トシちゃん、還暦からの充実した人生を詠う

2008年12月に還暦を迎えた男の、大還暦を目指して歩む日々を綴る

静岡県東部を 遊覧 ~~ 久しぶりの放浪

2018-05-17 22:27:29 | Weblog


5月15日(火)、天気も回復したので、短い「放浪」に挑戦した。

2泊 3日の旅。
近場の「遊覧」と 洒落てみた。 

結構、内容は充実していたと思う。


1、富士山の鑑賞

       
   スカイウォークからの富士  景色は最高       初めて訪れた足柄峠  辛うじて霊峰が



2、三島、沼津の散策

   
三島駅前の 楽寿園 溶岩の上に  流れ出る清流 源兵衛川          三嶋大社は伊豆国一宮

   
    佐野美術館に隣接する 隆泉苑庭園         柿田川の源流                沼津御用邸



3、大谷崩の視察

    
  日本三大崩れの一つ 大谷崩(おおやくずれ)  宝永大地震(1707年)で崩壊    その49日後に冨士大爆発

              
   阿部川の源流 阿部峠(手前)          鯉が滝                赤水の滝



4、高天神城跡の視察

    
急峻な山城         高天神社                         本丸跡
今川、武田、徳川が争奪)          搦手門への急な下り



5、その他、立寄り
 
   
          資生堂アートハウス               懐かしの前田美波里     夕日の滝(金太郎が産湯を使う)




参考:行程(2018年)

   
○ 5月15日(火)
      7:40 自宅発。 21℃、快晴。 寝坊して夜中の出発に失敗。  9:30 箱根峠。  
9:50~11:20 スカイウォーク。 春霞は残念。  
     11:40 三嶋大社。 既訪だが立派。 伊豆国一宮、同総社。  12:40 楽寿園。 溶岩のある公園は 素晴らしい。 「源兵衛川」の散策は最高。 
     14:15~15:00 佐野美術館、 隆泉苑 庭園。  15:20~15:50 柿田川公園(既訪)。  16:15~17:00 沼津御用邸記念公園(既訪)。 
           18:00 
千本松原。   20:20 道の駅 宇津ノ谷峠。 静岡市の西端。 旧東海道の峠道。 4本のトンネルがある。 泊。

      
○ 5月16日(水)
          
5:15 道の駅発。 17℃。 快晴。   7:30 誓願寺。 源頼家が建立。 片桐且元の墓あり。 駿府城まで10km。 
           朝食、有東木(うとうぎ)(高級茶、ワサビで有名)後、   8:35~9:10 大谷崩。 1707年の宝永地震により出来た山体崩壊。 鳶山崩れ(富山県)、
          稗田山崩れ(長野県、既訪) とともに日本三大崩れの一つ。 安倍川の水源の一つ。      
9:20 梅ヶ島温泉 黄金の湯。 
          10:50 安倍峠。 安倍川の源流。 山梨側は通行止め。 雲多し。   11:30 鯉が滝。  11:50 赤水の滝。 
     13:10 焼津さかなセンターで昼食。   15:00~16:00 高天神城跡。 「高天神を制するものは遠州を制する」。  搦め手門から。 凄い山城。    
     16:10~17:00  資生堂アートハウス、資生堂企業資料館。 ガーデンも立派。
         
17:15 道の駅 掛川。  18:20 谷稲葉うぐいすPA。   23:40 道の駅 ふじおやま。 爆睡。  帰宅しても良かったが。

       ○ 5月17日(木)
         
4:50 出発。 19℃。 薄曇り、風強い。   5:15~5:45 足柄峠。 足柄城址。 駿河・相模の国境。 靄はあったが富士が顔をだす。 
          6:00 夕日の滝。   6:50~8:20 大雄山最乗寺。 朝食、秦野農協(牛糞堆肥購入)、買物など    14:10 自宅に
帰着。 28℃。 蒸し暑い。 
 
      ◎
3日間 走行距離  640km。

 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静かすぎる位の GW

2018-05-07 05:06:32 | Weblog

今日は、 5 月 6 日。
ゴロ合わせで 「ゴムの日」 というようだが、世の中でいう ゴールデンウイークは幕を下ろした。

この間、長時間、妻と 静かに時を刻み、心の安定を得ていた。

3月末、 前立腺癌への投薬開始。 
4月 9日(月)に 入院を伴う 前立腺癌の手術。 
4月 24日(火)からの 骨転移対応の 点滴治療開始。 
この前準備としての 歯の治療 (8本の残根の除去)。 
5月 2日の 胃カメラ。     なども 続いた。

