石井伸之の国立市議会議員日記 国立市議会自由民主党明政会会派所属 福祉保険委員会委員長 議会運営委員 広聴委員 農業委員

東京都国立市の若手市議会議員(4期目)による日記 国立市政の最新情報を伝えていきます 

2月20日 本日は3月議会に向けた議会運営委員会に出席し、午後7時から体育協会事業部会に出席しました

2017-02-20 22:40:09 | 国立市議会
 こんにちは、改選前に引き続いて議会運営委員会に所属している石井伸之です。

 本日は、午前10時より3月議会に向けた議会運営委員会が開かれました。

 議会運営委員会は特に問題も無く終わりましたが、各常任委員会における委員外議員の発言が今議会より始まりますので、福祉保険委員会委員長としてはその対応が気になります

 何でもそうですが、初めての事とというのは、想定外の事象に直面する可能性があります

 議会事務局職員と一緒に、委員会のスムーズな進行に努めたいところです

 国立市議会三月議会の日程は以下の通りとなっています。

 私の一般質問は、3月2日木曜日午後3時45分頃(前に質問する議員の状況によって時間が若干ずれる可能性があります)より行われます。

 皆様の傍聴を心よりお待ちしています。 

2月23日(木曜日)
本会議 会議録署名議員の指名、会期の決定、行政報告、市長施政方針表明、議案等上程・委員会付託、採決

25日(土曜日)
本会議 市長施政方針表明に対する会派代表質問

27日(月曜日)
本会議 一般質問(1番 望月議員、2番 石井めぐみ議員、3番 大和議員、4番 石塚議員、5番 遠藤議員)

28日(火曜日)
本会議 一般質問(6番 渡辺議員、7番 重松議員、8番 小口議員、9番 上村議員、10番 稗田議員)

3月1日(水曜日)
本会議 一般質問(11番 藤江議員、12番 高原議員、13番 住友議員、14番 関口議員、15番 藤田議員)

2日(木曜日)
本会議 一般質問(16番 尾張議員、17番 青木健議員、18番 高柳議員、19番 青木淳子議員、20番 石井伸之議員、21番 大谷議員)

6日(月曜日)
予算特別委員会 付託事件審査

7日(火曜日)
予算特別委員会 付託事件審査

8日(水曜日)
予算特別委員会 付託事件審査

9日(木曜日)
予算特別委員会 付託事件審査

13日(月曜日)
総務文教委員会 付託事件審査

14日(火曜日)
建設環境委員会 付託事件審査

15日(水曜日)
福祉保険委員会 付託事件審査

21日(火曜日)
休会 (議会運営委員会)

23日(木曜日)
本会議 当初予算案に対する会派代表討論、委員長報告、質疑、討論、採決

24日(金曜日)
本会議 当初予算案に対する会派代表討論、委員長報告、質疑、討論、採決

 午後7時からは5月5日に行うファミリーフェスティバルに向けた事業部会に出席して一日が終わりました

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2月19日 本日は「くにたち保育問題連絡協議会」と国立市子供家庭部の懇談会に出席し、夕方からはさくらの会の新年会に出席しました

2017-02-19 23:05:47 | 石井伸之後援会活動
 こんにちは、そろそろ新年会も僅かとなってきた石井伸之です

 本日は午前中に「くにたち保育問題連絡協議会」の方々と国立市子供家庭部の懇談会に出席し、夕方からは「さくらの会」の新年会に出席しました。

 「くにたち保育問題連絡協議会」と国立市の話し合いでは、防犯防災対策、待機児解消、保育園民営化の観点で意見交換が行われます。

 防犯防災対策と待機児解消の点は頷く点ばかりです

 防犯については、立川警察の協力を得て、不審者対策を検討するとの話は是非とも進めていただきたく思います。

 また、しょうがいのある児童の保育園入所について、保護者が直接保育園とやり取りしている件は、市としても間に立つコーディネーター的な役割を新設し、スムーズな入所に務めるそうです。

