますが、木村さんによれば、これも相当に期待できる雰囲気があるそうです。 その馬が広尾TCから募集になるかどうかは分かりませんが、もしも実現したら間違いなく注目の一頭になりますね。
現在はハーツクライを受胎中です。


入れ替わって出てきた2頭の先頭はベイビーローズです。




現役時代から人気の高いベイビーローズです。
初仔のベイビーローズ'13は、父ネオユニヴァースが出資会員のアンケートで選ばれた種牡馬なのは有名な話。
なかなかそういう企画は実現しませんし、二度と出来ないことかもしれませんが、せっかくの面白い&画期的試みだと思いますので、何とかベイビーローズ'13には成功して欲しいところです。
ベイビーローズには14年産にゴールドアリュールの牡馬がいて、現在はスマートファルコンを受胎しています。


ベイビーローズとペアで出てきたのはグレイスフルソングです。




グレイスフルソング'13の紹介記事で少し触れましたが、本馬に対する期待は相当に高いものがあるようです。
初仔であるグレイスフルソング'13がファンタストで高い評価を受けていることもありますが、木村さんによれば、二番仔であるネオユニヴァースの牡馬、これがまた素晴らしい動きをするそうなんです。
もちろん、14年産は当歳馬ですから評価はこれからの事にはなりますが、そんな話が直接聞けるのもこうしたイベントに参加してこそ。それがどうしたと言われればそれまでですが、勝手に得をした気分になった私なのでした(^_^;)

これはここだけの話ですが、
木村さん曰く、「グレイスフルソングの仔は非常に繋ぎが柔らかいのが特徴です。13年産も14年産も生まれた直後はコンパクトでしたが、その後にどんどん成長する力を持っていました。グレイスフルソングの仔を買うなら早い方がいいですよ。13年産や14年産がきっと走っちゃうので、あとになればなるほど値段上がっちゃうかも…」ですって。(ブログに書いおいて、ここだけの話も何もありませんが…(^_^;))

とにかくグレイスフルソング'14も、もしも広尾TCから募集されたら注目しないワケにはいかなそうです。
グレイスフルソングは、現在キングズべストを受胎中です。


続いて出てきた2頭の先頭はウェルシュステラです。




ウェルシュステラはもう16歳になったそうです。
木村秀則牧場の中でも最高齢の繁殖牝馬ですが、デミアンさんに言わせると、「まだまだ元気で若い」そうです。
確かに、間近で見ても老け込んだような雰囲気はありませんし、ベテラン繁殖牝馬らしい貫禄はあるものの、動きが重たいとか覇気がないとか、そんな素振りは一切感じられませんでした。

ウェルシュステラと言えば、ステラリードに始まって、ゴッドフロアー、ウェルシュハープ、そしてレトロクラシックと4頭もの娘に出資をすることが出来ました。(オマケに今度はステラリードの娘にまで手を出してしまい…(^_^;))
そう考えると感慨深いものがありますが、産駒の活躍という意味で、ウェルシュステラの持つポテンシャルが十分に発揮されたかというと、『まだまだこれから』という気がしないでもありません。

まあ、そのあたりは現役で頑張っているゴッドフロアーやレトロクラシックの活躍次第ですね(^_^)
ウェルシュステラは現在ルーラーシップを受胎しています。
(願わくば牡馬を出して欲しい!)


こちらはレフィナーダです。




レフィナーダは繁殖牝馬として非常に期待をされていますが、今まではお世辞にもそれに応えているとは言えません。
産駒たちが晩成傾向で、体質的に弱いところを持っていたのが痛かったですが、そのあたりはこれからデビューをする12年産(エンパイアブルー)に払拭してもらうしかありません。
とにかく、どう考えてもこれで終わるはずがない、と思えるほど血統的に魅力がある繁殖牝馬なんですよねぇ。

そんなレフィナーダですが、13年、14年と産駒はいません。
いませんが、何とレフィナーダは現在へ二―ヒューズを受胎しているそうでして…(^_^)

ヘニーヒューズは父ヘネシー、母の父メドウレイクのアメリカ産馬で現役時代は通算10戦6勝。引退後はアメリカ・オーストラリアのシャトル種牡馬として活躍していましたが、数少ない持ち込み馬の中からアジアエクスプレス(朝日杯FS・G1)が出てがぜん注目を集めています。
同じ父ヘネシーであるヨハネスブルグの産駒が昨年の2歳戦を勝ちまくったこともありますし、そんなヘニーヒューズとレフィナーダの仔がどんなタイプに出てくるのか、これまた非常に興味深いところです。


繁殖牝馬見学最後の2頭のうち、まずはスイートマカロンです。




スイートマカロンは初仔の12年産(デストリーライズ)がデビューに向けてトレーニング中です。
昨年の展示会ではデストリーライズは同世代の中ではかなりしっかりした印象で、もう少しデビューも早いかと思ったのですが、スイートマカロン自身のデビューも遅かったですし、なかなか思い通りにはいかないものですね(^_^;)

デストリーライズはデビューに向けて近々トレセンに戻ることになるようですが、産駒の活躍がお母さんの価値を高めるのはどの馬も一緒ですので、広尾TCゆかりの血統を育てる意味でも結果を残して欲しいと思います。
スイートマカロンは現在ディープブリランテを受胎しています。


繁殖牝馬見学の大トリは、ラズベリータイムです。




ラズベリータイムに関しては、13年産のワークフォースの牝馬が他クラブで募集になっていましたね(^_^;)
それはさて置き、本馬も繁殖としてはまだ結果を残せていませんが、現役時代からとても人気が高かった馬でもありますし、何とか走る仔を出して欲しいというのが全ての関係者の願いだと思います。
私自身は出資をしていたわけではありませんが、こういう繁殖からいい子が出るのは素晴らしいことですから、まずは他クラブだろうが何だろうが結果を出してもらい、将来出るであろう広尾TC所属馬の活躍につなげて欲しいと思います。

ラズベリータイムは現在エイシンフラッシュを受胎中です。
と、ここまで書いて思ったのですが、もう、エイシンフラッシュやディープブリランテが種牡馬として頑張っているんですね。
スイートマカロンについているデュープブリランテはダービーでエタンダールの0.6秒前を走っていた馬なわけで、そう考えると、なんだか感慨深いものがありますねぇ。。(月日が経つのは早い的な…(^_^;))


という事で、木村秀則牧場で見せて頂いた繁殖牝馬の情報でした。
念のために、14年産馬と受胎情報について、私が確認できた範囲を表にまとめておこうと思います。


14年産馬もこれから生まれてくるであろう15年産馬も、ともに広尾TCでの募集が決まっているわけではありません。 ありませんが、もしも募集になったら間違いなく出資をしたくなるような馬もいますし、配合としてとても面白い種牡馬を受胎している牝馬が何頭もいます。
さすがに、『この馬とこの馬は絶対に募集してね』みたいな厚かましいことは言えませんが(^_^;)、何となく希望通りに馬がラインアップされること、そして何よりも、どの馬も元気に育ってくれることを祈りたいと思います。

最後になりますが、毎年楽しいひと時を提供してくださる木村秀則牧場の皆さん、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します(^^ゞ

 応援クリック励みになります!
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【レトロクラシック】牝馬同士なら上位、暮れの中山続戦へ

2014-11-30 14:11:12 | レトロクラシック
東京3Rで5着となったレトロクラシックの関係者コメントです。

◇戸崎騎手のコメント
「ゲート内で半分立ち上がろうとするなど、うるさいところを見せたものの、何とか我慢が利いて普通に出てくれました。道中は行きたがるように見えたかもしれませんが、ガツンとハミを噛んでいるわけではないですし、自分の感覚の中では許容範囲。最後も頑張ってはいるのですが、今日はもうワンパンチが足りませんでした。」
◇国枝調教師のコメント
「ゲートが心配でしたが、今日は出過ぎたくらい。前に馬を置けずに行きたがってしまい、終い伸びあぐねたのかなとも思いましたが、どうもそれだけではないようですね。あとはここからという所でもう一段ギアが上がってくるかどうか。この辺の変化や良化ぶりを窺っていきたいところです。段々と馬が走ることを覚えてきており、やる気になっているようですので、今日の感じであれば逆にマイルのほうが競馬がしやすかったのかも。ただ、この後の中山マイルはトリッキーなコースですし、前に行けるようになった今なら1800mは有利。番組とも相談をしながら次を考えていきたいと思います。」
-----

先ほどの記事で私がアレコレ考えた内容について、戸崎騎手と国枝調教師がコメントしてくれています。

まず、行きたがるように見えた点については、ギリギリ辛抱は効いていて鞍上からすれば許容範囲だったとのこと。確かに口を割って反抗したりはしていませんので、あの程度なら何とかしなければいけないのかもしれません。
距離に関しては、国枝調教師も「マイルぐらいの方が…」と仰っていますが、初勝利を目指す上においては、コース形態や相手関係、その他もろもろを考慮しなければいけないわけで、単純に適性通りのレースを選べばいい、というものでもないですね(^^ゞ

いずれにしても、ジョッキーも調教師も今日の敗戦を悲観的に捉えていないのは良かったです。
特に国枝調教師は、既に中山への続戦を描いておられるようですから、ここは必死に食らいついていきたいですね。
ちなみに次走の候補は12/20中山4R、牝馬限定の1800m戦との事。「牝馬同士なら力量上位」との調教師の判断に基づく選択のようですので、次こそはチャンスを掴んで結果を出して欲しいと思います。

レトロクラシックはまだ成長途上ですから、レース経験を重ねながら実力をつけていく…だけではダメで、初勝利という結果と、もうワンパンチを繰り出すためのレベルアップを両立していかなければいけません。
それは口で言うほど簡単ではないでしょうが、是非とも成し遂げて欲しいと思います!

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【レトロクラシック】先行して、抜け出せず… 東京3R・5着

2014-11-30 11:42:43 | レトロクラシック
東京3R 2歳未勝利に出走したレトロクラシックは5着になりました。

【レース内容】
スタートは互角。内枠を利してスンナリ先行するも、3番手に落ち着くまでにやや行きたがる素振りがありました。
その後は道中も折り合いがついており、2~3番手をキープしたまま3~4コーナーをスムーズに回り、直線に向いてからは戸崎騎手のゴーサインに応えて抜け出しを図りましたが…。
『抜け出すだけ』の形になってから意外に伸びず、前を捉え切れずに後ろの馬に交わされる形となり、結果5着で入線しています。
-----

残念ながら、レトロクラシック初勝利!とはいきませんでした。
今日の競馬を見る限りでは、まだ全体的に力がつき切っていないというか、自身の能力を全開にするだけの成長が出来ていないというか、もう少し時間をかけてじっくりと鍛えた方が良さそうな印象ですねぇ。。
とは言え2歳のこの時期ともなると、早めにひとつ勝ちたいと思うのが普通ですし、なかなか難しいところです(^_^;)

それでも夏の敗戦から考えると、今日もしっかり競馬の形にはなっていました。
普通に考えれば、先行力を見せた点も最後まで真面目に走る気持ちの面でも、あまり悲観する内容ではなかったと思います。
言い訳的にはスタート後に少し行きたがった点、稍重の馬場が向いているとは言い難い走りなどいくつかあるとは思いますが、もしも近々で結果を求めるのであれば、前走のようにマイルぐらいで脚を溜める競馬の方があっているのかもしれませんね。

このあとは年内もう一走を目指すのか、それともひと息入れて来年再始動なのか、どちらになるのでしょうか。
レトロクラシックはあまり慌てて使い詰めない方がいいタイプにも見えますが、またまた優先権が獲れているのも事実ですし、私的には『どちらもアリ』という気がしています。。まあ、ひとまずは関係者のコメント待ちという事ですね。

■11/30東京3R 2歳未勝利(芝1800m)・稍重


 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

[広尾TC展示会報告6]3頭まとめてドーン! (^_^)

2014-11-30 06:05:14 | イベント・募集馬検討
昨日のグレイスフルソング'13の紹介までで、展示会終了後一週間となりました。
このペースだといつまでかかるか分かりませんので、今日は、ベイビーローズ'13と昨年の募集馬エンパイアブルー(レフィナーダ'12)、そして北海道で休養中のクリサンセマムを一気に紹介したいと思います。

まずはベイビーローズ'13からです。

*影絵みたいになってしまいました(^_^;) でも、首から背中に流れるライン、シルエットがとても綺麗!


*横顔もなかなかの美人さん。

ベイビーローズ'13は、ミスペンバリー'13と同じく吉澤ステーブルでトレーニングに励んでいます。
展示会二日目の調教もミスペンバリー'13と同じ組でしたが、現時点で何の問題も無くついてきているとのことでした。

以下、吉澤ステーブル、本田さんのコメントです。
「今現在は420~430kgで、競馬に行くのも430kg台でしょうか。おとなしく、気性が素直で扱いやすいので、スタッフみんなから愛される存在です。手先が軽くて綺麗な走りをするので、どちらかといえば芝向きな印象です。欲を言えば、これからのトレーニングで背腰の筋肉が強化できればもっと良くなってくると思います。」

この馬が出てきた瞬間、スラッとしていて首から背中のラインが綺麗な、いかにも牝馬らしい牝馬だなぁと思いました。
個人的な好き嫌いで言えば、こういう馬はとても好きなタイプなのですが…
ミスペンバリー'13の紹介記事でも書いたとおり、本馬のあとに出てきたミスペンバリー'13があまりにも素晴らしかったので、相対評価的観点で言えばちょっと損をしてしまったかもしれません。
もっともあれと比べられたら、余程の馬でない限り得をすることはないと思いますが。。(^_^;)

まあ、1歳のこの時期に北海道の展示会でちょっと損をした…みたいな話は競馬の勝ち負けとは何の関係もありません。
430kg程度でも驚くほど強い馬は過去にもたくさんいましたし(特に牝馬は身体より気持ちの方が大事かも)、何よりベイビーローズ'13には人を惹きつける雰囲気がありますから、先々は周囲をアッと言わせる活躍をする可能性も充分にあると思います。

