ナベブログ

クルマ好きな元同人絵描き
わたなべやすおのブログです。
(現在は同人活動は無期限休止中です)

終わりかけの秋桜

2018年11月27日 20時13分26秒 | なべ日記(雑記)



先日の旧車天国でα900をひさびさに使って、
その光学ファインダーに今さらながらに再度の感激をし、
最近クルマに積んで出かけることが多いワタナベです。



先日は28mmばっかりだったので、今回は50mm。
そうは言ってもトリミングしてるけど(^^;)



散りかけのコスモスです。
この時期は日が暮れるのが早くて寂しいですね。










フルサイズで明るいレンズだと、使い方考えないと大変ね(笑)
こういうやり方だと開放なんかそうそう使えない。

そういう意味では小さいフォーマットでも何とかなるとも思うけど、
大きく引いたときにも画面の奥行き出せたりするので、
そういう意味では手放しにくいものもありますです。


まぁそんなこともともかく。

900のファインダーは楽しいですね。
ピントがふわっと浮いてくるようなのは気持ちいいですし、
実際の光が入るファインダーは見ていて楽しいです。



ただEVF慣れしてしまったのか、撮影結果をチェックするときに
ファインダーを覗いてしまうのは悪い癖かも(^^;)


感度上げると死ぬと言われる900も、低感度ならなかなかのもの。
惚れ直すと言うと大げさかなぁ。

CFもいつの間にか安くなったのね。
もう少し900で遊ぼうと思います。





先日の旧車天国、楽しかったですね。

そこの写真はWebを探れば見られるのでここでは貼りませんが、
オートサンダルの走るところを見られたのは眼福でした。

あと古いスバルがたくさん居たのも楽しかったですね♪
ジャスティ、ドミンゴ、レオーネと。
レガシィも初代はもうヒストリック世代なのにも驚き。





自分のクルマもいずれはあそこに入れる世代になっていくのかな。

ぜひ仲間に入れてもらえるような時代まで、持っていたいものです。



でもね。思うんです。


磨き上げられ完璧なメンテで、皆の前で飾られて視線集めるのも素晴らしいけれど、
自分のクルマはその時に一台だけ峠に向かって走るようなクルマであってほしいな…と。

猫ガレージの社長が言う「なべちゃんのクルマは狼なんだよぅ!」じゃないけど、
「我、峠にあり」って言うような、気高き狼であって欲しいな…と(笑)


まぁ飾るようなクルマでもないですしね(^^;)



でもあそこに居るクルマたちに負けぬように長生きさせてあげたいものです。







■Yellow Comet Web → 公開終了しました。


■twitter → http://twitter.com/Yasuo_Watanabe




★「That'sゆーのす」作品の通販はこちらから★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/d5e7103cafe02850a14ca32c575f62e5

★「That'sゆーのす」作品リスト★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/55a33673a9f535e8e25938571ec18f0d

※ご興味がありましたらお気軽にどうぞ…。


  
コメント

愛車を外から見てみよう(笑)

2018年11月17日 20時57分06秒 | なべ日記(雑記)

今日はひさびさの土曜日休み。
嫁もお友達と約束…とのことで、今日は一日フリー。
私も友達と一緒に出かけてきました。
そして二つほどお願いをさせてもらってきました(^^;)

まずは友だちとメシ食って、そのあとその友だちのお父さんの軽トラ借りて、
先日ホイール交換をお願いしたまま猫ガレージさんに置いてあった
スタッドレスタイヤと旧ホイールを受け取ってきました。
さすが軽トラック。この程度の荷物は余裕です。

でもその友人と軽トラ乗ってたら、その友人の親御さんが昔に持ってた
サンバークラシックを妙に思い出してしまいました(^^;)

若いころは皆夜遊びに出回るものですが、
私たちはその友人がディアスクラシックを借りてくることが多く、
今思えば狭い狭いサンバーに野郎二人で乗り込んで、
そのほかの友人の待つファミレスに向かったものです(^^;)

勿論当時のに比べれば広いのでしょうけど、
乗った感じはそっくり(笑)

考えたら長い付き合いですよね。
ありがたいことです。



その後は、その友人に我がヴィッツに乗ってもらって、
その走る姿や音を外から見せてもらうことに(^^;)

自分のクルマの走る姿って、実はなかなか見られないもので。
猫ガレージさんにエンジンやってもらって、中で聞くには良い音。
そして皆が言うには爆音…とのこと。
本当にそうなのかなぁ…と。

町外れの畑の真ん中の人が通らぬ道の脇に降ろしてもらい、
友人に乗ってもらって愛車が行ったり来たりする様子を
しばらく眺めさせてもらいました(笑)

