石井伸之の国立市議会議員日記 国立市議会自由民主党明政会会派所属 福祉保険委員会委員長 議会運営委員 広聴委員 農業委員

東京都国立市の若手市議会議員(4期目)による日記 国立市政の最新情報を伝えていきます 

7月20日 本日は国立市商業まちづくり案報告会に参加しました

2016-07-20 23:52:23 | Weblog
 こんにちは、国立市商工会建設部会総代の石井伸之です

 本日は、芸小ホールで行われた国立市商業まちづくり案報告会に参加しました。

 演題としては「お客様を取り戻せ、今の国立 これからのまちづくりについて」です

 中小商店による様々な協力のお蔭で国立市は発展して来ました。

 しかし、近年になって周辺市における大規模商業施設の進出やノノワ国立などによって、苦境に立たされています。

 だからと言って責任転化することなく、自主・自立の気風に立って歩むべき道を探ることは素晴らしい事です。

 私自身も人間ですから、物事が上手くいかない時に愚痴の一つでもこぼしたくなります

 そこをぐっとこらえて、この案をまとめられた商工会の方々は、冷静かつ客観的に現状を分析して、次の一手を打とうと努力されています。

 最後に挨拶をされた五十嵐会長が総括として述べられていたように、こういった検討が将来に繋がること間違いないと思います

 私も国立市商工会の一員として応援して行きます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月19日 本日は会派代表者会議を傍聴しました

2016-07-20 22:26:40 | 国立市議会
 こんにちは、国立市議会自由民主党明政会会派所属の石井伸之です

 本日は午前10時より会派代表者会議を傍聴、午後1時からは広聴委員会に出席、午後2時からは自民党三議連の会議に出席、午後6時にはお通夜へ参列、参列後は立川での会議に出席、戻ってからは青柳すずめ会の踊りの練習に参加して一日が終わりました。

 帰宅後は増田候補の選挙ハガキを夜遅くまで作成しました

 本日受け取った選挙ハガキですが、明日までに立川の増田事務所へ届けねばなりません。

 十分な余裕のあった参議院議員選挙とは大違いです

 おそらくどの陣営も同じかと思いますので、できることを1つ1つ実施して行きたいと思います。

 話は変わりますが、昨日のブログで記した、戦後日本の分割統治を訴えたソ連案がありましたので、掲載いたします。

 日本がソ連や中国の分割統治受け入れた時のことを考えると、ゾッとします。

 この図を見ただけで、戦後の難しい舵取りをしてきた、吉田茂総理を始めとする政治家の苦難を伺うことが出来ます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月18日 本日は国分寺Lホールにて行われる増田ひろや都知事候補の個人演説会に出席しました

2016-07-18 23:12:15 | 自由民主党
 こんにちは、東京都知事選挙では増田候補を応援している石井伸之です

 本日は午前中に三田敏哉元都議が代表を務められているスリランカと日本の友好を深める団体が、谷保第三公園でクリケットを行うという事から、大谷議員、遠藤議員と共に、見学へ行きました。

 松本洋平衆議院議員も来られ、挨拶の中で戦後日本が米・英・中・ソによる4国の分割統治になりかねないところを、当時の英連邦内自治領セイロン(現スリランカ)代表がアメリカの一括統治を主張したお蔭で今の日本があるという話をされていました。←当時のスリランカ代表による、日本の分割統治を反対した感動的なスピーチがこちらのブログに書かれていましたので、是非ご覧ください。

