TATSURO SHIBUYA + ARCHITECTURE LANDSCAPE DESIGN STUDIO

滋味な建築都市の設計に取組んでいます

【まちのまど】まちの居場所としてのカラオケ店

2016-07-18 12:11:38 | *まちのまど(カラパラ長井店)
【まちのまど】カラパラ長井店(2015年)
カラオケ店という用途上、個室が連続するために、どうしても単調な外観になりがちである。そこで、テラスや軒の出を利用した半屋外空間を建物のプランニングに取り入れることによって、「窓」をデザインモチーフとした楽しげで、入ってみたくなるような商業施設としての顔をデザインした。
内外に大きく穿たれた「穴」は建物の窓であると同時に、「人々を迎える入口=地域のまど」として地域に開かれている。

総2階、約500㎡(約150坪)というこの地域では比較的大きな建物のボリュームを「まど」によって分割し、まちのスケールに見合った大きさに見えるような工夫をしている。
また、大きな軒下空間や半屋外空間は、冬季の降雪や積雪からお客様を守るような、雪国の建築としての機能も併せもっている。


店内は、昼間の女子会や中高年の食事会などの一般利用も見込んで、明るく清潔感のある空間としている。
外で食事やお茶をする場所が極めて限られるような、地方都市における新しい「まちの居場所」という社会的なテーマにもチャレンジしている。


ようやく足場がとれました。
 Tatsuro SHIBUYA @ttrsby 16:32ようやく足場がとれました。 pic.twitter.com/bH2Rvf6q2gfrom Twitte...
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【白鷹の家】SuMiKaに特集いただきました

2016-07-12 00:00:56 | *白鷹の家
光が通る断熱壁のある家!すごい!
https://sumika.me/p/works/d5ce9eb28f00f046973f498732e1734cf126c220





雪国のすまいの未来形
雪国においては、降雪などの影響による日照時間の短さは、冬の寒さと同様切実な問題である。雪に閉ざされる冬の間、自然光をいかに享受するかは人々の健康的な暮らしと直結している。そこで、断熱性の高い透過性素材を用いた「採光断熱壁」を考案し、2階外壁の全面に採用した。

https://sumika.me/p/works/d5ce9eb28f00f046973f498732e1734cf126c220

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【西根の家】homifyに特集いただきました

2016-07-06 18:55:47 | *西根の家
homify日本版と韓国版に「西根の家」を掲載いただきました。

アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所의 모던 다이닝 룸

素敵な写真は船山裕紀さんに撮影していただきました。


<日本版>
風通しも眺めも最高!開口がぐるっと囲う平屋の住まい
https://www.homify.jp/ideabooks/854522

<韓国版>
전원생활의 소박한 정을 담은 단층 목조주택
https://www.homify.co.kr/ideabooks/737356

注)韓国版では岩手県になっていますが、山形県です。
→どこに連絡したらよいものか。。


homify韓国版に載っていたキーワードを箇条書きにしてみます。(google先生の翻訳だと日本版と内容違いますね。。それぞれに記者さんがいるのかな。。)
韓国での新規プロジェクトお待ちしております!!

개방적인 구성과 정감있는 툇마루

수평의 느낌을 강조하는 외부 디자인

개방감이 두드러진 내부의 평면구성

깔끔하고 밝은 분위기의 주방 디자인

마을 풍경을 담는 개구부 디자인

전통건축 요소를 적용한 다다미방

한 지붕 아래 두 채로 나눠 구성한 주택

아늑한 분위기가 머무는 현관

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【白鷹の家】homifyに特集いただきました

2016-06-27 23:37:48 | *白鷹の家
homifyに特集いただきました

テラスのようなリビング!大開口のあるモダンハウス
大きな開口によってまるでテラスのような開放感あるナチュラルモダンな住宅です。

https://www.homify.jp/ideabooks/854472


白鷹の家/SNOW LIGHT HOUSE: アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所が手掛けたモダンリビングです。


多雪地域で自然採光と温かさを両立させた間口3間の大開口を持つ明るく開放的な住まいです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【大磯の家】地盤調査/スウェーデン式サウンディング試験+ハンドオーガーボーリング調査

2016-06-24 13:05:47 | *大磯の家
神奈川県大磯町で取組んでいる大磯の家。
地盤調査を行いました。


海まで30秒!という好立地。
ただ、海に近い分、地盤調査は重要になります。
地盤調査をもとにその場所に最適な基礎形状を検討してまいります。
見えないところですが、何事も基礎が重要です(笑)。

ご縁をいただき、アースレイズさんに全自動のスウェーデン式サウンディング試験とハンドオーガーによるボーリング調査を行っていただきました。
アースレイズ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【西根の家】キッチンから見える最高の風景

