答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

雨乞い(太鼓)の効果

2013年08月25日 | 北川村やまなみ太鼓

 

残念ながらモネの庭ではない。

礒部組の庭なのだ。

シトシトと降る雨に睡蓮たちも嬉しそう。

いや嬉しいに違いない。

どうやら「雨乞い太鼓」の甲斐があったようだ。

 

 

天気は必ず帳尻を合わせる、ものだというし、実際、そんな例はいやというほど見聞きしてきた。

となると、この猛暑と日照りの帳尻は、いつどのような形で合わせられるのだろうと思わぬでもないが、

とりあえず今日のところは、自らのお天気商売のことは考えず、(そして豪雨被害のかたたちには誠に申し訳ないのだが)

素直にウレシイと言おう。

正真正銘の慈雨である。

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加