答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ブログのアクセス数

2013年08月23日 | オヤジのIT修業

 

ここ1周間のアクセス状況。

当ブログとしては、けっこう優秀な成績である。

あとひと月ほどすれば、トータルのアクセス数が50万を超えるはずだ(ひと月以内でやめなければ)。

ちょっぴり自己満足である。

そんなことを考えていた今日、山政睦実さんの『現場主義(建設現場情報サイト)』をのぞくと、

『500万アクセスを突破!』という記事が。

http://const.livedoor.biz/archives/52143782.html

 

  ひょんなことから始めたこのブログ、500万アクセスを突破いたしました。

  2004年11月にブログを開始し、3年後の2007年に50万アクセス。
  http://const.livedoor.biz/archives/51172917.html

  さらに3年後の2010年には200万アクセス、
  http://const.livedoor.biz/archives/51796673.html

  昨年の10月に400万アクセスを突破し、

  2013年、ブログ開始から9年近くになりますが、500万アクセスになりました。

 

9年で500万アクセスという数字が一般的にはどの程度のものか、それはよくわからないが、5年で50万アクセスという私のとこと比べれば、その差は一目瞭然である。

もちろん彼我を比べてみたって詮ないことだ。

文字どおり、「現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・ICT・CALSなど)を中心に」発信しているアチラが王道なら、

「技術屋日記」などと銘打っている割には、建設業の(純粋)「技術」に関わる話題はほとんどなく(書けない、というウワサもある)、

青息吐息のごった煮状態で、我と我が身を晒しながら日々更新するコチラは、いわば辺境のゲリラ。

「建設系」というだけで同じ土俵に上げるのは、アチラさんに対して失礼というもんである(あ、上げたのはアタシか ^^;)。

かくなる上は、これを契機にとりあえず、一日1000アクセスへ向け日々精進していこうと、一瞬そう思ったのだが、じつのところ、どうなりゃそうなるのかよくわからない。

であればだ。山政さんが「1000万アクセスまで続けて情報を提供していきたい」と表明したのに習い、50万に届かぬそのうちから、100万アクセスまで続けることを目標に掲げようとそう思う。

このぐらいの累計なら、続けていれば何とかなるかも。いや何とかなりそうだ。

(あれ? 感覚が麻痺してしまったかもしれないアタシ ^^;)

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加