ハッチと私の日常

20年暮らした猫も亡くなり、25年以上連れ添った夫も病死、仕事も辞めて還暦の女性が被災猫ハッチと暮らす日々

芭蕉が教えてくれました

2019年03月22日 13時52分27秒 | 俳句

 山吹や宇治の焙炉の匂ふ時

 おくのほそ道の勉強から、芭蕉全句に学びを広げ、ひとつひとつワードに入れながら鑑賞していました。そこで、この句にたどり着き、いままで語源を知らないまま使っていた言葉にハッとした次第。島津睦子先生のパン教室で20年近く前に手作りパンを習っていた時、二次発酵をホイロと言っていたのですが、何の疑問も持たずに今に至ってしまいました。ここで、この「焙炉」が「ほいろ」と読むのを知り、そういうことだったんだ!とびっくり・・。

 ところで、先日の私のおくのほそ道の疑問点、古文書研究会の先輩I氏に聞いてみたら、調べてくださり、疑問が氷解しました。一般に出回った木版の読み物の奥の細道が、そもそも間違っていたのです。井筒屋と橘屋の版元が悪かったのでした。それ以外のものは、みな「落」ではなく「流」なんです。

 そこで、木版の印刷物ではない芭蕉自筆の本が岩波書店からでているので(それも文庫で)、図書館で借りて、木版ものと比べてみたら、えらく違っているのです。さらに迷いの森に入り込んでしまいました。借りている2週間では時間が足りないので、ネットで本を買いました。が、文庫なのに、ゆうパックだから、再配達になってしまいました。ちょうど午前中に医者に行っていて、残念でした。ゆうパックでも、手渡しじゃなくていいのに、本当にごめんなさい!

 還暦すぎて、20年前のことが判明してびっくりな、ある意味、事件でした。へええー、ほいろって、そういう漢字だったなんて、今、わかりました。芭蕉さん、ありがとう!

コメント (1)

大林組の男は、不起訴!!

2019年03月15日 20時54分04秒 | 社会

 就活の女子大生にセクハラしていたOBの男性、絶対に許せないと思っていたのに、不起訴ですって!サイテーな会社じゃないの?自分の立場を利用して、いいように女性をもてあそぶなんて、まったくひどいですよ。こんなゼネコン、男性社会だから生き延びているんでしょうけれど、今は現場にも女性が入り込んでいる職場なのに、こんなこと絶対に許せないです。この会社のこの男性社員に対する処分は、女性の皆さんは注視しなくてはなりません。こんな社会、あってはならないはずです。ったくもう!

 あのさー、女にすぐに手を出す男って、どういう人格なのでしょうねえ。女性をそういう対象としか見ていない、つまり女性をものとしてしか見ていないわけですよ。そういう会社に、女性活躍なんてできるのでしょうか?ああ、男性社員も、もしかして、モノ扱いか?

 復興の事業をよそに、オリンピックなんて、あんたらもやってんだろう、「大林組」

コメント

徴用工の前に・・

2019年03月15日 16時51分45秒 | 社会

 あの太平洋戦争から何年たちました?それよりももっと後の時期に、北朝鮮の拉致があったのに、それには何のお咎めもしないで、韓国が日本に対して強硬に言ってくるのは、なんとも理解できません。韓国からも拉致はたくさんあったでしょういに、それはどうでもいいのでしょうか?おかしいですよね。北朝鮮の人道的な犯罪を黙っておいて、70年以上前のことを補償しろというのは、おかしくないですか??私は納得できませんね。

 あの拉致問題が進展しない限り、日本は北朝鮮に対して許してはいけないと思います。それがどうして、非難されるのでしょうか??人道の罪、戦後ですよ。人を平気で誘拐し、更には殺人までする。信じられない危険な国であることには変わりがない。それをかばう韓国も、同じ危険な国になるつもりでしょうか?恐ろしいです。

コメント (1)

いよいよ、新元号も間近です

2019年03月15日 11時24分15秒 | 日常

 今日、テレビでたまたま、歴史学者の本郷さんの元号解説を見ました。けこう、面白かったですね。候補は歴史学者やその道の専門家がいくつか出して、それを菅官房長官が絞るらしいけれど、それって、菅センスに頼るってことなのか?ちょっと不安です。

 M、T、S、Hの頭文字は使えないとしたら、さてさて、どうなるのかな?