 最後の保育園民営化については「説明が足りない」の一点張りとなっておりました。

 子供家庭部としては、大変丁寧な説明をされていると思いますが、かみ合わない部分があるように感じました。

 保護者の不安をひも解いてみると、公立から社会福祉法人の運営する私立への移行における不安が大きいのではないでしょうか

 国立市内で素晴らしい運営をされている私立保育園の様子を見る限り、私は公立から私立への移行に何の不安もありません。

 そう考えると、民営化される保育園は、国立市内で保育園を運営している社会福祉法人が手を挙げていただくことがベストです。

 数年後に実施される保育園民営化に向けて、受け入れ事業者の選定は慎重かつ丁寧な対応をすべきと感じました。

 保育園民営化に向けて、保護者の意見を取りまとめる中で、民営化された保育園が素晴らしい保育園となるように訴えていきます


 石井伸之の市議会通信133号です。
 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月18日 本日は石井伸之後援会新年会を行いました

2017-02-18 22:34:33 | 石井伸之後援会活動
 こんにちは、国立市議会議員四期目の石井伸之です

 本日は午前11時30分より自民党第十九選挙区議員会議、午後5時より石井伸之後援会役員会、午後6時より新年会を行いました。


 十九選挙区議員会議で挨拶をされる松本洋平衆議院議員です。

 会場は中華料理店「やんやん」です。

 議員として活動を行う中で、後援会の方々に支えていただくことが、如何に重要であるか痛感しています。

 選挙における支援はさることながら、平時の後援会拡大活動や地域の振興に向けたご意見をいただいたりと、本当に有難い限りです。

 午後5時からの役員会では、石井伸之後援会における一年間の活動を確認しました。

 6月には高椙都議による都政報告会と私の市政報告会を、青柳福祉センターで実施します。

 7月には第二回石井伸之後援会ボウリング大会を立川スターレーンで行う予定です。

 10月もしくは11月には第十回石井伸之後援会ゴルフコンペ。

 これ以外にも適宜、打ち合わせを行う予定です。

 午後6時からは永見市長も来場していただく中、新年会を行います。

 永見市長からは、大変なお褒めの言葉をいただき、頭を上げるタイミングが見つかりません

 その中で「全体観」というキーワードをいただきました。

 私は青柳地域に居住する議員として青柳地域や富士見台地域以南のインフラ整備について訴えて来ました。

 だからといって、国立市全体を考えない訳ではありません

 国立市全地域を見渡す中で、地域の特性を生かした形で全体的な市政発展を訴えて来ました。

 また、福祉も建設も教育も環境も極力平均的な見識を持ちたいと考えています。

 そういった14年余りの議員活動を「全体観」という一言で表現していただきました。

 議会では永見市長に対して、大変厳しい言葉を投げ掛けるかと思いますが、心の底では国立市政発展という共通の「全体観」を持って議会に臨みたいと考えています。

 その後は、懇親会に入り後援会の皆様と楽しいひと時を過ごしました

 勿論、ただ楽しいだけではなく、なかなか聞くことのできない地域事情や市政に関する難しい相談事をいただきました。

 新年会終了間際には、高椙健一都議会議員も来られ、都議会におけるマスコミの伝えない話を教えていただき、有難い限りです。

 4年間の任期の折り返しが迫っています。

 「あと二年ある」から「もう二年しかない」へとギヤをチェンジする時期が来ました。

 1997票から1143票へと大きく票を減らした教訓を踏まえ、一歩一歩着実に後援会活動を行っていきます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月17日 本日は石井伸之市議会通信133号が完成しました

2017-02-17 21:38:59 | 石井伸之後援会活動
 こんにちは、市議会通信という名称のレポートを議会前に発行している石井伸之です。

 本日は、明日行う石井伸之後援会役員新年会に配布予定の市議会通信133号を完成させました。

 完成した原稿を家内にチェックしてもらいます。

 すると、言い回しが変だったり「てにをは」の使い方が微妙だったりと、幾つもの改善点が見つかります

 こういった原稿は一人で何度もチェックしても「これで大丈夫だろう」という先入観が働いてしまうらしく、間違いが見つかりません。

 手直しすると、すっきりと読みやすい文章になりました。

 A4裏表のささやかな紙面ですが、3月議会で訴える内容がぎっしりと詰まっています

 特に今回は、南武線高架化と待機児対策に重点を置く予定です

 お時間ありましたら、3月2日午後3時45分(正式には2月20日の議会運営委員会で確定します)より一般質問を行いますので、傍聴いただければ嬉しく思います。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月16日 一般質問の打ち合わせを行いました

