答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

祭祀する者

2013年08月15日 | 北川村

13日夕方の迎え火(今日までつづく)に始まり、

 

 

14日早朝、川で先祖の霊を祀り、そのあと墓参り。

 

 

 

父祖代々の地に住む、ということは、祭祀者として暮らすということでもあるのだ。

と、こんな時だけ納得し、ふだんは何もしない私。

無精者の跡取りには、さぞかしご先祖さまも呆れられていることだろう ^^;

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加