メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポビーとディンガン

2005-12-31 21:25:15 | 映画
僕達は幸福です、ふたりは生きたんですから

お葬式の挨拶でこんな風にいえるなんて素敵です

死んでしまった事を悲しむより、生きた事を喜ぶ

すばらしい発想の転換

これから先亡くなった人を見送る時
いつもこの言葉を胸に刻みたいとおもいました。

お話は日本でもお馴染みベン・ライスの原作です。

オーストラリアに住む兄妹、アシュモルとケリーアン

妹のケリーアンにはポビーとディンガンという想像上の友達がいる。

彼女以外にその姿は見えない。

ある日、ポビーとディンガンが行方不明になり・・・
ケリーアンはショックで病気になってしまう。

ここから兄アシュモルの大活躍が始まる

見えないものを信じる大切さに気がつくアシュモル

彼のひたむきさが、在らぬ疑いをかけられ孤立する家族の心を支え、

やがて街の人たちの心も動かしていく。

清々しく温かい珠玉の感動作です。

ブログトップへ映画検索


今売れてるDVDへGO!!





コメント (34)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« 歓びを歌にのせて | トップ | Jの悲劇 »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB&コメントありがとうございます。 (Hitomi)
2005-12-18 11:08:27
こんにちは、この映画のお兄ちゃんは本当に優しいですよね。お母さんにもお父さんにもそしてもちろん妹にも。私にも兄が二人いますがこんなには優しくなかたなぁ。

アシュモルのお葬式での言葉本当に心にジーンときました。あのシーンではほぼ号泣に近いくらい涙がこぼれてました。

やっぱりアシュモルは世界一のお兄ちゃんですね。
Hitomiさんへ (あん)
2005-12-18 13:24:17
Hitomiさん、ありがとう。同じくです(^O^)、そこで号泣でしたー。アシュモル兄ちゃん、オパールより輝いていたね。
映画は観てないけれど (葉月)
2005-12-18 17:01:40
原作かなり好きです。

予告編観たけれど、違和感ない感じ。



こんにちは、あんさん。

ケリーアンの友達のお葬式に町の人たちが集まってくれたのは

アシュモルの力だよね。



映画たくさん観ていいなぁ。

今年のベストテンも楽しみにしてます。

葉月さんへ (あん)
2005-12-18 20:35:24
葉月さん、かなりの読書好きとお見受けしましたが・・アタリ?あんもかなりの本キチです(^O^)。一応年間200冊を目標としています。専ら車内が読書タイムです。来年も100本200冊を目指します!ベストテン待っててねー。
TBありがとうございます! (Ken)
2005-12-18 23:02:16
あんさん、こんにちは!

ここのところ、『ミリオンズ』『ポビーとディンガン』『ザスーラ』と子供が主役の映画に印象深いものが個人的に多いです。

その中でもこの映画は飛びぬけて良かったです。

すごくシンプルな映画なんですけどね。
Kenさんへ (あん)
2005-12-18 23:30:58
あんもよ。ザスーラは怖そうで見なかったんですが、ミリオンズ、ヘイフラワー・・はいずれも好きな作品でした。キャプテンウルフも楽しかったわ。子供、動物ものに弱いです(^O^)。
TBありがとうございました (いわい)
2005-12-19 08:22:22
あのお葬式のシーンには、予測できた展開であったにも関わらず、感動させられてしまいました。

アシュモルお兄ちゃんが素晴らしかったです。
いわいさんへ (あん)
2005-12-19 22:05:27
アシュモル兄ちゃん、頑張ったよね。可愛かったよね。
Unknown (リーチェン)
2005-12-21 17:17:58
はじめまして&TB,コメントありがとうございました!



葬式=この世に存在したことの証 ということを無意識のうちに心得ていたケリーアン。

半端ではない「ポビー&ディンガン」の存在を信じ抜く気持ちがみんなを動かしましたね。

リーチェンさんへ (あん)
2005-12-21 19:49:19
原作ではケリーアンは短い生涯を閉じるんだって。悲しいけど、ポビー&ディンガンがいるから寂しくないよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

33 トラックバック

ポビーとディンガン (Diarydiary!)
《ポビーとディンガン》 2005年 イギリス/オーストラリア映画 - 原題 -
ポビーとディンガン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
オーストラリアの田舎町、ライトニングリッジは、オパールの採掘地として知られる町で、各地から、一攫千金を夢見る人々が集まってきています。11歳の少年、アシュモルとその妹で9歳のケリーアンも、高価なオパールを掘り出すことを夢見る父親のレックスとともに、ライトニン
夢を信じて 「ポビーとディンガン」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} ポビーとディンガン 妹の空想の友だち2人を兄が探す物語。 ということしか知らなかったのですが、思ったよりも厳しい現実の中で起こった物語でした。 今回はちょっとネタバレがあります オパールを発掘する地域に、いいオパールを発掘するこ
『ポビーとディンガン』 (地球が回ればフィルムも回る)
『ポビーとディンガン』 ー秘密の世界からの疾走ー 空想上の友人がいる少女という風変わりな話を、風変わりなファンタジー作品として描かなかったところがこの作品の良さだろう。この原作小説は、21世紀の『星の王子さま』と評されているそうだけど、僕は『星の王子さま
【映画】ポビーとディンガン (セルロイドの英雄)
\"Opal Dreams\" 2005年イギリス/オーストラリア監督)ピーター・カッタネオ出演)クリスチャン・ベイヤース サファイア・ボイス ヴィンス・コロシモ ジャクリーン・マッケンジー満足度)★★★★☆ (満点は★5つです)恵比寿ガーデンシネマにて オーストラリアの
「ポビーとディンガン」 (試写会帰りに)
ポビーとディンガン 読売ホール「ポビーとディンガン」試写会。 原作、脚本ベン・ライス。 フル・モンティ、ラッキー・ブレイクのピーター・カッタネオ監督。 あなたの子供の頃、目に見えない友達、想像上の友人、“イマジナリー・フレンド”はいましたか? 私はとても現実.
『ポビーとディンガン』 (ラムの大通り)
-----このチラシに 「この物語は、21世紀の\"星の王子さま\"だ。」って書いてあるね」 「うん。それはシドニー・タイムズ誌のレビューだね。 『星の王子さま』ではキツネが 『いちばん大切なものは目に見えない』と言うけど、 この映画では妹ケリーアンが\"目に見えない友だ
『ポビーとディンガン』 (狐の穴にて)
お兄ちゃんが健気にがんばる姿を応援せずにはいられなくなる。 タイトルの「ポビーとディンガン」は、ケリーアンという女の子のイマジナリーフレンドの名前。両親も、お兄ちゃんのアシュモルだって、この友だちの実
『ポビーとディンガン』~夢見る話法~ (Swing des Spoutniks)
『ポビーとディンガン』公式サイト 監督:ピーター・カッタネオ出演:クリスチャン・ベイヤース サファイア・ボイスほか   【あらすじ】(goo映画より)世界的なオパールの採掘地として知られる、オーストラリアの田舎町ライトニングリッジ。ここでささやかに暮らす
ポビーとディンガン (cinema mix box)
“目に見えないお友達”・・・ 私は“現実的な子供”だったので(笑)、そのような
[ ポビーとディンガン ]奇跡をおこす子どもたち (アロハ坊主の日がな一日)
[ ポビーとディンガン ]@恵比寿で鑑賞。 原作21世紀の「星の王子さま」と称された不朽の名作 「ポビーとディンガン」の映画化。 監督は[ フル・モンティ ]のピーター・カッタネオ。 [ ポビーとディンガン ]とは、子供の名前ではなく、 9歳の少女ケリーアンの
「ポビーとディンガン」(05イギリス=オーストラリア) (Happy Together)
「だれかポビーとディンガンを見かけた人はいませんか?」 夢を信じぬくことの大切さを教えてくれるハートウォーミングムービーです。
ポビーとディンガン (雑食)
恵比寿ガーデンシネマで友達と三人で行ってきた。 すっごく、いい話だったよっ ニュージーランドを思い出した。 オーストラリアンも好き。 ほんといい映画でした。
子供は親を映す鏡 (我が名は十庵)
子供が生まれる前と後では映画や小説から受け取るメッセージが変わってきたと感じる。子供が生まれる前は「子供」の視点だったが、子供が生まれてからは「親」の視点になったのだと思う。今日は恵比寿で『ポビーとディンガン』という映画を観た。いつものサボリ癖が出たわけ
ポビーとディンガン (毎週水曜日にMOVIE!)
最初に断っておくと、ボビー じゃなくてポビー (POBBYね)です。ずっと間違えてたので・・ 珍しく前売りを買っていたので、早く行かなきゃと思って今年中に行ってきました。 アシュモル(クリスチャン・ベイヤース)とケリーアン(サファイア・ボイス)の兄妹は、オパ
「ポビーとディンガン」 キラキラ輝くもの (目の中のリンゴ)
子供の頃、アナタには”空想のお友達”がいましたか? この映画は、行方不明になってしまった空想のお友達を探すお話。 オーストラリアのなーんにもない風景にキラキラと輝くものは・・・
「ポビーとディンガン」★★★★☆ (おまBlog)
オーストラリアのオパール{/hikari_blue/}鉱山に住む少女ケリーアンと兄アシュモルのお話し。 ずっと見たかったの。やっと・・・という思いで見に行ったが、うん。初めてなら1800円払っても問題ないくらい、すごいホッ{/face_hohoemi/}とするお話しでした。 空想壁の妹の友