広尾TC募集馬のページはコチラ:https://www.hirootc.jp/sellhorses/

*出資はあくまでも自己責任でお願い致します(^_-)-☆
*文中の引用コメントは私の記憶に基づいて書いています。誤り、ニュアンスの違いなどは全て私の責任ですm(_ _)m


続いては昨年の募集馬、エンパイアブルー(レフィナーダ'12)です。

*胴に伸びがあり、1年前に比べて随分ガッチリしてきました。


*柔らかくて踏み込みが深い、常歩の良さは相変わらずでした(^_^)


*完成期は遅めかもしれませんが、雰囲気があるとてもいい馬だと思います。

エンパイアブルーは、アスクコマンダー'13と同じ坂東牧場在厩です。
この馬は昨年の募集馬と言ってもまだ出資可能なので、しっかりチェックしなければいけません。
(エンパイアブルーは展示会終了後にノーザンファーム天栄経由で栗東近郊の吉澤ステーブルWESTに移動しています)

実は、本馬はもともと私の出資候補馬で、ずーーっと出資するかどうかで悩んでいたのです。
で、今回改めて間近で確認したところ、やはりいい馬だなぁと思いました。
年齢がひとつ上なのでアスクコマンダー'13と比べても意味は無いのですが、一年前を思い返してみても、歩かせた時の柔らかさや全体的な雰囲気ならむしろこちらの方が上かもしれません。
エンパイアメーカー産駒が今のところ思ったよりも走っていなかったり、これから藤原英調教師の厳しいチェックにさらされるのは気になりますが、この馬がどこにも問題が出ずにしっかり調教をつんでいけば、かなりいい評価がもらえるのではないでしょうか。

ところで本馬に対する出資をどうするかですが…
このところ、ゼロレボルシオン、ステラリード'14と立て続けに出資をしていますし、このまま際限なくお金を使うのも一般社会人としてはやはり微妙ですよね(^_^;) なので、ここは一旦、涙を呑んで見送ることにしたいと思います。
あ、ゼロレボルシオンは、馬代金はゼロでしたが(^^ゞ

でも、母のレフィナーダはいつか走る仔を出すと思っていますし、それがエンパイアブルーである可能性も充分でしょう。
今回は諦めますが、一度は出資をしようとした馬ですし、これからもずっと応援していこうと思います。
まあ、コロッと気が変わって入厩直前に逆転駆け込み出資!ッてな事がないとも限りませんしね…(^^ゞ

広尾TC募集馬のページはコチラ:https://www.hirootc.jp/sellhorses/

*出資はあくまでも自己責任でお願い致します(^_-)-☆
*文中の引用コメントは私の記憶に基づいて書いています。誤り、ニュアンスの違いなどは全て私の責任ですm(_ _)m


次に紹介するのは、エタンダール、ミスペンバリー'13の全兄クリサンセマムです。

*ウォーキングマシンと放牧だけでは、ブリブリの張りのある馬体、というワケにはいきませんね。

クリサンセマムも現在は坂東牧場にいます。
本来であれば、オープンや重賞で活躍出来る素質を持っている…と誰もが認める本馬ですが、残念ながらいまだ500万条件を突破できずにいるんですよねぇ。。(どう考えても500万条件の馬とは思えないですけど…)
出資者でもない私がアレコレ言うのは憚られますが、クリサンセマム、結構お休みが多いイメージが。。。

あ、そろそろこの辺にしておきますm(_ _)m
最後にひと言ですが、休んでいて緩くなっているのは仕方がないとして、相変わらず馬っぷり自体はなかなかのもの。 脚元がハッキリしなくて長く休んでいる割にはしっかりした体つきをしていました。
課題の脚元さえ回復すれば、まだまだ活躍出来ると思いますので、何とか頑張って復活して欲しいです。


以上でベイビーローズ'13、エンパイアブルー(レフィナーダ'12)、クリサンセマムの報告は終了です。
次回はお待ちかねの(別に待ってないか(^_^;))木村秀則牧場に繋養されている繁殖牝馬の情報を紹介しようと思います。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【レトロクラシック】11/30東京3R 2歳未勝利 枠順&予想

2014-11-29 22:44:35 | レトロクラシック
■11/30東京3R 2歳未勝利(芝1800m) 11:05発走


<予想>
◎ レトロクラシック
○ レッドライジェル
▲ ブラックバゴ
△ トーセンカナロア
△ ベルメール
△ コスモアルマク
△ サトノファンタス
△ エフティベス

レトロクラシックは3枠5番になりました。
枠順は内外の問題もありますが、前走でガタついて出遅れたことを考えると、偶数番枠が欲しかったというのが本音です。
でもまあ、中間のゲート練習では問題が無かったようですし、久々を一度使って集中力が増しているという話もありますので、今度は上手くスタートを決めて早めにレースの流れに乗って欲しいところです。
明日の馬場状態がどうなるかは分かりませんが、あまり後ろからだと届かない可能性がありそうですから。。

相手関係では、新馬戦2着からの上積みが期待できそうな2頭、レッドライジェルとブラックバゴが手強そうです。
経験が少ない2歳戦はやってみなければ分からないところがありますが、上位争いはかなり力が接近している気がしますので、道中、直線のスムーズさは大事なポイントになるかもしれません。
前走のようなドン詰まりでは無いにしろ、ちょっとした不利が結果に影響する可能性もありそうです。

という事で、力量接近のメンバーの中、レトロクラシック素質開花の一戦として本命印を打って応援します。
対抗はレッドライジェル、単穴はブラックバゴ。伏兵台頭があるとしたら、内枠先行馬の出し抜けパターンだと思いますが、世間的にはレトロクラシックがそういう位置付けになっているのかもしれませんね(^_^;)

まあ、現時点での評価は今までの成績から致し方ないですが、レースが終わった後、それが一変するようなレースを期待します。
今年中に初勝利があげられるようであれば、来年の道筋がひと味違ったものになるでしょう。
是非頑張ってもらいたいと思います!