爆音か…と聞かれたら、個人的にはちょっと大きめ程度の認識ですが、
外から聞いてもイイ感じ(笑)
ちょっとはいじってある感じのサウンドです(^^)
友人が言うには「車検は通らねぇんじゃね?」だそうですが(笑)

前から来ると吸気音がけっこう目立つものですね。
ガフッ!ガフッ!!と元気いいです。


友達からは音よりも先ずは「速いね」との言葉を頂きました、嬉しいね(笑)
あいつのシビックには適わないまでも、やっぱりちょっと位は驚いてもらえないと、
一緒に居ること多いから悔しいもんね(笑)
蹴り足イイネ…とも。
これはリセッティングで社長が気にした部分だから、私よりも社長が喜ぶかも(笑)



その後はクルマ好き恒例の缶コーヒーでダベリング(笑)したあとに帰宅。





明日はお台場に行ってきます。クルマのイベントです。

久しぶりにα900持って言ってきます。
光学ファインダーを楽しめるように
28mmF2と50mmF1.4のコンビで行ってきますです。



バッテリーOK.
メディアOK.


ひさびさのCFは容量数字の小ささにビックリ(笑)
SDカードは64ばっかりだもん。

明日は嫁も連れて行くので楽しみです(^^)
ご一緒いただく友人、嫁さん、宜しくお願いいたしますです。




■Yellow Comet Web → 公開終了しました。


■twitter → http://twitter.com/Yasuo_Watanabe




★「That'sゆーのす」作品の通販はこちらから★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/d5e7103cafe02850a14ca32c575f62e5

★「That'sゆーのす」作品リスト★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/55a33673a9f535e8e25938571ec18f0d

※ご興味がありましたらお気軽にどうぞ…。


  
コメント

カメラの未来を想おうぢゃないか

2018年11月13日 20時33分58秒 | カメラ その他雑記



この秋。各社からフルサイズミラーレスが出揃う形になり、
カメラ愛好家にとっては盆と暮れと正月がいっぺんに来たような騒ぎだったかと。


私は一応ソニーユーザーなのですが、
たった一つのEマウント機は事実上のマウントアダプター専用機。
実際Eマウントのレンズって7のキットレンズの一本しか持ってないもん(笑)

未だにAマウントで頑張っているオッサンなわけで…(汗)



さて、個人的な目で、今回のミラーレス狂想曲の感想と、
自分的にはどうなっていくのかを日記に書いて,
興味本位に楽しみたく思います(^^;)




ぶっちゃけ。

どのシステムも一長一短であるわけで、自分的には適材適所で
投入していけばいいんじゃないかなぁ…と思う最近です。


フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズと、
三種類のセンサーサイズの機体が自分の家にはあるわけですが、
今現在相互補完の関係になっていますし、
今後もそれでいいだろう…と。



実際問題として、今とこれからの自分がフルサイズ以上のセンサーサイズ用の
望遠レンズを買えるか?と言ったら無理に決まってます(^^;)

それに買えたとしても、だんだんジジイになっていくのです。
先日の北海道行きでも荷物の重さが堪えたもん。

気軽に持ち出せるサイズと価格のシステムじゃないと無理です。
でもそれだってこれから揃えるのは簡単じゃない。


そんなわけで、今まで揃えてきたAマウントを中心にせざるを得ないわけで。

でも今揃ってる機材でけっこう撮れるのも事実で(^^;)

APS-Cならちょっと暗いけど24mm相当から750mm相当までを撮れて、

フルサイズなら単玉でF1.4~F2.8の明るめのレンズが
24mm、28mm、50mm、90mmで揃い、
ズームでも安い玉ですが標準でF2.8通しがあって、
70-200までならF2.8の明るさで通せます。
こっちも望遠で24~500mmまでいけます。

そしてフォーサーズセンサーでは14mm~28mm相当の超広角ズームがあって、
お出かけに気楽に持ち出せるサイズで14mm相当~300mm相当までの
範囲がカバーされてます。

トータルでは超広角14mm相当~750mm+マクロ領域までカバーしていて、
あと無いのは魚眼と超高感度領域だけです。


なので、残りの穴を埋めてAマウントを維持しつつ、
少しずつAマウントの代替を考えていく…ってのが自分の唯一のシナリオです(^^;)

どうせAマウントのカメラはもう出ないですからね(^^;)
(というかEマウントの後もAマウントのボディやレンズを出してくれたことに感謝しています
 文句を言えるようなものではないですよね)




