石井伸之の国立市議会議員日記 国立市議会自由民主党明政会会派所属 福祉保険委員会委員長 議会運営委員 広聴委員 農業委員

東京都国立市の若手市議会議員(4期目)による日記 国立市政の最新情報を伝えていきます 

12月5日 短縮議会となった12月議会が閉会しました

2016-12-05 19:22:59 | 国立市議会
 こんにちは、国立市議会福祉保険委員会委員長の石井伸之です

 本日は午前10時より12月議会本会議二日目を迎えました。

 12月2日に引き続いて議案審議が続きます

 本日最初の議案は、家庭ごみ有料化についてです。

 既に国立市は家庭ごみ有料化の方針を固め、各地域での丁寧な説明会を開催しています

 基本的には5リットル当たり10円という単位でごみ袋が販売となります。

 実施時期は平成29年9月の予定です。

 討論では各議員より、賛否を示す意見が表明されました

 結果的に賛成多数で可決しています。

 市民の皆様に、ごみ袋を購入することによる、年間数千円の新たな負担をお願いすることは、大変心苦しいところです

 しかし、三多摩26市でごみ有料化を実施することを決定しており、先進市でもごみ減量への効果が明らかになっています。

 詳しくは、国立市ホームページ「家庭ごみ有料化の実施について」をご参照ください。←リンクを貼りましたので、是非ご覧ください。

 その後は、一般会計補正予算、平成27年度決算討論、監査委員及び選挙管理委員の選挙、陳情の審議と続き、無事終了となりました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月4日 本日は国立市消防団で出初式に向けた規律訓練を行いました

2016-12-04 22:29:04 | 国立市消防団
 こんにちは、国立市消防団第一分団で会計担当役員を務めている石井伸之です

 本日は、国立市消防団で規律訓練を行いました。

 場所は1月8日日曜日に出初式を行う谷保第三公園です

 「小春日和」という言葉が、これほどまで適切に当てはまる日はそうそうありません。

 風も無く、穏やかな天候の元で規律訓練が行われました。

 最初はいつものように、停止間における諸動作の確認です
 
 二列縦隊で整列し「気を付け」「右へ倣え」「直れ」「番号」と続き、二列縦隊から四列縦隊へ移行する為の「右向け、右」がかかります。

 それ以外にも、真後ろを向く「回れ右」、右斜め45度を向く「半ば右向け、右」、隊列を一定程度進ませる「〇歩前へ、進め」といった号令もあります。

 背筋を伸ばし直立不動で立ち続けることは、普段使わない筋肉を使うことが良く分かります

 5分から10分程度行うたびに、体をほぐして訓練を行います。

 停止間の訓練終了後は、行進間の訓練です。

 1月8日の出初式で行進する際のリハーサルを兼ねています

 無事に行進間の訓練を終え、表彰伝達の後に解散となりました。

 午後からは、石井伸之の市議会通信レポート配布、夕方からは富士見台四丁目自治会の方々と矢川集会所で意見交換を行いました

 矢川プラスを整備する担当課長他2名の職員が説明に来られています。

 富士見台四丁目自治会会長挨拶の後に、私も市議会議員として挨拶をさせていただきました。

 意見交換の内容は、矢川北都営住宅二期工事で建設される複合公共施設「矢川プラス」の内容についてです

 私は防災士の資格取得者として、矢川プラスがいざ災害時に地域住民の方々が避難に使うことのできる公共施設となるよう訴えています。

 そして、矢川プラスは地域の皆様が集まることのできる拠点として期待されております。

 説明後に富士見台四丁目自治会の皆様より「自主防災組織が市から貸与されている可搬ポンプや資機材などを入れて置くスペースを倉庫内に確保して欲しい」との意見があり、至極真っ当な意見として頷くばかりです。

 それ以外にも、利用者が共有できる食器や鍋、フライパンなどの設置を要望されていました

 担当課長からは、現在は大まかな計画段階なので、詳細部分は基本計画や基本設計が出来上がる段階で再び協議するとの事です。

 今後とも地域の皆様の安心と安全を守るために尽力致します。

 本日の規律訓練において第一分団ポンプ車の前で撮影したものです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月3日 本日は第六小学校学校公開日ということから見学に行きました

