答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

祭祀する者2

2013年08月16日 | ちょっと考えたこと

 

 

気がつけば、私の子どもが、大叔父(祖父の弟)にあたるこの人の享年と同じ年頃になっており、

私は、この大叔父の倍以上も齢を重ねてきた。

あらためて、この人を祭祀する者は私しかいないと、そして忘れてはいけないと、

遺影に杯を傾けそう思うきのう、8月15日。

 

 

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加