たそがれオヤジのクタクタ山ある記

主に北関東の山を方向音痴で歩いています。山行計画の素材にされても責任は負いかねます。お気軽にコメントをお書きください。

ドンピシャ尾根で塔の峰。岩峰群尾根の下りは余計だったかも。

2016年05月30日 | Weblog
足尾のRRさんから、塔の峰に北からドンピシャで着く尾根があるという話を聞いた。いずれ歩いてみようと思ってはいたが、仁田元沢の水が多かったらやっかいだなと延ばし延ばしにしていた。だが、どうしても気になる。さっさと歩いておきたい。PRするほどの派手な尾根ではなかった。地味な尾根だ。玄人向けというか。自分にはお好み系の尾根だった。ヤマツツジも見て、いい気分で塔の峰を下ったはいいが、余計な岩峰群下りをしてしまい、最後は何とも締まりのない歩きになってしまった。 . . . 本文を読む
コメント (14)

つつじヶ峰通りから小峰通り周回。赤城山でツツジを楽しむ。

2016年05月22日 | Weblog
赤城山のツツジ見物に出かけた。でんさんの一週間遅れの後追いとなる。この時期だ。やはり、開花の進み具合は早く、標高はさらに上がっているようだった。以前、このルートを歩いたことはあったが、ツツジ満開のこの時期、まったく初めての尾根を歩いているような気分であった。でんさん、情報ありがとうございます。 . . . 本文を読む
コメント (14)

天狗沢左岸尾根を歩いてみたが、自分にはかなりしんどい尾根だった。

2016年05月09日 | Weblog
3年来懸案の天狗沢左岸尾根歩き。自分には想像通りのお好み尾根歩きだった。望む赤薙山の山肌斜面はすさまじく、この時期だからこそのアカヤシオのトンネルもくぐった。しかしきつかった。ここを歩かれた方々が皆さん、あっさりと登っていることに、つい自分との差を感じてしまった。人それぞれの歩きだ。自分なりに楽しめたのだから良しとしよう。 . . . 本文を読む
コメント (20)

大萱山のイレギュラールート歩き。作業道の入り乱れにはまいった。

2016年05月04日 | Weblog
4回目の大萱山。ツツジ見も兼ねてはいるが、メインは未踏尾根の歩きだ。以前、県境尾根を足尾トンネル側から歩いたことはあるが、それに比べて今回のルートは長い。大萱山は作業道が何度もクロスするといったイメージがあったが、南西尾根を歩き、さらにそのイメージは強いものになってしまった。 . . . 本文を読む
コメント (8)

残馬山はツツジ祭りの最中だったが、どうも気分的にすっきりしない歩きで終わった。

2016年04月27日 | Weblog
残馬山にツツジ狩り。標高800m前後がぽっかりと抜けたおかしな咲き具合だったが、それなりに満足した。天気がすっきりしていたらもっと楽しめたろうにと思うと残念だ。 . . . 本文を読む
コメント (10)

今回の沼津出張ついでは愛鷹山系・位牌岳

2016年04月18日 | Weblog
沼津の出張が入り、これに合わせて位牌岳に登ってきた。目的は富士山を見ること。ついでにツツジでも見られれば尚可といったところだ。幸運にも当日は雨上がりの快晴で、すっきりした富士山を拝むことができた。だが、花はさっぱりで、この時期にして、色付きの物をほとんど見ることもなかったのは、何とも珍しい山行ではあった。 . . . 本文を読む
コメント (6)

林道終点から小法師岳に行ってみた。下りでテープに惑わされて大失態。

2016年04月11日 | Weblog
以前から歩いてみたかった餅ケ瀬林道終点まで。そして、そこから小法師尾根へ。林道の破線路はやはり想像どおりの崩壊地だった。気分よく上がって小法師岳。そして、また気分よく防火線を下る。テープがあっても、ここまではよかった。しかし、終点近くになって、テープを頼ったばかりにひどい目に遭った山行になってしまった。 . . . 本文を読む
コメント (18)

お散歩シリーズのラストは多々良沼公園で

2016年04月04日 | Weblog
でんさんブログで、多々良沼の桜の特集をやっていた。調べると、多々良沼は自宅から近いようだ。行ってみよう。そして、こんなおもしろいところが近くにあるのを知って、むしろ驚いたくらいだ。結局、3日連続の散歩となってしまったが、いずれもおもしろいものだった。今回は用事が連日あったので、散歩となっても仕方がないが、貴重な休日だ。散歩ばかりを続けているわけにもいくまい。 . . . 本文を読む
コメント (10)

東松山・物見山周辺をささっと探索

2016年04月04日 | Weblog
東松山にある物見山。たまたま用事があったので寄ってみた。この山はツツジや紅葉がきれいらしいが、それはまだまだ先のことで、今回は桜を見ておしまいといったところだった。岩殿観音を含めて、周辺にある名勝にはその時期に改めて来てみたい。 . . . 本文を読む
コメント (2)

東秩父村<花桃の郷>を訪ねて

2016年04月02日 | Weblog
埼玉東秩父村にある花桃の郷に行ってみた。薄く晴れた半端な空模様だったが、翌日の天気はどんより。行って正解だったかも。 . . . 本文を読む
コメント (6)

気の重い課題を抱えて塔の峰

2016年03月28日 | Weblog
塔の峰に行ってきた。今回は気の重い課題も抱えての山行だ。少しは気が楽になるようにと、別の課題も用意した。結果として、その気の重くなる課題は半端な確認だけで終わってしまったが、自分にしてみれば、今回に限り、ひどい現実を目にすることがなく終わってほっとしてもいる。今回の歩きを終え、ペンキは、むしろ、自分ではなく、他の方に先に見てもらいたいという気持ちの方が強くなっている。 . . . 本文を読む
コメント (10)

番外編で<TAHITI旅行>

2016年03月23日 | Weblog
タヒチに行って来た。日程の余裕もなく慌ただしい旅行だった。嫌々気分で出かけたタヒチだったが、着いた翌日からもう帰るのが嫌になっていた。それほど、タヒチには魅せられるものが多かった。現地滞在4泊5日のわずかな旅だったが、その記憶をとどめておくためにも、敢えて手前味噌のブログ記事にしてしまった。 . . . 本文を読む
コメント (18)

こんなルート取りができるのかと荒神山を周回してみた

2016年03月22日 | Weblog
桐生市とみどり市境にある荒神山。簡単に、そして短時間で往復できる山だが、みつまんさんが考えもつかないところを歩いて登られていた。じゃあ私もと、後追いをしてみたが、想像以上に長く、紛らわしい歩きが続き、自分には精神的にしんどい歩きであった。 . . . 本文を読む
コメント (10)

松木沢界隈ぶらぶら歩き。小足沢右岸尾根の3回目。

2016年03月07日 | Weblog
結果的には半端歩きで終わってしまったが、小足沢右岸尾根の3回目となる。1回目は届かずで論外だが、2回目に歩いた時以上に尾根上でいろんなものを目にすることができた。出来ることなら、こんなところで朝目覚めてみたいものだと思うようなスポットもある。別にそれに浸りたくて来たわけではないが、小足沢右岸尾根はやはりきつい。ここに至る松木川沿いの歩きだけでもそれなりの体力が消耗する。「この先」に行くためにここに来たわけではあるが、これでは、なかなかその先には行けそうにない。ここに泊まりを入れるとなれば、かなり楽ができそうではあるが。 . . . 本文を読む
コメント (14)

まぼろしに終わった南岸尾根の雪景色。中倉山。

2016年02月29日 | Weblog
中禅寺湖南岸尾根の雪景色を対岸の中倉山から眺めましょうかといった主旨での山歩きだったが、懸念されていたように、この雪不足だ。残雪すらすでになく、春先の山の景色に戻っていた。こうなったら、普通のコースで歩いていたのでは面白くもない。ちょっとばかり変化を付けようと、その場の気分で選んだのが石塔尾根。末端からなら二度と行くまいと思ってはいたが、途中からの合流とはいえ、まさか再び石塔尾根を歩くことになるとは思いもしなかった。これで、かつて途中まで行って間違いに気づいて引き返した「ガレ尾根歩き再び」に免疫ができてしまった。ロッククライミングを除けば中倉山もそろそろネタが尽きかかっていることだし、検討事項に格上げかな。 . . . 本文を読む
コメント (24)