2016-12-03 17:54:22 | 国立市
 こんにちは、国立市立国立第六小学校通学区域に居住している石井伸之です

 本日は、国立第六小学校学校公開日ということから見学に行きました。

 特に今回の六年生は道徳の授業という事から、広い心の涵養に向けて重要な授業です。

 相互理解の推進は、いじめ防止にも繋がると考えています

 私が教室に入ろうとしたところ、是松教育長もちょうど入室するところでした。

 教育長を始め、城所教育委員や山口教育委員の姿も見えます。

 さて、道徳の授業はというと。

 何と、インターネットの掲示板に対する書き込みについてです

 保護者用に配布された資料です。
 
 私自身も国立市の学校教育を受けて来た立場として、時代の流れを感じます。

 ネットの掲示板を始め、ツイッター、ライン、フェイスブック、ミクシイなどなど、SNSの発達により子供達の人権を踏みにじる行為が横行しています。

 大切な子供達を守る為にも、ネットの掲示板を題材とすることは非常にタイムリーな話題です

 また、担任の先生による学習の流れもテンポ良く、児童を上手に授業の中へ引きこんでいました。

 授業の内容はというと。

 主人公が良いと思って掲示板へ書き込んだ内容が批判されるという場面についてです

 一般社会ではどこにでもあることかもしれません。

 しかし、初めてこういった経験をした際に戸惑う方もいるのではないでしょうか?

 批判的な返信に対して返信すべきか返信しない方がよいか、揺れ動く感情を児童が示し、先生が黒板に板書します。

 大人では思いもつかない返信があり、驚くこともありました

 これらの意見を先生が上手にまとめます。

 一方的な批判をすることが、相手を傷つけることや傷ついたことをどのように伝えるべきか?こちらとしても考えさせられる内容です。

 児童が立派な社会人となるよう、学力向上と共にこういった道徳の授業も重要であることが分かります

 これからも議会の一人として、教育委員会と学校のこういった素晴らしい取り組みを応援したいと感じました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月2日 異例の超短縮議会となった国立市議会平成28年12月議会が幕を開けました

2016-12-02 19:50:30 | 国立市議会
 こんにちは、国立市議会議員自由民主党明政会会派所属の石井伸之です

 今朝の読売新聞多摩版に、12月25日投開票で行われる国立市長選挙へ、現在の国立市副市長である永見理夫氏が立候補の意思を表明されました。

 議会開会前に私達会派控室に挨拶に来られ、新聞報道通り佐藤市政の継続に向けて努力するとのことです。

 今後、国立市長選挙に向けた選対本部が立ち上がることと思いますので、永見氏の当選に向けてしっかりと支えて行きます

 今までは、市議会議員選挙と同日で市長選挙が行われていましたが、今回初めて別日程で行われます。

 正直な所、各市議会議員候補の個人演説会や各種会合に同席していただくことによる相乗効果がありましたが、市長選挙のみということによる新たな組み立てが必要です。

 また、12月25日のクリスマス選挙という事から、投票率も気になります

 さらに、幾ら副市長として佐藤市長を支えて来たとは言っても、政治家としては無名なので非常に厳しい選挙が予測できます。

 故佐藤一夫市長の流れを絶対に止めてはなりません。

 12月25日の国立市長選挙で永見副市長を当選に導くことが出来るよう、私自身も全身全霊を込めて応援して行きます

 市民の皆様におかれましても、永見氏へのご支援ご協力をどうか宜しくお願い致します。

 さて、本日12月2日から5日まで四日間の日程で行われる国立市議会12月議会が開会しました。

 議場において佐藤市長が座っていた市長席には白い花が飾られています

 9月議会まで市政発展に向けて答弁をされていた佐藤市長の姿を、もう二度と見ることは出来ません。

 遺された我々が出来ることは、志半ばで旅立たれた佐藤市長の想いが詰まった政策を実現させることです。

 これが一番の供養になるのではないでしょうか

 今議会は各議員が一時間の持ち時間を使って市政全般について質問を行う一般質問と3つの常任委員会で議案をさらに掘り下げて質疑する常任委員会付託を取り止めています。

 市長不在の中では、議論が深まらないという事から野党側議員より中川議長へ申し入れがあり、11月24日の会派会議での協議、11月29日の議会運営委員会における決定を経て、12月議会の議事日程が決まりました。

 一つ一つの議案に対して、質疑、討論、採決が行われます

 多くの質疑が集中する議案は、一時間近く掛かったものもありました。

 結果的に本日は、第84号議案 国立市における廃棄物等の発生の抑制、循環的な利用の促進及び適正な処分の確保に関する条例の一部を改正する条例案の質疑が終わったところで散会となり、12月5日月曜日に続きます。

 詳しい議事日程につきましては、国立市議会ホームページをご覧ください。←クリックしていただければ国立市議会ホームページに飛びます。

 写真は、市議会通信132号の裏面に掲載した表です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日 本日は石井伸之の市議会通信132号を配布し、夜には消防団で操法訓練を行いました

2016-12-01 23:45:42 | 石井伸之後援会活動
 こんにちは、議会前と議会後に市議会通信というレポートを配布している石井伸之です

 本日は市議会通信131号と132号を郵送し、132号を数百世帯配布しました。

 レポートを配布していると、お世話になっている方に呼び止められます。

 聞かれる内容は「10中8、9」ではなく「10中10回」の確率で、国立市長選挙における候補者情報です

 正式発表はこれからということなので、この場での公表は控えさせていただきますが、訊ねられた方には聞いている範囲でお伝えしています。

 ただ、私達佐藤市政を継続させる立場とは反対の対立候補に関する情報は皆無です。

 時間の無い中での市長選挙が、如何に難しいものであるか分かります

 故佐藤一夫国立市長が5年半の市制で築き上げて来たものを完成させるためにも、佐藤市政の継続を訴える市長候補へのご支援を賜りますよう、よろしくお願い致します。

 夜からは、国立市消防団第一分団で出初式で行う消防操法演技披露に向けて、消防操法訓練を行いました。

 12月にしては温かな夜となっており、上着が無くとも動くことが出来ます

 私は基本的に機関員と呼ばれる四番員を指導しております。

 10年前は先輩に教えていただく立場でしたが、今では後輩に教える立場です。

 正直な所、教えることの難しさを感じています

 出初式に向けて、素晴らしい操法演技が披露することが出来るようになることの面白さを感じられなければ、自分自身が身に付けたいという気になりません。

 小さな動作1つ1つが「出来た」という成功体験を実感させ、そのことに対する正当な評価をすることが重要です。

 ただ、逆に「ダメなところはダメ」ということをハッキリ伝え、どうすれば良くなるのか?出口を示すことを忘れてはなりません

 物事を教えるという立場は、逆にいろいろなことを教えられているのだと気付きます。

 議員として職員に何かを伝える時も同じです。

 市政発展に向けて「このようにして欲しい」という想いを理解していただかねば、何も始まりません

 人として更に成長することが出来るよう、物事を自分の中でしっかりと考え、前に進んで行きます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11月30日 本日は矢川駅北口で朝の市政報告を行い、夜には国立市商工会建設部会役員会に出席しました

2016-11-30 23:41:24 | 国立市商工会
 こんにちは、国立市商工会建設部会総代の石井伸之です

 本日は矢川駅北口で大谷議員と一緒に朝の市政報告を行いました。

 矢川駅北口ロータリーはこの時期南武線川崎方面の線路上から太陽が昇ります



 午前7時過ぎに朝の市政報告開始直後は、優しげな冬の太陽が矢川駅北口ロータリーに差し込み、真冬の寒さを緩和します。

 しかし、午前7時30分を過ぎた頃に、その太陽を隠すかのうように、雲が広がります。

 すると、一気に冷え込み、シベリア寒気団がコサックダンスをしながら覆いかぶさるかのような寒さです

 先程まで朝日が顔を覗かせ、多少温かかったからこそ、寒さが身に凍みます。

 訴える内容の中心は、12月議会が野党議員からの申し入れによって、会派会議で協議を行い、一般質問を全議員が取り下げ、常任委員会付託を取り止めたことなどです。

 また、自民党国立総支部役員会で市長候補を一人の方に定め、一本化に向けて協議をしていることを伝えました

 日中は、市議会通信の配布、幾つかの打ち合わせを行います。

 午後7時30分からは、国立市商工会館にて建設部会役員会が行われ、総代の一人として出席しました

 情報交換会などの日程確認、今後の街づくりなど、様々な意見交換をしました。

 国立市として総合評価方式を用いる中で、地元企業の発展に向けて寄与して行きたいと考えております。

 また、12月25日に行われる市長選挙結果によって、佐藤市政と真逆の立場を掲げる市長が誕生した際に、今までの路線が音を立てて崩れることは間違いありません

 特に国立駅周辺まちづくりがどうなるか不安の声をいただきました。

 決してそうならない様、政治に携わる地元の市議会議員として努力していきたいと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月29日 本日は谷保駅で朝の市政報告を行い、その後は議会運営委員会に出席しました

