ハッチと私の日常

20年暮らした猫も亡くなり、25年以上連れ添った夫も病死、仕事も辞めて還暦の女性が被災猫ハッチと暮らす日々

私は健二!

2015年01月29日 10時17分10秒 | 日常

 ヨルダンのパイロットと死刑囚との交換で、後藤さんも一緒に解放されるのではと期待しています。

 イスラム国に言いたいです。こんなやり方で世の中は変わらないです。命を粗末にする国に未来はありません。もし、今、最悪な結果を引き起こしたら、報いはあなたたちが受けることになりますよ。あなたたちの神も、あなたたちを認めないはずですから。

 私たちに後藤さんを返してください。そして、今後、このようなことを一切しないでください。命をもてあそぶ組織に、国を作る権利はありません。

 すべての人たちが自由で平和でいられる世界を作ってください。武器は使ってはいけません。誰も、人を支配束縛する権利はありません。人権を尊重してください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卑怯です、許せません

2015年01月28日 13時15分26秒 | 日常

 人質を取って身代金を要求する、命を簡単にやり取りする、そんなことを許していいわけがありません。

 宗教の名を借りた、卑劣なテロ集団に、もう打つ手はないのでしょうか? 

 日本国内にあれだけ、米軍基地があるのにね。助けてもくれないんだ。

 後藤さんを生きて返してください。お願いです。ジャーナリストへの暴力は絶対に許すことはできません。彼が伝えたい本当のことを、これからもずっと私たちは知る権利があるのですから。誰も、他人の命を奪う権利はありません。早く後藤さんを自由にしてください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKの政治部山下さん

2015年01月28日 00時05分51秒 | 日常

 深夜に、人質の後藤さんの新たなニュースが入りました。NHKの政治部の山下さんが出てきて説明しています。

 彼、なつかしいです。実は、亡夫本人も、自分にそっくりだと言っていた人なのです。あのころ、テレビでいつも出ていた山下さん、その、あのころって、いつだったのでしょうか。9.11のときか、または今回と同じような、人質事件の時か。

 後藤さん、決められた英語の言葉だけじゃなく、あなたの本当の言葉を日本語でいうことはできないのでしょうか。最後のメッセージとはひどいです。命の危険を感じながらの拘束って、どれほどの苦痛なのか、恐ろしくて想像もできません。私たちはそのテロ集団のいいなりになるしかないのでしょうか。

 暴力では、何も解決はできません。

 私は、宗教の良心を訴えたいです。イスラムの良心はないのでしょうか?

 暴力では、何も解決しない。

 ゲームのようにテロをしている人たちを私は絶対に許せません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は健二

2015年01月27日 21時55分24秒 | 日常

 私はフェイスブックをやっていないので、ここで。

 本当に、彼に代われるものならと思います。私は夫を亡くし、50代後半にして、生きる目的も希望もありません。彼に代われるものなら、本当に代わりたいです.彼は、これからも必要とされるジャーナリストです。

 私はロシアで暗殺された女性ジャーナリストのあんな・ポリストコフスカヤを覚えています。彼女は、チェチェンのことで、ロシア政府を批判していました。プーチンが指令したわけではないでしょうけれど、彼の淡所部位プレゼントとして、おそらく側近が彼女を暗殺したのです。

 ジャーナリストは、命がけで仕事をしています。それは、現状を知らない人に訴えるためです。後藤さんも、その使命感から危ないところに行ったんだと思います。彼には、まだまだしなければならないことがたくさんあります。私のような、余生を持て余している人間が代われるものなら、本当に代わりたいです。

 命の重さは、イスラム国はわかっているのでしょうか?イスラム教は、そんなことは望んでいないはずなのです。ほとんどのイスラム教徒は、そんなテロ集団とは無縁です。宗教とは、命の尊さを学ばせるもののはずなのに。

 誘拐して身代金を資金にする、その時点で、その集団は卑怯で宗教とは全く関係のないテロ集団、ならず者集団です。

 もっと想像力を持ってください。自分がそういう目にあいたいですか?家族も、愛する者もいるんですよ。

 どうか、彼を助けてください。彼を、解放してください。あなたたちのやり方は間違っています。そんなの宗教ではありえませんよ。御願いです、命を大切にしてください。私たちは皆、同じ命の重さなのです。武器を捨てて、手をつなぎましょう。御願いです、彼を解放してください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誘拐で得た身代金で国作りって?!