2017-02-16 22:17:01 | 国立市議会
 こんにちは、3月2日午後3時45分より一般質問を行う予定の石井伸之です

 本日は午前中に南部地域まちづくりについての打ち合わせ、お昼前後には一般質問の打ち合わせ、その後は市議会通信133号の原稿作成、夕方にはお通夜に参列するという一日を過ごしました。

 今回提出した一般質問は以下の通りです

1、庁内改革について
(1)今年度退職する部長級職員として、来年度以降在職する職員に対して最も伝えたいことは何か

2、市長に問う(1)南武線高架化の実施について

3、福祉ついて
(1)保育園待機児解消について
(2)介護をする側、される側の視点と介護予防の観点を踏まえた(仮称)ウエルカム介護教室の実現について

4、まちづくりについて
(1)国立駅・谷保駅・矢川駅におけるホームドアもしくはホーム転落防止柵設置の要望について
(2)交通安全計画の策定について
(3)入札時における総合評価方式の積極的な導入について

 質問のトップに、毎年3月議会では退職される部長級職員に対して同様の質問を行っています

 今回は都市整備部長が定年退職を迎えられます。

 職員課長に話を聞いたところ、現在の都市整備部長は昨年ご逝去された佐藤一夫市長が秘書広報課長時代に、秘書係長を務められたそうです。

 直接、都市整備部長に話を聞いてみると、3年余り同じ部署で過ごしたとのこと。

 生前佐藤市長からは、現在の都市整備部長について「胆力があり、粘り強く政策に打ち込む能力が高く、細かな気配りのできる人物」と、話されていました。

 その言葉を今思い出し、私も頷くばかりです

 昨年の3月議会で生活環境部長が残された言葉も素晴らしく、涙腺を押さえるのが精一杯でした。

 今年も間違いなく、素晴らしい言葉を残していただけると思い、今から楽しみです。

 是非とも石井伸之の一般質問を傍聴いただければ幸いです。

 写真は一昨日矢川駅朝の市政報告を行った時のものです。




 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月15日 本日は自由民主党三多摩議員連絡協議会総会において朝日健太郎参議院議員の講演を聞きました

2017-02-15 23:44:28 | 自由民主党
 こんにちは、自由民主党三多摩議員連絡協議会において国立市の政調幹事を務めている石井伸之です

 本日は、水曜日ということから大和議員、大谷議員と共に矢川駅北口で朝の市政報告を行い、午後3時からは、立川グランドホテルで自民党三議連総会が行われました。

 総会後は朝日健太郎参議院議員を講師に招き、講演を聞きました

 演題は2020オリンピック・パラリンピックとの関わり方です。

 まずは、朝日健太郎参議院議員に関連する数字が並びます。


 199は身長、31は靴のサイズというのは分かりますが、175と4500は思いつきません。


 すると、小学6年生の身長は175センチ、出生時の体重は4500グラムとのことです。





 その後は、バレーボール、ビーチバレー選手としてオリンピックに出場した経験、ビーチバレーの振興に寄与していたところ、参議院議員選挙出馬の話があったそうです。

 選挙戦では、東京で一番高い建物の前で出陣式を行うために、東京スカイツリーの前で行ったとの話がありました。

 また、商店街などを回る「桃太郎」という選挙活動があるのですが、普通は「本人」もしくは政党名を書いた旗を先頭に掲げるのですが、朝日候補の場合はその必要がありません。

 選挙応援で「桃太郎」を行う場合はぜひ使って欲しいとの話では場内大爆笑です。

 さて、演題となっているオリンピックとの関わり方に入ります。

 オリンピックが行われる国には、世界各国から多くの方が来られます



 競技を見るだけではなく、その国の観光名所であったり、文化に触れたいと考え、各地を回ること間違いありません。


 ということは、全世界的なネット配信の中で、世界の方々が「行ってみたい」と思える環境整備が必要不可欠です





 また、各競技会場でのボランティアや選手訪問の受け入れなどなど、一生に一度の貴重な機会をどこまで考えて夢を膨らませられるかが、地方自治体に問われています。

 所々で冗談を交えた話は非常に楽しく、あっという間の一時間でした

 12日に東京女子体育大学で行われたフラッグツアーの式典を始めとして、様々な機会をとらえてオリンピックの機運醸成に努力したいと思いました。 

 都議選や市長選挙に立候補される方の挨拶がありました。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日 本日は自民党本部9階にて東京都連支部長常任総務合同会議に出席しました

2017-02-14 23:51:10 | 自由民主党
 こんにちは、自民党国立総支部事務局長の石井伸之です

 本日は午前11時より自民党本部9階会議室にて、表題の合同会議が行われました。

 案件としては、東京都議会議員選挙についてです

 小池新党側は、70名を擁立するとの情報がありますので、自民党にとって非常に厳しい風が吹くことは間違いありません。

 そこで、豊洲市場の問題としては、改善に向けて今後の流れを示してほしいと申し入れているそうです。

 確かに調査をすると言っていますが、このままでは解決点が見えません。

 築地市場から、安全性の担保された豊洲市場への移転を心待ちにしている各業者の切実な声にこそ耳を傾けるべきではないでしょうか?

 傍から見ている限り、小池知事側と都議会側による政局の狭間で揺れる、何の落ち度も無い方々への配慮を忘れてはなりません

 この点を大上段に掲げる中で、訴えていただきたいと感じました。

 夕方からは、自民党国立総支部新役員選考委員会に出席して一日が終わりました。


 下村都連会長です。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月13日 本日は自民党国立総支部役員会において東京都議会議員選挙候補者について協議しました

2017-02-13 23:12:08 | 自由民主党
 こんにちは、自民党国立総支部事務局長の石井伸之です

 本日は午前午後と一般質問の打ち合わせ、お昼には白うめロータリークラブの例会、午後5時からは自民党国立総支部役員会、夜には消防団第一分団車両点検という一日でした。

 ロータリークラブでは、社会奉仕の一環として留学生の支援を行っています

 本日の例会では、当会で支援しているイランからの留学生による卓話が行われました。

 卓話の内容はイランについてです。

 イランというと、砂漠だけが広がっている印象をお持ちかと思います

 しかし、カスピ海沿岸は日本のような環境があり、ペルシャ湾沿岸はハワイに近い環境だそうです。

 また、どういった研究をしているかというと「二連鎖の遺伝子構造が四連鎖になると癌の進行が止まるので、その研究をしている」とのことです。

 「さらっ」と簡単に一言で説明していただきましたが、その場にいる全員が理解の許容範囲を大きく逸脱していたことに間違いありません。

 聞くところによると、研究が進むことによって人類は癌を克服できるそうです。

 将来有望な留学生を応援し、それが人類全体の幸福に繋がるということも、大切な社会奉仕であると認識しています。

 午後5時からの自民党国立総支部役員会では、高椙都議会議員に来ていただき、都議会議員選挙についての意見交換を行いました。

 各役員より厳しい意見もありましたが、高椙都議からは精一杯誠意を込めての回答には好感が持てます。

 2時間近くの意見交換後、当支部としては高椙都議の応援を確認しました

 写真は、初午で掲げられた青柳稲荷神社の大旗です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2月12日 本日は東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー フラッグ歓迎セレモニーに出席しました

2017-02-12 23:21:17 | 2020東京オリンピック
 こんにちは、国立市体育協会事業部に所属している石井伸之です。

 本日は、午後3時30分より東京女子体育大学3号館藤村総合教育センターにて表題のフラッグ歓迎セレモニーが行われました。

 会場には多くの方が集まっています。




 東京オリンピックを盛り上げるために、各自治体をオリンピックのフラッグが回っています。


 オリンピックとパラリンピックのフラッグが披露されました。










 国立市では、多くのオリンピック選手を輩出している、東京女子体育大学で行われました。

 開会前にはテコンドー選手による演技が披露され


 永見市長からは、前回の東京オリンピックでマラソンのアベベ選手による走りを目の当たりにしたことに対する感動を伝え


 アテネ・北京オリンピックサッカー女子日本代表として活躍された加藤選手からは、オリンピックの大舞台に立つことの何とも言えない高揚感を話されていました。


 議員の一人として、体育協会に所属する一人としても東京オリンピックを盛り上げていきます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2月11日 本日は初午のどんど焼きに参加しました

2017-02-11 23:51:42 | Weblog
 こんにちは、地域の伝統文化を大切にしたいと考えている石井伸之です

 本日は、毎年恒例となっている初午のどんど焼きに参加しました。

 2月に入って初めての「午の日」を初午(はつうま)と呼ばれます。

 毎年日付けと曜日は違うのですが、ウイッキペディアによると『稲荷社の本社である伏見稲荷神社のご祭神・宇迦御霊神が伊奈利山へ降りた日が和銅4年2月11日(711年3月4日。2月9日(3月2日)説もある)であったとされ、この日が初午であったことから、全国で稲荷社を祀る』との記述があります。

 初午はその年の豊作祈願が原型で、それに稲荷信仰が結びついたものです

 ちなみに本日伺ったお宅では、毎年2月11日を初午と定め、親戚や仲間の方々が集まります。

 風の強い日でしたが、周囲をブルーシートで囲み、風よけをしています

 どんど焼きということから、油揚げやめざし、焼き鳥などを焼いていただきます。

 そして、欠かせないのが稲荷寿司です

 出汁醤油にしっかりと漬かったお揚げに、僅かに酢のきいたご飯が入っており、絶品以外の何物でもありません。

 また、寒い中に熱々のもつ鍋は、身も心も温まり、最高のご馳走です。

 様々な話で盛り上がり、楽しいひと時を過ごしました
 
 夕方からは、とある勉強会に出席して一日が終わりました。

 写真は飛行機から撮影した夕日です。














コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月10日 東京都市議会議長会主催の研修会に出席しました

2017-02-10 19:45:42 | 国立市議会
 こんにちは、防災士の資格を取得している石井伸之です

 本日は午後2時より府中市「府中の森芸術劇場どりーむホール」で第55回東京都市議会議員研修会が行われました。

 研修会の講師は、跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部 コミュニティデザイン学科教授 鍵屋一(かぎや はじめ)氏です

 演題は「地域防災の課題と災害時の議会、議員の役割」となっています。

 歯に衣を着せぬ、超直球の話し方は、胸の奥に「ズシン」と響きます。

 大規模災害時に議員は絶対に「行政の邪魔」をしてはならないとのこと

 確かに、個別の案件をねじ込み、自分や自分の周囲だけを優先させるようなことは絶対に控えるべきです。

 そういった中で、災害対策本部が立ち上がり、復旧復興の当たっている3か月は「議会のサイレントタイム」という言葉がしっくり来ます。

 つまり、災害復旧時に議員が行政の動きを止めるような「あれがダメ」「これはダメ」「これを先にしろ」等ということをしてはならないということです。

 各議員がそれぞれの地域で、出来ることを行うべきと言われていました。

 その中で、実際に東松島市が東日本大震災で被災した時の様子を、鍵屋教授が当時の議長に聞いたものを資料としていただきました

 平成23年3月11日は東松島市議会最終日でした。

 地震発生直後に市議会の閉会を宣言し、全議員が帰宅後に津波が押し寄せるということから、庁舎に戻ったそうです。

 すると、災害対策本部が立ち上がっていたものの、当時の佐藤議長は災害対策本部のメンバーとなっておらず、何をすべきか迷います。

 議長の行動マニュアルが無いと、どう動いてよいか分からないという点は、見習うべきです。

 まずは、全議員の安否確認を行った後に、議会の責任者として自問自答を繰り返しながら「自らすべきこと考えるしかない」との結論に至ります。

 可能なことは、自分の人脈を使って、他の地域の議会から国や自衛隊を動かして、支援の輪を広げることだったそうです

 そう考えると、如何に人脈が大切なものであるか分かります。

 また、佐藤議長は議員として絶対にやってはダメということは「スタンドプレー」で分をわきまえることや地域のリーダーを尊重することだそうです。

 鍵屋教授の話によると、平時にこそ想像力を発揮して、行政に対して言うべきことを厳しく追求すべきだが、緊急時は地域住民支援に徹するべきと言われました。

 その言葉を背に受け、今後とも国立市の防災力向上に向けて、様々な場所で得た知識を分析する中で取捨選択をし、議会や委員会で厳しく訴えていきます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月9日 本日は自民党国立総支部女性部新春の集いに出席し、その後は自民党都連青年局研修会に出席しました

