王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

靖国神社自主解散 麻生案

2006-08-10 07:11:17 | 靖国関連
麻生外相が靖国改革で見解、自主解散し特殊法人に (読売新聞) - goo ニュース

読売の報道によれば外務大臣麻生氏が靖国改革について見解を発表した:
以下は抜粋
9月の自民党総裁選に出馬する意向を示している麻生外相は8日の閣議後の記者会見で、靖国神社の改革に関する見解を発表した。
 同神社が自主的に宗教法人を解散した上で、国が関与する特殊法人に移行することが柱だ。無宗教の国立追悼施設とすることで、憲法の政教分離原則に抵触しない形態とし、天皇や首相が参拝しやすい環境を整えるのが狙いだ。
 見解は、「靖国神社の代替施設はあり得ない」とした上で、「靖国神社を可能な限り政治から遠ざけ、静ひつな祈りの場所として、未来永劫(えいごう)たもっていく」ことが必要だと強調した。 引用終わり

麻生氏は朝日新聞8日「私の視点」欄に外相 麻生太郎で 「靖国問題 非宗教法人化こそ解決の道」と題して同様の趣旨(当然だけど)を述べている

 靖国神社国神社の非宗教法人化は、自民党の古賀誠・元幹事長、中川政調会長らも提唱している。麻生氏は、小泉首相や安倍官房長官の靖国参拝の是非が注目を集める中で、見解を明示することで、議論をリードしたい考えだ(読売の解説)

重複を避け朝日の投稿で補足すると
1:宗教法人靖国神社は全国52の護国神社と共に任意解散 非宗教法人移行する
2:最終的には特別立法で「国立追悼施設靖国社」とする
3:祭式は宗教的なものでなく伝統的なものとする
4:この過程で慰霊対象者をどうするのかの点につき合意を得る 又この過程で52の護国神社は靖国の支部として保全 敷設の遊就館は行政府に移管する
5:財政基盤の確立は国が責任を持つ
6:(靖国神社の)崇敬奉賛会は新靖国社の支持母体として存続
7:財団法人日本遺族会は公益財団法人とする
ここまで整えて初めて、晴れて天皇陛下を靖国へお招きできる 英霊は安堵の息をつくことができる 云々

麻生案は国権による靖国神社の解散を想定していないから靖国側が(麻生案に)納得して阿吽の呼吸で自主解散しないと成り立たない 従って麻生案は宗教法人を止めればこれだけの国家護持しますよといっている訳で爺の様な靖国史観(自衛戦争の強調・極東裁判否定)とご都合主義(戦後非戦死者の受け入れ)に反感を持つ者から見ると宗教法人から国の省庁への看板の架け替えにしか見えない

早速9日靖国神社前宮司湯浅氏から 靖国神社の非宗教法人化案についてうかつには乗れない あわせ古賀氏のA級戦犯分祀論には教義上受け入れられないとの反論があった

第一ラウンドの開始という事である
麻生氏の真意が何処にあるのか目下不明だが「公約は生きている」から8月15日に参拝を強行しそうな小泉総理より上であろうか

靖国参拝は日本人の「大東亜戦争」をどう受け止めるかの根幹の問題である 総裁候補に限らず与野党幹部は立場を明らかにして大いに議論して欲しい


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第風7号 暴走半島へ | トップ | 遭難信号は コードレス電話... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (寒北斗)
2006-08-11 02:35:49
引き続いてのトラバありがとうございました。



1972年、田中内閣での中国の国交回復時、平和条約締結の際、戦争責任はA級戦犯にあり、日中両国民は犠牲者という約束が当時の自民党と中国政府との間に交わされていた、と聞いていましたが、大前研一氏も日経BPの「SAFETY JAPAN」というコラムでそう書いていました。



だからこそ靖国参拝が問題になるわけで、自民党総裁の小泉さんが知らないとすればお間抜けな話です。



あるいは知ってて知らん顔なら、その約束を反故にしたと取られ(何しろ約束を破るのは大したことではないとのたまう首相ですから。靖国だけはべつのようですが)中国との間に戦争責任論が巻き起こるかもしれません。



日本国民が自ら戦争責任を考えてみるのもいいのかも知れません。東京裁判では裁かれてはいますが、日本人自身の手では行っていません。ドイツは国際裁判以外に、すでに自らで行ってナチスの責任を追及していますし。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
死して屍拾うものあり (親父の威厳BLOG.ver)
『【産経主張】靖国麻生私案 神社ではなくなる懸念も』『二階経産相「靖国問題で首相を決めるべきでない」』
靖国神社のこれから (或る浪人の手記)
 どうやら麻生氏が、靖国問題に終止符を打つべく、ようやくにして本格的に動き出された様子です。 麻生外相、靖国神社の非宗教法人化を ≪最終的に特殊法人に移行へ≫  麻生太郎外相は8日午前の閣議後の記者会見で
非宗教法人化への違和感 ( 是政橋のたもとから)
 靖国神社や護国神社の非宗教法人化という麻生外相の私案には、どうも違和感を覚えて
【靖国神社】麻生太郎案はなかなか良いぞ! (あさってのほうこうBlog)
Excite エキサイト : 政治ニュース <靖国神社>自主解散し国立追悼施設に改編 麻生外相が私案 麻生太郎外相は8日午前の閣議後の記者会見で、靖国神社の非宗教法人化に関する私案を発表した。 ■麻生太郎外務大臣が、靖国神社に関する私案を発表しました。 ...
靖国に弥栄(いやさか)あれ ~麻生太郎を再評価する~ (徒然雑記)
さて麻生外務大臣の「靖国非宗教法人化への私見」が話題となっています。 全文は麻生氏のHPを各自閲覧してもらう事にして。 麻生太郎オフィシャルサイトより 靖国に弥栄(いやさか)あれ 私も麻生氏のコメントを私見する事にして。 筋は通している。 ...
靖国神社前宮司、非宗教法人化や分祀案を否定 (かふぇTYO)
靖国神社前宮司、非宗教法人化や分祀案を否定 靖国神社の前宮司の湯沢貞氏は9日、東京都内で行った講演で、靖国神社の非宗教法人化案について、「靖国神社というものが、形無しになり、名前だけというようなことで終わってしまうという心配があり、うかつには ...
古賀議員は真宗大谷派系--反ヤスクニの左翼教団とのつながり (なめ猫♪)
  小泉首相が8月15日参拝を示唆する発言を繰り返していますね。執拗に聞く新聞記者たちもご苦労なことだと思いながら、毎日ニュースを見ていますが、産経新聞政治部遊軍記者の阿比留瑠比氏が書いているブログに興味深い記者
靖国 (共通テーマ)
靖国神社への思い、靖国神社参拝問題に関する意見等々。こちらに書いてみませんか。
麻生氏論文と政教分離 (されど歩み続ける)
麻生氏の靖国神社の非宗教法人化案ですが、一言で言って、私の思っていたものと違いました。 主張に頷ける部分はありますが、基本が違います。 また、発表の時期が悪いです。これでは、何を言ってもやはり政争の具にしたと思われるのではないでしょうか。 色々 ...