2015年01月23日 21時22分47秒 | 日常

 人の命は何よりも重い。でも、人質の人間に230億円を要求するって、どういうこと?

 ます、そういう身代金で資金を集める国家というのが、とても信じられません。それ自体、もうすでに国ではなく、テロ集団です。命を奪って国を作ることは、許されることではありません。それが宗教に基づくって、どういうこと?

 日本は、平和国家です。憲法9条で、戦争放棄をうたっています。絶対に戦争はしません。そういう国の人間を誘拐して身代金を要求するということは、どういうことでしょうか?

 命を大切にしない国は、その時点でもう国家とはなりえません。

 私たち日本人は、この戦争放棄を掲げる憲法9条を守ります。そして、それを世界に誇る日本の宝物としています。だから、どうか、日本人を誘拐して身代金を奪うなんてことを考えないでください。

 戦争なんかしません。戦争で平和は実現できません。すべての人間が平和で暮らせる世界を作りましょう。宗教を超えて、皆が手を取り合って、お互いを尊重し、譲り合って生きていきましょう。

 あなたも私も、命の重さは同じなのです。人の命を奪う権利は誰にもないのです。

 武器を捨てて、心を開いて、話し合おうではありませんか。私たちは同じ地球に生きる人間です。

 だれも、命を奪う権利はありません。ましてや、命と引き換えに身代金を得るのは、本当に卑怯なやり方です。そんなやり方を容認する宗教なんて、あるはずがありません。命が一番大切です。それは、あなたも私も同じことです。

 みなさん、平和のために祈りましょう。宗教とは、人を平安にするものであって、人に強制するものではありません。私はあなたの宗教を信じないけれど、あなたの宗教心を否定する権利はありません。むしろ、あなたの宗教心を守る義務があるのです。それは、(今は私は無宗教だけれど)私の宗教心も迫害されるものではないから。

 一人一人の意見を尊重し、違う意見に耳を傾け、歩み寄る、そういう世界を実現したいです。

 宗教とは、命を大切にするものだったのではないのでしょうか?人を誘拐して身代金を奪う、それこそは一番卑怯な犯罪です。武器を捨てて、平和的な国家を作りましょう。テロ(恐怖)からは、何も生まれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

布箱作り

2015年01月20日 09時44分58秒 | 日常

 休みの日には、小さな布箱を作っています。今日は、牛乳パックの裏面を表に出して作ろうと思っています。表面はいろいろ印刷されていて、それが布生地を通して見えてしまうので。水貼りテープを前面に貼るのももったいないし。

 とにかく、安く仕上げるのが一番です。よく、廃材を使っていろいろ作る人がいますし、リサイクルのように、使い古したものを上手に生き返らせて生活雑貨にするって、ものすごくいい考えだと思うのです。

 ダウンサイジングにリサイクル、リメイク、これが私のこれからの生き方です。さ、がんばろうっと。

 ちょっといびつですね、とほほ・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンジンつくね、作りました

2015年01月18日 12時41分20秒 | 日常

 最近、レパートリーが少なく、同じものをよく作っています。その中でもお気に入りが、このニンジンつくね。あさイチの番組の中で紹介されたものです。正しくは、にんじんぎっしり握りつくね、だったかな。

 せっかくなので、本日遅番のお弁当のおかずにしました。

 先日、ようやくフジテレビで面白そうな連ドラが始まり、録画しました。真木よう子主演の「問題のあるレストラン」。もう、どれだけ女性が職場でセクハラを受けていたか、よーくわかります。正直、テレビ局も男性が多く、女性の割合は低いですからね!

