答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

慈雨

2013年08月24日 | 北川村

 

北川村平鍋。

一昨年の土石流災害から生き延びた「希望のくすのき」。

梅雨どきには、青々とした葉が茂り、「いよいよ本格的に復活か?」と楽しみにしていたのだが、

この夏の日照りがよっぽどこたえたのだろう。

まったく元気がなかったこの頃である。

そこへ来て今日の雨。

恵みの雨とはまさにこのことである。

と思いきや、そんなに長くは降らないのだ。

折しも今宵は北川村納涼祭。

ここはひとつ、雨乞いの太鼓で、慈雨を降らしてみせようぞ。

 

 

 ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加