時計・眼鏡・宝石の宇城

三重県熊野市にある時計・眼鏡・宝石の宇城(うしろ)です。あと補聴器もやっております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オリックスバッファローズの視覚機能検査に同行させて頂きました。

2019-01-28 23:22:28 | 眼鏡

 一昨年より、視覚情報センターの田村先生のところで毎月学ばせて頂いております。

 検眼においても技術力を高め、両眼視機能も考慮して現在の眼にあわせて「楽によく見える度のメガネ」がいいメガネと思ってやってまいりましたが、「今起こっている現象の根源にアプローチするとともに、今の眼の使い方の先にある未来を予測し予防を考えます。(視覚情報センターのHPより)」といった眼だけなく身体や心のつながりなど本当に根本からの次元の違いに戸惑いもありましたがそれ以上にこんなことがメガネで出来るのかという感動やうれしさ、そしてなによりメガネ屋という仕事に誇りとやりがいを与えて頂いております。

 日本におけるスポーツビジョンの先駆者的存在である田村先生。先週、先生が阪急ブレーブス時代から毎年行われている、「オリックスバッファローズの視覚機能検査」に同行させて頂きました。

 「壁にランダムに光るボタンを素早く反応して押す」といったど皆さんのイメージされてるいわゆる「スポーツビジョン」も一通り行いますが、ただそのデータを「これだけ早くなった」とか分析して提示するだけでなく、「眼と身体の安定性」、「眼の錯覚による身体の変化」など眼と身体そして心とのつながりを選手に眼の使い方でこれだけ身体に影響して強くなったり、弱くなったりするという体感させてご指導されました。

 「よく見えること」を指導されながら「眼に見えない事」を実感させるという実に奥の深い指導をされてました。

 今回は本当に良い経験をさせて頂きまして勉強になりました。

 これを機に今年からはオリックスバッファローズを応援します。

 

コメント

メガネのくもりどめ

2019-01-18 17:52:14 | 眼鏡

本日、メガネにマスクをしたお客様が何人もご来店いただきました。
ご用件は「メガネのくもりどめありますか?」とのこと。
インフルエンザが流行ってますし、予防としても必須です。
くもりどめといたしましては一番強力といわれている
白いほう
アンチフォグをまずはおすすめいたします。べちゃっとしたジェル状で米粒程度レンズにつけていただいてのばして塗ります。
ふききらないのがポイントです。
これが強力だとおもいます。
しかし、
半透明なジェル状のため、ひろげてのばしてふききらないようにするには結構手間だったり、ジェルの残り具合がきになるかたもいます。
そんな方には
赤いほう
無色透明スプレームース状の
めがねのくもりどめマルチジェット(略してMJ)がおすすめです。
こちらのほうが透明の液状になるので断然ぬりやすいですね。
店頭にもお試し用でおいてますので比べてみていただけます。
私のおすすめは強力で安心のアンチフォグですが、マスクしてめがねくもるなあと思ってささっとつけるのは赤いMJだったりする事にきづきました。
コメント

あけましておめでとうございます。 初売りはマイスドロートーキョー祭り!

2019-01-10 19:52:21 | 眼鏡

すでに10日となりましたが・・・

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年の初売りは5日からでした。

大変多くのお客様にご来店いただきました。

ありがとうございます。

そんな中

たまたまなのか

お似合いに思ったので、おすすめしかたらか

新年の初売りで偶然か、必然か

同じブランドを3人の方にお買い上げ頂きました。

 

マイスドロートーキョー!!さんのメガネ

写真はお買い上げ頂いたのと同型の色違いの三本。

非常にシンプルで奇抜でないけど

分かる人には分かるこだわりと

そのこだわりを前面に出さないこだわりが魅力であり

細くて軽いアセテートが主体のフレームは

軽くてかけ心地がよく

どなたにでもよくお似合いでどんな服装にも合わせやすい

オールラウンドなメガネです。

近年のレトロなフレームにありがちな

かなりおしゃれにしない掛けこなせないような高飛車な感もなく

基本的に細めのセルフレームンため

どなたでも

「よくお似合いの、いいメガネしてますね!」と

口に出さなくても相手の心の声が言ってしまうようなメガネです。

実はありそうでない不思議な玉形。

加工機に削る際に玉形を機械でトレースすると結構楕円ぽくて優しい印象の玉形(レンズの形)

フレーム形状はブリッジが下がっており(スポーティなフレームのように)

きつく見えがちですが

やさしい玉形と相まって良い感じです。

かなりフラットです。

軽いですよ。とにかく。

こちらは柔らかくて弾力性のあるβチタンテンプルとのコンビネーションフレーム。

見ての通り、実際も掛けやすいです。

あとはじめの写真の3本の一番下段に写っていたのが

デビューしたてのQPシリーズ

秋のI.O.F.Tにて導入して本当に初売りで出したてほやほやです。

こちらも

軽くて細くて存在感出し過ぎず掛けやすくてしゃれてます。

ぱっとみるとそんじょそこらの枠のようでもありますが

実際掛けるとそんじょそこらの枠とは違います。

(自分で思うよりも相手からの評価が高いと思われます)