で、ここからが妄想(笑)
Aマウントの機体が朽ち果てる前に、自分の撮影領域をカバーするシステムを
最低限の支出(笑)で構築せねばなりません。



本音を言えばニコンもキヤノンも新システムは触ってみたいですよ。
特にノクトなんかは触ってみたさ全開です(笑)
キヤノンのズームも驚異的ですし。

でもそれを一から揃える金銭的余力はないです(^^;)
そして仮に買えたとしても抱えていける大きさと重さじゃないわけで。





というわけで、長玉+持ち歩きシステムとしてマイクロフォーサーズを。

ボケ写真+フルサイズ領域+オールドレンズ用として、
フルサイズミラーレスを用意せねばなりません。


Eマウントが基本的には最有力なのですが、
Aマウントのレンズに対する適応状況が調べれば調べるほど厳しくて、
どのアダプター経由でも基本的にスナップ用途しか使えないようです。
C-AFも使えないし、連写も3コマ/秒しか無理なようで。

もちろん動き物をマイクロでまかなえれば問題ないですが、
そうでなかった時の保険も考えておかねばなりません。
それにもしかしたらフルサイズ+クロップでフルとAPS-C+長玉の領域を
統合したほうが安上がりかもしれません。

シグマさんもフルをやるそうですが、それに適合するパナのボディも
もしかしたら…とか思っています。
高感度が良くて、クロップをある程度使えるのなら…と。

150-600のLマウント版とかが出て、使えるのなら…とか。





まぁ…ここまでが妄想(笑)



実際は現状維持です(^^;)


いろいろ調べたところ、今持っているAマウント機は最新と比べても
さほど劣るものではないようですし、まだまだ戦えます。

ですから、今しばらくはマイクロフォーサーズのレンズを拡充することが
現実路線かと思います。



今狙っているのは12-60のライカ。
これに100-400のライカを足せれば、新しいボディを買えさえすれば
APS-C領域を代替できるようになります。

もしフォーサーズで満足できればそれに越したことは無いですし。





まぁ…ゆっくりと…ですね。





■Yellow Comet Web → 公開終了しました。


■twitter → http://twitter.com/Yasuo_Watanabe




★「That'sゆーのす」作品の通販はこちらから★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/d5e7103cafe02850a14ca32c575f62e5

★「That'sゆーのす」作品リスト★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/55a33673a9f535e8e25938571ec18f0d

※ご興味がありましたらお気軽にどうぞ…。


  
コメント

入間航空祭2018

2018年11月05日 13時23分43秒 | なべ日記(雑記)

先週末の土曜日ですが、入間基地の航空祭に行ってきました。

今年も運よく当日が週末、しかも出勤日にされずに済みまして、
友人と共に入間基地で飛行機が空を舞う様を楽しむことができました。






















しかし空を行く飛行機は美しいですね。
癒されますです。



写真も楽しんできました。
今回は1枚目がベストショットかなぁ?

実は狙ってました…ってのは噓です(笑)
偶然の一枚ですが、たまにこういうのがあると嬉しいです(^^;)

でも実は雲が出る予報はありましたし、
空が青すぎるとCGみたいになってしまう…ってのはあるので、
雲などを生かした感じが出たのはありがたいです。


また来年も行きたいものです。





■Yellow Comet Web → 公開終了しました。


■twitter → http://twitter.com/Yasuo_Watanabe




★「That'sゆーのす」作品の通販はこちらから★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/d5e7103cafe02850a14ca32c575f62e5

★「That'sゆーのす」作品リスト★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/55a33673a9f535e8e25938571ec18f0d

※ご興味がありましたらお気軽にどうぞ…。


 
コメント

お伊勢参り+熊野詣

2018年11月02日 21時07分55秒 | なべ旅行記

ちょっと前になりますが、嫁と二人で旅行してきました。

しばらく旅行もしてなかったので、
「どこに行きたいかい??」って聞くと
「お伊勢さま!」と即答(笑)

そしてお宿選びするまではお伊勢参りだけで検討していたのですが、
嫁さんの「お伊勢参りなんだから伊勢海老食べたい!」を叶えるお宿を探していたら
熊野に面白いお宿を発見。
「せっかくだから熊野詣もしちゃうかい??」と聞いたら快諾(笑)

そんなわけでお伊勢参りと熊野詣を一気に…という旅に行ってきました。

ぜいたくかも。



*****************************************************************


10月18日から20日まで。2泊3日で。

一日目は朝早く家を出て、お昼前に伊勢市駅まで。



新幹線で弁当を食いつつ西へ。
やっぱりこれですな(笑)