歳のせいか 傷口の治癒、体力回復に時間がかかり、妻へも申し訳なく思っていたところである。


この時期、毎年のことであるが、農作業の繁忙期となる。
ジャガイモは 間もなく収穫まで成長。
トマト、キュウリ などは、強風のなかでの植付けを行った。

    
    ジャガイモ(左)、トマト(右奥)、キュウリ(右手前)           愛車、 遂に 12万キロ突破


また、4月23日(月)に 軽度の交通違反 ( これで一生、ゴールド免許が取れないことが確定 )。 
同 25日(水)に 愛車 12万キロ突破 ( 横浜市 センター北駅近く )。 
A5の佐賀牛 1kgの家族での賞味。    など 小さな想い出も出来たところである。


いよいよ明日から、酒も解禁。 運動も少しづつ。
病 を 暫く忘れて、 芽生えた 「元気」を 大切にしていきたい。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一瞬 のソメイヨシノ   休眠も短期で

2018-04-13 21:15:02 | Weblog


今年の春は 好天が続いたこともあり、桜の開花は異常に早く、 あっという間に終わってしまった。

東京では、3月17日(土) に開花、満開は3月24日(土)。
例年より、1週間から10日早いという。


今回、特に凄いと思ったのは、埼玉県荒川沿いの「熊谷桜堤」。
初めての訪問ということも加わり、最高の感激を味わえた。

    

  

〇桜視察全日程(2018年)

  3月25日(日) 等々力不動尊、多摩川堤防。  26日(月) 飛鳥山公園、旧古河庭園、六義園、日比谷公園。  27日(火) 砧公園。 
  28日(水) 芦花公園、井の頭公園。  
29日(木) 熊谷桜堤。  30日(金) 千鳥ヶ淵、靖国神社、上野公園。 
  4月4日(水) 桜坂 (田園調布近く)。 福山雅治の歌から訪れるも 葉桜。


   
          六義園・ しだれ桜は見事             飛鳥山公園も風情あり      砧公園・左は源平モモ

    
    井の頭公園も良し         恒例の 千鳥ヶ淵             上野公園          桜坂は 既に 葉桜




4月6日から入院、 9日に前立腺がんの手術。
1週間弱の休眠状態=入院生活は やはり 楽しいものではなかった。

退院後、痛み止めを飲みつつ リハビリと称し 活動を開始。
青空の下、歩き廻れる幸せを痛感している。

これから、手術結果の検証、がん転移の範囲把握と対応 など色々あるようだが、素人が考えても無駄と 全てを忘れ、
日々を楽しんでいくこととする。

            
  上野公園 シャンシャンに初対面(4.13)    母親 シンシンは どっしり    シャンシャン(左)が母親(右下)方面へ

     
   武蔵陵墓地 昭和天皇陵  同、香淳皇后陵 を訪問(4.12)     「花粉用メガネ」を買い替え         100円ショップで購入 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南房総を巡る

2018-03-18 14:54:02 | Weblog


久しぶりの放浪  ~~ 南房総へ 5日間の旅である。

この時期としては信じられないような 温暖な気候が続く。
途中で、桜の開花も間近とのニュースが流れる。

この天候のお蔭もあり、時間に追われることなく 色々と楽しめた。



1、美しい海岸を行く

    
    名勝 仁衛門島  (左)渡船  (右)源頼朝かくれあな       鴨川松島  (左)魚見塚展望台から  (右)海岸より    

       
   鵜原理想郷は素晴らしい         鯛の浦遊覧船           鯛には会えず           房総最南端の 野島埼

   
   道の駅 ちくら・潮風公園    たかあしがに 美味しそう      多くの花摘み畑が         白浜ファミリーパーク

 

2、「波の伊八」の作品に触れる

     
       硯山 長福寺 本堂欄間         初期(38歳)の作品    波には師匠の影響が残る

     
     飯縄寺(いいなでら) 本堂欄間     40代の作品  「牛若丸と大天狗」    感動的、最盛期か

          
    行元寺 書院  内部は見れなかった    欄間の作品                北斎名画の原型か
 

 

