ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




あまりご紹介しない、小物・・・といっても、

これがないと絶対だめ!という、大切な機材をご紹介しましょう。

 

Alesis(アレシス)という、アメリカの音響機器、楽器メーカーが、

もう、おそらく30年くらい(あるいはもっと)前に出したリバーブなのですが、

これが、実に便利かつ、音が良く、色々な意味で手放せない機種なのです。

その名も、Nanoverb(ナノバーブ)

僕は初期型のを使っているのですが、

実は、後になって知るのですが、我が師匠の厚見玲衣さんもこれを愛用されており、

「あ!川村くんも!?やっぱりこれだよね!」

と言われたことがとっても嬉しく、今でも僕は、オルガンを使うあらゆるステージで、

オルガン専用のリバーブとして、使っているのです。

 

オルガンの音源自体が、XK-3cCX-3などのクローンであっても、MOTIFTRITON等のシンセのパッチを音源として使っていても、

とにかく、このナノバーブを通すのです。

 

理由は色々ありますが、まずは、オルガンの音にバッチリと馴染むリバーブサウンド、

それと、適度に過入力させた時の歪みが、太さを伴って心地よいことが上げられます。

勿論、ハーフラックサイズですので、持ち運びにも便利ですしね。

 

ということで、これは僕の中では定番機器となりましたので、

 

・・・ツアー前でもありますし、そろそろ、

・・・もう一台探し中でもあります。

 

いつか、また5台とか持ってたりしてね(笑)。

 

さて、今日はリハーサルその4でございましたが、明日のリハーサルその5も、頑張ってまいりますー。

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 底力、バ〇力。 エコーという... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。