王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

年金公約 「最後の1人まで」  断念

2007-12-12 09:25:40 | 税、年金、国保
未統合年金記録の解消困難=本人特定「できないことも」-舛添厚労相 (時事通信) - goo ニュース

昨日夜TVの報道ステーションを見るとこの「年金公約」すなわち最後の一人までチェックして支払いを約束します----と安倍前総理が選挙公約し舛添厚労相も就任の際大分意気込んで「最後の一人、最後の一円まで頑張る」との話が駄目になった事を大きく取り上げていた。

例によって古館が深刻な顔と声で「総理の公約違反と舛添氏の取り組みを非難していた」
該当者不明の記録5000万件について社保庁の推計が出た。
このうち1975万件(38.8%)は特定が困難。
更にその内数の945万件(18.5%)は特定が極めて困難と判明した事を受け、舛添氏が前言を事実上撤回したわけだ。

加えて町村官房長官が「選挙公約であるから手続きを縮めて年度末迄に」と釈明するものだから政府批判には持って来いの材料だろう。

来年三月迄に年金記録の不備が解消されると期待していた該当者には何ともお気の毒な限りである。 同情申し上げます。

さてここで爺が考えるのは昨年夏の参院選挙前に安倍前総理の「年金公約」を該当者がどの程度信じたのであろうか?
それまでにも民主党長妻議員を始め社保庁の内情を知る人は「そんな事が出来るくらいなら既に照合できている」との鋭い指摘があった。
要するに安倍前総理は当時の厚労省か社保庁の報告を安易に受け(これほど不明件数が多いと思わず)約束できもしない事を約束してしまった事に問題があろう。

これを公約違反と責めるのは勝手であるが、もともとこれ程いい加減な管理をされた5000万件であったのだから、本当の問題は名寄せが難しいと分かった1975万件の資料をどう処理するかに知恵を絞る事が必要となる。併せて歴代の担当者の責任追及する事は政治家の国民に対する道義であろう。
この点に与野党一致して国民のため叡智を結集して欲しい。

時事通信:
舛添要一厚生労働相は11日記者会見し、基礎年金番号に未統合の「宙に浮いた」年金記録約5000万件の全体像を発表した。結婚で姓が変わるなどしたとみられる約945万件のうち一定程度は、手書きの台帳と突き合わせるなどしても該当者を特定するのは困難だと推計。同相は「最後の1人、最後の1円まで探し出す」と改めて強調したが、「(期限は)エンドレス。できないこともある」と述べ、未統合記録をすべて解消するのは事実上困難であることを認めた。

 全体像によると、社会保険庁が実施しているコンピューター上での照合作業で本人を特定することが困難な記録は約1975万件。このうち約945万件については、手書きの紙台帳などと突き合わせても「なお対応困難な記録は一定程度残ると考えられる」としている。 (引用終わり)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドン・キホーテ 3人死亡、... | トップ | 「思いやり予算」3年で8億... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
苦しい言い訳 (kam)
2007-12-12 11:46:52
浜の偏屈爺様、こんにちは。舛添厚労相が約2000万件の特定が困難としたことについては、特に非難する気にはならない。最後の一人までチェックして支払いを約束します。プログラムで名寄せが可能であるとしたことについては、私は無理だと思っていましたが(マスコミの報道で氏名がない、生年月日を勝手に変えているなど名寄せの基本となるデータの不備が指摘されていたため)もしかして、何か私の考えつかない素晴らしいロジックがあってできるのかな?などと思ってましたが・・・。プログラムでとかシステムで可能だといっていた人は他にもいましたが、プログラムは魔法ではありませんし、ないものを勝手に作ってもそれは正しいデータにはならないでしょう。システムが正常に動作するにはデータの正確性が重要なのです。
出来ないものは出来ません (浜の偏屈爺)
2007-12-12 17:56:12
Kam 様 今晩は コンピューターを使うと何か人力で出来ない事がたちどころに出来る錯覚か誤解があります。ご指摘の様に基礎データ(年金の場合、氏名、生年月日、年金番号等)があって始めてコンピューターを使えば名寄せの可能性が高いのでしょう。伝えられる通り、紙の台帳からコンピューターに入力ミスや意識的誤りがあり、その上台帳が破棄されている件数が多いのですから関係した役人は全員罰金ですよ。
その上で大変でもおかしいと思う個人の申請ベースで当面は当たって行くしかないでしょうね。
民主党に名案がありますかね? 長妻氏はどう考えているでしょう
Unknown (ピア)
2007-12-13 00:46:06
こんばんわ。

