ハッチと私の日常

20年暮らした猫も亡くなり、25年以上連れ添った夫も病死、仕事も辞めて還暦の女性が被災猫ハッチと暮らす日々

本の返却

2015年06月29日 17時18分53秒 | 読書

 今日、ようやく分厚い本「大格差」を読み終えたので、せっかくだからと歩いて中央図書館に返しに行ってきました。どうせ、失業中の身の上、いい運動を兼ねた散歩になりました。

 そして、今度は吉田豊著「古文書をはじめる前の準備講座」(柏書房)と、大好きな中島誠之助さんの「やきもの鑑定五十年」という本を借りて帰りました。

 どうも私は方向音痴なので、行く前にグーグルマップで相当勉強したのに、行きと帰りは微妙に違う道を通りました。まあ、バス代浮かせて散歩ってことにすれば、そのうち決まった道を通ることになるでしょう。

 近所でも、ほとんど通らない道もあるので、発見の連続です。財団に就職する前、職業訓練校に通っているときは、たった一駅電車に乗りましたが、歩いて帰るときもあったのです。その入り組んだ道も、数年前に大きな道路になっていました。八王子の花火の時は、その道を通って行かれるかもですが、人ごみを見るのは嫌いだから、多分、家の近くの道路で見物するでしょうね。

 1時間半かかって図書館を往復しましたが、図書館内にいた時間もあるので、実質、50分の散歩かしら。雨ならきっと歩かなかったでしょう。

 今度また歩いた時は、帰りに蕎麦屋にでも寄ろうかしら。そういえば、夫も失業したころはせっせと高尾まで歩いて買い物に行っていました。

 前述の本で古文書のほうは、著者は大学の先輩でした。うーん、知らなかったです。まさかこの年になって古文書に再び興味をもつとは思わなかったので、学生時代のくずし字辞典とかはみんな処分しちゃっています、あーあ。如件!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬脚を現したね、百田尚樹

2015年06月28日 09時25分06秒 | 社会

 私は「永遠のゼロ」も見なかったし、まず、観たくなかった。なぜなら、百田尚樹の作品だから。彼の軽薄さが、ついに「馬脚を現した」ということ。

 沖縄の人たちにあんなにひどいことを言って、本当に許せないです。もう、沖縄は独立したほうがいいんじゃないかしら。あまりに政府がひどいから。そして、米軍基地はすべて本土に移すのです。バカな政治家だらけの日本は、そうして滅亡すればいいんですよ。過去の反省もしない、敗戦を敗戦とも認めず、戦争責任もしない、どうしようもなく無責任な国家なのですから。

 「花燃ゆ」の不人気も、安倍さんの出身地の長州が舞台だからじゃないかしら?

 なんたって、総理自ら「日教組」なんてヤジとばすんだから、日本人政治家の言葉の重みのなさったら、類をみないんじゃないかしら。自民党若手も、相当軽薄ですものね。サイテーな国です。歴史の話より、今の方がよっぽど自虐的になりますな~。このデリケートな時期に、無責任な発言をして、弁明でさらに墓穴を掘る。あーあ、もう、会期延長しても、無理でしょう、ザマーミロだ!

 ここまで国民をばかにしている政治って、どうなの?

 私は右翼が大嫌いなので、件の百田尚樹の作品は全く読んでいません。やっぱりでしたね。

 敗戦だけじゃなく、3.11の原発事故の責任すら、まだちゃんと取っていないじゃないですか。それでも再稼働や原発輸出なんて考えているのは、どうなの?彼らの生活を返せ!!

 思うんですが、たまたま民主党政権での3.11、もし、自民党だったらと思うと、もっと怖い。隠ぺいばかりしてもっとひどいことになっていたと思いますよ。

 今朝は5時に起きて、なでしこジャパンの試合を見ました。勝ちました、よかった!おめでとう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

圧力鍋、壊しちゃった!

