王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

東日本大震災から1年 政府が追悼式

2012-03-12 07:42:21 | 東日本大震災
冥福祈り、政府が追悼式=首相「復興が歴史的使命」―東日本大震災から1年(時事通信) - goo ニュース

昨日11日は東日本大震災から1年目でした。
政府主催の追悼式には天皇皇后両陛下が参列され地震の起きた午後2時46分参列者1200人とともに黙とうを捧げ犠牲者の冥福を祈っていらっしゃいました。
夕刻のTVニュースは各地での追悼式を映像で流しています。
中にはサイレンの吹鳴の中で祈りを捧げるところがありました。
以前も書きましたが浜爺は「サイレンの吹鳴」を聞くと脈拍が速くなるのですよ。これは頭のどこかが70年くらい前に聞いた「空襲警報」を思い出しているのですね。昔の事なんかほとんど覚えていないのに「サイレンの吹鳴」を聞くと瞬時に反応するとはよほど「怖いか嫌な思いが植えつけられた」のだと思います。

各地の現状は復興どころか復旧もままならない報道に腹の立つ限りですが、映像の中には小学校の児童、中高等学校の学生さん達が家族や友人を失う中、卒業式を迎えて旅立つ姿が有りました。
その姿が救いでした。

さてその一方で福島第一原発は今でも放射能を出しているのでしょう! 福島の子供さんたちの健康が心配です。
本当に震災前の状態に戻るには気の遠くなるような月日が必要な様です。
改めて犠牲者の冥福をお祈りします。
合掌


写真:追悼式の両陛下

時事通信:
 1万9000人を超える死者・行方不明者を出した東日本大震災から1年を迎えた11日、政府主催の追悼式が国立劇場(東京都千代田区)で営まれた。天皇、皇后両陛下、野田佳彦首相ら三権の長、被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の遺族代表ら約1200人が参列。首相は、ふるさと再生への決意を述べた。被災地などでも追悼式を開催。震災発生時刻の午後2時46分、全国の式典会場で参列者らが黙とうをささげ、犠牲者の冥福を祈った。

 政府の追悼式では、黙とうに続いて、首相が式辞を述べ、ふるさと再生、教訓の伝承、助け合いの心を忘れないという三つを「み霊に誓う」と表明。被災者と「共に手を携えて『復興を通じた日本の再生』という歴史的な使命を果たしていく」と強調した。

 天皇陛下は「国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくようたゆみなく努力を続けていくよう期待しています」とのお言葉を述べられた。心臓の冠動脈バイパス手術を受け療養中の陛下は20分で退席された。

 衆参両院議長、最高裁長官の追悼の辞に続き、被災3県の遺族代表がそれぞれ言葉を述べ、岩手県大槌町の川口博美さん(62)は「震災の教訓を風化させることなく、後世に語り継ぎ、一歩ずつ故郷の復興にまい進する」と誓った。

 追悼式には、国会議員や地方自治体関係者、民間団体代表らのほか、ルース駐日米大使ら各国大使も参列。自然災害による追悼式を国が主催するのは初めて。

 一方、岩手、宮城、福島各県などの被災地を含む10県の各市町村でも追悼式が開かれ、政府主催追悼式の映像が同時中継された。東京と被災地が一つとなって、鎮魂と復興を願い祈りをささげた。 
(引用終わり)








ジャンル:
災害
コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾崎日本人最高の2位! 名古... | トップ | 上越市で地滑り 11棟倒壊! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
危機管理の基本 (危機管理アドバイザー尾下義男)
2012-05-18 08:29:31
前略
危機管理に、「想定外」という言葉はありません。危機管理の基本は「最悪の事態」への備えです。つまり「悲観的に予想(準備)し、楽観的に対応する」こと。それには、日頃から的確な予知・予防・対策をしておくことが大切です。尾下拝

ごもっとも (浜の偏屈爺)
2012-05-19 08:22:43
尾下様 お早うございます
ごもっともです 危機管理に「想定外」はないと言われると返事に困ります。
東北大震災以降宮城県では一村或いは一地域が集団で高地や内陸に移転する例が有ります。まあ金と利便性を考えると?と思えます。
被災地に留まりたい人もいるんですがね。1000年の一度の大被害にどの程度備えるのか自己責任もままならないし自治体の対策費もうなぎ上りです。費用対効果の正解でなく適解はどこにあるのでしょう? 難しい問題です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東日本大震災から1年 (りゅうちゃん別館)
今日は、あの大震災から1年。 今なお34万人いる避難者。原発事故とがれき処理など多くの課題が残されている。     避難者なお34万人、県外に7万人 被災3県(日本経済新聞) 大量がれき、復興の妨げ…東日本大震災1年(読売新聞) 今日現在、死者は1万58...
3.11~あの日から1年【追悼エントリー】 (ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2)
【はじめに・おことわり】 本エントリーは、昨年3月11日に発生した東日本大震災の犠牲になられた方への追悼と一日も早い復興を願って、当該地震の発生した14:46付のエントリーにてあります。 あれから1年。 自分がした被災者のための支援活動って、せいぜい募金した程...
■政府主催の「東日本大震災1周年追悼式」・・・・各地でも! ( 癒(IYASHI))
東日本大震災1年 追悼式で1200人黙祷
3・11東日本大震災発生から1年 心より哀悼の意を捧げます (つらつら日暮らし)
あの未曾有の大震災、大津波の発生から1年が経ちました。
KIZUNA NIPPON 絆日本の電光文字 東京タワー (ネット社会、その光と影を追うー)
東日本大震災の発生から一年を前に10日夕、港区の東京タワーの
東日本大震災から1年 (仙丈亭日乘)
復興未だ道半ば
あれから1年ですか (BBRの雑記帳)
昨年の3月11日はこちらで「ベタな平日」を過ごしており、そのときはビエンチャン県
震災から1年、どんと構えて (喫茶店日誌)
東日本大震災から1年。 自分の生活だけを考えると、いつものように早い一年でしたが
東日本大震災・福島第1原発事故発生より1年 (独 言 工 房)
 昨年の今日は、東日本大震災と福島第1原発事故(隠蔽されてましたけど)で、まさに騒然としておりました。
東日本大震災から1年 (FUKUHIROのブログ・其の弐)
東日本大震災:今なお34万人が避難生活 11日で1年 亡くなられた方のご冥福、ケガや病気の方の回復、 被災地の1日も早い復興を祈っております。
2011年3月11日午後2時46分 (FUKUHIROのブログ・其の弐)
昨年の今日は地元の税務署で確定申告の データ入力をやっていました。 大きな揺れの後、一目散に休憩所のTV を見たところ、津波や火災が多発し、 心を痛めました。 全ての被災者 ...
東日本大震災から1年 (FUKUHIROのブログ・其の弐)
東日本大震災:今なお34万人が避難生活 11日で1年 亡くなられた方のご冥福、ケガや病気の方の回復、 被災地の1日も早い復興を祈っております。
東日本大震災から一年 (虎哲徒然日記)
もう一年がたった、という感じがする。 いまだに、震災の意味を十分に消化することはできない。被災地にはいなかったから自分の生活に直接的な影響はなかったが、心理的な影響は ...
天皇、皇后両陛下お迎えし、政府主催追悼式開催 (ぼけ~~~っと人生充電記!)
 死者、行方不明者合わせて1万9千人という未曽有の被害を出した東日本大震災は11日、発生から1年を迎えた。東京都千代田区の国立劇場では、政府主催の1周年追悼式が、天皇、皇后両陛下をお迎えして開催された。政府は、国民に発生時間の午後2時46分からの黙祷....
東日本大震災から1年が経ちこれからもそれぞれが継続してできる事をしていきましょう! (オールマイティにコメンテート)
2011年3月11日14時46分東日本大震災から1年が経過しました。 地震だけならここまで大きな被害は広がらなかったであろう大地震も大津波で多くの命だけでなく、 福島第一原発事故を ...
東日本大震災から1年 (思いつくまま)
昨年の3月11日 午後2時46分から1年が経過した。 報道などを見ていると、ようやくあの時に何が起きていたのかがわかるようになってきた。 自然災害というのは、想定外のことが多くて本当に恐ろしい。 大地震と大津波、それに原子力発電所の事故。 原子力発電所とい....
2543:東日本大震災から一年が経ちました。 (今日の私感neo)
第2543回。今日は… ・東日本大震災から一年が経ちました。 の一本で。
あの日から一年・・・ (はちたかランド2~鷹と80年代JPOPとともに~)
もう早いものであの日から一年が経ちます。 とにかくあの日管理人はというといつものような一日を過ごし仕事場にいたとき最初は立ちくらみかと思ったもの周りの方が携帯で口々に「地震だ」「まだ揺れてる」と話していたことからあれが病気によるものではなく地震によるも
1年後の3.11を迎えて (kintyre's Diary 新館)
3月11日の昨日は日本国民にとっては特別な日となった。言うまでも無く、2011年3月11日はこれからも決して忘れず、子子孫孫の代まで伝えることが、今を生きている日本人の責務であり亡くなった人の無念を語り継ぐことで鎮魂になればとの思いが去来する。 昨日の追悼式典に...
東北3県の追悼式・震災1年 (成り行きアラカルト日記)
「人生をもう1回」=遺族、悲しみ新たに―東北3県の追悼式・震災1年(時事通信) - goo ニュース  震災でご家族をなくされた人々の気持ちを考えると言葉がない。  少しでも心が落ち着かれんこと  又、震災地の復興が進むことを祈りたい。