2016-06-16 13:46:08 | *西根の家


キッチンから見えるソメイヨシノの大木。
すこし前のことですが、クライアントさまにご協力いただき、桜の季節の撮影を行いました。

住まいの中で過ごす時間のうち、キッチンで過ごす時間はすくなくありません。
住まいを考えるとき、キッチンから見える風景をリビングから見える風景と同じくらい大切にしています。

設計当初からこの桜の木を眺めながらすごしたい。
という思いは、共有しておりました。

実は、敷地の外の風景なのですが、農地整備を記念した石碑に植えられた記念樹のため、枯れることがない限りは、伐採される心配はありません。
こういった美しい風景を借景として建築に取り込んでしまう計画こそが、建築設計の醍醐味のひとつでもあります。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

東北住宅新聞に上山の家が掲載されました

2016-06-14 19:56:27 | 日々のくらし
築150年以上の古民家と蔵をフルリノベーションした「上山の家」を東北住宅新聞に取材いただきました。
断熱気密をしっかりと行い、開口部は高性能の窓とすることで雪国の厳しさを豊かさに変えるような、明るく開放的な住まいを実現しています。


東北住宅新聞 第7号 May 2016
http://tjpress.net/
特集「北海道に学ぶこと」





上山の家
大改造!!劇的ビフォーアフター『雪かきしながらトイレに行く家』(2016年3月20日放送)

ビフォーアフター山形初案件。
番組史上最高の高断熱高気密を徹底したリフォーム。

高性能住宅の施工を得意とする髙橋工務店さま(天童市)に施工いただきました。
雪国でもきちんと予算をかけてリフォームすることで、古い木組みや架構を生かした建築が可能です。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【そば処庄司屋御殿堰七日町店改修】現場も大詰め

2016-06-10 11:33:42 | *そば処庄司屋御殿堰七日町店改修
そば処庄司屋さんの御殿堰七日町店改修。


いよいよ現場も大詰めです!

そば処庄司屋 御殿堰七日町店
http://www.shojiya.jp/gotenzeki/
※1階は通常通り営業中です。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

『東北ジャーナル』6月号に掲載されました

2016-06-08 00:28:53 | Press
建設新聞社さんの発行する建設総合情報誌『東北ジャーナル』6月号「東北の若手建築家シリーズ」に掲載いただきました。
なんと6ページ(汗)。日ごろから考えている地方や雪国での建築の可能性や取組みについてインタビューいただきました。
いわゆる業界誌なので、大きな書店にはもしかしたら置いてあるかもしれません(大汗)。
http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/






Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【上山の家】ビフォーアフターのアフター

2016-05-31 19:23:21 | *上山の家/ビフォーアフター
「上山の家」
山形初となったABC朝日放送『大改造!!劇的ビフォーアフター』に「雪国の住医」として出演いたしました。
「雪かきしながらトイレに行く家」(2016年3月20日放送 2時間スペシャル)
http://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00171flam.html

~雪国の住医~
渋谷達郎 + アーキテクチュアランドスケープ / 一級建築士
地元山形を拠点とする、寒冷地住宅のスペシャリスト。日照時間が短く、家の中でこもりがちな生活を送る寒冷地に、断熱性や、気密性を高めながら、日の光を浴びることができる、開放的で暖かい住まいを実現する。

放送後、多方面からご感想やお問合せを頂いております。誠にありがとうございます。

断熱気密にこだわった住まいを実現するにあたり、施工いただいた天童市の橋工務店様をはじめ、山形県内外の多くの会社・事業所さま、職人さんにご協力いただきました。誠にありがとうございました。
まる一年にわたるたいへんなプロジェクトを実現できたことをご報告申し上げます。

オープンハウスでは160名もの方々にご来場いただきました。こんなに多くの方に来ていただいたのは、まったくはじめての経験でした。
バタバタで十分なご対応ができなかったことをここにお詫び申し上げます。


建築のデザインや断熱気密に関わる感想をたくさんいただきました。いずれもとっても温かい評価をしていただきました。
そのほか、とっても嬉しかった感想をいくつかご紹介させていただきます。

「あまりビフォーアフターは見ないのだけど、今回の案件は面白く見ることができた。」

「テレビ的なカラクリのような仕掛けは好きではないのだか、それがなくてよかった。」

「あっという間の2時間だった。」

などなど。

そして、一番うれしかったのが、クライアントがものすごく気に入ってくださったこと。
予算的に新築もできるのでは?と知人から言われたが、「古い梁や柱は、新築ではできないもの。元の骨組を生かしたリフォームにして本当によかった。」お金では買うことのできない「時間のデザイン」を生かしたリノベーションに関われたことを嬉しく思います。


オフショットを数枚紹介いたします。

スタジオ収録にて


スタジオ収録にて


Comment
この記事をはてなブックマークに追加