2017-02-09 23:11:01 | 自由民主党
 こんにちは、自民党国立総支部所属国立市議会議員の石井伸之です

 本日は午前11時30分より自民党国立総支部女性部主催の「新春の集い」に出席しました

 会場は立川グランドホテルです。

 100名近くの方が出席する中で行われます

 女性部の皆様には各種選挙において、自民党が公認または推薦する候補者に対する、温かな支援の輪を広げる為に尽力されています。

 特に、駅頭での街頭演説では自民党カラーの緑を全面に押し出して、熱い応援を送っていただきました。

 先頭に立って選挙戦を戦っている際に、どれだけ勇気づけられるか、計り知れません

 さて、開会後は女性部長、支部長挨拶ののちに来賓挨拶となります。

 来賓として、松本代議士、永見市長、朝日参議院議員、高椙都議、三田元議長、中川参議院議員秘書の方、武見敬三参議院議員秘書の方、丸川珠代参議院議員秘書の方が来られました。

 松本洋平衆議院議員です。

 高椙都議です。

 三田元都議会議長です。

 朝日参議院議員です。


 僅か一月半前に市長選を戦い抜いた永見市長からは、女性部の方々の熱い声援に対する感謝の言葉と自民党に対するエールをいただきました。




 挨拶をされる高柳議員です。

 今年は夏の都議会議員選挙が行われることから、挨拶の中で都議会についての話があります。

 都議会自民党にとって厳しい状況であることに相違ありませんが「対小池知事」ではなく、都民の最善の利益を考えて愚直に政策を提案して行くことが、信頼回復の近道ではないでしょうか?

 国立市政に携わる立場としては、子育て支援に向けた待機児解消、地域振興に向けたインフラ整備、地元企業の振興、高齢者福祉政策の充実など市政発展に繋がる政策提案を要望したいと考えています。

 懇親会では2月26日に行う自民党国立総支部新年会の案内を始め、様々な話題で盛り上がりました。

 そして、最後は盆踊りでお馴染み「国立音頭」の輪踊りで終了です

 その後は、遠藤議員と共に自民党都連青年局の研修会に向かいました。

 南武線から分倍河原乗り換えで京王線経由で永田町へ向かおうと思いましたが、人身事故の関係でストップしています。

 仕方なく、登戸から小田急線で向かったところ、千代田線の人身事故によってダイヤが乱れています。

 そんなこんなで、自民党本部到着は講師である木原代議士の講演終了直前でした。

 続いて質疑時間に入ります。

 西東京市議の浜中議員が質問したのちに、誰も手が上がりません

 そこで私も質問させていただきました。


 終了直後に会場へ入りながらも、質問させていただくという非礼を詫びたところ、会場内が笑いの渦に包まれます。

 質問内容は、今後の日韓関係の見通しです。

 木原前外務副大臣からは、二国間の合意に基づいて行われた事項が韓国側の事情によって守られていないことを押さえるべきとのことです。

 そこで、現状として日本が韓国に対して譲歩すべきではないと断言されました。

 さりとて、この状況がそのまま放置されて良い訳ではないとのこと

 ここは、日米首脳会議や国際社会の場でしっかりと日本の立場をアピールすることが重要と言われました。

 近くて遠いと言われる韓国に対して、日本との連携が経済的にも重要であるという認識を持つようにアピールすることも重要です。

 次に質問された伊藤しょうこう八王子市議が北朝鮮の拉致問題進展についても韓国の協力が必要と思います。




 質問時間終了後は懇親会に移り、各地域との情報交換を行いました。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月8日 本日は矢川駅北口で大和議員、大谷議員と共に朝の市政報告を行いました

