放浪のページ 別冊ブログ

バイク・ツーリングやアウトドア、それに街歩きにグルメなど。ホームページや巡礼と芸術の別ブログもあります。左下のリンクで。

2017新幹線スキー ガーラ・スキー場

2017年01月22日 18時55分01秒 | アウトドア


今年も新幹線でスキーにでかけた。JR SKISKIだ。昨年久しぶりに滑ってみて、まだ体力があると思ったし、なによりスキーは楽しいので、2017年は去年以上に雪山にゆく気になっているのだ。まず手始めにひとりでガーラ・スキー場にでかけることにした。

利用したのは新幹線とガーラ・スキー場のゴンドラ・リフト1日券がパックになった商品、ワンデーGALAだ。指定席は売り切れていたので自由席で設定した。大宮ーガーラ湯沢駅の往復で12300円である。えきねっとで予約して、切符の受け取りは指定席券売機に決済につかったクレジット・カードを入れるだけだ。これでチケットが発券されるから、すごい進歩だよね。

大宮駅発6時50分の新幹線にのったが、首尾よく自由席にすわることができた。2階建て新幹線は2階が人気なので、1階を狙ったのが正解だった。席がなくても1時間弱でガーラ湯沢につくから、立ってゆくのもかまわないとは思っていたが。



ガーラ湯沢駅に7時41分に到着した。駅の改札をでるとスキー場の受付があり、ここでゴンドラ・リフト券を受け取るのだが、カウンターは奥に長い。手前は混むので先に行くのが正解だ。昨年は手前にならんで時間がかかってしまったので、それを教訓として今年は5分ほどで受付をすませた。

上の画像は受付の先にあるスペース。売店に食堂、レンタル・ショップなどがならんでいる。エスカレーターで上階にあがるとロッカー・ルームだ。



ここがロッカー・ルームの入口で、ロッカーの利用料は1日で1000円である。何度でも出し入れ自由なのだが、今日はこれを存分に利用する予定だ。



レストラン。



8時15分にゴンドラでゲレンデについた。三連休の初日だったが朝は空いていた。



天候はくもり。気温はマイナス1℃。8時30分営業開始の中央ゲレンデ右のリフトが、8時20分にオープンしたのでそれにのり、中央ゲレンデを滑りはじめた。



道具はいつもの古いもの。ラングの靴にK2のスラロームの板。シナノのポールである。



中央ゲレンデで足慣らしをしていると石内丸山に連絡する北エリアが営業を開始した。こちらの方が空いているし、初心者が少ないので北エリアを滑る。スキーヤーの出足はおそい。空いていて1時間でかなり滑ることができた。

去年はなんの準備もせずに滑走したのだが、今年は自転車にのってトレーニングをした。少しだけだが、これがきいている。



昨年よりも体がうごくので急斜面にもいってみた。去年は急斜面を滑ると一気に足にきたが、今年は大丈夫だ。2回つづけてコブ斜面に入ったがへろへろにならない。コブ斜面は上手く滑れないが、コブを滑るとスキーの板の踏み方やまわし方が上達した。これはいつものことだが、砂利道を走るとバイクに乗れてくるのと似ているんだよね。



11時前にゴンドラでロッカー・ルームにもどることにする。中央ゲレンデは混雑してきていた。



下りのゴンドラは急角度でおりてゆくから怖い。スキー・センターにもどると今ごろ来ている人もたくさんいる。新幹線でくる人はガツガツしていないんだね。



ロッカー・ルームでしようとしたのは食事だ。



スキー場のレストランはものすごく混むし、料金も高いので、キャンパーの私は椅子をもってきたのだ。おにぎりやサンドイッチはコンビニで買ってきた。ビールだけ売店で買ったが400円もした。



ロッカーの前にすわって昼食をとる。他にもそんな人がいるのじゃないかと思ったら誰もいない。私だけだ。途中でパパ・ママ・子供のグループがきたけど、おっさんは気にしない。お得にランチができて満足だ。



11時半にはゲレンデにもどり、また休みなく滑る。急斜面にも入ったが、手ごわい。うまく滑れないね。



いちばん標高の高い南コースにもいってみた。ここのコースが距離が長く斜度がきつい。急斜面ではないが。午後は晴れた。雪山の景色がきれいだ。



13時をすぎるとさすがに疲れてしまった。中央ゲレンデ下のレストラン・売店コーナーで、こしひかり越後ビール360円でブレイクする。去年は座ることもできないほど混雑していたが、今年はベンチに腰をおろすことができた。新幹線はは東京駅始発だから外人さんが多くいる。場内放送は日本語、英語、中国語に韓国語だ。リフトの広告は東京駅の地下街の店のものである。3割くらいが外人のような感じで、中国人や韓国人、白人は去年もいたが、今年は中東の方も来ていた。どんどん国際化するね。