2016-11-29 21:09:37 | 国立市議会
 こんにちは、国立市議会議会運営委員会所属の石井伸之です

 本日は大和議員と共に谷保駅で朝の市政報告を行いました。


 風もあり、石井伸之の旗がはためいています。

 市政報告をしていると、老人会の方々がロータリーに集まって来ます。

 話を聞いたところ、長野県飯田市へバス旅行へ行くそうです

 すると、参加者の一人が忘れ物をしたというので、自転車を借りたいとの事から、大和議員の自転車を借りて自宅に向われました。

 いきなり自転車を貸して欲しいという話は初めての経験でした

 午前8時に市政報告を終了し、午前9時には今後の議会運営についての打ち合わせ、午前10時には議会運営委員会に出席しました。

 定例議会前の議会運営委員会という事から、12月議会に議事日程案や議案の確認を行います。

 既に11月24日に行われた会派会議において、共産党を始めとする野党議員からの申し入れにより、12月議会は短縮議会で行われることが確認されています

 本来であれば一般質問を行い、常任委員会付託を行った中で慎重審議をすべきと思いましたが、共産党を含めた野党議員から「市長不在の中では慎重審議が出来ないことから、12月議会は最低限の議案審議にすべき」との声に理解を示しました。

 誰もがその流れで進むと思いましたが・・・・・・・・・

 突如として共産党所属委員が、短縮議会での日程案に異論を唱えます。

 さすがに温厚な(?)私も怒りをあらわにしました。

 僅か5日前の合意事項を簡単に反故にしてよいのでしょうか

 議会は慎重に協議をする中で、合意を元にして進めて行くものです。

 会派会議での合意を覆すことは、公平公正を旨にすべき国立市議会として絶対に許してはならないという覚悟の元で、激しく訴えました

 採決の結果、会派会議で合意されたように一般質問は全議員が取り止め、12月2日と5日の二日間で行い、全ての議案は委員会付託せず、議場にて質疑・討論・採決を行うことになりました。

 その後は懸案事項の協議を行い、議会運営委員会は終了となりました

 午後からは福祉保険委員会に関する議案について説明を受け、一日が終わりました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月28日 本日は国立駅南口で朝の市政報告、午前10時より農業委員会総会に出席しました

2016-11-28 18:50:51 | 農業委員会
 こんにちは、国立市の農地保全を大きな課題として認識している石井伸之です

 本日は国立駅南口で大和議員と一緒に朝の市政報告を行いました。

 先週金曜日に比べれば幾分温かな朝を迎えています

 まずは、自民党国立総支部として先週土曜日に役員会を行い、国立市長選挙候補者の一本化に向けての協議を実施したことを話しました。

 まだ、各団体との協議が終了していないので、正式な名前を出すわけには行きませんが、決定しましたらお伝え致します。

 午前10時からは国立市農業委員会総会、午後0時30分からは国立白うめロータリーの例会、午後1時30分からはJA東京みどり農協国立支店で国立市都市農政推進協議会総会と研修会に出席しました。

 国立市農業委員会総会では、農地転用に関する案件の承認、農業委員会だよりの確認、11月12日、13日に行われた農業祭りの反省点についての協議を行いました

 各地域の農業祭りを実行委員の方が見学したところ、どこも無料配布は行っていないことから、検討することになりました。

 農業祭りについては、苗木やけんちん汁、里芋の無料配布について、野菜を買っていただいた方へのプレゼントとしてはどうか?チャリティー方式にしてはどうか?安い価格で販売してはどうか?などの意見があり、農業祭り実行委員会へ伝えることとなりました。

 午後1時30分からのJAみどり農協国立支店での国立市都市農政推進協議会研修会では、東京都農業会議北沢事務局長を講師にお招きして、都市農業の現況についてお聞きしました

 主な内容としては、都市農業振興基本法の仕組みです。

 都市農業を守り、育てて行く為に、この法律を基礎として実務面へどのように反映させていくかが求められています

 成立してから1年半しか経過していないので、今後の展開が気になるところです。

 基本法に続く、都市農業振興基本計画が平成28年5月13日に閣議決定しました。

 「都市農業振興基本計画」のポイントとして同計画は、以下の3つの柱立てにより構成されています

第1 都市農業の振興に関する施策についての基本的な方針

都市農業の振興に当たっては、「都市農業の多様な機能の発揮」を中心的な政策課題に据え、都市農業振興に関する新たな施策の方向性として、(1)都市農業の担い手の確保、(2)都市農業の用に供する土地の確保、(3)農業振興施策の本格展開、の3つを掲げています。