おっしゃるとおり、出来ないのはわかったと。
で、それをどうするのかということが大事ですね。

民主党は「謝罪」をいうばかりではなく、じゃぁ
どうすればいいのか対応策を提示すべきでしょう。

年金で売ってきた長妻氏は特に。
TBありがとうございます。 (KGR)
2007-12-13 12:06:07
舛添えさんも結局その程度、
並の政治家と何も変わらんかった、
ということなのでしょうか。

思えば、あの毎朝のごみ出しも
パフォーマンスにしか見えませんでした。

私に言わせれば、ごみ出しの是非より
毎日あんなにたくさんのごみを出すな、
ごみの減量に努力しろ、と思ったものです。
国民的課題 (浜の偏屈爺)
2007-12-14 13:18:18
ピア様 今日は 国民的美少女というのがありますが、年金問題は国民的課題でしょう。本件は与野党一致した上で在野の事情通をいれ追求しないと解決しないでしょうね。それと今若い方が強制徴収されている年金掛け金がどう安全確実に管理されているのか興味があります。人口減の時代に新しい年金制度のあり方も議論しなければいけません。しっかり監視してゆきましょう。
存在の信じられない軽さ (浜の偏屈爺)
2007-12-14 14:06:45
MGR 様 今日は 昔海外の映画で「存在の信じられない軽さ」と題するのがありましたね。内容は知りません。年金問題に限れば、安倍前総理も舛添厚労相も担当の役人による「耳打ち程度の話」を信じて「最後の一人最後の一円まで」なんて国民に何度も語ったのはお粗末の極み。物事を見切る力量も感性も無い事を示しています。騙されたと人のせいにするなら「そいつの襟髪引っつかんでボコボコ」にする位は見せなければね。 それも有りません。まあしっかり解決して貰いましょう

