ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

映画「コードネームU.N.C.L.E.」@109シネマズ木場

2015-11-19 21:23:05 | 映画感想
2015/11/15、109シネマズ木場。
スクリーン6、D列を選択。まずまずの位置。


 
ヘンリー・カビル、アーミー・ハマー、アリシア・ビカンダー、
エリザベス・デビッキ、ヒュー・グラント、ジャレッド・ハリス。



1960年代、東西ベルリンが壁で分断され、米ソ冷戦まっただ中の時代。
CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カビル)は東ベルリンに入り
自動車修理工場にギャビー・テラー(アリシア・ビカンダー)を訪ねる。

ナポレオン・ソロはギャビーにギャビーの父で原子力工学のテラー博士が原爆を作り、
ナチスに渡そうとしていると説明、テラー博士の居場所を知るため、
ギャビーを西側に連れ出そうとする。

ギャビーとソロを邪魔するのはKGBのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)。
カーチェイスの後、ソロとギャビーは西側に入る。

西に戻ったソロは上司のサンダース(ジャレッド・ハリス)に、
新しい作戦を告げられる。

それはクリヤキンと組んでテラー博士を救出し、原爆製造のデータテープを奪うこと。
必要とあればクリヤキンを殺してでもデータテープを確保せよと言うことだった。
クリヤキンもKGBから同じ内容の指示を受けていた。必要とあればソロを殺せと。

ギャビーは父の居場所を知る叔父のルディ(シルベスター・グロート)に会い、
ルディの雇い主のビンチグエラ社のパーティに行くことになった。
会場にはソロも潜入し、社長夫人のビクトリア(エリザベス・デビッキ)に取り入る。

ギャビーの父の存在を示す証拠が見つかり、ソロとクリヤキンは行動を開始する。
しかし、ギャビーが意外な行動を取り、ソロとクリヤキンは追いつめられる。

果たして、ギャビーの正体は。
ソロとクリヤキンは目的を達成することができるだろうか。

**

今更、米ソ冷戦時代?と言う気がしないでもないが、もともと「ナポレオン・ソロ」は
1960年代のドラマであり、むしろオリジナルに忠実か。

ナポレオン・ソロが元は泥棒で懲罰を免除する見返りにCIAにしている設定だが、
TVシリーズではすでにUNCLEが存在し、彼らがその配下にあったところから
始まっていると記憶するのでそれ以前の話はなかったのではないか。

この映画はその前日譚で、コンビを組む経緯だからいわば「ゼロ」「オリジン」。

ちょっと笑うシーンあり、シリアススパイものではなく、コメディタッチ。
ただ、笑わせようとの意図がありありで、ちょっと引くシーンも。

また、終盤の説明再現シーンは、同監督の「シャーロック・ホームズ」シリーズでも
お馴染みだが、ほとんど本編で十分わかるレベルのものだったのでやや冗長に感じた。

続編あるか?



オープニングでヒュー・グラントの名前があり、ちょっとびっくり。

UNCLEは設定上は正式な国際組織で、各国が参加している。
ナポレオン・ソロがアメリカ人、イリヤ・クリヤキンがロシア人の設定は
既知のとおりだが、アレキサンダー・ウェーバリーがイギリス人だとは知らなかった。

また、それぞれがCIA、KGB、MI6出身だとも知らなかった。
(ただ、映画の中でMI6への言及はなし)

尚、ウェーバりーは長官ではなく、ソロとクリヤキンの所属する課の課長。

ヘンリー・カビルは「スーパーマン」、
アーミー・ハマーは「ローン・レンジャー」
ともにオリジナルのキャストよりずっと屈強な感じがする。

アリシア・ビカンダー(Vikander)は「EX MACHINA」のエバ。
スウェーデン出身なので、ヴィキャンデルの方が近いと思われるが、
過去の記事でビカンダーと書いているのでそうしておく。
(公式ページは「ヴィキャンデル」、映画サイトでは「ビカンダー」の表記も)

エリザベス・デビッキは190cmの長身で「華麗なるギャツビー」でも目立っていた。

**追記**

今更ながらの追記だが、よくよく考えると「コードネームUNCLE」って、
しゃれたつもりでとんだピンボケ。

そもそもコードネームのコードとは暗号のことでコードネームは暗号名。
本名なり正式名は別にあって、組織の中ではコードネームで呼ばれている。
007とかQとかMとかのように。