 今まで結構使われた「亀」はKだから、使えますねえ。でも、亀ってのはどうか?日本人は「出歯亀」というかつてのイメージ(むかしのハリウッド映画に出てくる日本人)があるので、私はいやだな。慶のほうがましです。

 いっそ、人生100年というのだから「人生」にしては?人生元年、そして100年までいくわきゃないだろ、ですけれど。それをもじって、「仁政」というのは、いかがかしら?忖度政治ばかりしていないで、国民の事を考えていい政治しろっていう意味です。でも、「じん」と読まないで「にん」になるかな?どちらでも使える頭文字ですね。

 まあ、浩宮さまが使う元号、いいものができてほしいです。

コメント (5)

不倫って、当事者間の問題では?

2019年03月14日 13時49分16秒 | 社会

 浮気と不倫、同じことだと思いますが、なんでそんなに暴かれなくてはいけない問題なのでしょうか?婚姻関係にある当事者と、関係者だけの問題だと思います。根掘り葉掘り、どこまでも週刊誌で公開されてしまうのは、おかしいのではないでしょうか?どこそこのラブホテルに行ったとかって、そんなこと、みんな知りたいのかな?知りたいほうが、おかしいのではないかと思うのです。そもそも、プライヴァシーは保護されなくてはいけないんじゃなくて?薬物とは違い、不倫や浮気は、それだけで刑事罰にはなりませんよ。当事者間で解決すべき問題です。ほっとけ、そんなことと思います。

 薬物に手を出すより、筋トレせい!という話がありますが、もともと、人間は弱い生き物です。誰もがストイックにトレーニングはできない。誰だって、悩むしミ夫もないことだってしてしまう。でも、自分の人生ですから、自分の行動には責任を持ちましょう。そう思えば、薬物も不倫も、できませんよねえ・・。ハイリスクですもの!

 終活に向けて、人間関係もさっぱり整理しなくちゃね。

コメント

松任谷由実、武道館ライブ!

2019年03月12日 23時55分40秒 | 音楽

 今夜、生れてはじめて武道館のライブを聴いてきました。姉がユーミンのCDセットを買ったときについていたコンサートチケットの抽選に当たり、今夜は私を誘ってくれたのです。今夜は西側の1階席、明日は長女とアリーナですって。

 どちらでもいいといわれたのですが、明後日は夜、古文書の勉強会があるので、連続で夜遅くなるのは飼い猫に申し訳ないからと、今日を選びました。西側でもよく見えて、最高にノリノリでした。意外に男性客も多く、男女ともに同世代かそれ以上の世代もいましたよー。もちろん、若い子もいました。それにしても、姉よりもユーミンさんは年上なのに、なんというパワーでしょう。3時間歌いっぱなしで明日もあるっていうのに!私が一番好きなDESTINYも最後のほうで歌ってくれて、大感激でした!

 武道館は40年近く前の代ゼミ職員だったころ、入学式の手伝いに行って入ったことがあるくらい。とにかく、古い、古すぎる。そして、女子トイレが少ない、信じられないほど少ない。当然、改修すべきでしょうね、トイレも。あれだけの収容人数であの少なさ、大丈夫なのかしら。そして、全体的な古さは、武道館なのか後楽園のボクシング会場なのかくらいに、レトロな雰囲気でした。まあ、江戸城の中だからしょうがないかあ・・。

 行き帰りに江戸城の田安門を通って、なんだかうれしかった。とにかく興奮しましたね。冥途の土産です。さすがに、長時間のライブ、腰が痛くなりました、とほほ。でもユーミンさんはまだまだがんばるって、最後じゃないって。すごいなあー。そうです、これからは「持続可能」がキーワードです。彼女のその姿勢は、まさにそのとおり。素晴らしい!今夜は興奮して眠れないかも。そして明日も行く姉にも、その元気にエール送ります。ステージの装置が見事だし、舞台美術や照明、相当凝っています。本当に、別世界に連れて行ってもらいました。