3、名刹を探訪

      
   聖徳太子開山の 鹿野山 神野寺 (左)本堂  (右)奥の院   (日蓮宗大本山)誕生寺 本堂      崖の観音(大福寺)


4、その他 訪づれた地

        
濃溝の滝(亀岩の洞窟) ハート型も間近          大山千枚田   現在も耕作している          日本一高い歩道橋(中の島大橋)
       
       
         東京湾観音           20階が天上界                    旅の締めは 食べ放題

 

 
これから、サクラの時期が始まる。

花粉症とも仲良くして 共に楽しみたいものである。

 

  

 

参考:行程(2018年)

   
○3月12日(月)
      
7:35 自宅発。 6℃、快晴、爽やか。 海ほたる経由、  9:30~10:10中の島大橋(木更津)、日本一高い歩道橋(27m)。 
      10:30~10:55 富津岬 中の島展望台。  11:20~12:00 東京湾観音。 像内は 七福神など楽しい。  13:00~ 鹿野山 神野寺。 
      立派。聖徳太子が開いた関東最古の寺。  14:50 波の伊八 生誕地 (田んぼ。何もない)。  15:20 大山千枚田。 素晴らしい。 耕作していた。
      
17:30 道の駅 鴨川オーシャンパーク 泊。 宿泊には良くない。
    
○3月13日(火)
      
5:50 道の駅出発。 月が綺麗。 朝食後、 6:20~8:00 濃溝の滝(亀岩の洞窟)。 素晴らしい。 7:20頃、ハート型に近くなる。 
      9:50~10:30 硯山長福寺(すずりさん ちょうふくじ)。 波の伊八38歳の作品。 師匠の影響あり。素晴らしい。 
      10:50 行元寺(ぎょうがんじ)。 伊八の欄干のある書院の内部公開は土日のみ。  11:40 太東漁港。サーファー多し。 
      太東埼灯台、同岬の荒波を見て  15:15~16:00 鵜原理想郷。 日本の渚百選。 急峻な道だが景色は素晴らしい。 
      16:10 勝浦つるんつるん温泉。 17:20 道の駅たけゆらの里おおたき。 泊。 
    
○3月14日(水)
      
5:25 道の駅 発   6:20 魚見塚展望台。 松島を含め展望は素晴らしい。夜明けに間に合わなかった。 6:50 鴨川松島。 漁港も。 
      8:30~10:00 名勝仁右衛門島。 植生は 伊豆大島に近い。  11:20~12:00 飯縄寺(いいなでら)。 
      本堂欄間を飾る 伊八40台の作品 「牛若丸と大天狗」は見事。 感動した。    14:00 鯛の浦遊覧船。 荒波。真鯛には会えず。 
      14:30 誕生寺。 立派。本堂は道の先。   
15:10 かんぽの宿 勝浦 泊。
    
○3月15日(木)
      
9:40 出発。 17℃、夏模様で海風が快適。  11:40 道の駅ちくら・潮風公園。 花摘み畑が多数。 12:50 野島埼灯台 
      13:30 白浜ファミリーパーク。 イマイチ、足湯は良い。  14:15 道の駅 南房パラダイス。 ハワイアンセンタの雰囲気か。 
      14:50 ポピーの里 館山ファミリーパーク。 綺麗そうだが花は飽きたのでパス。  
      
15:20 沖ノ島 公園。 途中、道が通行禁止(徒歩でも)。 残念。  15:30イオン館山店。   17:30 道の駅 とみうら枇杷倶楽部。 泊。   
    
○3月16日(金)
      
7:15 出発。 16℃、夜中の雨あがる。 7:30 崖ノ観音(大福寺)凄い。   8:20~9:30 大房岬自然公園。 台風並みの強風。 
      10:25菱川師宣記念館。 浮世絵の創始者    
11:40~13:30 金谷、まるはま海鮮浜焼き。 雨に。  16:30 自宅着。12℃と寒くなる。  