UNCLEは「United Network Command for Law and Enforcement」の略で
その内部構成や所属員の素性や日々の活動は秘密かもしれないけど、
組織自体は各国が認知し加盟する国際機関で正式名称です。

コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 今朝の東京スカイツリー、201... | トップ | 南砂すなものツリー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

コードネームU.N.C.L.E.  監督/ガイ・リッチー (西京極 紫の館)
【出演】  ヘンリー・カヴィル  アーミー・ハマー  アリシア・ヴィカンダー  エリザベス・デビッキ 【ストーリー】 東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロとKGBエージェントのイリヤ・クリヤキンは核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組....
コードネームU.N.C.L.E. (本と映画、ときどき日常)
監督 ガイ・リッチー 出演 ヘンリー・カヴィル     アーミー・ハマー     アリシア・ヴィキャンデル アメリカソ連冷戦下の時代。 核兵器の技術を持ち、世界に対して力を持とうとする組織が現われる。 アメリカCIA、ソ連KGBの両凄腕エージェントが手を...
コードネーム U.N.C.L.E. ~ カウボーイとボクネンジン!? (まぜごはん)
コードネーム UNCLE 観ました。 公式HP 東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長...
コードネーム U.N.C.L.E. / The Man from U.N.C.L.E. (勝手に映画評)
1960年代にヒットした「0011ナポレオン・ソロ」を時代設定はそのままに、映画化した作品。9月にはキングスマンがあったし、12月には007もあるし、今年はスパイ映画が盛りだくさんです。 いやぁ、この時代に1960年台を再現するのは大変だったんじゃないですかね?車も懐か...
コードネーム U.N.C.L.E. ★★★★ (パピとママ映画のblog)
日本でも人気を博した往年のTVドラマ「0011ナポレオン・ソロ」を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督が映画化したスタイリッシュ・スパイ・アクション。東西冷戦時代を背景に、アメリカとロシアのトップ・エージェントが手を組み、互いに衝突...
「コードネームU.N.C.L.E.」☆腐女子萌え (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは面白い!! 小粋で洒落が効いていて、ちょっと笑えて、だけどスマート、しっかりサスペンスフルで見応えもバッチリ。 こういう映画は大好き♪
「コードネームU.N.C.L.E.」 (ここなつ映画レビュー)
大変!面白かった!クラクラする程のイケメンコンビ。アーンド強くてカワイイヒロイン。私別にヘンリー・カビルもアーミー・ハマーもタイプじゃないよ。むしろタイプじゃない俳優として真っ先に挙げるならこの二人、という位に、顔つきやガタイがハナからダメなタイプ。そ...
コードネームU.N.C.L.E. (いやいやえん)
【概略】 全世界を巻き込む核兵器テロが勃発。何もかも正反対のCIAのNo.1スパイ・ソロとKGBのNo.1スパイ・イリヤが手を組み、世界を救うべく奔走する。 アクション 最高にセクシーで、最悪な相性の、最強のスパイコンビ、誕生! ヘンリー・カヴィル、アーミー...
コードネーム U.N.C.L.E. (銀幕大帝α)
THE MAN FROM U.N.C.L.E. 2015年 イギリス 116分 アクション/サスペンス 劇場公開(2015/11/14) 監督: ガイ・リッチー 『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 製作: ガイ・リッチー 原案: ガイ・リッチー 脚本: ガイ・リッチー 出演: ヘンリー・....
コードネーム U.N.C.L.E. (The Man from U.N.C.L.E.) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ガイ・リッチー 主演 ヘンリー・カヴィル 2015年 アメリカ/イギリス映画 116分 アクション 採点★★★★ ちょっとした疑問なんですけど、なんでこのタイトルになったんでしょうかねぇ?TV版と同じタイトルを持つ原題を使うわけでもなければ、一定の世代には...
【映画】コードネーム U.N.C.L.E.…カヴィルは何かを克服、ハマーは定位置 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
(2016/5/1  本日は夜に「シビル・ウォー」を観に行く予定) 遅くなりましたが、熊本の震災で被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。 4日(以降)の地震警報は、私の住む北九州でもガンガン鳴って、あんまり聞きたい音じゃないですねアレは。とはいえ、数秒とはい....