TATSURO SHIBUYA + ARCHITECTURE LANDSCAPE DESIGN STUDIO

滋味な建築都市の設計に取組んでいます

【東鳴子温泉郷プロジェクト】湯治宿体験

2016-09-27 13:32:37 | 地域活動や学会活動などその他の活動
ご縁で東鳴子温泉郷へ地域おこしのお手伝いに行ってきました。

写真は鳴子温泉駅ですが。。


東鳴子温泉郷は、いまでも湯治宿が残る温泉郷。
湯治宿といえば、長期滞在のための自炊。
自炊が可能なみんなの台所があるのが特徴です。

今回は、旅館大沼さん、宿みやまさんにお世話になりました。ありがとうございました。

旅館大沼:http://www.ohnuma.co.jp/
山ふところの宿みやま:http://www.yado-miyama.com/


キッチンに併設したダイニングスペース(旅館大沼)
なんとクラウドファンディングで資金を調達してリノベーションしたばかり!
アーティストユニットの生意気が手掛けています。

これらのいまあるものを生かしながら、新しい付加価値を提供するような、そんなお手伝いができたら素晴らしいと思っています。
とはいえ、温泉!ですから、まずは楽しみながら、癒されながら、取組んで参りたいと思います。


今回は、自炊体験を兼ねた勉強会を行いました。


さっそく、近くの道の駅の産直、そしてローカルなお店で食材を調達してきました。


地元の食材で皆でこしらえた「団子汁」。



翌朝の朝食は残りものを美味しくいただきました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【西根の家】『オシャレな平屋外観。』homify日本版に掲載されました

2016-09-24 19:31:41 | *西根の家
homify日本版に「西根の家」が掲載されました。

西根の家/House in NISHINE: アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所が手掛けたモダン家です。


寒さを気にしない超高性能窓を採用した明るく開放的な雪国の建築の未来形デス。
和風にカテゴライズされてしまっています(笑)

https://www.homify.jp/ideabooks/1319817/オシャレな平屋外観。あなたならどれを選ぶ?



ゆったりとした山並みの中に建つこちらの住まいは、縁側がぐるりと住まいを囲む昔ながらの佇まいを持つ日本的なスタイル。
リビング・ダイニング・キッチンと大きくゆとりある間取りに沿う縁側の窓も、楽に全開放できる引き戸式です。
軒下に作られた長い縁側は、部屋の中へ入る日光量を調節してくれ、また夏場は直接日差しが入らず涼しく過ごすことができます。
自然を活かし、自然を生活に取り入れることのできる縁側のある和風の住まいは魅力的ですね。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ギフト

2016-09-16 06:51:21 | *大磯の家
大磯の家の模型と図面を持って打合せへ
クライアントへの大切な贈り物、しっかり届けます。




山形⇄神奈川がしばらく続きそうです。
ご縁に感謝いたします。ありがとうございます!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

白鷹の家がhomifyに掲載いただきました。

2016-09-12 12:21:17 | *白鷹の家
白鷹の家がhomify日本に掲載されました。

homifyはドイツ発の建築ウェブサイトです。

黒と木のコントラストが美しいモダンなファサード5軒!

外と一体になれる空間を持つ家
白鷹の家/SNOW LIGHT HOUSE: アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所が手掛けたモダン家です。

長方形の外観がくりぬかれたようなスペースを持つ家。内部からはデッキスペースが広がり、居住空間が包まれているような安心感を感じられるようになっています。内部から見ると、建具をすべて引き込むと外部の穏やかな風景が広がり、まるで絵画の中に溶け込むような空間でゆったりとくつろぐことができるでしょう。黒いクールな外観とは対照的に、内部は木のぬくもりがあふれる優しい空間が広がります。晴れた日には窓をすべて開け放ち、木に包まれたリビングでコーヒータイムを楽しむのも良いでしょう。アーキテクチュアランドスケープ一級建築士事務所がこの家を手がけました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

アフターフォロー/半年点検

2016-09-10 09:54:26 | *上山の家/ビフォーアフター

「上山の家」も竣工から半年が経過いたしました。
アフターフォローも兼ねて、住み心地のヒヤリングにお伺いしてきました。
今回は、断熱材を協賛いただいたマグイゾベールさんと一緒に行ってきました。

まだひと冬越していないので、夏の感想をお聞きしました。
初年度ということもあり、基礎から上がる湿気の影響か、湿度が高めの印象ですが、概ね快適に住まわれていてホッとしました。

外壁に張った杉の下見板張りが、とってもいい感じの色になってきていました。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ピザ焼きはじめます!シェフ/建築家

2016-09-03 22:39:43 | いいもの
私達の事務所では、「建築」の役割を単に建物を建てることではなく、その土地や、そこに住む人々の背景をさぐり、その土地らしく、その人らしい暮らしの礎を見いだすことだと考えています。

「アーキテクチュアランドスケープ」という長い名前ではありますが、建築と風景をつなぐ、そんな意思を込めた名前でもあります。

さて、いきなりですが、「ピザ焼きはじめます!」









以前から気になっていたペレットで焼けるピザ窯が事務所に届きました。
さっそく設置して(といっても組立てるだけですが。。)練習開始です。

「地域の技術、地域の材料をつかって建築をする。」

「地域に伝わる方法、地域の食材をつかって料理をする。」

建築家とシェフ、似ていると思いませんか?
そんなシェフのような建築家が理想です。

なお、このピザ窯、ポータブルなので、出張も可能です。
ご用命いただければ、どこへでもお伺いいたします(笑)

生地はこの粉で練習中。

「カプート サッコロッソ ピッツァイオーロ」


「カプート コンフェツィオーネ」
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

山形の夏の頂き物

2016-08-27 14:12:36 | 日々のくらし
山形の夏はお盆を過ぎると日に日にすごしやすくなります。
最近頂いた山形の旬をおすそ分け。
順不同、脈略はとくにありません。。


腰掛け庵の蕨餅。かき氷も美味しいですが、鉄板は蕨餅。たまに食べたくなります。。



だだちゃ豆。お隣さんからの頂き物。



山交ビルのビアガーデン。開店と同時に入店したら貸切状態でした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

インターンシップ

2016-08-26 18:58:26 | 地域活動や学会活動などその他の活動
久しぶりの更新です。

私たちの事務所では、随時、学生さんのインターンシップ(オープンデスク)を受け入れています。
例年、夏休みを利用して、研修にくる学生さんが多いです。

設計事務所ってどんなところなのか、事務所によって考え方や仕事内容も違いますので、まずは知る手立てのひとつにしてもらえれば幸いです。
私も学生時代は、さまざまな事務所にオープンデスクやアルバイトにいきました。
限られた時間ではありますが、そこでのさまざまな経験を通じて、スキルアップや人とのつながりを広げる機会にできました。

今年は高知からインターンに来てくれました。
なんと!バイクで山形まで来てくれたツワモノ。


3週間のインターンを終え、帰っていきました。

なんだか、旅に出たくなりました。。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【まちのまど】まちの居場所としてのカラオケ店

2016-07-18 12:11:38 | *まちのまど(カラパラ長井店)
【まちのまど】カラパラ長井店(2015年)
カラオケ店という用途上、個室が連続するために、どうしても単調な外観になりがちである。そこで、テラスや軒の出を利用した半屋外空間を建物のプランニングに取り入れることによって、「窓」をデザインモチーフとした楽しげで、入ってみたくなるような商業施設としての顔をデザインした。
内外に大きく穿たれた「穴」は建物の窓であると同時に、「人々を迎える入口=地域のまど」として地域に開かれている。

総2階、約500㎡(約150坪)というこの地域では比較的大きな建物のボリュームを「まど」によって分割し、まちのスケールに見合った大きさに見えるような工夫をしている。
また、大きな軒下空間や半屋外空間は、冬季の降雪や積雪からお客様を守るような、雪国の建築としての機能も併せもっている。


店内は、昼間の女子会や中高年の食事会などの一般利用も見込んで、明るく清潔感のある空間としている。
外で食事やお茶をする場所が極めて限られるような、地方都市における新しい「まちの居場所」という社会的なテーマにもチャレンジしている。


ようやく足場がとれました。
 Tatsuro SHIBUYA @ttrsby 16:32ようやく足場がとれました。 pic.twitter.com/bH2Rvf6q2gfrom Twitte...
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【白鷹の家】SuMiKaに特集いただきました

2016-07-12 00:00:56 | *白鷹の家
光が通る断熱壁のある家!すごい!
https://sumika.me/p/works/d5ce9eb28f00f046973f498732e1734cf126c220





雪国のすまいの未来形
雪国においては、降雪などの影響による日照時間の短さは、冬の寒さと同様切実な問題である。雪に閉ざされる冬の間、自然光をいかに享受するかは人々の健康的な暮らしと直結している。そこで、断熱性の高い透過性素材を用いた「採光断熱壁」を考案し、2階外壁の全面に採用した。

https://sumika.me/p/works/d5ce9eb28f00f046973f498732e1734cf126c220

Comment
この記事をはてなブックマークに追加