    ・ 
5日間計 660km。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日日是好日

2018-03-09 20:32:36 | Weblog


「日日是好日」。 唐末の禅僧の言葉だそうだ。
「にちにち これ こうにち」と読むのが正しいとされる。

表面的には、「毎日毎日が素晴しい」という意味だが、「毎日が良い日となるよう努めるべき」という解釈や、さらに進んで
「そもそも日々について良し悪しを考え一喜一憂することが誤りであり 常に今この時が大切なのだ」、 あるいは
「あるがままを良しとして受け入れるのだ」  との解釈もあるとのこと。 (Wikipediaより)



実は、今年に入って病院での検査で異常が見つかり 調べて貰ったら、今度は前立腺がんで、骨への転移もあるとのこと。

大事件なのだろうが、禅の気持ちが少し分ってきたせいか、素直に受け入れられ、3月 8日から治療に入った。
といっても、腹に注射 2本(月1回)と 飲み薬1個(毎朝)。   手術は4月に一週間程度の入院でとのこと。

状況、対処方法等が良く判らないうちは、多少不安に思うことはあったが、対処が上手くいけば2~3年での死亡症例は
皆無とのことで安心した。



幸いなことに、食欲は旺盛、痛みもなく、薬での異常も今のところないことから、 いつも通り 「今日も良い日となるように」と
割切って動いている。

治療開始の日は、病院近くで鉄板焼き。
続いて、大好きなルノアールの「イレーヌ」を観に 六本木の国立新美術館へ出かけ堪能した。
(2回目の訪問。   NHK日曜美術館でも 絵とイレーヌの数奇な運命が放映されていた)


翌日(今日)も荒天であったが、三浦半島にぶらり。
    
   ルノアール作 「 イレーヌ 」                 観音崎灯台            河津さくら と 菜の花    横須賀美術館 「谷内六郎」( 週刊新潮 )


来週は天気も良くなりそうなので、近場で放浪でもと考えると 楽しくなってきている。


  
注:今年に入り 多くの方々に 色々不義理を働いてきた。 
    
5月の連休明けには 以前と同じお付合いが 再開出来るようになればと願っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の埼玉 ~~ 引続き探訪

2018-03-02 20:06:28 | Weblog

 
前回の訪問に加え、空時間を見つけ、しつこい位に探訪を続けた。

結果、下記 訪問記録の通り 実に広範囲な訪問となった。

ここに、
記憶に止めたいところを並べる。



○歴史的遺産 その1: 武蔵一宮 氷川神社

                  
    大宮の語源となった氷川神社   中山神社は中氷川神社と云われる     氷川女体神社も 武蔵一宮



〇歴史的遺産 その2: 忍城(おしじょう)

    
 2千人で秀吉 5万の軍勢に対抗    守り抜いた名城          忍城の外堀の一部      水攻めを狙った石田堤 跡



○歴史的遺産 その3: 古墳群

    
 異様な 吉見百穴(横穴墳墓) 三成の本陣・忍城を望む丸墓山古墳  眼下に稲荷山古墳   武蔵国一の前方後円墳 二子山古墳



○氷柱(つらら)  ~~ 既訪の三十槌(みそつち)の氷柱を合せると 「秩父三大氷柱」を制覇した

    
     あしがくぼの氷柱         人工の美しさが            両神山の麓へ        尾ノ内渓谷の氷柱は見事



○ひな祭り、盆栽など

                   
    鴻巣びっくり雛祭りは 本当にビックリ         大宮盆栽美術館は見事            鉄道博物館

 
    
  秩父神社・左甚五郎の作品       秩父祭りの 屋台      越生梅林は時期が早すぎた      福寿草は可憐に

 

杉花粉が満開を迎え、大量に飛び始めたこともあり、今回でもって「埼玉探訪 シリーズ」は 一応の完成としました。



(訪問記録)  ~~3日とも 車利用~~

2月19日(月) 
  
8:30 自宅発。  10:15 大宮公園 無料駐車場あり、施設も多く 自然も豊富。  隣接の「武蔵一宮氷川神社」に参拝。 大宮という地名の基となる。 
  11:10 大宮駅。 近隣の地図を入手。  11:30~12:40 電車で、さいたま市 鉄道博物館。 まあ楽しい。  途次での 氷川うどん は美味。 
  13:30~14:20 大宮盆栽村。 盆栽四季の家、清香園、曼青園に立寄り。  「大宮盆栽美術館」は芸術の粋! 撮影禁止は残念だが。 
  15:00 大宮公園駐車場へ戻る。  15:25 中山神社。 通称、中氷川神社。 16:00 氷川女体神社。 これも武蔵一宮。  17:20 自宅着。