なかなか普通に流通していない、どこのお店にでも置いてあるものではない

いわゆる「コンセプト系」と言われるこのブランド。

こちらも共感してお求め頂くとメガネ屋としてうれしく思います。

コメント

日本眼鏡学会に来ました。

2018-05-15 12:29:23 | I.O.F.T.など展示会
本日は大阪のメガネの展示会に来ました。
展示会は夕方からですがその前に日本眼鏡学会に。
じつははじめてきましたが
最新の研究発表
勉強になります。






コメント

タレックスがあるとき~!梅雨にも安心

2018-05-13 11:50:38 | タレックスそしてZealなど

本日、熊野市は雨でございます。

以前もご紹介した気がしますが

タレックスのサングラスはもちろん、これから夏に向けてが一番必要となるのですが

でもこの梅雨時、雨が降っている時もかなり助かります。

「 タレックスがあるときーーー

ないときーーーーー 」

でただ「見やすい、眼に楽 」という言葉で言ってしまえばそうなんですが

運転時は必要な情報を瞬時に選んでくれる機能(まるでAI?)が搭載されているかのごとく

判断しやすくなります。

まさに「 雑光 」(タレックスさんの造語かな?)とはよく言ったものです。

補聴器に例えると雑音抑制機能と指向性機能の高性能なものを搭載してるのに似ています。

余計に分かりにくい説明ですが

音声以外の雑音を抑えて聴きたい人の声を聞き分けやすくするとでもいいましょうか

そんな一助となるものを搭載しているかのごとくです。

タレックスがないとき

路面の照り返しがうっとうしくてまぶしくてセンターライン等みにくく、コンクリートの水溜たまりも眼について

いろんなものが眼について

運転してても

いるものといらんものに頭の中でかんがえながら仕分けするので

脳が疲れるような感じがします。

タレックスがあるとき      !

みずたまりや道路の白く反射していた照り返しがなくなり

センターラインが判断しやすくなっております。

葉っぱの緑もきれいにみえますね。

あと、度数が入っているわけではないのですがコントラストが上がって

視力が上がるわけではないのですが

輪郭がはっきりするのでよく見えます。

ほんとうにみたいものと必要としないもの

つまりは「雑光」とを仕分けしてくれて

脳に届けられるので

思った以上に楽です。

ちなみにレンズは曇りでも明るい

イーズグリーン

私もつかってますが自然な色合いでトンネルに入っても暗さも気にならずに

使いやすいです。

 

眩しさを抑えて

明るく見えるサングラスって変な日本語ですが

そんな感じでこれからの時期におすすめです。

このように店頭でもお試しいただける体験コーナーを設置してますので

まずは気軽にお試しくださいね。

 

コメント

更新してませんでしたが昨年プチ改装。でも大改革!

2018-05-08 22:50:52 | 店舗の事

当店のF

facebookページで更新していたのですがこのブログではご紹介してなくて大変申し訳なかったです。

昨年、プチ改装しました。

以前あった当店自慢の遠近両用お試し階段を取り払ってメガネの測定スペースを広くリニューアルしました。

より自然な環境で行えるように贅沢にきっちり5mの距離をとれるようにしました。

そして

実は最近機種の自動検眼機があるのですが

あえてその原点となる名機

昔、この店に移転する前の木本町の記念通りの頃に父親が使っていた

アメリカンオプチカル製、略してAO製のフォロプターが押し入れから出てきたので

ホコリとアブラで固まってダイヤルを回しても動かなくなっていましたが

毎晩、試行錯誤を繰り返しながら分解掃除をして復活しました。

AO製の名機。いろんなところが考えられて作られています。

ボトムズみたいでめちゃかっこいいです。

基本構造は現在の全自動のものと変わらないのがまたすごいところです。

最新式の全自動の方がダイヤルを回すと自動でレンズの度数が変わって便利でありますが

より高次元な測定が出来るようになったというよりも

機械に従って誰でもより簡単に扱えるように便利に進化しているように思えます。

しかし、ロータリープリズムと呼ばれるダイヤルを回すと

連続的にプリズム量を変化出来る装置のなめらかさは手動式に軍配が上がります。

さらに手動ならではのスピードの微調整が出来るところなどから

米国式の両眼視機能検査を本格的行うお店ではあえて手動式が主流だったりします。

 

バラバラに分解しながら仕組みも勉強。よく出来てます。

 

