飛行機さつえい奮闘記
旅客機の写真撮影やヒコーキ旅が好きなこうへいのブログです!
ツイッターアカウント作りました!是非フォローお願いします!





2011年12月20日(火) JAL3002便 伊丹→成田 8:25→9:40
777-300ER JA736J 座席:57A 伊丹SPOT:14 成田SPOT:64 高度:29000ft 速度:950km/h

前日、ホテルに戻る途中で体調が悪くなった私、一晩寝た朝も絶賛体調不良により食欲がなく、ホテルの朝食も食べずに空港へ。この日は朝の便で帰ります。


この日乗った飛行機はいつもの羽田空港行きではなく、成田空港行きのJAL3002便。


飛行機ファンは当たり前のように知っていますが、JALやANAの成田-伊丹線は国際線機材が使われているのですよね。この便も国際線機材の777-300ERが使われています。この機材に乗りたいが為にわざわざ一泊して翌日のこの便を予約したのですww
出発ボードはクリスマス仕様になっていました。


この日の搭乗機は777-300ER、JA736J。JALのジャンボ機が退役した現在、この777-300ERがJALのフラッグシップ機となっていますね。


出発時刻15分前、搭乗開始。恒例のコックピット撮影。


ボーディングブリッジから見えたJAノLのロゴ。


機材プレート。こちらには777-300ERとは書かれず、777-300と書かれるのですね。




わざわざこの機材に乗った理由は、現在公開中の'映画けいおん!'にて、放課後ティータイムの5人がロンドンへ向かう為に使用した機材なのでw 機内でのカットを撮影したい為、有人カウンターに向かい、わざわざ57Aの席を指定したりしていましたw
機内でのカットはもう一つの舞台探訪ブログ、Pilgrimage‐巡礼‐に掲載していますので、ぜひ御覧くださいw
-映画けいおん!舞台探訪(JAL777-300ER機内)- http://blog.livedoor.jp/kouhei14915/archives/52039173.html

機体は定刻通りプッシュバック開始、ランウェイ32Lよりエアボーン。窓からは昆陽池や伊丹空港の全景がよく見えました。


777-300ERの特徴であるレイクドウイングチップがよく見えます。窓が汚れていて、シャープに映らない…w


短いフライトタイムだけど機内散策。流石成田便、これから日本を旅立つであろうお客さんが多く搭乗していました。
国際線機材なので、すべての座席にパーソナルモニターのMASICが装備されていますが、国内線では提供されないみたいですね。まったく操作できませんでした。


実は成田空港発着の路線を利用するのは初めて。いつもと違う空路を飛ぶのですね。なかなか面白い。


千葉県の九十九里浜上空に入り、程なくしてベルトサインが点灯。ランウェイ34Rへのアプローチコースに入っていきました。
アプローチ中、ランウェイ34Lの横を通過しましたが、この時点ではまだ高度が高いのですね。いつも34Lのエンドから34Rアプローチ機を遠目で見ていたので新鮮な気分でした。
朝のランウェイ34Rは続々と着陸機が降りてくるのですね。私が乗った機の先行には2機が滑走路横をタキシング、すぐ後続にはセントレアから来たJAL3082便が着陸していました。JAL3082便に煽られるように第二ターミナルへ向けてタキシング、64番スポットへ到着!後続のJAL3082便は隣の65番スポットへ並ぶように到着!


ログブックをお願いしたCAさんに、降機前に機内見学いかがですか?と誘われ、軽く説明を受けながら撮影していました。これはギャレー。国内線機材に比べてやっぱり広いです。手前にある3つのオーブンでミールを温めるとのこと。


エグゼクティブクラス。個人モニターでかっ! 国内線ではプラス1000円で乗れるクラスJとして開放しているとのこと。この日もクラスJには空席があり、私もこっちの席に座ってみたかったのですが、けいおん!の舞台探訪を優先して普通席…w