ポビーとディンガン (Alice in Wonderland)
ことし最後に最高に心温まる映画を見てしまった。どうしてか分からないが、今年こんなに泣いた映画はなかったくらい感動をしてしまいました。心の隙間の繊細な部分に語りかけられたような温かい映画で、ミニシアター系の映画も見ないとなぁって実感空中庭園にあることから...
ポビーとディンガン (Alice in Wonderland)
ことし最後に最高に心温まる映画を見てしまった。どうしてか分からないが、今年こんなに泣いた映画はなかったくらい感動をしてしまいました。心の隙間の繊細な部分に語りかけられたような温かい映画で、ミニシアター系の映画も見ないとなぁって実感空中庭園にあることから...
ポビーとディンガン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だれか、ポビーとディンガンを見かけた人はいませんか?』  皆さんあけましておめでとうございます♪Uo・ェ・oU/゜・:*【祝】*:・゜\Uo・ェ・oU♪ってなワケで、今年の劇場鑑賞初めはこちらの映画になりました。  1日は映画の日ってなワケで元旦から、ハシゴして.
ポビーとディンガン (ななめ歩き)
ポビーとディンガンを観てきました。 ポビーとディンガン映画の内容は、 オーストラリアの片田舎に住む、主人公の男の子アシュモルには、 ケリーアンというがいます。 このケリーアンには架空のポビーとディンガンという友達がいました。 そんなある日ポビーとディンガンが
ポビーとディンガン (週末に!この映画!)
期待値:85%  小説が原作の映画。 子供の兄弟二人が主人公。ファンタジー映画っ
ポビーとディンガン (BAGELつれづれ日記)
ポビーとディンガン。失礼なことに、ものすごく観たい映画でもなかったんだけど「フルモンティ」の監督だし、せっかく京都行くし!(会員の更新もしたいし)で、観た1本。出だしは、少しはずしたかな?と一瞬思いましたが、なんのなんの。なかなかの展開でした。妄想癖のあ.
ポビーとディンガン (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 ポビーとディンガンベン ライス Ben Rice 雨海 弘美 アーティストハウス 2000-12売り上げランキング : 116,743おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools あらすじ/ウィリアムソン家では、家族の分だけでなく妹ケリーアンの友
ポビーとディンガン (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
この映画を観た人は、子供の頃に感じていた純粋な想いをいつまでも忘れたくない。そして大切にしたいとそう思うことでしょう。
ポビーとディンガン (シネマ de ぽん!)
ポビーとディンガン 公開中 ストーリー ☆☆☆☆ 映画の作り方☆☆☆☆☆ 総合評
ポビーとディンガン(Jinanbo\'s diary) (Jinanbo\'s diary)
ピーター・カッタネオ監督の「ポビーとディンガンopal dreams」を見ました。 「フルモンティ」と、この映画しか見たときないのですが、地域の住民、下流階級の人を表現するのがうまいなあと思いました。「ポビーとディンガン」の少女ケリーアンは空想上の友達、ポビーとディ
「ポビーとディンガン」 (eiga★eiga館)
子供の頃誰もが持っていた純粋な心を、ほんの少しだけでも取り戻せるかしら?         妹のケリーアン為に一生懸命自分に出来ることをしてあげるお兄ちゃんのアシュモル。子役がとてもかわいい。
『ポビーとディンガン』 (京の昼寝~♪)
目に見えないたからもの   ■監督 ピーター・カッタネオ■原作・脚本 ベン・ライス(「ポビーとディンガン」) ■キャスト クリスチャン・ベイヤース、サファイア・ボイス、ヴィンス・コロシモ、ジャクリーン・マッケンジー□オフィシャルサイト  『ポビーとデ
「ポビーとディンガン」@よみうりホール (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
今日は秀君がお休みなので2人で一緒に試写会に行って来ました。当初は2人で「七人のマッハ!!!!!!!」に行く予定だったのですが、恵比寿ガーデンシネマで上映される映画は試写会の回数が少なく、絶対に見たかった映画なのでマッハは中止。 {/kaeru_en4/}STORY日
ポビーとディンガン (ネタバレ映画館)
 ティナ・ターナーではなくてティナ・アリーナ。母親がやってたクロスワードパズルは完成したのかどうか気になるところです。
『ポピーとディンガン』 (独身ひとり暮らし猫、の日記)
“目に見えないたからもの”それ、くださいっ。 妖精と、とある家族の話・・・。 コレ、ホントにかわいいお話なんだよ・・・。 大切に扱ってね・・
『ポビーとディンガン』'05・豪・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ僕はオーストラリアの田舎町に住む男の子アシュモル。僕にはケリーアンという妹がいる。ケリーアンにはポビーとディンガンという大好きな友達がいるんだけど、僕はそれが妹の作り上げた架空の友達だって知っている。ある日、妹はポビーとディンガンがいなくなった...