 それで、痛快なシーンがあり、なんかものすごくうれしくなりました。上司を夢の中で切り殺しているという再現シーン。無神経な発言する上司って、そんじょそこらにうじゃうじゃいますからね。そして、ヒロインが彼女に代わって制裁を加える、氷入りバケツぶっかけ作戦。社長までは実行できなかったことが、非常に残念。こんなに気持ちのいいシーン、ほかでは見られませんよ。録画、ずっと取っておこうかな。

 今の職場、どうも、パワハラが多いようで、許せません。これから、戦おうと思っています。3月までの期限付きですが(退職するので)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷惑メールだらけ

2015年01月16日 22時55分39秒 | 日常

 GOOメールがリニューアルしてからというもの、使いにくいうえに、若いころに戻れるとか元気になるとか女性には関係ないだろうというような迷惑メールが次から次へと送られてきます。

 機械的に送りつけるのでしょうけれど、この閉塞感の今の時代に、能天気で元気になりたいなんて人種がまだまだいるのでしょうか?

 さて、義母の入居先の介護施設から毎月の請求書と、義母のお小遣いの明細が届きました。それを見てビックリ。義母は、いまだに取り寄せてお歳暮を渡しているのです。この件では、何度も何度ももういいからやめてもらいたいとお願いしてきたのです。

 彼女の年金収入だけではもう、今の費用はまかなえないのだから、少しでも節約してもらいたいのに。

 そこで、彼女の貯金を守りたいからと、私が会いに行くのはお金がかかるので、お願いしたことを実行してくれないのならもう行かないという手紙を送ることにしました。

 キャンデーは二日で一袋とお願いして隔週で7袋を送っているのに、1週間たったところでもうないって。そんな時間つぶしに飴をなめていては、糖尿病になりますよね・・。

 正直、お金も時間ももったいないと思っていました。義母が無駄遣いをやめない限り、私は会うのをやめることにします。働いてお金を稼ぐのがどんなに大変だか、彼女はちっともわからない。本当に、悔しいほど恵まれた一生ですよね。容姿と性格には恵まれていなかったけれど・・・。

 もう、疲れた。先日も、片道3時間半かけて会いに行き、連れ出して一緒にランチでお酒を飲むというのんきな用事のはずが、本当にぐったりと疲れてしまうのは、年のせいなのでしょうか。

 明日は早番です。これ以上、ストレスためないで、今夜こそ、ゆっくり眠ることにしましょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

上野千鶴子さんの講演会

2015年01月15日 23時13分38秒 | 日常

 職場においてあるポスターとチラシで、前から気にしていたのが、本日の講演会「この国でジェンダー平等が遅れているわけ」(上野千鶴子)でした。場所は、小金井市交流センター大ホール、時間は午後6時から8時半まで。

 ということで、前からこの日にお休みを入れていましたが、朝からの雨で寒くて、もしかして雪になったらどうしようと思案していましたが、思い切って出かけました。めったに降りたことがない、というよりもしかしたら初めて?の武蔵小金井の南口から目の前の立派な交流センター。雨と強風により、京王線は遅れていて、何とか中央線に予定の電車に接続できましたが、中央線もちょっと遅れて到着。

 5時半開場のところ、ちょっと遅れての到着で、すでに会場は7割は埋まった状態でした。案の定、開演時には満席に近く、上の席も解放することになったようでした。

 最初に、主催の東京三弁護士会多摩支部のPRビデオ上映がありました。

 その後、六時半から、あこがれの社会学者の上野千鶴子さんの公演が始まり、メモを取り、楽しく拝聴しました。彼女の弁舌は明快で気持ちいいくらいにはっきりしていて大満足でした。

 まず、このタイトルで答えはひとつ、オヤジが悪い。

 その後、日本の状況を説明し、なぜそうなったのか、なぜそうならなかったのか、いろいろ解説hしてくれました。そして、あの暮の選挙でがっかりして暗くなったそうですが、それでもできることはある!と、地方選挙で市民派が、女性がたくさん立候補することを願っていました。

 そう、候補者がいなくては当選しない。女性をたくさん政治の舞台に登場させなければ、何も変わらないのかもしれません。

 悪天候で気持ちがめげていくのを悩んでいましたが、聞きに行って本当によかったです。元気をもらいました。

 もう、成長戦略なんて言う時代ではないんですよ。日本もすでに斜陽。予算の組み方もすでに成長型ではいけないはずなのに・・・。

 なんで、世界的な平和デモに、安倍総理は行かなかったんでしょうかね。お誘いも何もなかったのか、調べなかったのか。パフォーマンス大好きな彼がいかないことこそ失態。もう、ただでさえ、国際的に、人権的に問題ありの日本なのに。