真ん中の縦長のものが並んだベアリンクの古いグリスがカチカチに固まって全く動かなくなっていたので

ベンジンで何度も丁寧に洗い流して

あたらしくグリスを塗ると気持ちいいくらいに動くようになりました。

かなり大変な作業ででしたが機械いじりはたのしいものです。

これはまだ壁がある頃。

分解掃除が完了したのでメタルラックに取り付けて試運転。

そして、壁と階段も取り払って改めてアームに多分私が生まれる前から使用していたフォロプターを装着。

タッチパネル式の最新機種の自動検眼機の操縦装置?はそのまま使用。

普通は別のリモコンで操作するのですがちゃんとこちらもうごきます。

ちなみに全自動のフォロプター(レフラクターヘッド)もつないだままです。

そうでないと操縦装置?で視標のリモコンとして使えないので試行錯誤でここに落ち着きました。

多分、このような贅沢なことをしているのは当店だけじゃないかとおもいます。

パソコンのモニターみたいなものが液晶の視力標。

ドイツ式のポラテスト対応のこの液晶視力標。

このままだと周辺融像してしまうので

オリジナルで周辺融像しないようにこんな縁をつけてみました。

画面はちなみにドイツ式のポラテストでは大事だけれども

メーカーの視力標になかったので特別にお願いした第二立体視の視標。

正直、この測定スペース。スペック的にはなかなかのもんです。

後ろのドアが本当は白の方がよかったりとか改善点はまだまだありますので

ぼちぼちプチ改装していきたいとおもいます。

コメント

メガネの勉強の旅

2018-02-28 08:11:08 | 眼鏡

本日もメガネを学びに早起きして大阪へ。
奈良県吉野郡の六田駅に車をとめて近鉄で向かいます!
コメント

メガネ並びかえ!

2018-02-12 21:20:46 | 店舗の事
メガネの配置をかえています!
サングラスを店の表から奥へ!
こちらの方が裏からの照明でレンズカラーもきれいにわかりやすくていいかもです。

メガネがいっぱいありすぎて選びにくいとよく言われるのをほめことばのように思ってましたがそうでもなかったと反省してます。



こちらのサングラスはナイキとバニーウォーク!
ナイキは言わずとしれたスポーツブランドですがサングラスもいいですよ!
かっこいいだけでなく、アジアンフィットで鼻のところが大きくかけやすくなってます。
バニーウォークはタレックス搭載の釣りで大人気のメイドインジャパンの最高峰の偏光サングラスzeal(ジール)のグレンフィールドさんが手がける偏光サングラスです!
レンズはタレックスではないのですがその分非常にリーズナブル!
この品質でこの価格 8800円(税抜)~
12000円(税抜)はコストパフォーマンスは抜群だとおもいます。
視界が広く包み込むような8カーブレンズを採用し、日本人専用設計で鼻パットがしっかりしていてありそうでないデザインです。
ナイキはメガネフレームもご用意してます。
スポーツサングラスはネット通販も盛んですがやっぱりお店で対面販売のほうが絶対にいいとおもいますよ。(選ぶのが面倒かも?しれませんけど)
コメント

美しい めがね にっぽん その4

2018-01-29 20:02:10 | カムロ

ことし初のブログ更新で・・・

もうすぐ一月も終わろうとしておりますが

あけましておめでとうございます。

年末のに続いて

美しい めがね ニッポン シリーズ

その4

同じく KAMURO さんのメガネです。

Coquille (コキーユ)です。

カムロさんでも人気のモデル「Dress」のようなたたずまいですがデザインされた方が違うんです。

今回がデビュー作というデザインされたご本人さんの想いはこちらから

 

正直、リンク先のご本人の想いを読んでいただいたら

それ以上こちらが付け加えることもないくらいな気もしますが

「シャープすぎない女性らしいスクエア」な玉型が難しかったそうですが

販売する立場からしても絶妙に合わせやすい感じでどなたにもおすすめしやすいです。

いわゆる「ザーマスメガネ」ではないですよ。掛けていただくと優しい感じです。

「なかなかないええメガネかけてますやろ!」といった強すぎる主張はなく

かといって一般的なスクエアなフレームよりもずっと雄弁な感じです。

テンプルは「Dress」や「Sarto」からパール→貝をモチーフにデザインされたテンプルは

より立体的でたたんでも存在感があります。

存在感のある曲線美の美しいテンプルとパールがいいです。

うるさくない、お上品です。

どの色も捨てがたい。

一本に選びにくいのが悩みのカムロさんのフレームです。

色違いでも違った印象ですので大人買いされた方もいらっしゃいました。

携帯のカメラで撮ったのであまりきれいにとれてませんのでぜひ店頭に実物をごらんにお越しください。

コメント

美しいメガネにっぽん その3

2017-12-31 15:26:36 | カムロ
大晦日に最後にご紹介。
カムロさんのPEPEROMIA
流行の玉型のメタルフレームです。




同じような形の一般的なセルフレームよりもメタルで細く、また二色使いでメタルならではの色使いはどなたにも自然になじんでいただけます。
ボストンのセルフレームよりも
よりフォーマルに
一般的なメタルフレームよりも
よりカジュアルな
絶妙なめがねです!
コメント