2015年06月26日 22時59分04秒 | 食に関して

 昨日の夜、手羽元肉を圧力鍋で調理していたら、なんとふたが変形してしまい、怖くて料理を中断しました。

 なんとか取扱説明書を見つけ出して読んでみたら、私の使い方が間違っていて壊れたようでした。そんなに使っていなかったのに、とっても残念です。

 ティファールのサイトで見つけたその料理、手羽元12本の材料でしたが、私が買ったのが7本入りだったのでほかの材料や調味料も見な半分で作ろうと始めたのでした。最初、ふたを閉めるときにちょっと違和感があったのは確かです。

 いつもなら、赤い安全ロックピンが割とすぐに上がってくるのですが、今回は上がりそうで上がりきらない状態が続き、漏れる蒸気でふたが変形し始めたのでした。

 左側が変形してしまったのです。有償修理より買い替えですよね。

 今回、取扱説明書を読むまで、最低限の水分量を認識していませんでした。おそらく、それが原因の故障です。

 ショックでしたよ、ティファールの圧力鍋はこれが3代目くらいなのに。取説で初めて、豆のときは蒸すときに使うカゴも上にのせて抑えに使うというのを知りました。

 前回は、そんなことはしないで、ひよこ豆の調理をしていました。

 明日の午前中4代目が、届きます。今度は末永く、人生最後の圧力鍋にしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は夫の命日

2015年06月26日 22時22分30秒 | 日常

 あれは3年前、まるで「喝采」の出だしのようですが、3年前の今日、午後11時40分過ぎに彼はある病院の病室で肺がんのためになくなりました。

 この日、彼は弟が車で介護施設から連れてきた母親に会い、その夜亡くなったのです。その前まで、母には会いたくないと私には言っていたのです。いつも母を殴る夢を見るので、何をするかわからないと言っていたのでした。でも、もう殴る力もなくなったからでしょう、会いたいと言って、弟に連れてきてもらったのです。私は主治医から、もう危ないので病室に泊まってほしいと言われ、家で身支度をしてから泊まるつもりでやってきて、最期を看取りました。

 あの日から3年、あっという間でした。彼はいいですよ、看取る人がいたから。私はどうなるのかしら・・。

 今日はいつもの東京駅10時の特急ではなく、11時にして、東京グランスタのフラワーショップで花束を買い、大原に向かいました。今まではタクシーで天徳寺の樹木葬に行っていましたが、失業中の身の上ですから、いすみ鉄道に乗り、徒歩で向かいました。

  とても素敵な花束を作っていただきました。

 12時44分の大原発のいすみ鉄道で向かいました。

 上総東の駅を降りて、電車は私が通りに出るのを待ってくれて、そこから道路沿いに天徳寺に向かいました。徒歩20分とありましたが、もうちょっと早く着いたと思います。駅周辺はちょっとさびれていて、空き家になった商店も多く、ガソリンスタンドも廃業したままで、なんだか悲しくなりました。ダンプや車の往来はあるのですが、人がいないのです。交通事故にあったらもうそのままにされちゃいそうです。そんな中、山道を登り、天徳寺に着き、去年迷った彼の墓を探しました。今年はばっちり、ちゃんと見つかったのでした。

 花束を置いて、日本酒を彼の墓標にかけて、拝んで帰りました。

 雨の予報だったのに、たどり着くまで降らなかったのがうれしかった。

 広々とした樹木葬で、夫も喜んでいます。

 帰りの道に、いすみ鉄道の踏切も見えて、懐かしいような風景です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜の歴史秘話ヒストリアに感動!

2015年06月24日 23時03分46秒 | 日常

 日本史専攻だったのに、すみません、松浦武四郎という人物、全然知りませんでした。今日、たまたまこの番組を見て、ものすごく感動し、泣けてしまいました。主人公を演じた野間口徹さんの演技もよかったのかもしれません。

 もともと、日本人って、好奇心旺盛で、とてもリベラルだったと思うのです。彼が、アイヌ民族の現状を自分のことのように一緒に苦しみ、何とかしようというのは、彼だけが特別でもなかったのではないでしょうか。もともと、旅が好きなのは、お伊勢参りに始まる江戸時代の庶民の日常だったと思います。今だって、みんな「旅」が大好きですものね。私もイタリアが大好きで、何度か海外旅行に行ったものでした。

