たそがれオヤジのクタクタ山ある記

主に北関東の山を方向音痴で歩いています。山行計画の素材にされても責任は負いかねます。お気軽にコメントをお書きください。

真昼山地・女神山で滝めぐり。ついでに真昼大滝。

2016年09月26日 | Weblog
真昼山地の滝めぐり。予定を前倒しして出かけた。白糸の滝をはじめ、なかなか趣のある滝を見ることができて満足したが、やはり自分なりの圧巻は真昼大滝だった。滝を見ながら、これが紅葉の時期だったら、さらにきれいで、印象深いものになったろうと想像した。しかし、やはり北東北は遠い。運転疲れで、翌日は終日ごろごろしていた。 . . . 本文を読む
コメント (8)

吉見町ぶらぶら歩き。ヤブ蚊の攻撃にはまいった。

2016年09月19日 | Weblog
ちょっと吉見町の散歩にでかけた。思い入れがあったわけではなく、ポンポン山があったからだけのことだが、ついでに歴史に触れてといったところだろうか。しかし暑かった。そして、ヤブ蚊の多さにはまいってしまった。 . . . 本文を読む
コメント (10)

なぜか散々、鳥海山。

2016年09月13日 | Weblog
久しぶりに東北に遠出。しかし、天気には恵まれないもので、せっかくの鳥海山も上りで雨とガスの世界。ようやく晴れたと思ったら、こんどは人為的なトラブル。これが下りの最後まで続いた。正直のところ、こういうストレスだらけの山歩きは初めての経験だ。さて、鳥海山も確実に紅葉の山に向かっていた。今回の歩きを挽回する意味でも、また東北の山ですっきり紅葉を体験したいところだ。 . . . 本文を読む
コメント (20)

やはり大小山は暑かった

2016年09月03日 | Weblog
拝啓、残暑厳しき折柄ということになるが、この時期に里山ハイクを想定することはかなわない。しかしながら、前後関係の事情から、大小山を選択することになった。三毳山や金山よりは山も奥に入った分涼しかろうというだけの理由だが、やはり北関東の里山はどこも同じのようで、短時間ものながらも汗だくハイクになった。 . . . 本文を読む
コメント (14)

足尾のショボ沢で石畳見物。ついでに赤倉山。

2016年08月08日 | Weblog
懸案の上桐久保沢の石畳見物をした。その先の茨倉沢にも石畳があるらしいことを知り、ダブルで見てしまおうと出かけた。結果として茨倉沢の石畳はすでに自然に戻りかけているようだった。上桐久保沢の石畳もまたやがては同じ運命だろう。治山治水工事の結果で生まれた遺物だろうが、小足沢奥で見かけた石垣といい、足尾の奥深いところでこんなものを目にするのは何とも感慨深いものがある。 . . . 本文を読む
コメント (12)

白毛門沢。想定外のヤブ越えと岩場急斜面の草むしり登りで結構クタクタ。

2016年08月01日 | Weblog
いつものメンバーで白毛門沢に出かけた。4人での歩きは一年ぶりともなる。やさしいレベルの沢のようだが、本格的に沢をやっているわけでもなく、なかなか新鮮で刺激のある沢歩きを楽しめた。しかし、レベルの高い方々がネット記事を記しているためだろうか、ヤブ漕ぎに迷走してしまっただの、山頂直下でしんどい思いをしただのといったことを記したレポを見かけることはなく、その分、予想外のことでもあった。苦労した分、充実の歩きだったとも言えよう。 . . . 本文を読む
コメント (18)

尾瀬の小淵沢歩き

2016年07月25日 | Weblog
久しぶりの歩き。この時期に合わせて沢歩きをしてみた。尾瀬の小淵沢。ネットでいくつかの渡渉記録を見て、自分でも歩けそうだと思い、試してみた。結果として自分には問題のない沢だった。手ごろな滝もいくつかあって十分に楽しめた。このレベルの沢なら、この先もマメにいくつか歩いてみたいものだ。 . . . 本文を読む
コメント (16)

松木奥の未踏尾根を2本ばかり…。

2016年06月24日 | Weblog
松木川奥の未踏尾根を2本歩いて来た。梅雨時期の今、雨にあたることばかりが気になってのそそくさ歩きになってしまったが、両方ともに感じの良い尾根であった。ただ、復路利用の尾根は入口付近でハラハラドキドキ状態であった。今回はガスで展望にも恵まれなかったが、いずれ改めて歩くことになるだろう。その時は、両尾根の良さを満喫したいものだ。何年か先になるだろうが。 . . . 本文を読む
コメント (14)

小足沢中尾根から大ナラキ沢左岸尾根

2016年06月06日 | Weblog
懸案の小足沢中尾根歩き。実は、実行に移すべく、過去2回の失敗を重ねていた。今日こそはと意気込んで出かけた。自分には尾根の雰囲気もよく、嫌らしいところもあるが楽しめる尾根だった。しかし、その後がまずかった。他の楽しめる帰路コースもあったのだろうが、それをしようにも、中尾根で相当の体力を費やしていた。結局、いずれまた松木奥に行かねばらないのかと思うとちょっとばかりげんなりだ。 . . . 本文を読む
コメント (22)

ドンピシャ尾根で塔の峰。岩峰群尾根の下りは余計だったかも。

2016年05月30日 | Weblog
足尾のRRさんから、塔の峰に北からドンピシャで着く尾根があるという話を聞いた。いずれ歩いてみようと思ってはいたが、仁田元沢の水が多かったらやっかいだなと延ばし延ばしにしていた。だが、どうしても気になる。さっさと歩いておきたい。PRするほどの派手な尾根ではなかった。地味な尾根だ。玄人向けというか。自分にはお好み系の尾根だった。ヤマツツジも見て、いい気分で塔の峰を下ったはいいが、余計な岩峰群下りをしてしまい、最後は何とも締まりのない歩きになってしまった。 . . . 本文を読む
コメント (31)

つつじヶ峰通りから小峰通り周回。赤城山でツツジを楽しむ。

2016年05月22日 | Weblog
赤城山のツツジ見物に出かけた。でんさんの一週間遅れの後追いとなる。この時期だ。やはり、開花の進み具合は早く、標高はさらに上がっているようだった。以前、このルートを歩いたことはあったが、ツツジ満開のこの時期、まったく初めての尾根を歩いているような気分であった。でんさん、情報ありがとうございます。 . . . 本文を読む
コメント (14)

天狗沢左岸尾根を歩いてみたが、自分にはかなりしんどい尾根だった。

2016年05月09日 | Weblog
3年来懸案の天狗沢左岸尾根歩き。自分には想像通りのお好み尾根歩きだった。望む赤薙山の山肌斜面はすさまじく、この時期だからこそのアカヤシオのトンネルもくぐった。しかしきつかった。ここを歩かれた方々が皆さん、あっさりと登っていることに、つい自分との差を感じてしまった。人それぞれの歩きだ。自分なりに楽しめたのだから良しとしよう。 . . . 本文を読む
コメント (20)

大萱山のイレギュラールート歩き。作業道の入り乱れにはまいった。

2016年05月04日 | Weblog
4回目の大萱山。ツツジ見も兼ねてはいるが、メインは未踏尾根の歩きだ。以前、県境尾根を足尾トンネル側から歩いたことはあるが、それに比べて今回のルートは長い。大萱山は作業道が何度もクロスするといったイメージがあったが、南西尾根を歩き、さらにそのイメージは強いものになってしまった。 . . . 本文を読む
コメント (8)

残馬山はツツジ祭りの最中だったが、どうも気分的にすっきりしない歩きで終わった。

2016年04月27日 | Weblog
残馬山にツツジ狩り。標高800m前後がぽっかりと抜けたおかしな咲き具合だったが、それなりに満足した。天気がすっきりしていたらもっと楽しめたろうにと思うと残念だ。 . . . 本文を読む
コメント (10)

今回の沼津出張ついでは愛鷹山系・位牌岳

2016年04月18日 | Weblog
沼津の出張が入り、これに合わせて位牌岳に登ってきた。目的は富士山を見ること。ついでにツツジでも見られれば尚可といったところだ。幸運にも当日は雨上がりの快晴で、すっきりした富士山を拝むことができた。だが、花はさっぱりで、この時期にして、色付きの物をほとんど見ることもなかったのは、何とも珍しい山行ではあった。 . . . 本文を読む
コメント (6)