2017-02-08 18:43:11 | 自由民主党
 こんにちは、真冬の寒さも慣れてきた石井伸之です

 本日は水曜日ということから、矢川駅北口ロータリーで朝の市政報告を行いました。

 昨年の市長選挙より、真冬の寒さの中で朝の市政報告を続けているだけあって、ようやくこの寒さにも慣れた気がします。

 ただ、これからの時期が風邪やインフルエンザ、ノロウイルスのピークだそうです。

 本格的な春の訪れまで、風邪予防には気を抜けません

 特にこの冬は珍しく一度も風邪を引いていないので、何とかこのまま乗り切りたいところです。

 さて、本日の朝の市政報告では、2月23日より始まる第一回定例会3月議会の内容について話しました

 特筆すべき部分としては、高齢者の相談窓口である「ふくふく窓口」の子育て相談窓口を設置するという話がありました。

 今まで市役所の相談というと「ピンポイントで目的の部署に辿り着かない」という話がありましたが、佐藤市政以来様々な改善が行われています。

 市民の皆様の相談事に対して、的確な回答が出せる部署へ速やかにつなぐことのできる国立市役所となるよう訴えていきます

 また、平成16年より東京都から示されている南武線高架化については、三人で訴えました。

 高架化事業の予算については、各市で予算の争奪戦が繰り広げられています

 限りのある予算だからこそ、都の後押しがある段階での事業推進が望ましいことは誰の目にも明らかです。

 国立市はタイミングを逸してしまい、補助金が無い段階で事業を行ったという苦い経験がありますので、そうならないよう議会で声を上げて行きます。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2月7日 本日は平成29年第一回定例会3月議会に向けた議案説明を受けました

2017-02-07 23:36:57 | 国立市議会
 こんにちは、自由民主党明政会会派所属の石井伸之です

 青柳福祉センター前信号の北側に設置していただいた自民党の看板が、とある事情によって移設することになりました。

 そこで、本日は午前中にその看板を地域の方々と共に移設しました。

 青柳自治会の看板も一緒に移設です。

 こうやって自民党の看板を設置していただけることに感謝したいと思います。

 午後からは、国立市役所2階市長公室において、3月議会に向けた議案説明を受けました

 今議会は永見新市長となって初めての議会です

 3月議会というのは新年度予算審査を始めとして重要議案が目白押しのところ、更に新市長の想いが詰まった議案が提出されます

 3月議会は2月23日より開会予定です。

 一般質問は、2月27日から3月2日に行われます。

 今後とも国立市政の最新情報をお伝えできるよう、更新していきますので、石井伸之の国立市議会議員日記をご覧いただければ幸いです



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月6日 本日は東京国立白うめロータリークラブ1000回記念例会に出席しました

2017-02-06 22:59:46 | 東京国立白うめロータリークラブ
 こんにちは、東京国立白うめロータリークラブに所属して8ヶ月が経過した石井伸之です。

 本日は、所属している東京国立白うめロータリークラブにおいて1000回記念例会を迎えました。

 会場は立川グランドホテル2階です。

 来賓の紹介をされる原田前会長です。


 来賓として、永見国立市長、親クラブである東京国立ロータリークラブ内山会長と喜連幹事が出席されています。

 ちなみに東京国立白うめロータリークラブの例会は毎週月曜日に行っております。



 他のロータリークラブと同様に週一回行っていることから、1000回例会ということは足掛け24年だそうです

 その例会に毎回欠かさず出席されている北村元会長より卓話が行われました。

 卓話とは、毎週開かれる例会の中で行われます

 ロータリークラブの会員が自分の職業やロータリーについて話をしたり、ロータリークラブ会員以外の人を外部から迎え、話をします。

 また、クラブで世話をしている米山奨学生や交換学生が話をする場合もあります。

 例会出席者は卓話を通し日頃接することが出来ない業種の方々からの話を聴くことができ、自身の視野の広がりにもつながり、例会のメインイベントとなっています。

 卓話の中では、1000回の歴史ある白うめロータリークラブの貴重な場面を教えていただきました。

 その中で重要なのは、社会奉仕の精神です。

 永見市長も挨拶の中で触れていたように、どんどやき、秋の市民祭り、まとびといったイベントをはじめ、地域を盛り上げていくために様々な活動を各地域ロータリークラブは努力しています。

 「自分が自分が」という利己主義的な精神と真逆に存在します。

 もちろん、自分の仕事は大切です。

 しかし、それだけ良いのでしょうか?

 仕事で一杯一杯の時は別として、少し余裕を作って周囲を見渡すことも大切です

 ほんの少し背伸びをして、ほんの少し視野を広げてみれば、違った景色が見えるのではないでしょうか

 私はこれからの国立市が豊かで明るく、誰もが住みたいと思える町を目指して努力したいと考えています。

 どこまで行っても答えが手に入らないかもしれません

 それでも「国立市って良いよね」と、言ってもらえる一瞬一瞬を大切にしたい。

 その為にも、素晴らしい国立市に向けて頑張っている人達を応援する国立市であるべきです。

 ロータリークラブでいただく「ロータリーの友」を始めとする様々な冊子の中で、奉仕の精神をしっかりと学びたいと考えています

 各種報告をさせていただいたときのものです。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加