 ユーミンは、ビートルズに匹敵するくらい、すごい才能だと思います。まさに、天才!歌詞もすばらしいし、メロディーが素敵!そして、45年も活動している。本当に、すごいことです。

コメント (1)

あれから8年

2019年03月11日 10時15分21秒 | 日常

 この時期だけ、こぞって報道される東日本大震災。復興とは程遠い現実をこの時しか見ていないほかの地域の人たち。でも、毎日不便な生活をしている人たちがいる。

 来年のオリンピックの招致の時には復興オリンピックとか、アンダーコントロールとか言っていたのに、何これ?オリンピック関係の建設のために復興が遅れているのに、まさに復興の邪魔をしているのがオリンピックなんじゃないのかしら?この無神経さは、どう表現したらいいのでしょうか。私は招致の時から、とても違和感を感じていました。

 天皇の代替わりにオリンピック、この国のリーダーにとっては、まさにこの世の春なのでしょうね。あまりにも無責任なんじゃないのか?天皇やオリンピックを政治利用しているとしか思えませんが。

 災害列島日本には、そんな大きなイベントをする必要があるのか?ダウンサイジングして、二流の小さな島国が生き残る方法を考えたほうがいいんじゃないの?

 

コメント (2)

今日は何の日?

2019年03月08日 16時20分31秒 | 食に関して

サバビアン!!

そう、今日はサバの日、3月8日です。そして、今日はハッピーデー。イトーヨーカドーに行き、店内でサバの日としり、ついつい、サバの竜田揚げも買っちゃいました。

サバ、ビアン!!

コメント

おくのほそ道

2019年03月08日 14時18分45秒 | 俳句

 図書館から借りた本の読み下し文を、2週間かけてワードで打ち込みましたが、納得いかないところがいつくかあって、困ってしまいました。

 私が最初におくのほそ道の古文書をネットで見つけたのが、新潟大学のデータでした。2年前にそれをプリントアウトして、例の俳句のサークルに入る前の事でしたが純粋に古文書に興味があったら、それで解読し始めました。俳句をフォーカスして読んだわけじゃないので、今回再び勉強を始めました。原文に直接書き込むのはやめて、きちんと原稿用紙に書き直し、さらにはそれでも頭に入らないので、本を借りてワード文書にしたのです。

 新潟大学の古文書は、佐野文庫とあり、底本はおそらく芭蕉の弟子の素堂が書いた「西村版」だと思います。でも、その底本もネットで確認して同じだとわかったのですが、なぜだか違うように原文を解読している箇所があります。その理由がわかりません。

 壷碑という項で、すっかり風化してしまってということを表現するための文章の中に「山崩れ、川流れて、道あらたまり・・」と借りた本にはなっていますが、原文の文字は確かに「川落て」と読めて、どうしても「流」の字ではないのです。それに、川は流れるのは当然じゃあないですか。別の表現をしたと私は思っています。山が崩れて、川も今までの流れとは違うようになったという意味で「落ちる」を使ったと思ったのに、どうして??

 もう一つは、同じ項目の文章の中の、おそらく碑文を写したのでしょう、恵美朝臣獦(原文は、この字とも違うようには見えるのですが)とあるのを、恵美朝臣朝獦としているのです。確かに、その不思議な字は「かり」と読み、恵美朝狩という人は存在したから、朝という字が入ってしまったのでしょう。あの恵美押勝(藤原仲麻呂)の息子だそうです。

 まあ、こちらの補筆は理解できます。でも、「落」が「流」になるのには、納得いきません。芭蕉自身も、送り仮名を間違えているところもあります。それでも、文字自体を変えてしまうのはどうなのでしょう、オリジナルの意図があったはずなのに。

 曾良の日記も一緒に見ながら勉強しました。曾良の日記はその時に書いたものです。おくのほそ道は、下書きは書いたでしょうけれど、帰郷してから長い時間をかけて文章を磨き上げ、作品にしたんだと思います。だから、創作した部分もあるのです。遊女二人と同宿したというのは曾良の日記には書かれていません。馬を貸してくれた農夫の娘が「かさね」という名前だったというのも、創作のようです。

