A day in A life

小説の書き方、積みゲー進行状況、メカゲー・STGへの雄叫び、SS進まねえなどが含まれるカオスなブログです。

紅楼夢戦利品レビューその8

2016-10-23 23:04:26 | 同人誌感想

 やはりインプットが減ってる気がするなあ……。もっといろいろ読まないと。
 ソースが無いとイメージもできないからなあ。 

・幻想郷大河ドラマさなだまるっ(小豆粥)
 レンコ酒でいきなり吹いた小豆粥さんの新刊は、タイトルそのまんまの真田丸。
 家康にマミゾウさん、幸村に紫様、そして藍様は不知火舞コスと、このキャストなら視聴率爆上がりですよ。 
 タヌキに狐と動物もいるのでご家族にもお楽しみいただけます。
 しかしまあ赤備えでキメた紫様の凛々しいことよ。
 あとがきにもありますが、こうした鎧兜や装束をキッチリ描けるってすごいことですよね。
 あと、おまけの方の真田十勇士のキャストもなかなか笑えました。
 冬コミの本はこれで描いてくださってもわたくし一向に構いません。
 余談ですがわたくしの初大河ドラマはやはり独眼竜政宗でしたね。
 そこから学校の図書館でまんが日本史を読んだりしてました。懐かしいなあ……。

・よりぬき#今日のパルスィさん(折葉坂三番地)
 こちらのサークルさんの作品は大量に手に入れたのですが、全部読み終わるまでには時間がかかりそうなので、読み終わるごとにレビューしていこうと思います。
 まず本作はゆかいな橋姫パルスィさんの日常を短文とイラストで綴った一冊。
 東方二次創作の楽しみはたくさんありますが、こうした「各キャラの日常生活を垣間見る」のもその一つ。
 なんか……えらく所帯じみた日常送ってるんですねパルスィさん……。
 というか橋姫免許って何!?
 藁人形って自作だったの!?
 幻想郷縁起の追加ページがひどすぎる!
 などなどの驚愕の事実が発覚。
 でも一番笑ったのはミニチュアの橋のくだりでした。
 しかしこういうアプローチも面白いもんですね。

 今日はここまで。 

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬コミプロット作成中…… | トップ | 紅楼夢戦利品レビューその⑨ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

同人誌感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL