とりあえず一口馬主の楽しいこと

一口馬主を中心に、趣味の話題を気楽に。。『広尾っ仔応援ブログ』登録中!

年末には何の関係もなく、餃子! @順順餃子房・秋葉原

2016-12-28 06:25:13 | うまいもの
ナイジェリアに行ったあとは、再び餃子の話しです(^^ゞ

このところ、大森にある餃子屋さんを紹介してきましたが、何しろ餃子は国民食と言っていいほどポピュラーなもの。 当然ながら大森以外にもいたるところにあるわけです。
そこで、大森についで私の仕事の拠点になっている秋葉原で、餃子が美味しいお店を探してみました。

では早速、今回初訪問を敢行した順順餃子房(秋葉原店)さんの料理を紹介します。
まずはウォーミングアップの鶏肉から、蒸し鶏のごまダレと、


ピリ辛ダレです。


どんだけ鶏肉好きなんだよ、という話しですが、これはどの店で食べてもハズレがないですからね。
逆に、大当たりを叩き出すのは難しいですが、順順さんの蒸し鶏も無難にまとまっていて、充分美味しい範囲内でした。
でもまあ、普通は一度に二種類は頼まないんでしょうね。

ここでいきなり焼き餃子にいきます。


見た目的には非常にオーソドックスな王道系の餃子です。
昔から餃子と言えば、こういう姿かたちでしたし、慣れ親しんだ“ヒダ付き羽根なし”は安心感がありますね。

食べた印象ですが、餡がしっかりつまった実力派で、餃子定食に最適なタイプと感じました。
見た目のオーソドックスさと言い、肉と野菜のバランスが取れた旨みと言い、学生の頃にガツガツと食べた餃子、チャーハンやラーメンを食べるときついつい追加をしたくなる、あの餃子を思い出させてくれました(^^)

ちなみに、(これは学生の頃はやりませんでしたが)焼き餃子は酢と胡椒だけで頂いています。


続いては、自家製食べるラー油入り水餃子を試していきます。


水餃子は焼き餃子と全く違っています。
まず、皮のモチモチツルッと感が強調されていて、なかなかの力作であるのが伝わってきます。


焼き餃子は昔懐かしいタイプでしたが、この水餃子は大人になってから中華料理屋さんで出会った本格派といった趣で、しかも自家製ラー油が旨みをアップしてくれます。 ツルッ&モチッとした皮と、しっかりお肉の旨みが詰まった餡。 中のおつゆをこぼさないように、パクッと一口でいくのがオススメ、いや、お約束だと思います(^^)

焼き餃子、水餃子が美味しかったので、普通の料理も試してみました。
まずは、豚肉とニンニク茎炒めです。


この炒め物を食べて思いましたが、順順さん、普通の料理もなかなかいけますね。
個人的にニンニクの茎が大好きという事情を差し引いても、濃いめ油多めの王道中華の基本を守った味付けはグッド。 シャキッとした歯ごたえを残す炒め加減、ニンニクと豚肉の量のバランスも良く出来ていたと思います。

炒め物に気を良くして、麻婆豆腐と


海老と玉子の炒め物を追加しました。


いずれもやりだすと奥が深い料理ですが、まずまず無難に美味しいです。
麻婆豆腐は陳麻婆のような濃厚タイプではなく、いわゆる日本人向け麻婆豆腐。 その分、万人受けしそうな濃さと辛さで、街の中華屋さんで生まれて初めて食べた麻婆豆腐の味って、きっとこうだったんだろうな?という感じです。

海老と玉子は玉子のふわふわ感が命。
その点、玉子にたっぷりの油を吸わせてあって、十分にふわっと柔らかい玉子炒めになっていたと思います。

こうなると、ついつい遊び心が芽生えてきまして…
ふんわり玉子in麻婆豆腐にしてみました(^^ゞ


料理が一巡しましたので、もう一度餃子を確認することに。
2サイクルめはですね、大場入り納豆餃子と焼きニラ饅頭というのを試してみました。


納豆餃子は見た目は全く焼き餃子と一緒です。


ニラ饅頭は文字通りお饅頭なので、餃子とは全く違っています。


納豆餃子に関しては、悪くはないのでしょうが、個人的にはやり過ぎのような気もします。
好みの問題もあると思いますが、正直、普通の焼き餃子の方が美味しかったです。
(あくまでも私の個人的感想です(^_^;))

そしてそして、焼きニラ饅頭、これは半端なく美味しいです。
焼も水も美味しいことは美味しいのですが、このニラ焼は正直かなり驚くレベル。 単純にニラの香りがするだけでなく、餡全体の旨みがものすごくて、何もつけずにガツガツ完食してしまうほどなんです。
そうですねぇ、驚きという意味では、以前紹介したニイハオさんの水餃子ニンニクソースの上を行くかもしれません。
なかなか文章で表現するのは難しいので、この、“餃子の範疇を超えた美味しさ”は、是非とも実食確認をしてみて欲しいと思います。 大げさかもしれませんが、そういうレベルの話なんです!

という事で順順さんの料理を紹介しましたが、全体の感想としては、中華料理、そして餃子は存在自体が美味しいということ。 小難しい能書きはどうでも良くて、食べたいときに食べられる、いつ食べても美味しい料理だということですね。
何だか当たり前の結論ですが、順順さんには、ニラ饅頭食べたさに通うことになりそうです(^^)v


順順餃子房 秋葉原店
台東区台東1-7-2 秋州ビル 1F
050-5589-9463(予約専用)
03-5688-9888(問合せ専用)



 ご面倒かもしれませんが(^^ゞ 応援クリックを何とぞ!m(_ _)m
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイジェリアの楽しい夜 @... | TOP | 【ドゥオーモ】バネの効いた... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Oz)
2016-12-28 17:51:53
熾烈極まる“東京餃子バトル”の行方

来年の今頃、2017年の結果発表ですかね!
楽しみにしております♪

の前に、
4月に2016年度の“大森ランチバトル”の結果発表ですね(^^)v

そーいえば、
“秋葉原ランチバトル”の結果発表もあるとかないとか
(^。^)y-.。o○
Unknown (Az)
2016-12-28 21:45:15
>Ozさん

いやぁ、何と言いますか…
とっ散らかってしまって収拾がつかない可能性が(^^ゞ

心優しく見守って頂ければと思いますm(_ _)m

post a comment

Recent Entries | うまいもの

Trackback

Trackback  Ping-URL