 平成26年9月7日、日本スリランカ・ビジネス・フォーラムにおける安倍総理スピーチにおいても、詳しく述べられていました

 1951年のサンフランシスコ講和会議でソ連提案の日本分割占領案が実現した場合、この日本がどうなっていたか分かりません。

 こういった歴史的な事実を後世の日本人に伝えることも議員として大切な役目であると感じます。

 イギリス発祥のクリケットは、日本ではまだまだマイナーなスポーツです

 正直な所、私自身ルールも分かりません。

 実際に幅の広いバットでテニスボールを打ち返してみると、なかなか飛ばないことが分かります。

 また、ピッチャーが投げるボールはワンバンドさせても良い事から、とんでもない変化を付けて地面に叩きつける形で打者に向け球を投げていました。

 スリランカと日本の友好親善に向けて、努力して行きたいと思います。

 話は変わって、午後6時より国分寺駅駅ビルLホールにて行われる、増田ひろや都知事候補個人演説会に出席しました

 東京第19選挙区主催という事から、会場は超満員です。

 増田候補は180cmを超える長身でスマートな体型をしています。

 テレビでは「ズングリムックリ」な感じを想像していましたが、どこにでも動ける行動力が体に現れていました

 さて、応援弁士の方々が手短に数分の挨拶を終えた後、増田候補本人の話へ移ります。

 増田候補は、冒頭に鳥越候補、小池候補とのテレビ討論会がキャンセルされてしまったことを大変残念に感じているようです。

 8500人と言われているが、潜在的な待機児はもっと多いことから、鳥越候補、小池候補と論戦を交える中で、更に良いものへ高めて行きたいと言われていました

 つまり、それだけ今回の待機児解消プログラムに大きな自信を持っていると考えられます。

 また、待機児解消は各区市町村の仕事であることをしっかりと認識しており、それぞれの特色にあった支援をしたいと言われていました。

 特に国立市では、今年度中にテナントを改装した形での、小規模保育施設を民間で設置する方向ですので、この点に関する支援に期待したいと思います

 防災計画については、岩手県三陸地方の地震多発地帯で知事を務めていたこともあり、深い見識を持たれていました。

 その中でも、都の消防車650台、救急車250台では出来ることが限られているというのはその通りです。

 ハードに頼ることなく、ソフトに重点を置くことを明言されていました。

 つまり、要援護者がどこにお住まいなのか、しっかりと平時のうちから把握し、誰が誰を救い出すのか、しっかりとした避難計画を作成すると言われています

 それと大切なのは他県からの支援受け入れです。

 都民の支援をどのように受け入れるべきか?この発想は、非常に斬新で新しい発想ではないでしょうか?

 岩手県知事として周辺県と協調してきた経験がこういった部分に活かされると思います。

 都議会の冒頭解散というように、ある意味どこかに敵を作って、自分の立場を高める選挙手法はもう終わったのではないでしょうか

 また「政治の経験が無くとも、一度はやらせてみて欲しい」という言葉で痛い目を見たことを東京都民はもう忘れたのでしょうか

 増田候補は、他候補への批判は最小限に抑える中で、東京都をどうすれば素晴らしい街にできるのか、具体的な政策で数字を盛り込んで訴えています。

 また、優しい人柄が、一つ一つの言葉使いにも表れています。

 弱者救済を口で語るのは簡単です。

 しかし、問題点を表面化させ、具体論を持って問題を解決して行く手法を構築することは非常に困難な作業であることは間違いありません

 殆どの市区町村長が少子高齢化という大きな問題を抱えた中で、舵取りに苦労しています。

 だからこそ、増田候補の手腕に大きな期待を持っています。

 どうか、都民の皆様には、東京都の将来がかかっている大事な大事な都知事選挙ですので、増田候補への支援の輪を広げていただけますよう、心からお願い致します。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月17日 本日は谷保天満宮の盆踊りに参加しました

