ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




さてさて、TAKUROさんの「Journey without a map」ツアーリハーサルが始まりました

先日、ツアーメンバーも発表になりまして、今日、初めての音合わせということになりました。

 

・・・で、あっという間に全曲、出来てしまいました(笑)。

 

「みんな、うっまいなあ(笑)。」

と、TAKUROさん。

 

勿論、ここから、また其々ブラッシュアップはしていくわけですし、

また、ライブツアー用に、より面白くなるようなアレンジなどを考えていくわけですが、

とにもかくにも、こうやって、さくっと出来てしまうと、

そういう、一歩踏み込んだことや、よりアドバンスなことに割ける時間が取れるのは素晴らしいことです。

 

「昔は、よく夜までリハーサルやってましたよねえ。」

と、TAKUROさん。

「やってたやってた」

と、TOSHIさん。

 

僕も、同じように思います

昔は、お昼から初めて、リハをして、夕ご飯を皆で食べて、

それからまたリハを再開して、夜遅くまでやることが、確かに多かったのです。

思い起こせば、「終電なのでお先に」なんて帰っていくスタッフをメンバーが「じゃあまた明日ね」と見送ったり、

さらに、24時、25時を過ぎて、まだまだやっていたことも何度かありました。

まあ、こういうのはかなり特殊な例でしょうが、でも、一つの現場の話ではないのです。

 

でも、今は随分、そういう現場は減ったように思います

 

年齢を重ねてまいりましたので、勿論、その分、上手になってきたこと、

また、「これなら大丈夫だ」という、先の見通しがわかるようになってきたというとなどが要因だと思いますが、

 

・・・まあ、あんまり長いと、さすがに疲れちゃうってのもあるのでしょうかねえ、正直なところでは(笑)。

 

でも、実際今日なども、いくつか決め事をするような時、

「どうしよう」といった、迷っている時間がまったくなく、「じゃあ、こうしよう」と、とにかく判断が速いんですよね。

きっと、これが、経験というものなのでしょうね。

 

って、20代が、二人もいるのですが(笑)。

凄いですねえ。恐るべしです

 

まだ初日を終えたばかりですが、もう、本番が楽しみで仕方ありません

僕は、まだ数日は、こちらのMP9000でのリハをして、リハの最後の方は、グランドで仕上げとなります。

グランドになりますと、こういった音楽は特にだと思うのですが、まためちゃめちゃ楽しいんだろうなあ、と。

 

明日は、急遽、こちらの後に、また別件のリハーサルが入りましたので、

今から、譜面書きを致しますです。

こちらも、楽しそうなので、逆にわくわくして眠れないんじゃないかと思ったりもしています。

 

なので、ちゃんと、ビールは飲みます。

ねっ、寝るためにですよ

 

 

ではー。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« グランドな存在。 スタジオは熱... »
 
コメント
 
 
 
いよいよですね! (nico)
2017-01-25 02:27:14
前回のツアーでケンさんのピアノに感激し、次のツアーもきっとケンさんが参加してくださるだろうと心待ちにしておりました。
アルバムもとても素敵でしたが、生演奏はまた格別ですね!新しいメンバーも加わりどんなミラクルが起きるのか、楽しみでしかたがないです。
寒い日が続く中、お忙しいと思いますがお体に気をつけて頑張ってください。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。