 その土地の人たちと会話をしてその土地のものを食べる。彼の蝦夷地の話は、たくさん本になったそうです。すごろくまでできたというから、すごいです。それだけ、その時代の人たちもアイヌの地に興味があったわけです。

 なぜ、少数民族は抑圧される運命にあるのでしょうか。みなが武四郎のような平等博愛の心を持った人たちだったらいいのに。

 琉球(沖縄)は、薩摩藩が占領搾取していました。アイヌは、松前藩です。

 もともとは、日本という国は、大陸から来た人たちとの混血によってできた国なんじゃないでしょうか。だから、みんな同じなのに。アイヌ民族はその風習を1世紀の間、抹殺されてしまったのです。まるで、旧ソ連みたいじゃないですか。明治政府のやり方ってそういうことだったんですよ。今、安倍総理が目指しているのはそれでしょう。沖縄を抑圧しているじゃないですか。同じ国民として、申し訳ないと思います。

 昔の日本人は、そうじゃなかったのに。人は人、と見て見ぬふりをするんだよね、今の日本人って。

 松浦武四郎に感動しました。アイヌへの思い、少しでも役に立とうと請われるまま開拓使の職に就いたけれど、アイヌの人たちへの抑圧が変らないので、5枚にわたる辞表を書いて辞職したとか。

 私も、財団辞職にあたって(契約更新を希望しないという契約職員でしたが)、その理由をきっちり書きました。少しでも改善してほしかったのですが、公的な組織って、ちっとも変ってくれないものですね。なんだか、武四郎の5枚の辞表に、共感して泣けちゃいましたよ~。

 記念館に行ってみたくなりました。NHKのその番組の今日の回のサイトはこちらです。なお、次回の漱石の回の予告を見ていたら、最初の猫の鳴き声でうちの飼い猫ハッチがびっくりしていました。

 何でも夫婦の危機を猫が救ったとか・・・。癒す力があるんですよね~、猫って。でも、吾輩は・・の話は、猫がかわいそうですよ、漱石さん、ひどいっ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よかったー、なでしこジャパン!

2015年06月24日 13時36分25秒 | 芸能スポーツ

 ドキドキしながら今日の試合をテレビで見ていました。なんと、2点も取ったなんて、すごいです。オランダも必死だったから、最後は本当にひやひやでした。

 ベスト8進出、おめでとうございます!いよいよですね~。

 次の試合は日曜日の午前5時、起きなくちゃ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュースで母校が・・・

2015年06月21日 08時57分19秒 | 社会

 昨日、テレビをつけっぱなしにしてPCに向かっていたら、母校の主学校の名前が流れてきたのでびっくりしました。

 なんでも、小学校の隣の工事現場の足場が壊れて落下した部品で校庭にいた女子児童がけがをしたとか。

 墨田区立中和小学校です。

 私が卒業してから建て替えたので、なつかしい校舎ではありません。

 小学校は6年間。その間、相当わけのわからない歌詞の校歌を歌っていました。実は今もよくわかりません(えへへ)。

 中和をなにおう、まなびやに、たつわがともはときのまも

 いかでわすれん中和の名、中とは かふきゅう なきところ

 和とはほどよきこととかや

 

 全く意味不明でした。そういえばと、中学校の校歌を思い出そうとしたのですが、思い出せません。高校の校歌は今も歌えます。墨田川高校の校歌の歌詞は、幸田露伴が作ったんですもの。

 さっき、中学校のHPから校歌の歌詞を見て、思い出しました。今も歌えますっ!

 たまにはそんなことをして認知症予防をするのも、いいかもしれませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

せいせきのKALDI

2015年06月20日 17時29分00秒 | 食に関して

 本屋と同じように、私にとってはKALDIはワンダーランドです。せっかく、アートマンの富澤商店で、パンつくり再開のためのユーロモルトなどを買ったので、ついでにKALDIに寄りました。そこで、ぶらぶら見ていたら、レトルトのトリッパを見つけました。私、トリッパが大好きなのです。もともと、肉よりも内臓のほうが好き!うれしくて、二つ買いました。その近くには、イベリコ豚のパテもあって、ラッキー!それに、アヒージョシーズニングもゲットしました。