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
やっぱり、口だけだったか? (いい加減社長の日記)
ま、やけに大衆受けする言葉ばかり出てくるな、と思ってはいたんですが。 安倍内閣の目玉大臣だった舛添要一厚生労働相。 徐々に、化けの皮がはがれてきてますねぇ。 昨日は、その中でも1番大きな「消えた年金」問題の調査結果の発表。 結局、約5000万件...
年金統合 もう公約破り (zara's voice recorder)
年金統合2割困難 945万件 首相公約に黄信号 社会保険庁は10日、基礎年金番号に未統合で宙に浮いた年金記録約5000万件のうち、18・5%にあたる約945万件が、手書き台帳と照合したとしても統合が難しい記録であるとの調査結果をまとめた。社保庁は、こう...
舛添大臣、年金公約白旗 (taki-log@たきもと事務所)
   夕刊フジのネタなので、その分割り引く必要がありますが、実務家から見てどう考
年金名寄せ,945万件統合困難、4割も難航 (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
年金名寄せ、 宙に浮いた5千万件のうち(共同通信) - goo ニュース" target="_年金名寄せ、4割も難航 宙に浮いた5千万件のうち(共同通信) - goo ニュース 上記のニュースによると基礎年金番号に統合されず、該当者不明のまま「宙に浮いた」年金記録約5000万件につ...
年金記録問題でネズミ男逆切れ (zara's voice recorder)
<年金記録>舛添厚労相、開き直り?「ないものはない」 宙に浮く年金記録約5000万件中、945万件の特定が困難との社会保険庁の調査結果を受け、舛添要一厚生労働相は11日午後、記者会見した。「他の方が大臣になっても結果は同じ。ないものはないんだから」「...
できもしない選挙公約 (かきなぐりプレス)
選挙公約を自分なりに解説してみるとこうなった。 「到底できもしないことをさもできるように、その時だけいい散らかすこと。選挙のための方便。さらに、選挙が終わった後で、そこまで言明していないといい逃れること」 夏の参院選で安倍総理は、宙に浮いた5000万件...
やはり空手形だった! (ちょっと一言)
 「選挙ですから、年度内にすべてと縮めていってしまった訳ですけれども」とは--該当者不明の約5000万件の年金記録の約38・8%にあたる19
年金記録の全員特定はやっぱり無理 (独 言 工 房)
宙に浮いた年金記録5000万件のうち、約4割の1975万件が、社保庁の入力ミスやらなにやらで、誰のものか特定するのか非常に困難であるそうです。政府は「記録の全員特定」公約を撤回。 公約違反だ、舛添辞めろ、苦しい言訳をするな、とか八つ当りがなされているようです。...
「年金記録、1975万件は持ち主特定困難」←「困難」なだけだろ?死ぬ気でやれよ。 (JIROの独断的日記ココログ版)
◆記事1:年金記録、1975万件は持ち主特定困難(12月11日13時16分配信
不愉快なニュース!年金記録の4割が特定困難!!国民の怒りがどうでるのか? (成り行きアラカルト日記)
年金記録の4割特定困難、厚労相の辞任求める声も(読売新聞) - goo ニュース  どうやら、やはり約5000万件の該当者不明の4割が特定困難であることがはっきりしたわけですが、さて国民の怒りはどう噴出するのでしょうか?  日本史上最大の政府主導の詐欺事件ではないで...
消えた年金 4割が特定が困難に!! (午後のひととき)
{/new_color/}    今日の天気 {/fine_face/} / {/cloud_face/}  福田首相は11日昼、約5000万件の該当者不明の年金記録のうち、約4割が「名寄せ」作業による持ち主の特定が困難になっていることについて、「どうしても分からない事情もあるかもしれ...
謝罪は必要でしょう (ピア 徒然見聞録)
公約だったんだから。謝罪はして、どうして公約を守れない状況になってしまったのかを真摯に説明すればいいだけ →年金記録「全員特定」の公約断念…厚労相、謝罪は拒否 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 年金記録「全員特定」の公
年金記録1975万件、本人照合が困難 (飯大蔵の言いたい事)
  年金記録の不明分を調べ続けて残った5000万件の注に浮いた年金記録。1年ぐらいで解決するはずが無い、と誰でも思う。  それをやりきるといった政治家がいた。 「私の内閣ですべて解決していくことを、皆様にお約束を申し上げる次第でございます」(安倍前首相...
公約違反。 (本家ヤースケ伝)
随分昔の話になるが、ハイジャックにあった日本航空機機長が解放後のインタヴューに答えて(彼らが暴走しないよう)「だましだまし応対した」と応じ、この「だましだまし」という言葉が一時ちょっとした流行語になったことがあった。この場合の「だます」という言葉は一種...
数字ははっきりしないが公約は口約に (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
年金記録の4割特定困難、厚労相の辞任求める声も(読売新聞) - goo ニュース 1975万件なのか、945万件なのか、あるいはさらにその一部なのか。 とりあえず、945万件は1975万件の一部だということは分ったけど、 >なお対応困難な記録は一定程度残る とい...
★見苦しい舛添詭弁大臣 (ブロガーAの辛口コメント炸裂)
年金公約“開き直り”町村官房長官、舛添厚労相  ■町村長官「選挙ですから。縮めて…」 ■舛添厚労相「3月末…言った覚えない」 舛添要一厚生労働相と町村信孝官房長官は11日、それぞれ記者会見で、「消えた年金」記録の基礎年金番号への統合に関する自民党公約な...
年金記録「全員特定」の公約断念に思うこと (Y's WebSite : Blog ~日々是好日~)
「消えた年金」と言われる5000万件の不明な年金記録について、政府与党は「最後の1人、最後の1円までがんばってやる」と述べ、すべての記録の特定を約束していましたが、その4割近くが特定が困難に・・・。 約5000万件に上る該当者不明の年金記録について、舛添厚生労...
消えた年金 4割が特定が困難に!! (午後のひととき)
{/new_color/}    今日の天気 {/fine_face/} / {/cloud_face/}  福田首相は11日昼、約5000万件の該当者不明の年金記録のうち、約4割が「名寄せ」作業による持ち主の特定が困難になっていることについて、「どうしても分からない事情もあるかもしれ...
年金記録約5000万件の特定不能と舛添厚生労働大臣の会見 (千葉発-幕張経由-社労士事務所のblog)
元々期待はしていなかったが、やはりという結果だ。5000万件という件数をそんなに短期間で解決できることはとても信じられなかった。 確かに舛添大臣でなくても結果は同じだっただろう。作業も大変だっただろう。ダメなものはダメなのもわかっているし、消えた年金が...
【再掲】◎安倍首相の公約は嘘と判明「すべての名寄せ不可能」厚労相 (国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行)
(初投稿日時 2007-11-22 10:57) 来年3月に完了予定だった「消えた年金」の5000万件の名寄せ作業について、厚労相の舛添要一さんが正式に断念を表明しました。 まずは読売新聞を読みましょう。(写真は参院選中の7月25日に富山市内で火花を散らした二大政党党...