子供の頃の憧れの近鉄ビスタカー。
ようやく乗れました(^^)










そしてお伊勢参り。
日本人なら一度は行きたい…という。






すごく厳か。神様が居る場所だ…という感覚がひしひしとします。



素敵な場所でした。
また行きたいです。




もちろん赤福も食べましたよ(笑)
嫁さんはぜんざいで、ちょっと分けてもらいました(^^;)



一泊目は予定していた飯屋が閉まるのが早かったので嫁の提案で方向転換。

ビジホに温泉がついているのですが、そこでのんびりすることに。
しかも晩飯は近所にイ○ンがあったので、そこで惣菜かって済まそう…と(笑)

よく友人とやっているような行動パターンですが、嫁も大丈夫なようで(^^;)
「ぜいたくはたまにでいいんだよ」という嫁さん。
良い意味で遠慮は要らないようです(^^;)






そして二日目からはレンタカーに乗り換えて熊野詣。

道中で七里御浜のみかんを味わったり。










そして熊野那智大社と速玉大社へ。



那智大社はすごい迫力。
すごい山中で、まるで中国の修験場のようです。


(中国行った事ないけど)
でも建屋は残念ながら修復中で覆いの中。
写真は有名な塔と滝。




那智の滝は今まで見た中での「King of 滝」
すごい迫力。
しかも山登ってる途中から見えるとは。






速玉大社は昔も来た事あるんじゃ。



日記に書き忘れてたけど、2012年にメカギアに行ったときに
紀勢線周りで行ってまして、その時に熊野市で降りて七里御浜にも寄ったし、
駅から歩いていける速玉大社で縁結びのお守り買ったんじゃ(笑)



今回は嫁つれて来れたのでお礼をたっぷりしてきました。
七里御浜も、まさか嫁連れて来るとは思わなかったです。




そしてその夜は熊野の里創人・熊野倶楽部というリゾートホテルへ。



いや、本当に良いお宿です。
ホテルが里山というか村のような作りになっているのですが、
お部屋について、里山を一望できるバルコニーでのんびりしているだけで、
それこそ料金分以上にのんびりできたというか。

お風呂も温泉が楽しめるし、
お食事も素晴らしいし。
おもてなしもさわやかで素敵。












熊野も伊勢もぜんぜん見足りない、味わい足りない…ってのが本音なので、
ぜひまた機会を設けて行きたく思います。







そして最終日は。
いよいよ熊野詣の最終ステージ、本宮大社へ。


そこに行くまでの道も良かったです。
広い谷あいに綺麗な河原が広がるところがあったけど、
そこで一日のんびりしたかったくらい。



そして本宮。






ここもまた神域というか、特別な場所でした。
ぜひまたゆっくり…「来ないといけない場所」です。



八咫烏のマスコットつきのおみくじを引いて、いよいよ帰路へ。



「やすお、○○子、帰る時間だ!」
八咫烏に導かれて家に帰ります(笑)


ちょうど帰り道の私たちのクルマの前の上をカラスが飛んでいくときがありまして、
嫁と一緒に「わーすごい!!」となりました。




クルマを借りた宇治山田駅まで戻して、時間の余裕があったので、
伊勢神宮の外宮だけもう一回参拝。
そこから近鉄、新幹線…と乗り継いで帰ります。

帰りはお導きがあったおかげか、東京から家までの乗り継ぎが素晴らしく上手く行きまして、
予定より1時間近く早く、しかも快適に家まで戻ることができました。





********************************************************


あまりデトックスとか意識したこと無いし、毒がたまってるとも思わないですが、
何かこう身も心も浄化されたような旅でした。

大満足。


伊勢に七度、熊野に三度、どちらが欠けても片参り…なんて言います。

さすがにそんなには行けないけど、また何度か詣でたいものだと思います。


あとは嫁さんについても新しい発見がありました。
今回の旅はけっこう旅程が長いハード気味のやつでしたが
ぜんぜん平気で楽しんでたこと。

そしてカメラも思いのほか楽しんでくれていること。
やっぱりカメラ好きになるには単玉なんだなぁ…と(笑)



以上、旅行の記憶まで。



■Yellow Comet Web → 公開終了しました。


■twitter → http://twitter.com/Yasuo_Watanabe




★「That'sゆーのす」作品の通販はこちらから★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/d5e7103cafe02850a14ca32c575f62e5

★「That'sゆーのす」作品リスト★
http://blog.goo.ne.jp/yellow_comet_ap1/e/55a33673a9f535e8e25938571ec18f0d

※ご興味がありましたらお気軽にどうぞ…。


  
コメント