2月20日(火) 
  
7:30 自宅発。  10:10~11:20 道の駅 あしがくぼ。 徒歩で 「あしがくぼの氷柱」 往復。 水撒きあり。   12:20~13:10 「尾ノ内渓谷氷柱」。 
  天然の氷柱。  橋からの眺めが素晴しい。 両神山の麓。  帰路、途中で 秩父蕎麦。  14:30~16:00 「秩父神社」。  「秩父祭り会館」。 
  18:30自宅着。  11℃と暖かい一日。

2月27日(火) 
  
7:30 自宅発。 6℃、晴れ  9:40 越生(おごせ)梅林。 関東3大梅林の一つ、梅は多いが 花は これから。 11:00 吉見百穴。 219基の横穴墳墓。 異観。  
  13:30 忍城址(おしじょう。行田市郷土博物館)。  水城公園:忍城外堀跡を利用した公園。  石田堤歴史の広場: 石田三成の水攻め。 堤跡。  
  
15:20 さきたま古墳公園。  丸基山古墳:石田三成が布陣。忍城も見える。 稲荷山古墳は眼下。  二子山古墳 全長138mの前方後円墳、武蔵国一の規模。 
  16:20 鴻巣びっくりひな祭り。 エルミこうのすショッピングセンタ1F ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇 (31段、高さ7m) には唖然!  19:30 自宅着。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埼玉県南部を彷徨う

2018-02-16 22:26:38 | Weblog


寒さ厳しき この時期、どう楽しむか。


過去のブログをひも解いてみたら
、色々苦労しながら取り組んでいた。

    2009.2 漢字検定試験に挑戦
    
2010.1 愛鷹山からの 「少しピンクのかかった富士山」 (夜明け)
         
皇居一周
       
2 高川山(初狩駅近く)に挑戦。 積雪でJAF出動依頼。
    
2012.1 音読テキスト「平家物語」に挑戦
    
2013.1 富士山一周ドライブ
         
犬吠崎、銚子など訪問
    
2013.2 冬の三つ峠(失敗談)
         
箱根神山で「雪上のラーメン」にトライ。
    
2014.2 ママチャリで 鎌倉へ
    
2015.1 東京23区探訪の旅 (道半ば)
       
2 河津桜、城ケ島などドライブ
    
2016.1 筑波山、鎌倉
         
大楠山(三浦半島)、袋田の滝、三浦半島、ひたち海浜公園
       
2 伊豆放浪
    
2017.1 築地マグロ競市、袋田の滝・常磐ハワイアンセンタ
       
2 利根川中流域
         
低山歩き~~大山、御岳山、尾白の森、 ラクスパ鶴見
         
伊豆~~MOA美術館、河津サクラ、松崎など
    
2018.1 湘南から伊東、

         伊豆散策~~爪木崎の水仙、だるま山からの富士、修禅寺など



今回は 色々悩んだ末、 「近くて遠い 埼玉県南部」を訪ねてみた。



1、トトロの森(2月13日(火))

  小河内ダム、狭山湖などを訪れたのは小学校の遠足だったか。

  「トトロの森」という名前に引かれ、インターネットで調べつつ 歩いてみた。

  買収地は、整備された里山といった印象。
  山道を歩きながら後ろを振り返ると、トトロが見え隠れ。
  そんな気分に浸らせてもらった。

    
    トトロの森 1号地 入口      振り返ると トトロが・・・       狭山湖からの霊峰         庭に隠れていた

    
      クロスケの家           ドキッ! 出たー!       さいたま緑の森 博物館         北野大明神


  (行程) 2月13日(火)   電車利用

        
7:00 自宅発。  8:40 西武球場前駅  9:20 トトロの森3号地。  1号、2号地経由 9:40 堀口天満宮神社  
        庭で笑うトトロの木、狭山湖堰堤などを楽しみながら  11:00 クロスケの家  12:00 金山寺  13:00 昼飯
        
13:15 糀谷八幡神社、トコロちゃん。  13:40 さいたま緑の森博物館。休館。    14:00 荻原バス停。 
        50分待ちの表示に唖然と。 歩きを決断。   北野大明神経由   15:50 小手指駅。   17:20 自宅着