 女性を活用したいなんて、ただの安い労働力にしたいだけなんですよ。本当の平等は、管理職にどれだけ女性がいて、どれだけ男女の賃金格差がないかなのですよ。ありえないでしょう。もともと、女性を非正規雇用にしか考えていない国なんだから。

 私たちにできることは必ずあるはず。

 今週末から一週間、渋谷でジェンダーのドキュメンタリー映画が公開されるそうです。行ってみよう!

 まずは、彼女が代表をつとめるNPOのサイトで情報を集めましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民意で当選した県知事に対しての冷遇

2015年01月10日 10時10分39秒 | 社会

 翁長知事だから会わないの?

これは昨日の朝日新聞の記事です。以下、転載させていただきます。

 上京したのに・・・政府・自民冷遇

 縄県の翁長雄志知事に対する政府・自民党の冷遇ぶりが目立っている。 翁長氏は6~8日、新年度予算の要請などで上京したが、関係閣僚との面会や党の会合への出席は実現しなかった。米軍普天間飛行場の移設問題で国に反対する翁長氏。政府との蜜月を誇った前知事への対応との違いに沖縄での反発の声が上がる。
 8日、東京・永田町の自民党本部で沖縄関連の予算を議論する会議が開かれた。仲井真弘多・前知事時代には、知事や県職員が顔を出したが、今回出席を望んだ翁長氏は招かれなかった。
 ある党幹部は「よばないのは仲井真知事じゃないから」と話す。会議では「今後、県の要望は党県連を通して受ける」との発言も出た。
 7日は、特産のサトウキビの交付金に関連して西川公也農林水産相に面会を求めたが、会えなかった。面会が認められたのは、同席する予定だった農協幹部だけ。翁長氏は県東京事務所で待機を続けた。
 沖縄県選出の自民国会議員は「翁長知事に政府とのパイプがないことが示せればいい」と狙いを明かす。県連幹部は「普天間問題で政策が異なる知事の要請を受ける理由はない」。
 前任の仲井真氏は陳情などの際、政権や自民党幹部と直接日程を調整していた。安倍政権は今年度予算で概算要求を上回る3501億円を計上し、沖縄振興予算は2021年まで3千億円台を約束。仲井真氏は13年末、普天間移設のための名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認した。
 翁長氏は昨年11月の知事選で辺野古移設阻止を掲げ、仲井真氏らを破って初当選。同12月に就任あいさつで永田町を回った際も菅義偉官房長官らに会えず、閣僚との会談は山口俊一沖縄北方相だけだった。
 今回の状況で翁長氏が出席したのは、8日の全国知事会議だけ。翁長氏は会議後、政府や自民党の対応について「昨年の知事選や衆院選などを受けてのことだろう。あるがままを県民や本土の方がご覧になって考えていただければいいのではないか」と語った。
 沖縄では反発の声があがる。普天間飛行場がある宜野湾市の主婦(44)は8日、友人と電話で翁長氏の状況を話題にした。「あまりに露骨。沖縄の民意を政権や自民党はどう思っているのだろうか」
 沖縄平和運動センターの山城博治議長は「嫌がらせ以外の何物でもない。政権や自民党は沖縄に寄り添うと言いながら世論に耳を傾けない。知事はめげないでほしい」と話した。
(相原亮、上地一姫、泗水康信)

**********************

 以上が新聞の記事です。

 ショックでした。ここまで露骨な意地悪をするのって、大人として、政治家としてどうなのでしょうか。これが、卑怯な日本人の常とう手段なんでしょうね。嫌な人たち!民意で選挙に当選した県知事に冷遇するということは、沖縄県民を愚弄していることになるのですよ。無神経というか、本当にせこい自民党!最低ですね、国がこうなんだから、この国は、おかしい!

 こういう人たちが、真摯に政治に向き合っていると言えるのでしょうか。子供のいじめ問題がどうこうっていえる権利あるの?自分たちの襟を正しなさいよ。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加