2016-07-17 23:31:48 | 青柳若葉会
 こんにちは、青柳すずめ会の石井伸之です

 本日は午前中、第三分団の消防操法訓練の支援をしました。

 訓練場所は、北多摩二号下水処理場です。

 日差しが雲に遮られてい間は、過ごし易かったのですが、お日様が照り始めると暑くなります

 支援内容としては、操法訓練で放水する水を、池から可搬ポンプで送ります。

 また、終了後にはホースの撤収といったところです。

 第三分団の皆さんが素晴らしい結果を残せるよう、支えて行きます

 夜からは、青柳すずめ会の一人として谷保天満宮の盆踊りに向かいました。

 谷保天満宮に到着すると、松本洋平衆議院議員も来られていました。

 松本議員は、地域の方々とのふれあいを大切にし、各地域の様々な行事に参加されています

 谷保天満宮の盆踊りは坂下町内会主催です。

 実は、子供の頃は第三中学校のそばに住んでいたことから、坂下町内会に所属していました。

 子供の頃に、子供はカキ氷が無料だったことから、同級生と競って10杯以上食べたことを憶えています

 その後、お腹を壊したかどうかは、みなさんの想像にお任せします。

 青柳すずめ会だけではなく、様々な町会より、多くの踊り手が来ていました。

 盆踊りで踊るようになって、3年目になると、徐々に他の地域の方の顔見知りが増えて来ます

 また、踊っている最中でも坂下町内会役員の方に声を掛けていただいたりというように、温かい対応に感謝です。

 国立市内では10カ所ほどの盆踊り会場があります。

 しかし、その会場に所属する団体の踊り手だけでは、盛大な盆踊りになりません。

 そこで、各地域の方々によるお互い様という考えで、踊り手が応援に行くということが盆踊りの文化に根付いているようです

 地域の方々による横の連携が盆踊りによって下支えされていることが分かりました。

 私はまだまだ下手な踊りですが、練習を重ねる中で踊りを覚えて行きたいと思います

 話は変わりますが、明日7月18日午後6時より国分寺駅駅ビルのLホールにて、増田寛也都知事候補の個人演説会が行われます。

 お時間ありましたら、一人でも多くの方に増田候補の話に耳を傾けていただければ嬉しく思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月16日 今、話題になっている不思議実験セット「つかめる水」を少し前に購入しました

2016-07-16 23:47:59 | 国立市議会
 こんにちは、国立市議会福祉保険委員会委員長の石井伸之です

 本日は、午前10時より国立市役所3階会議室にて広聴委員会と手話通訳者との懇談会に出席しました。

 国立市議会では、昨年4月に行われた国立市議選以降に広聴委員会が新たに設置されました

 広聴委員会の主な役目として、議会報告会(市民の意見を聞く会)の開催があります。

 そこで、聴覚障害者の方が議会報告会に来ていただけるよう、手話通訳をお願いするにはどういった形が良いのか、手話通訳者の方々に話を聞きたいということになりました。

 やはり、直接話を聞くことが一番と感じました

 議会報告会における聴覚障害者の来ていただける環境整備に向けて努力して行きます。

 夜には、福祉保険委員会として、公立保育園民営化について公立保育園保護者会役員の方々と懇談会を行いました

 国立市では現在公立保育園民営化を検討しています。

 しかし、公立保育園保護者の方々に対して、説明が十分ではないという事から福祉保険委員会委員長への意見書をいただいています。

 まずは、保護者会代表の方より、意見書提出の経緯について説明を受けました

 すると「十分な説明がされていない」が最初の不安です。

 公立から私立へ移行することに反対しているのではなく「私立へ移行すると、現在の保育がどうなるのか分からない」この点は、しっかりと受け止めねばなりません。

 懇談会を行って感じたことは、国立市が保育園民営化の財政効果6900万円を大きな理由として上げる割には、その効果額をどのように子育て支援へ活用するのか、具体的かつ明確にして欲しいということです。

 また、議会としても民営化に向けてどうすべきか、しっかりと考えて欲しいとの意見をいただきました

 いただいたご意見をしっかりと受け止め、保護者の不安解消とスムーズな移行に向けて努力したいと考えています。

 話は変わりますが、少し前に家内がパッケージを気に入り不思議実験セット「つかめる水」を購入しました

 今になると、入手困難らしく、どの書店でも売り切れ続出だそうです(定価の何倍もの高値で売っている店もあるそうです)

 開けてしまうのは勿体無く、作るに作れません。

 どういった薬品を使って、水がつかめるようになるのか不思議です。

 何でもそうですが、疑問に思う事から探究心が生まれるのではないでしょうか?

 夏休みに入ってから実験してみたいです。

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月15日 本日は議会運営委員会の後に増田ひろや三多摩事務所へ行きました

2016-07-15 19:16:45 | 自由民主党
 こんにちは、国立市議会議会運営員会所属の石井伸之です

 本日は午前10時より国立市役所二階委員会室で議会運営委員会が行われました。

 議題は懸案事項の協議です。

 議長挨拶の後に議題へ入り、最初に一問一答方式の協議に入ります

 改選前の議会で定めた、議会基本条例の中で一問一答方式を用いることは可能となっていますが、議会内のルールとも言える申し合わせ事項が決まっていません。

 改選前の議会運営委員長を務めていた私としては、正直な所、盲点でした

 そこで申し合わせ事項を定める中で、一問一答方式から一括質疑一括答弁へ急に変更できない旨を委員長に書き加えることを提案しました。

 以前、一問一答で一般質問をしながらも、時間が無いからと言って、簡単に一括質疑一括答弁へと変更してしまうのはいかがなものかと考えています

 一度宣言したものを軽々しく変えられるのは、議会として鼎の軽重を問われるのではないでしょうか?

