TATSURO SHIBUYA + ARCHITECTURE LANDSCAPE DESIGN STUDIO

滋味な建築都市の設計に取組んでいます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大磯の家、お引渡し

2017-03-25 21:44:41 | *大磯の家/旗地狭小住宅
神奈川県大磯町で取組んでいた旗地の狭小住宅、本日無事にお引渡しいたしました。


狭小地という敷地のポテンシャルを吹抜け空間を連続させることで高さ方向に生かした住まいです。


外構や植栽といったランドスケープの残工事は若干ありますがひと区切りです。
ご縁を頂いた建て主さま、実現に向けて協働頂いた施工チームの皆さまに心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


玄関から通り抜けできる土間、土間から2階の主室(リビング・ダイニング)、さらに主室から屋上テラスへと吹抜けが縦方向に立体的に連続しています。


空間をゆるやかに分節しつつも、全体として大きなワンルーム空間になっています。









Comment
この記事をはてなブックマークに追加

西根の家(山形県長井市)が第37回東北建築賞作品賞に内定いたしました

2017-03-16 19:23:50 | *西根の家


このたび、「西根の家(山形県長井市)」が第37回東北建築賞作品賞に内定いたしました。
自分の山の木を使って家を建てるという現在では稀有なご縁を頂いた建て主さま、施工いただいたマルニ建工さま、設計協力いただいた大類真光さま、このプロジェクトにかかわった多くの方々に感謝申し上げます。自分の生まれ故郷で取組んだプロジェクトがこのような名誉ある賞を頂けたことは、嬉しさと同時に身が引き締まる思いです。今後の励みにしつつ、「風景が生きる建築づくり」に引き続き取組んで参ります。

https://www.kensetsunews.com/archives/28845

西根の家
【 所 在 地 】山形県長井市
【設計監理】渋谷達郎+アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所
設計協力:大類真光建築設計事務所
構造:鈴木啓/ASA
【施 工】㈱マル二建工
製材:㈲渡部製作所
電気:㈲手塚電気
機械:㈱遠藤設備
建具:㈲齋藤木工
木製サッシ:アルス㈱
暖房:渡辺ヒーティング㈱
左官:原田左官工業所
内装:㈱尚古堂

東北建築賞作品賞は、東北地方においてその建築文化や環境形成の向上に貢献し、地球環境時代に相応しい優れた建築作品を顕彰することにより、東北地方における建築水準の発展に寄与し、学会と地域社会との交流を図ることを目的とされております。

(審査講評)
この住宅は、現代における雪国の農村集落における住宅のあり方をシンプルに体現していることが評価されました。除雪の負担となっている長い引込み道(序口)を短くし、前面道路と平行に建物を構えることで、伸びやかな屋根の姿が強調されています。外装には杉板が貼られ、杉材の縁側も軒下の心地よい風景を作り出していす。前面道路からの視界は、盛土によってほどよく遮断されていまが、垂木が表しになった室内からの空間的な広がりは十分に確保されています。建具の納まりがディテールまでよく検討されていることも評価されたポイントの1 つです。加えて、この住宅にはペレットストーブや地元メーカーの木製サッシが採用されていますが、冬季の温熱環境やコスト、夏季の風の抜けや開け放たれた窓辺の風景など、適切に考慮されていることも好感が持てました。ストーブ、木製サッシ、散水消雪システムは、設計者が過去の数々の住宅設計でも試行錯誤しながら採用してきた経緯もありますが、西根の家はその集大成のような位置付けであるようにも感じました。
http://news-sv.aij.or.jp/tohoku/kentikushouhtm.htm
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

街なみに馴染む建築

2017-03-15 09:54:34 | *大磯の家/旗地狭小住宅
神奈川県大磯町で取組んでいる旗竿狭小地の住宅。

だいぶできてきました。


新築なのにどこか懐かしい、鄙びた感じの外観。




内部は土間から屋上まで連続した吹抜けによって、狭小地の息苦しさを感じさせない明るく開放的な空間となっています。




断熱気密をしっかりおこない、雪国仕込みの性能を担保しています。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

雪の座布団のような、プライバシーを担保するマウンド

2017-03-01 09:16:41 | *西根の家
西根の家の冬の様子。

けっして雪に埋もれている訳ではありません。。
残土を活用して築いた土のマウンド(土手)。通りからの視線をカットしてプライバシーを確保するために計画しています。

西根の家は、このエリアの集落の建ち方に習って、東面して建っています。(西から強風がふくため)
冬の限られた日射を最大限取り込むために、リビングダイニングは間口5間(約9m)の大開口を計画していますが、大開口を成立させるためにマウンドというランドスケープ的な手法でプライバシーを担保しています。

だいぶ雪は減ってしまいましたが、今年はそこそこ降りました。
一晩で1m積もることもこのエリアでは日常です。


屋根は切妻ではなく、寄棟。
勾配は、建て主さんや大工さんなど地元の方々にヒヤリングして、確実に落雪するという三寸五分。(落雪勾配はエリアによって異なります)
積雪荷重2mという豪雪地域であるこのエリア。
屋根を寄棟にすることで一箇所に集中せずに雪を分散して落雪することが可能になります。
落雪した雪は、井水を利用した散水消雪で雪かき不要にしています。