 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】地力強化を実感! 浜中騎手のレース後コメント

2014-11-29 17:54:46 | マカハ
東京11R 2014ファンタスティックジョッキーズトロフィーでマカハに騎乗、2着となった浜中騎手のコメントです。

◇浜中騎手のコメント
「稍重発表にしては緩い馬場でしたが、さほど苦にすることなく競馬をしてくれました。道中の雰囲気からは差し切れる感じでしたが、自分が思っていた以上に前の馬が渋太かったです。以前乗せていただいていた頃は中距離のレースでしたから、この距離で乗るのは今回が初めて。実際に騎乗しての感触としてもっと距離が保ってもおかしくない雰囲気なのですが、結果として成績が出ているということは、やはりこの距離がベストなのではないでしょうか。久々に乗った感想ですが、古馬らしく馬がドッシリとして、いい感じに成長しているのが分かりました。オープン入りまであと少し。今日は勝たせることができず、すみませんでした。」
-----

浜中騎手は謝ってくれていますが、今日のような競馬で届かないのはある意味織り込み済み。それが嫌であれば違ったスタイルで勝負をすればいいわけですから、まあ、今日は誰が悪いとかそういう話ではないですね。
勝ち負けには時の運もありますので、また次回頑張ればいいと思います(^_^)

それよりも、以前マカハに乗ってもらっていた浜名騎手のコメントには、やはり興味深いものがあります。
浜中騎手はマカハのデビュー戦、あのグランデッツァやサトノギャラントを捻じ伏せたレースのジョッキーですから、マカハが1400m戦を中心に使われていることには違和感があったのかもしれませんね。
それでも実際に乗った感触として、全体的にどっしりと古馬らしく成長したことを感じてくれたようですし、いつオープン入りしてもおかしくないとの評価もしてくれました。 なんか、そう言われると、また乗ってもらってもいいなぁ…なんて思ってしまいます(^^ゞ

マカハのこの後は予定通りにリフレッシュを挟み、来年2月の東京開催での復帰を目標にするとのこと。
余程東京の芝1400mが合うと考えられているのか、陣営の、「もう東京コースでしか使わないぞ!」みたいな意気込みが感じられます。(もちろん、実際にはそんな決意をしているわけではないでしょうが(^_^;))
もうこうなったら乗り掛かった舟ですから、次走の東京でバシッとオープン入りを決めてもらいましょう!

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】僅かに届かず! ファンタスティックジョッキーズT・2着

2014-11-29 16:11:50 | マカハ
東京11R2014ファンタスティックジョッキーズトロフィーに出走したマカハは惜しくも2着となりました。

【レース内容】
まずまずスタートを決めて、定位置の中団やや後ろの位置取りに。
馬場の良い外を回って3コーナーあたりからジワジワと進出、4コーナーから直線入り口では先行勢を射程圏に入れる絶好のポジションを確保、いつも通りに残り400m地点から猛然と脚を使って追い込みにかかりました。
マカハはゴーサインが出た後も着実に末脚を繰り出しましたが、渋った馬場の所為もあったのか、先に抜け出していた勝ち馬を僅かに捉えることが出来ず、惜しくもクビ差の2着となっています。
-----

ギャーッ!
差してくれぇぇぇーーっ!!

という叫びもむなしく、非常に惜しい競馬で2着になってしまいました(^_^;)
予想の記事でも書きましたが、今日のメンバーではマカハの力量上位は明らかでしたし、浜中騎手もそれを意識した非常にオーソドックスなソツの無い騎乗をしてくれたと思います。

結果的には人気薄の先行抜け出しにしてやられた形になりましたが、それでもあと一歩のところまで追いつめたのは力があってこそ。 厳しいローテーションの中でもこういう競馬が出来るのですから、来年のオープン入りがかなりの現実味を帯びてきました。
今日は負けて強しの競馬でしたが、次走では勝利という結果とともに、その強さを見せつけて欲しいと思います。

その次走がどこになるかは全く未定ですが、おそらくは2月の東京開催あたりになるのでしょう。
それまではひと休みして準オープン3連戦の疲れを癒すことになりますが、この3戦でこのクラスでも力量上位であることは証明できましたし、(まあ、贅沢を言わなければ)それについてはとても良かったと思います。
マカハの素質を考えればこれで満足という事はありませんが、ひとまずホッとしたのも正直なところです(^^ゞ

■11/29東京11R 2014ファンタスティックジョッキーズトロイフィー(1600万下・芝1400m)・稍重


 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

[広尾TC展示会報告5]グレイスフルソング’13

2014-11-29 08:26:11 | 引退馬
展示会中に出資をしたステラリード'14、私がすでに出資をしているミスペンバリー’13、そして今回の新規募集馬2頭の紹介も終わりましたので、次は私が既に出資をしているシリーズのもう一頭、グレイスフルソング'13の話にいこうと思います。

グレイスフルソング'13がいるファンタストクラブ内木村牧場には、二日目の昼頃お邪魔させて頂きました。
まず先に調教を見学し、一旦、坂東牧場に移動、アスクコマンダー'13などを見学したあともう一度ファンタストクラブに戻ってから、改めて展示会形式で馬を見せて頂くスケジュールでした。

ではまず調教の様子から。


*ウォーミングアップのため角馬場に向かうグレイスフルソング'13、特徴的な流星が目印です。


*ファンタストクラブの屋内角馬場


*角馬場では一列縦隊で進みます。グレイスフルソング'13は前から2番目の位置でした。


*目印は流星よりも、乗り役さんのオレンジ色のビブスが分かりやすいですね(^_^;)


*ウォーミングアップの後は、屋根付きの周回コースへ(ダートコース、一周800m)


*見学は馬場の内側から。馬が驚くので、なるべく決められたエリアから動かないように見学します。
(1歳馬は普段と違う風景に驚いて、走っている最中に飛び上がったりします)


*グレイスフルソング'13は、二列縦隊の先頭内側の位置でした。

現在の調教メニューは、角馬場でのウォーミングアップのあと、800mの周回コースをダクで2周、さらにキャンターで2周が基本。週に一回は坂路やウッドチップコースを乗られているそうです。
キャンターのペースはハロン20~22秒程度ですから、このあと見る事になるアスクコマンダー'13よりは軽めの内容ですね。
(向こうは距離も2500mですから、現時点では2段階ぐらい進みが早いでしょうか。。)

キャンターが終わると、この日はそのまま厩舎に戻ることになりますが、その道すがら、ゲートをくぐる練習をします。


*最初にくぐるのは骨組だけの疑似ゲート


*2番目に本格的なゲートをくぐります。


*無事に通過!

練習と言っても通過するだけですから、前後の馬も含めて何の問題もありません。
立ち止まっての駐立練習をやるのは年が明けてからだそうです。

調教中に木村牧場の川嶋さんが話をしてくれましたが、グレイスフルソング'13は、木村牧場で今年最初に馴致を行った馬なのだそうです。もちろん馴致が早いからデビューが早いとは限りませんが、広尾TC所属馬が早期始動を意識しているのは確かなんですよね。
このあたりの方針は結果につながらないと評価をされませんが、ノウハウ蓄積を含めて数年のうちにはいい答えが出て欲しいものです。

グレイスフルソング'13のキャンターの様子、評価については、正直なところ良くわかりません(^_^;)
わかりませんが、先頭の位置でしっかり走っていたのはプラスポイントですかね。まあ、川嶋さんがグレイスフルソング'13の走りに好感を持たれているのは充分に伝わりましたし、「現時点では何の文句もない」と仰っていたので多分大丈夫なのでしょう。
この時期は細かいことよりも、乗り役さんの指示にしっかり反応しつつ元気に走る。良く食べて良く寝て、また元気になって新しい勉強に取り組む、という事がきちんとやれるのが重要なのだと思います。