第2 都市農業の振興に関し、政府が総合的かつ計画的に講ずべき施策

第1で示した基本的な方針の実現に向け、今後講ずべき施策として、(1)農産物を供給する機能の向上並びに担い手の育成及び確保、(2)防災、良好な景観の形成並びに国土及び環境の保全等の機能の発揮、(3)税制上の措置、(4)農産物の地元での消費の促進、などに取り組むこととしています。

第3 都市農業の振興に関する施策を総合的かつ計画的に推進するために必要な事項

都市農業振興基本法において都道府県及び市町村が定めるよう努めることとされている「地方計画」の策定に向け、国からの積極的な働きかけや必要な情報の提供などの適切な支援等を行うこととしています。

 この中で最も重要なのは市町村が定める「地方計画」です

 国立市における地方計画で、しっかりと国立市独自の計画作りが必要であると感じました。

 国立市の農業と農地が存続するよう農業委員の一人として尽力致します

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月27日 本日は石井伸之市議会通信131号を新聞折り込みで配布致しました

2016-11-27 12:27:51 | 石井伸之後援会活動
 こんにちは、議会前と議会後に市議会通信というレポートを発行している国立市議会議員の石井伸之です

 本日の読売新聞朝刊に国立市議会議員石井伸之市議会通信131号を折り込みで配布致しました。

 ただ、読売新聞は国立市全体で約5500部ということですが、今回私が持ち込んだチラシ数は3000部となっております

 我が家でも読売新聞を購読していることから、恐る恐るチラシの中を探してみます。

 すると、ピザのチラシの次にありました

 自分で持ち込んだレポートですので、見慣れている事は間違いありません。

 しかし、折り込みの中から発見した時の嬉しさは何とも言えないものがあります

 ただ、折り込みの中に入れると、A4サイズは埋もれてしまいますので、次回は倍のA3サイズで折り込みたいと思います。

 本日の日記にもレポートをアップしましたので、是非ご覧ください。

 表面です。

 裏面です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月26日 本日は自民党国立総支部役員会で国立市長選挙推薦候補について協議しました

2016-11-26 23:16:03 | 自由民主党
 こんにちは、佐藤市政の政策が継続するよう訴えている石井伸之です

 本日は午前10時より南区公会堂で行われる清化園跡地内施設5周年共同事業「オープニングイベント」に出席しました。

 平成23年にスーパーバリューと湯楽の郷がオープンしてから早いもので5年が経過しています

 清化園清掃工場やし尿処理場が解体され、清化園衛生組合は平成15年3月に解散しました。

 私が平成15年4月に初当選した直後、佐伯茂議員が委員長を務める中で、清化園跡地検討特別委員会が発足しました

 委員会の中で、市民の皆様の意見を聞いたところ、圧倒的に大きな意見としては買い物が出来る場所の設置です。

 今まで国立市内のごみやし尿を受け入れてきた南区地域の皆様へ恩返しという意味で、地域の意向を国立市行政へ伝えました

 その結果、国立市としてもプロポーザル方式で各企業へ跡地検討案提出を依頼しました。

 当初は、三菱地所の案が最も良いということで検討していましたが、折からのリーマンショックにより辞退され、二番手の大和リースが検討に入ります

 そして、下記の通り大和リースとの契約が成立。

敷地面積 ・・・・ 約25,619.25㎡

土地の借地条件 ・・・・ 事業用定期借地権

借地契約期間 ・・・・ 10年~20年

賃料 ・・・・ 月額700万円

 平成23年11月3日にスーパーバリューがオープンしました。

 式典終了後、南区公会堂にくにニャンが登場。

 くにニャンがポニーに近寄ります

 明らかにポニーが怖がっている様子が分かるだけに、少々可哀想な気もします

 それでも何とかツーショットを撮らせてくれました。

 その後は、午前11時より自民党東京第19選挙区議員会議、午後2時からは自民党国立総支部役員会に出席しました。

 自民党国立総支部役員会における最大の議題は国立市長選挙についてです

 一時間余りの濃密な協議が行われます。

 結果的に1つの方針が決定しました

 今後は、佐藤市政を支える各種団体と協議の上で、一本化されていくと思います。

 私、石井伸之は自民党国立総支部事務局長として、また佐藤市政を支えている国立市議会議員の一人として、佐藤市政の継続に向けて尽力致します。
 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加