2、小江戸 川越

  久しぶりの訪問だったが、相変わらず 美しい街並みが残っていた。

  今回は、ついでに、「小江戸川越 七福神」制覇にも取組んでみた。

    
     蔵造りの町並み              時の鐘             菓子屋横丁にて          川越城 本丸御殿


    福禄寿        弁財天      布袋尊          恵比寿天       大黒天        寿老人       毘沙門天
   (蓮馨寺)       (妙昌寺)    (見立寺)       (成田山川越別院)       (喜多院)         (天然寺)         (妙善寺) 
        

 
  (行程) 2月14日(水)   電車利用

        7:30 自宅発。 9:05 川越駅。 観光案内所で地図入手。   10:10 蓮馨寺(福禄寿)。  10:40 妙昌寺(弁財天)  
        蔵造りの町並み。   11:00 時の鐘。  11:10 菓子屋横丁   11:20見立寺(けんりゅうじ。布袋尊) 
        12:00 川越城本丸御殿。  市立博物館、市立美術館。 ヤオコー川越美術館。 11:40 川越氷川神社。
        
成田山川越別院(恵比寿天)。  喜多院(大黒天)。  14:50 天然寺(寿老人)。  15:20妙善寺(毘沙門天)。 
        16:00 川越駅。  17:40 自宅着。

 

3、狭山茶畑など

  
日を改めて、近辺を 少し車で回ってみた。

  
色々 訪れたが、狭山茶畑が一番印象に残った。

    
     彩の森 入間公園          ジョンソンタウン          広大な 狭山茶畑         所沢航空記念公園


  (行程) 
2月16日(金)   自家用車利用

         
7:40 自宅発。 4℃。  9:50 入間市役所駐車場。 地図入手。   10:15 彩の森入間公園。 
         11:00 ジョンソンタウン。 米軍の街のよう。  昼食。   12:30 入間市博物館。   13:20 埼玉県茶葉研究所。 
         この付近の狭山茶畑は雄大。   
14:20 所沢航空発祥記念館、所沢航空記念公園。  日本で初の飛行場。 
         16:00自宅着。


 

この地域、まだまだ寄りたい場所が多く残った。

また、訪れたいと思う。




(番外の写真)

     
 家からの 皆既月食(1月31日) 世田谷岡本からのダイヤモンド富士  井の頭公園の「かいぼり」    同公園では梅の花も

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大寒波のなか 伊豆に遊ぶ ~~ 伊東・逗子を徒歩で

2018-02-07 08:29:00 | Weblog

 
23cmもの積雪が東京を襲ったのちも、大寒波は居座る。
氷点下の朝が 一週間も続いていた。

1月最後の週、 寒気が少し弱まる気配が。
そこで、2泊 3日の予定で 車中泊に挑戦することとした。
 (寒さに耐えきれなくなれば 帰宅できる場所で)

天気に恵まれたこともあり、日替わりで 楽しさを味わえた。



○湘南からの徒歩旅行。 西は 伊東まで到達。  ( 2018年1月29日(月) :天気は良)

  前回までに、鎌倉から網代まで 徒歩で歩き通した。
  今回、網代から伊東まで繋ぎ、伊東の海岸を 西方面の最終地にすることとした。
  グーグルで測ってみると、海岸線で 80km。
  立派な記録と思う。

     
  頼朝が身を隠した 「しとどの窟」 に寄る         凍結した急坂に難渋                 網代港             遂に、伊東市、オレンジビーチに

  
  行程: (2018.1.29)
       6:40 自宅発。 △1℃、やはり冷えている。   
9:30~10:20 源頼朝が隠れた「しとどの窟」(いわや)(湯河原)。 凍結した急坂を400m。 
       帽子、杖、手袋を着用。    
11:30 道の駅 伊東マリンパーク。 昼食。   12:10 網代に向けて徒歩で出発。  宇佐美市内で道に迷う。
       15:20~15:51 網代駅到着、列車発。    16:05 JR伊東線で、伊東駅へ到着   
16:30 徒歩で、伊東マリンパークへ(愛車に戻る)。 
       9℃だが寒い。。



〇湘南からの徒歩旅行。 東は逗子まで到達。 (2月6日(火):天気は晴れ)