続いては、坂東牧場訪問を挟んだ後の展示会での写真です。








実はこの日の前日に行われたAERUでの懇親会で、ファンタストクラブでは馬がすごく良く見える、という事が話題になっていまして(と言いますか、私がそんな話をしたのですが…)、今年はそんなことも踏まえながらじっくりチェックをしてみました。
ちなみに、過去にファンタストクラブで素晴らしくよく見えた馬はと言いますと、ジョーヌドール(アビ'10)やウェルシュハープ(ウェルシュステラ'11)がその代表格で、それぞれ期待通りの活躍をしていないのは気がかりですけどね(^_^;)
(私が出資をしていたウェルシュハープは、馬っぷりとは全く無関係の理由での引退でしたが…)

それはさて置き、グレイスフルソング'13の話です。
これは調教見学の時から思っていたのですが、1年前に会った時に比べると格段に馬が良くなっていました。
1年前の展示会時はちょうどバランスが崩れているタイミングだったこともあり、お世辞にも格好がいい馬とは言えませんでしたが、今ではだいぶ胴に伸びが出て全体のバランスもいい感じに整ってきています。
川嶋さんによれば、馬体重も460kgを越えているとのことで、ファンタストに移動した時が430kg程度だったことを考えると、今がちょうど成長期の真っただ中という事でしょう。

では、改めて川嶋さんのコメントです。
「今現在は464kgで、競馬にいく時も460kg台になるのではと思います。ここ最近になって胴に伸びが出て、すごく良くなってきました。まだ少しトモ高なのでもう一回り成長すると思いますが、そうなればさらに見栄えがするようになるでしょう。距離はマイルより長いところがいいイメージ。歩様に変な癖もなく、爪の形、脚元の丈夫さも問題なし。気性面も含めて全体的に優等生で、現時点では何の注文もありません。そう言えば、先週国枝調教師が来られて、『だいぶ胴が伸びていい形になってきた。お母さんが出てきたのかな』と仰っていました。」

これも前日の話になりますが、木村秀則牧場の木村さんがグレイスフルソング'13をとても褒めてくれていました。
馬の姿かたちが良くなったことはもちろんですが、その成長力、繋ぎの柔らかさ、筋肉の質など、総合的に見てスゴクお買い得なのではないか…との話に始まり、グレイスフルソングの繁殖能力への期待など(つまり、グレイスフルソング'13の下にすごくいい馬がいるらしく…(^_^))、結果云々は別にして、かなり本格的に気に入っておられるのだなぁと感じました。

私自身もグレイスフルソングの繁殖牝馬としてのポテンシャルに期待をして出資した面もありますし、理想を言えば、グレイスフルソング'13にバシッと活躍をしてもらって、その下、さらにその下と自信を持って追いかけ出資が出来るようになりたいものです。
いずれにしても、グレイスフルソング'13はこちらの想像以上に良くなっていました。はい、期待できると思います(^_^)

広尾TC募集馬のページはコチラ:https://www.hirootc.jp/sellhorses/

*出資はあくまでも自己責任でお願い致します(^_-)-☆
*文中の引用コメントは私の記憶に基づいて書いています。誤り、ニュアンスの違いなどは全て私の責任ですm(_ _)m

 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

[広尾TC展示会報告4]ネヴァーピリオド’14

2014-11-29 06:27:16 | イベント・募集馬検討
これまでディープインパクト産駒2頭、アスクコマンダー'13とミスペンバリー’13を紹介しましたが、次は今回新規募集馬であるもう一頭、当歳募集のネヴァーピリオド'14を紹介します。

ネヴァーピリオド'14がいるのはShall_Farmさん。 展示会初日、最初の訪問地でした。


Shall_Farmさんがどのぐらい大きいのかは知りませんが、とても綺麗で整備が行き届いているというのが第一印象です。
こういう牧場で育つ馬は、きっと人間との信頼関係がきちんとできている、お行儀の良い馬になっていくんだろうなぁ…などと、私がそう思うぐらいですから、やはり玄関先の印象というのはとても大事なんですね(^_^)

そんなことを考えていると、主役のネヴァーピリオド'14が出てきました。






ネヴァーピリオド'14は当歳馬ですからまだまだ仔馬。
ただ、仔馬と言ってもスッとしている立ち姿など、可愛らしいというより上品と表現したくなる牝馬です(^_^)

Shall Farmの方のコメントを纏めると、以下のような感じでしょうか。
「基本的には大人しくてとても扱い易い牝馬です。最近は主張があって気が強い面も出てきていますが、それも元気があってちょうど良いくらい。大きさはこの時期としては充分なもので、飼い喰いも同世代の中で一番ですから、これからの成長が楽しみです。」

まあ、この時期の当歳馬をつかまえて、走るかどうかコメントしろという方が無理な話でして…(^_^;)
ネヴァーピリオド'14は多少興奮してバタバタする場面もありましたが、「元気があってちょうど良い」と言われればそんなものかと思える程度でしたし、将来は美人になりそうなしっかりした顔つきをしていました。
現時点で、必ずこうなる、みたいな事は誰にも分かりませんが、こちらの予想以上の活躍があっても何の不思議もないと思います。

という事なのですが、こういう時に参考にすべきはやはり血統でしょう。
このところ広尾TCの募集馬には竹内啓安さんの血統診断がついていますが、当歳募集など、判断材料が限られる場合には非常に助かります。(突き詰めれば、『サラブレッド=血統』と言ってもいいぐらい、血統は重要な要素ですからね)
ただし、母父が何で兄弟馬はどうで…みたいな話だけではない、深~い血統解説には説得力がありますので、読む時には充分に注意することが必要です。ええ、油断しているとつい出資したくなったりしますので(^_^;)

私は同じ当歳牝馬のステラリード'14の方に出資をしてしまいましたが、ストレイトガールの半妹というセールスポイントもありますので、スピード勝負の牝馬に興味がある方は出資を検討されてはどうでしょうか(^_^)

竹内啓安さんのネヴァーピリオド'14血統診断はコチラ:https://www.hirootc.jp/sellhorses/view/10030/blood/
広尾TC募集馬のページはコチラ:https://www.hirootc.jp/sellhorses/

*出資はあくまでも自己責任でお願い致します(^_-)-☆
*文中の引用コメントは私の記憶に基づいて書いています。誤り、ニュアンスの違いなどは全て私の責任ですm(_ _)m

 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】11/29東京10R ファンタスティックジョッキーズT枠順&予想

2014-11-28 22:08:44 | マカハ
■11/29東京11R ファンタスティックジョッキーズトロフィー(1600万下・芝1400m) 15:25発走


<予想>
◎ マカハ
○ ピークトラム
▲ ロノ
△ ハングリージャック
△ エアジェルブロワ
△ ダローネガ

マカハは7枠13番になりました。
このところ外めの枠に入ることが多い気もしますが、このメンバーならあまり枠順云々をいう気もしません。正直なところ、前走の奥多摩ステークスの方が骨っぽいメンバーだったと思いますし、その前走奥多摩S組ではマカハの力量が最上位と言って良いでしょう。

という事で、マカハの本命は動かないのですが、相手は意外に難しいかもしれません。
まあ、前走1600万条件の馬たちにそれほど怖い存在がいないだけに、ここは1000万を勝ち上がってきたピークトラムとロノに期待でしょうか。(期待すると言っても、当然ながら2着までに遠慮してくれないと困りますが…(^_^;))
2頭のどちらが上位かはさらに微妙ですが、一応、内枠、先行脚質、迷った時の3歳馬ということで対抗がピークトラム、単穴をロノとしてみました。

おそらくマカハは、いつも通りに外を回って直線勝負の競馬でしょうが、今回は多少強引でも結果を出して欲しいです。
使い減りするタイプのマカハにとって中2週続きのレースなので多少の不安はありますが、それでも最終追い切りの動きはとても良かったですし、出る以上は何とかもう一丁根性を出して頑張ってもらいましょう(^_^)
春先がそうであったように、『勝ってご褒美のお休みを貰う』、何と言ってもこれが最高の形ですからね!