 イタリア語は読みやすいのですが、スペイン語って、ちょっと不思議です。アヒージョって、「Ajillio」と書いてあるのです。「アジロー」と読んでしまいます。

 そして大満足で店を出たときに、店の前のセール品に、冷製スープのレトルトがあったのです。去年もお気に入りだったものです。もう、そんな季節なんですね!悩んだ末に、またいつ来るかもわからないから、買おうと、再びレジに行きました。

 えんどう豆、ヴィシソワーズ、かぼちゃと3種類のほかには、ガスパチョもあるのですが、それはちょっとにんにくがきつくて、今回はこの3種類にしました。とってもおいしいのです。東京牛乳をちょっとだけ入れてもいいかもしれません。

 食生活を和食にしようと思っていたのですが、やっぱり私はイタリアンとワインが大好きだから、諦めたほうがいいかもです。

 最近は簡単スムージーを飲んでいるのですが、このスープといい、ただ飲むものばかりにしてしまっては、まずいです。噛む力が、健康を作ると言ってもいいので、話題の榎木孝明さんの30日不食ダイエットは、どうなっちゃうんだろうかとその点で心配です。食べなくても、噛み噛みすればいいだけかな?そう、噛むことで、脳への刺激が行くのでいいんですよ。固いものは食べなくちゃ。特に私は歯並びが悪いし歯が弱くて、心配です。歯が元気でないと、生きられないのですから。芸能人だけじゃない、人間みな、歯が命です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにバゲット手作り

2015年06月19日 13時54分41秒 | スローライフ(手作り)

 最寄りの商店街に、水曜日から金曜日まで、つまり一週間で3日間だけ店頭販売しているおいしいパン屋さんがあります。本店は別のところにあるので、こんなに短い販売なのですが、とってもおいしくて、水曜日には必ず店に寄ります。 

 日本で売っているいわゆるフランスパンは、大手のメーカーがつくるものから、よほどの店でない限り、本物の味がしないのです。小さなこだわりのパン屋さんは、本当においしいのですが、なぜか、ほかのチェーン店などはみな、食パンとかわらないものばかりで、がっかりします。

 思えば、島津睦子先生のパン教室に2年通い、師範科をぎりぎりで卒業した私が、その後この家でたまにパンを焼いていましたが、何百回と作っても、思うようなクープを入れることができません。でも、生地はおいしいのです。

 最後に家で焼いたのは、2年前の12月でした。今日、思い立って久しぶりに作っています。バゲットを焼くには6時間かかるのです。もっと早くから始めればよかった・・・。今は、焼成前の最後の発酵をおこなっているどころです。父の家の庭からもらってきた小石を焼いています。スチームにするためです。

 小麦粉も古いし、なんたって、天板に塗るショートニングが古いのが心配。再開するのなら、またいろいろ新しく買わなくてはいけませんね。でも、手づくりは本当に楽しいです!毛がつくので、なるべく猫には近づかないようにしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金銭トラブル

2015年06月19日 13時07分01秒 | 社会

 知人、友人にお金を貸したら、殺されるかもってことが当たり前になっているのでしょうか。

 三重県の女性殺人事件、お金を借りた41歳男性の逮捕で、事件が解決しました。でも、頼まれてお金を貸して、返してと言ったら殺されるって、世の中おかしくないですか?

 私は若いころ、人にお金を貸して、返してもらうのに苦労したことがありました。わずかなお金でも、イライラするものです。たとえば、慶弔のお金を立て替えておくくらいならあってもいいけれど、それ以外は、絶対にだめです。まず、お金を貸した時点で、友人関係は崩れます。

 亡夫は、会社勤めをしていたころ、同僚の女性に20万円かな、貸したその借用書が出てきて、私が連絡を取ったら無視されました。もともと返す気がなかったのでしょうか、いやですよね。

 人に頼らず、自分の力だけで生活できないのなら、友人知人に借りるのではなく、公共の相談を受けるべきなのです。殺された命の重みを、一生刑務所で考えることになりますよ。命を奪うなんて、本当に許せないです。ダブルワークで頑張って子育てしてきた女性を、そんなことで簡単に殺すなんて!

 命を粗末にする人間が、許せない!あまりにも勝手すぎる人間が多すぎますよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加