 続いての懸案事項は、最終本会議における委員長報告に対する質疑です

 実は、7月6日に行われた広瀬先生の研修会によると、最終本会議において委員長報告の内容に無かったからと言って市長を始めとする当局へ質疑することは出来ません。

 そこで、先例201にある但し書きの部分を削除して議会ルールに則った形に改めるよう主張しました

 国立市議会だけの独自ルールを改め、正しい議会の在り方に向けて努力して行きます。

 その後は、遠藤議員と共に増田ひろや三多摩事務所で行われる青年部青年局の会議に出席しました

 明日は午前8時より遠藤議員が副車両長を務める中で、増田候補の確認車が国立駅を出発します。

 三連休の三多摩における増田候補選挙カー及び確認車の運行計画を定めました。

 また、7月18日午後6時より国分寺Lホールにおいて、増田ひろや候補の個人演説会が行われます

 もちろん誰でも入場できますし、入場は無料ですので、お気軽に参加下さい。

 増田候補の生の声を聞いていただき、一票を投じる判断材料にしていただければ幸いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月14日 本日は東京都知事選挙告示日を迎えました

2016-07-14 22:11:17 | 自由民主党
 こんにちは、国立市議会議員四期目の石井伸之です

 本日は東京都知事選挙の告示日を迎えました。

 大きな選挙の告示日と言えば、毎回恒例のポスター貼りです

 国立市内91カ所の公営掲示板に、応援する候補者のポスターを貼り出します。

 参議院議員選挙では生憎の雨でしたが、今回は晴天に恵まれました

 午前9時過ぎには増田候補のポスター掲示番号が、遠藤議員の携帯電話に入って来ました。

 GO、GO、GOと都政の混乱に終止符を打つべく突き進む「五番」です

 役割分担の中でそれぞれの地域に分かれ、ポスターを貼ります。

 私は青木議員の車に乗り込み、富士見台3丁目、4丁目の北部と西地域を中心に貼り出しました。

 どの候補も貼っていない、まっさらな掲示板にポスターを貼るのは気持ちの良いものです

 およそ一時間ほどで16枚のポスターを貼り、担当する分は終了しました。

 大変地道な作業ですが、都内各地で同じ増田候補のポスターを貼っている仲間と共に支えて行きます



 また、午後4時30分からは小雨の中を立川駅北口伊勢丹前で増田ひろや候補の街頭演説会が行われました。




 石原都連会長、谷垣幹事長、丸川珠代環境大臣、萩生田首席補佐官、井上信治環境副大臣といったそうそうたるメンバーが応援に駆け付けています

 そして、増田候補の街頭演説です。

 谷垣幹事長が演説していたように、増田候補に派手さは無く、地味な印象に映ります

 しかし、待機児解消に向けた「各地方自治体ごとの改善プラン作成」という発想は、さすがに行政経験者です。

 一言で待機児解消と言っても、市区町村ごとにそれぞれ事情が違います

 その違いを把握した上で、各市区町村にあった改善プランを作成して、地道に解決して行かねばなりません。

 また、嬉しく感じたのは、しっかりと首都直下型地震に対する備えをして行くという部分です

 マグニチュード7クラスの地震が30年以内に首都圏で発生する確率が70%と示されて以来、大きな課題となっています。

 「いつか」はこの瞬間かもしれませんし、50年後かもしれません。

 ただ、熊本地震が示すように、日本全国で大地震が発生する可能性があります

 既に、プレートの沈み込みによる地震発生メカニズムが明らかにされていることから、近い将来確実に大きな地震が発生することは間違いありません。

 首都機能を維持することは勿論のこと、都民の皆様を一人でも多く救う為の責任を認識し、その責任という重圧に負けない覚悟を示されていました

 個別具体的な案件についてもしっかりと数字と具体例を示し、改善する方向を指し示すことがトップの役割です。

 増田候補には中川参議院議員と同様に、派手なマイクパフォーマンスはありません。

 しかし、この人に任せれば「大丈夫」という安定感や安心感がヒシヒシと伝わって来ます

 混乱する都政に終止符を打ち、2020年東京オリンピック・パラリンピックを託せるのは増田候補であると実感しました。

 都民の皆様には、増田候補の考えに関心を持っていただければ幸いです。←増田候補のホームページに飛びますので、ご覧いただければ幸いです。
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月13日 本日は自民党国立総支部で東京都知事選挙に向けた役員会に出席しました

2016-07-13 22:33:43 | 自由民主党
 こんにちは、今回の都知事選挙において都政の混迷に終止符が打たれるべきと考えている石井伸之です

 本日は午後8時より支部事務所で行われる自民党国立総支部役員会に出席しました。

 松本洋平衆議院議員からは、小池氏ではなく増田氏を自民党推薦とした経緯について説明を受けます

 党本部における都連の会議でも説明を受けましたが、松本洋平衆議院議員の説明は理路整然としており、誰もが納得し理解できる内容です。

 ただ、正直な所、自民党所属衆議院議員と自民党が推薦する都知事選候補者が争う選挙になったことは「非常に残念」の一語に尽きます

 だからといって選挙は戦いですから、実務能力にたけた増田氏の当選に向けて全力を尽くさねばなりません。

 役員会ではこの点をしっかりと確認した中で、今後の日程について支部長より説明を受けました

 増田氏の三多摩における街頭演説は、16:30より立川駅北口、18:00より吉祥寺駅北口ロータリーで行われます。

 お時間ありましたら、増田ひろや氏本人の訴えを聞いていただければ幸いです

 写真は増田氏のプロフィールです。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

7月12日 本日は自民党国立総支部で都知事選挙に向けて準備を行いました

2016-07-12 23:58:59 | 自由民主党
 こんにちは、自民党国立総支部事務局長の石井伸之です

 本日は明日行う自民党国立総支部役員会に向けての資料作成や案内送付を行っていました。

 7月14日告示31日投開票で行われる東京都知事選挙に向けて、様々な準備を行っています。

 副事務局長である遠藤議員には、公営掲示板に貼るポスターの地図を準備していただいたりと、役割分担をしています

 マスコミ報道の中でもご存じかと思いますが、自民党では増田寛也氏の推薦を決定しています。

 ただ、本日の報道でも石田純一氏が不出馬表明があったと思いきや、鳥越氏の出馬表明というように目まぐるしく情勢が変化しています

 夜には本町商店会による谷保天満宮での「谷保らぼ夏祭り」に向けた打ち合わせを行いました。

 地域の方に喜ばれる本町商店会を目指し、大還元に向けた大抽選会を最大の目玉と考えています

 それ以外にも、子供の喜ぶイベントや定番の焼きそばフランクフルトなどの販売も行う予定です。

 8月21日午前11時から谷保天満宮で行われる「谷保らぼ夏祭り」にお出掛けていただけますよう、よろしくお願い致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月11日 本日は自民党本部8階ホールで都知事選挙に向けた合同会議に出席しました

2016-07-11 23:00:42 | 自由民主党
 こんにちは、自民党国立総支部事務局長の石井伸之です

 本日は午前11時より自民党本部で都知事選挙に向けた緊急支部長・常任総務合同会議に出席しました。

 昨日の参議院議員選挙で当選された中川雅治参議院議員を始めとする方々も出席されております。

 通常よりも一日長い18日間の選挙戦で疲労困憊かと思いますが、その疲れを全く見せない、元気な挨拶をされていました

 自民党本部前や8階ホール前には、大勢の報道陣が待ち構えています。

 まずは、石原都連会長、萩生田衆議院議員より都知事選挙の対応について説明が行われました。

 小池衆議院議員の件から始まり、増田寛也氏から推薦依頼があったことの説明を受け、増田氏本人から都知事選挙に掛ける決意表明がありました

 短い時間ではありましたが、決意表明の中で感じ取れることは「誠実さ」です。

 短い準備期間で17日間の都知事選挙に突入するという不安感と多くの方々からの期待感など、様々な想いが交錯する中を、都知事選挙に立候補するという決断をされたことを話されました

 また、停滞を許されない首都東京都政を前進させ、諸問題を解決するには、第一次安部内閣での総務大臣や岩手県知事という経験を活かしていただきたいと思います。

 増田氏の挨拶が終わり、本人が退席した後、出席者へ増田氏の推薦を諮ったところ、全員の挙手により都知事選挙への推薦が決定しました

 7月14日告示日のポスター貼りから始まり、7月31日の投票日に向けて長く暑い選挙戦がスタートします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加