寄棟は切妻に比べて、圧倒的に技術を要する屋根のかけ方。特に今回はプラン的な制約から45度ではない角度でひらいた寄棟になったために、施工の技術力が不可欠でした。一見すると単純な寄棟のように見えますが、地域の職人さんたちの優れた技術があって、初めて実現できた建物です。

自分の山の木で家を建てる。集落の建ち方に習った建築の配置。雪と生活との関係性。などなど
都市部では失われつつある建築と自然との関係性が、まだこのエリアでは微かに残っています。その糸口を丁寧に紐解き、形にする。そんな滋味な建築が好きです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

東北大学卒業設計・修士設計公開審査会にてゲストクリティークを務めます

2017-02-18 12:09:10 | 地域活動や学会活動などその他の活動
2/18は卒業設計・修士設計の公開審査会に東北大学に参ります!

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

日本建築家協会(JIA)の会員作品展と住宅相談会

2017-02-03 23:17:06 | Press
日本建築家協会(JIA:The Japan Institute of Architects)は、設計専業の建築士のみで構成される公益社団法人です。
個人の設計事務所だけでなく、たくさんの所員がいる大きな組織設計事務所まで、全国で約5,000名の建築家が所属しています。
東北支部山形地域会では、私を含めた約30名の正会員が活動をしています。

一般にあまり知らていない「建築家」の生業について広く知ってもらう機会として、毎年会員作品展を開催しています。
本年度も以下の日程にて開催いたします。



山形地域会会員作品展・住宅相談会
 日   時  :2月4日(土)12:00~18:00、2月5日9:00~17:00

 場   所  :山形県緑町庭園文化学習施設「洗心庵」多目的ホール
         山形市緑町1丁目4番28号
         入場無料

 ※渋谷は4日の正午ごろ、5日の午前中および15以降に会場におります。 
  住宅等の設計のご相談も対応いたします。


お問合せ:JIA山形地域会事務局
〒990-2414 山形市寿町11-15羽田設計事務所内
Tel:023-622-2818 Fax023-641-2404
E-mail:hada@hada-sekkei.jp

2016年度 山形地域会会員作品展・住宅相談会のご案内
http://www.jia-tohoku.org/blog/yamagata/entry-688.html




同時開催!!

第4回サクラマスの学校
― 新入会員歓迎スライド上映会 ―

今般山形地域会にご入会いただいた3名の会員の方々を囲み、ご自身の活動などをご紹介いただきながら懇親を深める会として、企画いたしました。

 日   時  :2月4日(土)  18:30~21:00

 場   所  :蔵 オビハチ
         山形市十日町3-1-43  TEL・FAX 023-626-2737

 会   費  :3,000円(軽食+2ドリンク) 3杯目以降はキャッシュオン
         ※新入会員は無料

        18:30開宴
        新入会員スライド会
        矢野英裕会員、井上貴詞会員、石山多喜子準会員

お問合せ・申込:JIA山形地域会事務局
〒990-2414 山形市寿町11-15羽田設計事務所内
Tel:023-622-2818 Fax023-641-2404
E-mail:hada@hada-sekkei.jp
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

美しい白銀の世界をあたたかい室内から眺めるという豊かさ

2017-01-24 16:41:52 | *白鷹の家
【白鷹の家】
間口3間(W5,460mm)の大開口から眺める雪景色。
木製サッシでしっかり守られた部屋の中はペレットストーブの暖房でぽかぽかです。


アーキテクチュアランドスケープのFacebookページも併せてご覧ください。
https://www.facebook.com/ArchitectureLandscapeDesignStudio/
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

雪国あるある

2017-01-15 17:16:19 | 日々のくらし


車に積もった雪を落とす

落ちた雪を雪かきする

地面に積もった雪を雪かきする

雪かきしているあいだに車に積もった雪を落とす

(最初にもどる)
無限ループ。。

#雪国あるある
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Season's Greetings 2017

2017-01-02 19:48:41 | 日々のくらし
Season's Greetings 2017
上山の家『大改造!!劇的ビフォーアフター(雪かきしながらトイレに行く家)』
本日YTSにて再放送されました。

TATSURO SHIBUYA + ARCHITECTURE LANDSCAPE DESIGN STUDIO
http://www.alds.jp/
※喪中につき、新年のごあいさつを失礼させていただきます。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

新しい年に向かって!本年もありがとうございました。

2016-12-31 23:00:34 | 日々のくらし
おかげさまで、今年もたくさんのご縁を頂きました。
ありがとうございました!

テレビ劇的ビフォーアフターの匠「雪国の住医」として取組んだ古民家の超断熱リフォーム『上山の家(雪かきしながらトイレに行く家)』(3月20日全国放送2時間スペシャル)。


木造耐火建築物の店舗リニューアル『庄司屋御殿堰七日町店』。


神奈川の準防火地域で取組んでいる『大磯の家』などなど。。


お客様やつくり手の職人の皆さまとチーム一体となって一緒にチャレンジさせていただきました。
2016年は公私ともに節目の年となりました。

「風景が生きる建築をつくる」渋谷達郎+アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所では、設計事務所だからこそ可能なさまざまなことに、引き続きチャレンジして参ります。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。
新しい年が皆様にとって、おだやかで健やかなよい年となりますよう祈念いたします。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加