 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

[広尾TC展示会報告3]ミスペンバリー’13

2014-11-28 05:57:28 | 引退馬
昨日紹介したアスクコマンダー'13に続きましては、『いま最も注目度が高いディープインパクト産駒を先に紹介してしまう作戦』を採用し、ミスペンバリー'13についてお伝えすることにします。

吉澤ステーブルでミスペンバリー'13を見せて頂いたのは初日の夕方です。
もう、だいぶ暗くなっていたのでいい写真が撮れませんでしたが、多少なりとも参考にして頂ければと思います。











写真だけでは伝わらないかもしれませんが、
私、この馬が目の前に引かれてきた瞬間に、『これは正直言ってモノが違う…』と思ってしまったんです。

具体的に何が違うかですが、それは、雄大としか言いようがない馬体そのものです。
実はミスペンバリー'13の前にベイビーローズ'13(牝)を見せて頂いたのですが、それが420kg台の、いかにも牝馬らしいコンパクトな身体つきだっただけに、余計にそう感じた面はあると思います。。あるとは思いますが、身体全体からこちらが圧倒されそうなオーラが出ているとでも言いましょうか、とにかくずっと見とれていたいような雰囲気がある馬だったのです。
(逆に、典型的なディープインパクト産駒っぽくはない、とも言えるかな??)

まあ、これが走ってみたらベイビーローズ'13の方が速かった…みたいなことがあり得るのも競馬ですが(^_^;)、現時点で単純に馬体だけを比べたら、同じルールで競争させるのがちょっと可哀想に思えるほどの違いでした。
あ、もちろんですが、牡馬と牝馬の違いもありますし、どの時期にグンと成長するかも馬によって違います。ベイビーローズ'13はミスペンバリー'13に比べればコンパクトですが、スラッとしていてバランスがいい綺麗な牝馬ですので、そこは誤解のないようにお願いしますm(_ _)m
要するに、私にはミスペンバリー'13がそれ程よく見えてしまった、ということが言いたいのです(*^o^*)

私の感想はほどほどにして、吉澤ステーブルの広報担当、本田さんのコメントです。
「本馬は現在509kg、見て頂いてわかるように素晴らしい馬体をしています。バランスが良い中にあって、特にトモのボリューム感は特筆もの。何も説明しなければ2歳馬と間違えるのではと思うほどです。ディープインパクト産駒らしく、乗り味はとても柔らかくて跳びも綺麗。とにかくこのまま成長してくれればと思います。気性については強気なところがありますが、扱いにくいわけではありません。物覚えが良く賢いですし、あとは気の強さがいい方向に向かってくれたらと思います。」

本田さんによれば、現時点ではどこにも文句のつけようが無いとのことでしたが、あえて言えば、すでに500kgを超えた馬体重は気になるようでした。動きに軽さがあって、とても500kg超には見えないと言いつつも、実際に測れば500kgを超えているのが事実ですからね。
うーむ。。確かに私もあまり大きくなり過ぎるのは心配です(^_^;)

結論としては、やはりこの馬は素晴らしい可能性を秘めていると思います。
毎年良血が集まる吉澤ステーブルの同世代馬の中でも、「間違いなくトップクラス」(本田さん談)と評価をされていますし、藤原英調教師も、「この馬は大丈夫」と自信ありげに仰っていたそうです。
それから、木村秀則牧場の木村さんが吉澤ステーブルの方に聞いたらしいのですが、ミスペンバリー'13は、「やらせると何でもできてしまう非常に頭の良い馬。新しいことを教えるペースをコントロールしないと知恵熱が出てしまう…」というほど普通の馬とは違うのだそうです。
うーむ。。この時期にこれ以上の1歳馬を探して出資しようと思っても、さすがにもう無理かもしれませんね(^ .^)y-~~~


そして、展示会二日目の朝にはミスペンバリー'13の調教風景を見ることができました。
こちらが吉澤ステーブル内の200m周回コースです。


ここでウォーミングアップをして、その後にBTC坂路でキャンターを一本というのがこの日にメニューです。

お、出てきましたね、ミスペンバリー'13!







本田さんによれば、「このグループには良血馬、期待馬が集まっている」とのことでしたし、言うまでもなく前後の馬もなかなか格好が良いのですが、それでも私にはこの馬だけが光り輝いているように見えました。
ありゃ、こうなるともう親バカ丸出しモードですね。すみません、冷静にやりますm(_ _)m


*ただの常歩ですが、それでも格好がいい(^_^)


*ミスペンバリー’13は先頭から2頭目の位置でした。


*こちらはベイビーローズ'13、位置は後ろから2番目でした。

ウォーミングアップはまずは常歩を3周ほど、その後ダクで2周して、ダクの3周目からはハミ受けを覚えさせるために蛇行して周回をします。 その後ようやく軽いキャンターに移行して4周ほど、つまり800mほどを乗られていました。
その間、前日の本田さんの話を思い出しながら見ていましたが、キチンと乗り役さんのいう事を聞いていましたし、500kg級とは思えない軽い動きをすることも私なりに確認できたと思います。





キャンターが終わると逆回りで再び乗り込まれますが、私たちは逆回りが始まったあたりで先にBTCに移動をして、屋根付き1000m坂路コースのゴール地点で上がってくる馬を待つことになりました。



待つことしばし、遠くから3頭が並ぶ形で駆け上がってきます。






*向かって右側、白いバンテージがミスペンバリー'13です。

ペースはハロン22秒ほどですので、まだ本格的な調教というイメージではありません。
でも、この時期にしっかりと坂を駆け上がることができていましたし、その気になればいつでもぺースを上げられる余裕も感じました。それに、遠目で見ても馬っぷりの良さは間違いありませんので、本馬に関しては細かいことを気にする必要はないと思います。

私は既に出資をしていますが、こういう馬に出資をすることが出来て良かったと思っています。
そりゃあ、結果は競馬をしてみないと分からないことぐらい知ってはいますが、たとえ結果がどうであろうとミスペンバリー'13がいい馬なのは間違いないですし、大きな夢を見させてくれるだけでも価値があるのではないでしょうか(^_^)


坂路調教が終わったあと、BTCから吉澤ステーブルへ帰ろうとするミスペンバリー'13を待ち伏せしました。



*ハッキリ見えてきました。先頭を歩いているように見えますが、実は一頭だけもっと離れた前を歩いています。




*心の中でしばし別れの挨拶を送ったら、チラ見で返してくれました(^_^;)


*あーあ、行っちゃいました…。 元気で頑張れよ~!!(^_^)/~


*こちらは同じく坂路調教を終えたベイビーローズ'13、後ろの方を歩いていました。


*結果的にオマケみたいな扱いで申し訳ありませんが、もちろんベイビーローズ'13にも活躍して欲しいです!