  東方向も鎌倉から逗子まで足で結ぶ。
  総計 85kmの走破を達成し、本プロジェクト完成とした。

     
  鎌倉の材木座海岸にはサーファーも        光明寺の大聖閣          リビエラ逗子マリーナにも立寄り         最終地の逗子海岸 




○ 「下田 爪木崎の水仙」を 堪能。 (1月30日(火) : 曇り。)

  爪木崎の水仙。
  何と、300万株も 自生しているという。
  例年だと 河津サクラ祭りの時期に訪問。  
  当然ながら、水仙の盛りは過ぎていた。
  今回は、旬の 咲き誇りに 出逢え 嬉しくなった。

      
  途中、川奈ホテルゴルフコースを視察    河津も寄るが、サクラは 蕾み           下田港は近い             玉泉寺(ハリス・総領事館)
     
          
     
             300万本の水仙                    奥は 伊豆大島                 原生する丘の上からの眺め


  行程: (2018.1.30)
       
朝2:30頃、雨。   6:00 天然温泉   8:20 伊東マリンパークを 車で出発。 小雨も あがる。 4℃。   8:40川奈ゴルフを視察。   
       
10:00~10:50 河津サクラをチェック。 原木もつぼみ。  今年は2月下旬が見頃か。      11:40~14:00 下田視察。 
       玉泉寺 (ハリス・米国総領事館)、 ペリー上陸の碑、 ペリーロード、 了仙寺(日米下田条約の調印式)、 吉田松陰拘禁の跡など。
       14:20~15:00 爪木崎。 300万本の原生水仙群は見事。 背後は、大島。    19:00 伊東マリンパーク着。 5℃、少し寒い程度。

 


○修禅寺一帯の歴史探訪。  (1月31日(水) :天気は良い)

  頼朝の流刑地、蛭が小島。 北条早雲の居城、韮山城。 源範頼・頼家が幽閉・暗殺された修善寺。
  伊豆国分寺・ 同一の宮 三島大社。 など  
  懸案の未訪問地を 順次 視察した。


    
    伊豆最古、修善寺 「とっこの湯」        2代将軍 源頼家の墓                   だるま山 からの景観は日本一
  

     
       蛭が小島の 頼朝・政子         北条早雲の韮山城・本丸跡          伊豆国分寺・塔跡           三島大社(一の宮)の本殿


  行程: (2018.1.31)
       6:00 起床、1℃。暖房を点ける。 6:50 出発。 ジョナサンで朝飯。 8:20同発。     奥野ダム、六仙の里経由。 
       10:00~11:40 修禅寺温泉。 途中、修禅寺駅で地図など入手。 修禅寺、日枝神社、とっこの湯、竹林の小径、源範頼の墓、
       指月殿、源頼家の墓など視察。    12:10~12:40 だるま山へ。 一部凍結のある西伊豆スカイラインで。 横山大観が富士を描く。
       見事な景観。    13:35 蛭ヶ島公園。 山木判官平兼高館跡、江川邸     14:40 韮山城跡。北条早雲が小田原の前の居城。 
       15:10~16:20 三島大社。伊豆国一の宮は立派。  伊豆国分寺跡。  大井松田から東名に。  19:30 自宅着。7℃。 

  〇 3日間計 467km。

 

伊豆から帰宅した翌日は、午後から冷たい雨。  
夕刻には 雪に変わってしまった。

いずれにしても、春は、まだまだのようである。




  注: 本ブログは、「大寒波のなか 伊豆に遊ぶ ~~ 徒歩で伊東まで到達」 (2018.2.2)を 一部追加修正したものです。
     修正の理由は、2018年2月6日に 「湘南からの徒歩旅行」を鎌倉から逗子まで延長したことによります。