一息ついてまた滑る。



休んだら体力が回復した。



北エリアのガーラ湯沢駅への下山コースの入口になっているリフトの斜面が面白い。スキー・スクールがポールの講習をしているところだ。ほどよい斜度と距離なのでここを力まかせにすべる。ガーラはコブ斜面でなければ他は滑りやすいコースだ。



16時に中央ゲレンデにもどり、トンネルをぬけて下山コースでガーラ湯沢駅にもどることにする。本来は北エリアから下山するのだが、雪不足で中央ゲレンデから下るようになっていた。



トンネルの入口。



このトンネルが長い。しかも階段ののぼりだ。キツイ。次はもうここはこないぞ。トンネルを歩くよりゴンドラに乗るね。



下山コースは長くて、急で、狭い。足にきているのでターンができなくて、疲れきって駅についた。



駅の入口。



帰りの新幹線は2階の自由席にすわれた。となりは中国人で、日本人は一家族だけでまわりはほとんど中国のファミリーだった。それから英語を話す人たち。ここにいる中国の人たちはとても上品だ。新幹線で家族でスキーにこれるのは上流の人たちなのだと思う。だから気持ちよく酒をのめた。

家にかえって寛いでいたら、ももと手首と腰に首が痛くなっとしまった。風呂に入ってもダメだ。でも、スキーはいい。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年車検とプラグ・コードとキャップ、サイドスタンドの交換

2017年01月16日 22時19分45秒 | バイク・メンテナンス


2016年の12月にDRの車検をとった。いつもメンテナンスはしていないので、今回はブレーキ・オイルの点検、エンジン・オイルとフィルターの交換、燃料添加剤の注入、各部の点検と整備を実施してもらった。

費用はここまでで59308円。距離は92862キロだ。



合わせて気になっていた始動性を改善するために、プラグ・コードとプラグ・キャップの交換を実施した。純正品ではなく、気になっていたNGKのパワーケーブルという製品にしてみた。少しでも始動性をよくしたいので、純正品よりも格段に通電性がよいというこのパーツを選んだのだ。効果は抜群で、始動性もアイドリングも、これは違う、と感じるほど向上した。価格は4600円(ツイン・プラグなので2セット)。工賃5000円。パワーケーブルは赤や黄色、青の製品もあるが派手になるので黒にした。



またサイド・スタンドのへたりもひどくなっていたので、こちらも交換した。ショップに整備に持ち込むと、驚かれるほどバイクが傾くし、スタンドの先端のカップ状の接地面も錆で失われているのである。びっくりしたのはその値段で、28000円だった。在庫部品は資産として課税されるそうで、古い部品は高くなるものなのだそうだ。それでもサイド・スタンドの修理と考えれば安いしーーじっさいに修理をしてくれるところがあるだろうかーー1990年型のバイクのサイド・スタンドがあるのも有難いではないか。工賃は4000円。



交換してみるとこちらも新車のような状態にもどった。傾きは是正されたのだ。へたったスタンドはフレームとの取り付け部が開いてしまっていて、傾きが大きくなっていたそうだ。しかしこの部品は私がオーダーするまで20年以上倉庫で待っていたのかなと思うと、いじらしく感じられた。

始動性とへたったスタンドが悩みの種だった。これでそれらが解決したから、まだまだDRに乗れそうだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釧路の洋食店 麻里の

2016年12月24日 09時27分07秒 | グルメ北海道


2016年9月の北海道ツーリング。釧路で昼時となった。ガソリンが少なくなったので、ホクレン(GS)に入ったついでに近くのおすすめのお店を聞いてみた。するとこの先に日本橋というそば家と2件の洋食店があり、その3件がおすすめとのこと。

国道44号線を釧路から別保方向にすすむと、メルヘン調の建物の洋食店がある。雰囲気がよいのでここに入ることにした。



それが『レストラン 麻里の』だ。



ランチ・タイムで店内は賑わっている。カウンターに腰をおろして、ベテランのウエイトレスさんにおすすめを聞くと、ハンバーグとのこと。でも、隣りの男性が食べている料理に目が釘付けになってしまった。メニューに写真つきで紹介されている四つの料理のひとつ、右上にある目玉ハンバーグスパミートだ。

お得なランチ・メニューやご当地B級グルメのエスカロップもあるが、目玉ハンバーグスパミート1050円を注文した。



料理は10分ほどでやってきた。鉄板のステーキ皿の半分にハンバーグがのり、のこりの半分にはミートソース・スパゲティーが盛られている。その中心には目玉焼きがトッピングされている素晴らしいB級グルメだ。これが嫌いな人はいないのではなかろうか。



デミグラス・ソースのかかったハンバーグと甘めのメートソースのスパゲティーは万人に受け入れられる味だ。ハンバーグは200グラムはありそうで、スパゲティーも150グラムはあるだろう。鉄板は熱してあるので、ハンバーグは熱々で、パスタは焼けてパリパリとしてくる。その食感もたのしい。

ハンバーグとミートソースの上で玉子焼きをくずして食べると、たまらない満足感を得られた。

ここは料理を父と娘が、ホールは母が担当しているように感じられた。接客もよかった。店名の由来は、娘さんが麻里さんなのかな、それともお母さんの名前かな、と考えてしまった。

5店満点で3,5点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

根室・花咲港にあるカニの直売所 大八食堂

2016年12月17日 10時07分41秒 | グルメ北海道
2011年の北海道ツーリング。

花咲ガニが食べたくて根室の花咲港にやってきた。



北海道には美味しいものがたくさんあるが、私はこれがいちばんだと思っている。



7・8年前にも利用した漁港入り口の大八食堂にはいる。

食べていく? それとも送る? と聞かれたので、食べて送る、と答えた。

カニは茹で上がって店頭に並んでいる。
裏で釜茹でにしているのだ。
どのカニを食べていくかと問われて、ひとりなので小さなもの、600グラムで1800円のカニをえらんだ。



店内のカウンターにすわるとカニとともに、サービスの鉄砲汁と秋刀魚の刺身をだしてくれる。
鉄砲汁は出汁がでていて美味しい。
私はこの店以上の鉄砲汁を知らない。
秋刀魚は凍っていてルイベのようだが、ネギがたっぷりとかかり、脂が乗っていてとろけるようだ。
秋刀魚は一味をかけて食すのがよいそうだが、それを聞き逃して醤油で食べてしまった。
一味でも味をたしかめたかったのが残念である。



それよりも何よりも美味いのが花咲ガニだ。
カニの中でいちばん味がよいのが花咲だと思う。
問答無用の美味である。

カニはまず足をすべて折り、腹についているはかまをはずして、胴から平らげていく。
カニ味噌がたまらない。
つぶづふの内子は味がなくて苦手なのだが、それも食べてしまう。
その後に足にとりかかり、40分ほどで完食した。
これが1800円は安い。
札幌や函館よりも格段の安さだ。



食べ方がわからない方は、親切に教えてもらえる。

食後は土産にカニを発送した。
首都圏への送料は1600円ほど。
カニを送るだけでも喜ばれるが、それが花咲ガニとなると一際である。


2016年8月の追記。
この店は建物を建て替えて店主も代替わりしたようだ。NHK・BSの火野正平が自転車で旅をする、こころ旅に登場したせいか、私のブログの中でも上位のヒット数をかさねている記事である。再訪してみたいと思っている。



2016年の9月。
ここのカニが忘れられなくてまたやってきた。

大雨の日の14時20分に店につくと客はいない。店は新しくなっており、女将さんと娘さんが所作なげにテーブル席にすわっている。小上りにはここの主人だろうか、男性が眠っていた。



店に入って店頭にあるカニを選んだ。ひとりならこれくらいと女将さんが言うが、それよりも大きな700グラムのものにする。値段は3450円と以前よりもだいぶ値上がりしている。高いなと思ったが、ここでしか食べられないし、楽しみにしてきたのでそれをお願いした。ーー上記のように2011年はグラム3000円だったが、グラム5000円に値上がりしていた。



女将さんはカニをカットしてくれると言う。以前は切ってくれなかったと答えると、先代の最後の頃はカニを切る力がなかったとのこと。たしかに2011年とその前には弱っていらした。



見事なハサミさばきとパワーで一気にカニを切ってくれた。こうしてもらうと格段に食べやすくなる。さてそのご馳走を食べてみると、前よりも美味しくない。ジューシーさと甘さが足りない感じなのだ。こんなものだっただろうか、何かがちがうなと思いつつたべる。何度も口にしたから味になれてしまったのか。それとも知人が来たので起きだした主人が、すぐとなりで世間話をはじめたのが気になるのか。さらにタバコまで吸いだしたのが我慢がならないのか。



娘さんが鉄砲汁をサービスしてくれた。これは薄味でネギがたくさん散らしてあり美味しい。以前あったサンマの刺身のサービスは、サンマの不漁でなくなっていた。

女将さんがお菓子をサービスしてくれる。ありがたく頂戴した。

カニは値上がりしていてキロ5000円だそうだ。もっと高いときもあったそう。カニ屋泣かせの高値だと言っていた。東北の震災では津波が1メートルもきたそうだ。建物が痛み、斜めになった店でその翌年まで営業したが、建て替えたとのこと。

15時30分に料金をはらって店をでた。カニをたべるのは時間がかかる。

今回は雨でカニの回転が悪かったのだろうか。それとここはいろいろと気にする人にはあわない店だ。

私もつぎは他の店もためしてみようかな。

下の評価は2011年のもので、再訪で食べログの点数を下げている。3,7点。これでも甘いかな。


大八食堂 定食・食堂 / 花咲駅
昼総合点★★★★ 4.0


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

カクテルバー・スプーン 旭川

2016年12月10日 10時07分24秒 | グルメ北海道


2016年の9月。旭川にやってきた。まずジンギスカンの大黒屋にゆき、ジンギスカンをたのしんだ。もうなにも食べられないが、酒は飲み足りないので、あらかじめしらべておいたバー・スプーンにいってみることにした。



店についてみると入りづらいムードだ。ドアを押して中に入るのに思い切りがいる。でも年をくっている図々しさを発揮して店内に足を踏み入れた。

店に入ると客はいない。そのことで気後れを感じるが、女性のマスターがフレンドリーにむかえてくれて、カウンターに案内された。椅子をひいてくれる。カウンターの中には男性のバーテンダーさんがいて、こちらもにこやかにむかえてくれた。



バーはほとんどゆかないので何をたのんだらよいのかわからない。そこでおすすめを聞くと、黒板に書かれたリストで丁寧に説明してくれる。そのいちばん上にあった、ウォッカベースでワサビをきかせたカクテルをお願いした。



注文するとナッツがでて、さらにお通しもきた。私がこれまでいったことのあるバーではお通しはでなかったが、席料がかかるかお通しが出るケースが多いようだ。

お通しは生ハムだ。もう食べられないほど満腹なのでこれは困ってしまった。

銅のカップでカクテルは供された。さっぱりとしているが、後味でワサビの辛さがピリリとくる一杯だった。



大黒屋でラムをたべてきたので、リストにあるラムをストレートでお願いする。するとテイスティング用の小さなグラスでチェイサーといっしょにだされた。香りがたつようにこのグラスをえらんだとのこと。たしかに香りがグラスのなかからとどく。オヤジ酒場ばかりにいっているから、バーはとても新鮮だ。

お通しもおいしい。全部食べられないのが残念だ。生ハムの付け合せのサラダのドレッシングが気に入って、オイル&ビネガーですか、とたずねると、マスターがとなりのビストロに聞きにいってくれた。お通しはそこからきたのだが、店がつながっている隣のフレンチ・ビストロは、マスターのご主人が経営されているそうだ。ドレッシングはオリーブオイルにハーブと生姜、ニンニクなどをブレンドしたオリジナルとのこと。

バーではマスターやバーテンダーさんといろいろと会話をすることになる。私が大黒屋でジンギスカンをたべてきたが、日本一美味しいと思う、と言うとおふたりは同意されない。大黒屋のジンギスカンは焼いてタレにつけてたべるが、これは札幌のスタイルなのだそうだ。旭川の流儀は、タレに漬け込んだジンギスカンでなければならないとのこと。松尾ジンギスカンのようにだ。

たのしい一時がながれてゆく。

ラムを飲んだところでお会計にした。料金は3600円。マスターがドアまでおくってくれた。



バーは17年目でビストロは3年目とのこと。女性のマスターが、若いころから旭川で3本の指に入ると言われる店をつづけている人間力に、感服する。

5点満点で4点。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加