 俳句の世界と同じ、創作としての作品なのですね。小説と同じです。だからこそ、この作品が名文として21世紀の私たちにも鑑賞するものとして残っているのです。

 曾良という人は芭蕉の「おくのほそ道」旅行に同行しましたが、でも、旅の終わりのほうで彼は腹痛で、知り合いの人のところに療養にいくことになり、芭蕉と別れました。旅の最後では彼は回復して、再び芭蕉と会うことができました。この曾良は後に幕府の巡検使随行員として九州をまわり、そして壱岐の島で病死したといいます。そのせいで、芭蕉も隠密だったのではなんて言われるようになったのでしょう。

 俳句だけで生計を立てるというのは、かなり難しいことだったんだと思います。今だって、作家といってもそれだけで生活するのはよほどのベストセラーを書いていないと、無理ですもの。それでも、江戸時代といっても、割と自由にあちこち行けたってことですね。自由こそ、人間にとって一番大切なものですから。女性は、どうだったのかなあ・・。犬でもお伊勢参りできたんだし・・。日本人の旅行好きは昔からだったんですね。例の10連休は、きっと大移動がはじまるのでしょう。私は無職だし、人が集まる所には絶対に行きませんけど。日本人はぜーんぜん、勤勉じゃあないね!?奥はけもの道、でも書くか。

コメント

ミッション

2019年03月06日 15時48分10秒 | 映画

 今日の午後1時から、BSプレミアムで映画「ミッション」を見ました。1986年製作の映画だそうです。ということは、私が大好きな映画「薔薇の名前」と同じ!そして、共にキリスト教をテーマにしています。

 私は若桑みどりさんの「クアトロ・ラガッツィ」がまだ途中なので、その背景が似ていることもあり、見ようと思っていましたが、何より一番興味があったのが、その音楽です。よくフィギュアスケートでも使われていた「ガブリエルのオーボエ」という曲、最初は作曲家がガブリエルだと思っていたら、なんと、映画音楽とのこと。

 内容はものすごく強烈でした。スペインとポルトガル、そしてイエズス会の布教活動が三つ巴になって南米の先住民を征服していくというプロセスは、なんともたまりませんでした。もちろん、布教のためというのは他意はない行動なのだと思うのですが、裏には勢力争いがあるというのは、・・・やはり日本はキリスト教を排除したのは、歴史的には当然だったのかもしれません。

 権力の側に言わせると、先住民は人間ではなく、奴隷。いまだに人種差別があるのは、そういうことが根っこにあるからです。

 アメリカは、武器をもって自分たちを守る、パイオニア精神なんていうけれど、それは侵略者精神なのです。ヒットラーと何ら変わりはないのではないか?おっと、また脱線。

 映画のプロローグに、これは実話だとありました。こんな現実があったのかと、恐ろしかったです。宗教はなんのためにあるのか?魂の救済ですよね?私は、宗教は、死の恐怖を和らげるためにあるのだと思っています。その宗教のために異教徒や、それを信じない人に危害を加えたり虐殺するのは、絶対に間違っています。神は人を殺すことを許すはずがありません。ちなみに私は無宗教です。生きているのも偶然の奇跡ですし、こうやっているのも永遠ではないけれど、狂信的になるのは自分の生き方として絶対に容認できないから。

 人間は、言葉が通じなくても、心は通じるものだと思います。それに、音楽は共通語。

 強烈な映画で、最後はおいおいと号泣してしまいました。この映画は、私は映画館では見られない。見終わる前にすでに顔がぼろぼろになるから。でも、見てよかったです。西洋の歴史の教訓ですね。西洋人にとって、私たちはイエローモンキーだから、南米の先住民ときっと何ら変わりがないんだと思います。でもね、人間に優劣つけることのほうが、間違っているのです。どんな人間にも、更にどんな生き物にも、生きる権利があるのですから。

 しつけと言い訳して暴力、虐待をする親。スポーツの世界では、昔は体罰が当たり前だった。でも、そういう暴力は連鎖するのです。力で支配することを決して認めてはいけないのです。子供や女性がそうやって支配されてきた長い歴史があります。支配されて当然なんて存在はありません。支配と保護をはきちがえてはならない。いまこそ、明治以来の民法を徹底的に改訂しましょう。家父長制度はもう存在しないのですから!また、脱線ですね。

コメント