 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4年ぶりの大雪 ~~ 汗をかき精神安定

2018-01-23 21:18:15 | Weblog


1月22日(月)の昼過ぎから、降雪が始まった。
朝方から、冬の日本海を想い起させる 「鉛色の空」。
降りだしは、予想より早かった。

夕刻には雪の勢いが増し、午後 4時、8時と 2回、自宅前の雪掻きをする。
夜半には止んだと思われるが、-2℃なので積もり続け、23cmの積雪となったようだ。

    
   自宅前 これでも 夜 2回 雪掻き       愛車も 深い雪の中            庭の大根も 雪の下              朝の 「環八通り」


今年、「初日の出」を見てないのに気が付いた。
日の出、6:20に合せ、雪の九品仏・浄真寺へ。
厳かな風景を楽しんだ。

帰宅後、駐車場を含め 3時間程度の雪掻き。
2回目の視察を多摩川に。
一日中、身体を動かし 久しぶりに 快い精神安定が図られた。

    
   九品仏での  「初日の出」          多摩川は 足跡が 疎ら            二子玉川まで 歩く          商店街 僅か 1日で通常に 


4年ぶりの大雪というので、前回の記録(ブログ)を追ってみた。
http://blog.goo.ne.jp/toshi-nishi-page/e/f5f227173e661cbc95bf0014492cd444

「45年ぶりの大雪に想う」 (2014年2月9日)で、下記も付記されていた。
  1、ソチ・冬季オリンピックが開幕:プレゼンテーションの見事さにウットリ
  2、都知事選で舛添要一が当選:対抗馬が弱体だったか
時代の移り変わりが感じられた。


今日はというと、
草津白根山
(本白根山)が 突然 噴火。 噴石で1名死亡。  
2014年6月の大手術ではないが、近く 闘病生活が 始まりそうである。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葛西に続け ! ~~ 小田原から網代へ

2018-01-11 20:24:39 | Weblog


2018年の正月も 穏やかに明けた。
初詣、親族の集まり など恒例行事を 例年の通り こなす。
ただ、天気の不安から 初日の出はパスするなど、あまりアクティブな日々ではなかった。

門松が片付けられる頃、「スキージャンプの葛西紀明選手(45歳)が 平昌(ピョンチャン)五輪への出場決定」 とのニュースが飛び込む。

「葛西には 負けじと狙う K点越え」 との一句を詠み、昨年末の 鎌倉~小田原 放浪の旅の続編に取組むこととした。
この季節には 珍しい 南風の吹く 暖かい日でもあった。



〇1月9日(火) : 小田原~~湯河原  


    
   松の内は連日 ぐうたら    小田原・御幸の浜は 波高し    小田原漁港では雨が    石橋山から小田原方面を望む      

    
 頼朝挙兵の地、石橋山古戦場   水仙は満開だが強風で     真鶴の寿司屋で、美味      湯河原駅から帰宅の途へ


 行程: 1月9日(火)
      5:20自宅発。 夜半の雨上がる。 暖かい。  中央林間、相模大野経由  7:30小田原駅

      8:00御幸の浜海岸。 波高し、箱根は雲の中。  小田原魚市場で雨。早川駅で帰ろうかと思ったほど。 
      小雨から曇りに。  9:30-10:10石橋山古戦場。  坂道がキツイ。 帰り道に迷う。

      13:00真鶴駅。 駅前の福寿司で海鮮丼。 旨い。  2:30飛沫入りの強風で前進を断念 
      3:20湯河原駅。  横浜駅経由  17:15自宅着



〇1月10日(水) : 湯河原~~熱海~~網代

    
湯河原を過ぎると初島、大島(後部)が    河津ザクラか      伊豆山神社の階段は急峻      頼朝 政子 腰掛石          

     
     熱海にて、干物で満腹に        熱海港を振返る       長浜海岸からは快適な道    網代駅から 伊豆急の車両で  


 行程: 1月10日(水):

      6:10自宅発、3℃ 、微風の快晴。それほど寒くない。   横浜駅で 7:00発の熱海行きに飛び乗る。
      8:20湯河原駅。  微風、 寒い。   9:10知らないうちに静岡県に入っていた。
      10:30伊豆山神社、 登り階段は急で長い。 本殿参拝。 本宮までの登頂は断念  11:40ー12:20熱海駅。
      ひもの定食は美味。  伊東まで13.5kmと言われた。  14:00長浜海岸。 伊東まで15kmの標識。ガクッとくる。 
      この辺り、海岸線は整備されており綺麗。  15:00網代駅。 伊東線で戻る。寂れている。 30分に一本か。 
      熱海駅で乗換。  18:00自宅着

 


東伊豆の旅、 寒い時期でも 太陽があれば快適。

次回からは、時間と交通費の観点から、 愛車を使おうかとも思い始めた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加