以上でミスペンバリー'13に関する報告は終わりです。
何度も繰り返すようですみませんが、この馬は本当に素晴らしいと思います。
もちろんこの馬の真の能力が明らかになるのはまだ先ですが、何と言いますか、私の中ではもう答えは出ているんです(^^ゞ

広尾TC募集馬のページはコチラ:https://www.hirootc.jp/sellhorses/

*出資はあくまでも自己責任でお願い致します(^_-)-☆
*文中の引用コメントは私の記憶に基づいて書いています。誤り、ニュアンスの違いなどは全て私の責任ですm(_ _)m

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【レトロクラシック】11/30東京3R 2歳未勝利出走確定

2014-11-27 22:28:28 | レトロクラシック
レトロクラシックは、11/30東京3R 2歳未勝利に戸崎圭太騎手で出走します。

-調教時計-
14.11.27 助 手 美南坂不 1回 61.6-46.0-31.1-16.3 強目に追う
ショウナンヤマト(古500万)強目を0.1秒追走0.6秒遅れ
14.11.23 助 手 美南坂良 1回 56.1-40.9-26.5-13.0 馬ナリ余力
タンタアレグリア(二未勝)馬ナリを0.2秒追走同入

◇佐藤助手のコメント
「それでなくても重たい(坂路の)馬場が、降雨でズボズボの状態。ちゃんと間隔を取って乗っていたにもかかわらず、他厩舎の前の馬がフラフラと下がってきたため行き場がなくなり、ラストは流すような格好になってしまいました。大声をかけていたのに最後までどいてくれなくて…。どの馬もこの馬場で時計がかかっていることですし、ましてやこの形ですから、追い切りタイムは度外視してもらって構いません。肝心の馬自体は出来ており、ゲートも練習の感じであれば大丈夫そう。本当に実が入ってくるのはもう少し先かもしれませんが、一度使って集中できているなど、叩いた分の上積みも見込めそうです。今週に入って少し飼葉を残しているところを見ると、競馬が近いことを分かってきたのかも。ただメンタル面が悪いわけではありませんので、当然やれてもおかしくないと思っています。あとは当日の気配や本馬の気持ち次第でしょう。」
-----

レトロクラシックの出走が決まりました。
うまくスタートを決めて流れに乗って、直線でスムーズな競馬が出来ればチャンスはあると思います。
心配なのはムラッ気が悪い方に出ることですが、これはもうやってみなければ分からないですからね。 あまり先回りして心配するのではなく、いい結果が出ると信じて応援したいと思います。
(それにしても、今回の追い切りはひどい時計ですねぇ(^_^;))

ところで、先日の展示会で、血統診断でお馴染みの竹内さんが実際に本馬に出資をしている事が判明しました。
あれ?これって書いちゃって良かったのかな…(^_^;)
まあ、書いちゃったものは仕方が無いので、こうなったら竹内さんの「配合レベルは同世代のディープ産駒で最高クラス」との評価を証明するためにも、この辺でビシッと結果を出してもらいましょう!

■11/30東京3R 2歳未勝利(芝1800m)出走馬


*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【ダブルミッション】追い切りスタート、14日中京の若手騎手戦を目標に

2014-11-27 22:10:55 | 引退馬
美浦トレセン在厩のダブルミッションは、今週から本格的な追い切りをスタートさせています。

-調教時計-
14.11.27 助 手 美南P良 5F  - -69.4-53.3-39.0-11.8(8) 馬ナリ余力
シャラク(古1000万)馬ナリの外を0.8秒先行同入
14.11.24 平 野 美南W良 3F    - - - -39.9-13.4(8) 馬ナリ余力

◇篠原助手のコメント
「どの馬もポリトラックだと動ける傾向にはありますが、それにしても手応えに余裕があり、大きなフットワークで駆けてくれました。馬場入りの際に少しチャカチャカするくらいで今はそれほどうるさくないですし、もうフレグモーネの心配もなさそう。500万クラスの馬でも何らおかしくない印象を受けました。」
◇二ノ宮調教師のコメント
「確かに未勝利馬の感触ではないですね。一応12月の交流競走にも目を配りながら、現実的には若手騎手戦である12/14中京7R 500万下(ダ1800m)を中心に出走機会を探っていきたいと思います。」
-----

ダブルミッションは年末の中京開催狙いですから、当然、帰厩直後から追い切りスタートになりますね。
一応、本線は14日の若手騎手限定戦(ダート1800m)とのことですが、ポリトラックで動きが良くなるように、本当は芝でこその馬だと思ったりも…。まあ、コンスタントに出走すること自体が難しい現状では、そんな事を言っても仕方が無いんですけどね(^_^;)

いずれにしても、とにかく一度は勝ち上りメンバーの中で結果を出して、改めて未勝利続戦の価値を示さなければいけません。
ハードルが低くないのは承知のうえですが、二ノ宮調教師に「未勝利馬の感触ではない」と言わせる素質、能力があるのもまた事実。限られたチャンスの中、自らの走りで将来への突破口を開いて欲しいと思います!

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【マカハ】11/29東京11R 2014ファンタスティックジョッキーズT出走確定

2014-11-27 21:53:32 | マカハ
マカハは、11/29東京11R 2014ファンタスティックジョッキーズトロフィーに浜中俊騎手で出走します。

-調教時計-
14.11.26 助 手 栗東坂重 1回 54.2-39.7-25.8-12.9 一杯に追う
14.11.21 助 手 栗東坂良 1回 56.5-41.2-27.4-14.2 馬ナリ余力

◇小崎調教師のコメント
「東京遠征が続いているため疲れが全くないと言ったらウソになりますが、乗り手曰く、『むしろ前走時よりも追い切りの動き自体は良かった』とのこと。中間の稽古はいくらかセーブ気味でも、普段からある程度のところは乗っていますので状態は安定しています。あとは自身の競馬に徹して終い届くかどうか。もうひと頑張りしてもらってから放牧に出してあげたいと思います。」
-----

マカハのファンタスティックジョッキーズトロフィー出走が決まりました。
出走までのプロセスはさて置いて、浜中騎手が乗ってくれるのは、私にとっては嬉しいニュースです。
(マカハに乗ってもらうのはずいぶん久しぶりですが…)
理由は先週も書きましたが、たとえどんなに技術が優れていたとしても、日本での経験が少ない外国人ジョッキーのスポット騎乗は、個人的にはあまり好きではないんですよね(^_^;)

ちなみにマカハはこのレースのグルーピングで、グループAにカテゴライズされました。
これはJRAが、「マカハは一番勝つ可能性が高いグループにいる馬」だと公認したということですから、その実力を存分に発揮して、JRA…ではなくて(^_^;)、私の期待にしっかりこたえて欲しいと思います。
多少展開に注文がつくのは仕方が無いですが、ソコソコ落ち着いたこのメンバー相手なら勝つチャンスは充分だと思います。

■11/29東京11R 2014ファンタスティックジョッキーズトロフィー(1600万下・芝1400m)出走馬


*ちなみに、せっかくなのでJRA発表のグループ分けも載せておきます。
アールデュラン C
エアジェルブロワ B
オビーディエント C
キョウエイバサラ D
クインズハリジャン C
ダローネガ A
トゥザサミット D
ハングリージャック A
ピークトラム A
プランスデトワール B
プリンセスジャック B
フレイムヘイロー C
マカハ A
メイショウヒデタダ D
ロノ B
ロマンス D

*広尾TCのご好意により、クラブ公式HPからの情報転載の許可を頂いています。

 応援クリック励みになります!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

[広尾TC展示会報告2]アスクコマンダー’13

2014-11-27 05:49:11 | イベント・募集馬検討
展示会報告第一回目はステラリード'14への出資報告になりましたが、二回目は注目の新規募集馬、アスクコマンダー'13について感じたことや関係者の方からお聞きした情報などを書いてみたいと思います。

アスクコマンダー'13を見学したのは二日目の午後でした。
まずは調教見学ということで、屋根付きの1000mダート周回コースでのキャンターを見ることに。。。
ということなのですが、実は、私を含めて数名の会員が「その前にトイレを借りたい!」と言い出しまして、周回コース脇にある事務所に入れて頂いたのです。。そうしたら、部屋の中にはこんな感じでズラッと8台のディスプレイが並んでいたんです!



『ありゃァ、何だか凄いですね』的な感じで牧場スタッフの方にお聞きしたところ、屋根付き周回コースを走る馬がどこにいてもチェックできるように、様々な場所にカメラが設置されているとのこと。 もちろんスタッフの方はどのモニタがコースのどのあたりを映しているのかご存知ですから、「このモニタに映ったらそろそろ4コーナー。もうすぐ直線に出てきますから外に見に行ってください」みたいな事が出来るんですよね。

確かに1000mのコースだと、遠いところを走っている時は肉眼では豆粒にしか見えません。
このモニタさえあれば暖かいところでしっかりと馬の動きが見られますから、これは絶対に便利だと思います。
こういう設備は大きな育成牧場では当たり前なのかもしれませんが、それでも実際に目にする機会はなかなか少ないので、アスクコマンダー'13を見る前にちょっと得をした気分になってしまったのでした(^^ゞ

あ、そろそろ肝心のアスクコマンダー'13の話です。
これがですね、もう既に、結構速いペースのキャンターを乗り込まれているんです。


*4コーナーを回って直線をこちらに向かって駆けてきます!


*ドンドン近づいてハッキリと見えてきます!


*目の前をアッという間に! (写真の向かって左、周回コースの外側がアスクコマンダー'13)

一番近い写真がブレブレですが、その理由はですね、まず第一にアスクコマンダー'13のペースが思った以上に速かったこと、次にカメラの機能が少しショボいから、そして最後に、私には動く被写体をうまく撮影する技術が全く無いから…です(^_^;)
それはさて置き、坂東牧場の方にお聞きしたところ、今現在のアスクコマンダー'13はハロン20秒を切るペース(私が見た感じでは、ハロン18秒程度まで出ている気がしました)のキャンターを2周半、つまり2500mをみっちり乗り込まれているそうです。

それにしても、ハロン20秒を切るぐらいまで速くなると、間近で見ると結構な迫力がありますね。
蹄がダートを叩く音はもちろん、馬の息遣いなどもダイレクトに伝わってきますし、それに、遠くから砂を蹴って勢いよく近づいてくるサラブレッドって、単純に格好がイイんですよねぇo(^_^)o
ちなみにアスクコマンダー'13は、今のペースにもへこたれる素振りは全く無く、年明けには坂路に入れてさらにペースをあげていくとのことでした。(15ー15まではアッという間に到達出来そうな雰囲気!)

まあ、現時点であれだけ勢い良く真っ直ぐ走っているのですから、順調に調教が進んでいるのは間違いないでしょう。
ディープインパクト産駒だからと言って必ずクラシックに乗れるワケではありませんが、近年のトレンドである早めの始動(特にクラシックを意識する馬たちの始動はすごく早い…)に対応出来そうなのは、募集馬として強調してよいポイントかもしれませんね。

という事で、写真を何枚かどうぞ。








冬毛が伸びているうえに、調教直後で身体が濡れているので見栄えとしては多少損をしているかもしれません。
それでも全体的なバランスは私の好み、スピードのあるディープインパクト産駒っぽい姿かたちをしていますし、特に欠点らしいところも目につきませんでした。あれだけ調教が進んでいることを考えあわせれば、それなり以上の期待をかけても問題ないのではと思います。

では、坂東牧場さんのコメントです。
(複数の方にちょろちょろとお聞きした内容も一緒に纏めているので「坂東牧場さん」です(^_^;))
「まだ乗り出して間もないので多少堅さが残っていますが、乗っているうちにどんどん柔らかい走りが出来るようになってきました。踏み込みが深くてけりが強いですし、特に文句のつけどころが無いですね。このまま成長していって欲しいでのですが、今現在450kgある馬体重はあまり増え過ぎない方がいいでしょうか。気性面に関しては、普段は素直で手がかからないのですが、跨るとピリッとしたところがありますね。これだけの血統馬ですから当然期待は大きいです。」
*血統に関しては展示会にも参加されていた『竹内啓安さんの解説』にお任せします(^_^)

ディープインパクトの牡馬というだけで、走る前から大きな期待をされてしまうのは、馬も関係者もとても大変だと思いますが、本馬に関してはこれまでとても順調のようですし、期待をされるだけのモノは持っているような気がします。
本来であれば私も眼を瞑ってドーンと出資をしたいところですが(ドーン! と言ってもあくまでもお小遣いの範囲内ですが(^_^;))、実は、アスクコマンダー'13の前に見たミスペンバリー'13があまりにも素晴らし過ぎたので、ちょっとどうしようかな?と考えてしまっています。

ディープの牡馬2頭を比べて悩むなんて贅沢なことなのですが、個人じゃとても手が出せない馬を並べてあーだこーだと言えるワケで、折角こんなチャンスを頂いたからには、この贅沢な時間をもう少しだけ味わってから結論を出そうと思っています。
(そうこうしているうちに両方満口になってしまったら最悪ですが…(^_^;))

広尾TC募集馬のページはコチラ:https://www.hirootc.jp/sellhorses/

*出資はあくまでも自己責任でお願い致します(^_-)-☆
*文中の引用コメントは私の記憶に基づいて書いています。誤り、ニュアンスの違いなどは全て私の責任ですm(_ _)m

 応援クリック励みになります!
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加