エグゼクティブクラスでも十分広いですね。JALシェルフラットシート。
“Private & Relax”をコンセプトに、寝返りがうてるほどのゆとりのスペースで心地よい眠りを提供します。長時間のフライトでさまざまに変化する姿勢を、お好みのシートポジションで快適にサポートします。とのこと。


そして最前部のファーストクラス。JALスカイスリーパーソロ。豪華すぎる…!
折角なのでこのファーストクラスに座らせてもらって記念撮影してもらいましたw


この機材は主に欧州路線に使われているみたいです。成田-ロンドンのファーストクラス普通運賃は1,755,600円。もう桁が違い過ぎてひっくり返りますね。
見学を終えて機外に出ようとしたら既に機内清掃の方々が私の降機を待っていました。お仕事待たせてすいません…w


ほんの短い機内見学でしたが、とても充実していました。ホクホクしながら機外へ。


隣のスポットには中部国際空港から到着したワンワールド特別塗装機。


成田空港に到着するのは初めて、64番スポットに到着したということは免税エリアに入れるのか?と思っていましたが、現実はそんなに甘くなく…w
よく分からない通路を通って到着ロビーに吐き出されましたw


出発ボードを見ると、私が搭乗してきた機体はJAL407便としてフランクフルトに飛ぶ模様です。


第二ターミナルの展望デッキに上がって来ました。手前は中部国際空港から65番スポットに到着したワンワールド特別塗装機のJAL3082便、奥が私が搭乗した機です。
ワンワールド特別塗装機はJAL401便としてロンドンへフライトするみたいです。
国際線機材に乗れてテンションがあがり、体調が悪いの抑えて撮影していましたが、相変わらず体調は最悪。成田空港からは総武快速線のグリーン車でのんびり帰宅しました。
家に帰って医者に行き、薬を処方してもらいましたが、翌日には体調も回復し、普通に仕事に行けましたw たぶん伊丹ではしゃぎ過ぎて体調悪くなったのでしょう…w

さて、今回の伊丹遠征、いつもは伊丹空港での撮影に加え、大阪や神戸の街に出て観光するのですが、今回は伊丹圏内からまったく出ない、純粋な撮影遠征となりましたw
行きは鶴丸の最新号機に乗れたし、伊丹では韓国大統領のジャンボ機を撮影できたし、翌日は千里川やスカイランド原田で納得のいく写真が撮れたし、帰りは国際線機材に乗れたし、大満足でした。
やっぱり伊丹空港は楽しいね…! ANAは伊丹空港にボーイング787を3月から投入するようで、また暖かくなったら行きたいです。

これにて年内の更新は全て終了です。年が変わる前に2011年アーカイブを掲載しますね。
今年も'飛行機さつえい奮闘記'をご覧になっていただき、ありがとうございました!来年もよろしくお願いします!

コメント(2)|Trackback(0)


« 2011年12月19... 2011年アーカイブ »
 
コメント
 
 
 
おつかれさまでした (ボンさん)
2011-12-31 17:57:59
こんばんは。

体調、すぐに回復されてよかったですね。

伊丹空港、その周辺は本当に楽しそうですね。
夕日に照らされた737と怪物くん。すごくきれいですね!

そのうち私も絶対に行きたいと思いました。
787に乗っていけたら最高です。

今回乗られた767はすごくきれいですね。そして国際線仕様の777-300、すごいシートがついてますね!
あんなシートで旅してみたいです。。。夢ですが・・・。

毎回素敵な写真を拝見させていただいてありがとうございます。
来年も楽しみにしております。

良いお年を。

 
 
 
Unknown (こうへい)
2011-12-31 20:06:01
ボンさん

伊丹空港は羽田空港と違い、外周の撮影環境がとても良いのです。展望デッキ・千里川・伊丹スカイパーク・スカイランド原田…撮影場所は尽きませんね。

ANAも787を伊丹線に投入するようで、そちらも気になりますね。また暖かくなったら行ってみたいと思っています。

国際線仕様の機材はとてもシートが豪華でした。国内線の間合い運用であればクラスJとして開放しているみたいなので乗れる可能性はありますねw

それでは良いお年を~。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