いい加減社長の映画日記

ウダウダのいい加減社長の映画鑑賞の感想などを載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジーン・ワルツ

2011-03-08 07:31:02 | 映画(サ行)
いくつ溜まってるんだろ・・・これも1ヶ月以上経ったか?
ザ・タウン」と迷ったんだけど。
とりあえず、こっちを先に、ということで、「ジーン・ワルツ」を、公開日に鑑賞。


【ストーリー】
帝華大学医学部産婦人科の助教、曾根崎理恵(菅野美穂)。
彼女は大学病院で教鞭をとる傍ら、産科医院・マリアクリニックの院長代理も務めていた。
体外受精や代理母出産の必要性を説く理恵は、大学からは要注意人物扱いされている。
准教授の清川(田辺誠一)は、そんな理恵に惹かれつつも、彼女の言動を危惧していた。
そんな中、マリアクリニックでの仕事に専念するため理恵が大学病院を去る。
クリニックには、様々な事情を抱えた4人の妊婦が通院していた…。

【スタッフ&キャスト】
監督: 大谷健太郎
出演: 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、桐谷美玲、白石美帆、大杉漣、南果歩、濱田マリ、風吹ジュン、浅丘ルリ子


医療ミステリー(?)では、有名な海堂尊さんの原作。

なんとも、いろいろな産婦人科業界というか、出産にかかわる問題がてんこ盛り。

代理母、高齢出産、シングルマザー、病院のたらい回し、それに加えて、白い巨塔的医学界の状況。

出産を願う親の気持ちに答えようとする女医の曽根崎(菅野美穂)。

医学界の中にいたのでは、実現が難しいと考えて、独立。

話としては、わかるが、いろいろな問題の解決の方向性は、よくわからず。

どちらかというと、「そうだよねぇ。いろいろ問題あるよねぇ」で終わった感じも^^;

それに、そんなに都合よくタイミングが重なる?っていうところも。

ま、そのほうが面白いんだろうけどね。

曽根崎と大学病院の准教授の清川(田辺誠一)との恋愛もありそうなんだけど。

菅野美穂さんのクールなスタイルと、田辺誠一さんの雰囲気から見ると。

田辺誠一さんが、なんか未練ったらしいエロ親父にしか、見えなかったりして^^;

桐谷美玲ちゃんのヤンキーっぷりは、結構好きだけどね^^

あと、浅丘ルリ子さん、久々に見たけど、いい演技してましたね。

でも、重病でベッドに寝てるのに、厚化粧^^;

出産とはなにかを考えさせてくれる作品ではあるけれど、映画としては、どうかな?


【関連ニュース】
「どっしり構えて」役作り 映画「ジーン・ワルツ」 菅野美穂さんに聞く(MSN産経ニュース)
[注目映画紹介]「ジーン・ワルツ」 菅野美穂演じる産婦人科医が命の尊さを説くヒューマン作(マイコミジャーナル)
菅野美穂『ジーン・ワルツ』初日。これぞ舞台挨拶の醍醐味なり(週刊シネママガジン)
菅野美穂「いつかは母親になりたい」 映画「ジーン・ワルツ」完成披露試写会(CHUNICHI Web)
菅野美穂、初の医師役で猛勉強「ピザ見ると帝王切開を思い出す」(ORICON STYLE)
菅野美穂「ピザマルゲリータを見ると帝王切開を思い出す」(cinemacafe.net)
新生児ロボット大活躍!『ジーン・ワルツ』初日挨拶で南果歩が「うちのロボが一番可愛い!」(MovieWalker)
「ジーン・ワルツ」で産婦人科医役 菅野美穂(YOMIURI ONLINE)
シネマの週末・トピックス:ジーン・ワルツ(毎日jp)
『ジーン・ワルツ』海堂尊インタビュー 納得の出来に原作者も「危険な映画(笑)」(cinemacafe.net)
命の重さ考えよう 映画「ジーン・ワルツ」題材 産婦人科医を講師に意見交換(TOKYO Web)
映画:産科医療テーマの「ジーン・ワルツ」主演、菅野美穂「赤ちゃんっていいな」(毎日jp)
医療界を支える女性たち「En女医会」 輝く生き方に菅野美穂も「尊敬できて格好良い」(cinemacafe.net)
天才医師を演じた菅野美穂「両親に“ありがとう”という気持ちになりました」(webザテレビジョン)
「命の重さ」テーマに 立川の映画館で市民講座(MSN産経ニュース)
桜井明弘 院長が医療監修 映画『ジーン・ワルツ』 「全ての女性に観てほしい」(タウンニュース)

【関連ブログ】
言いたい事は分かるけど・・・。『ジーン・ワルツ』(水曜日のシネマ日記)
『ジーン・ワルツ』 | 浅丘ルリ子の妖演がこの映画を救った?(23:30の雑記帳)
ジーン・ワルツ(C'est joli~ここちいい毎日を~)
『ジーン・ワルツ』(京の昼寝~♪)
ジーン・ワルツ(LOVE Cinemas 調布)
ジーン・ワルツ(とりあえず、コメントです)
ジーン・ワルツ(映画的・絵画的・音楽的)
ジーン・ワルツ(うろうろ日記)
ジーン・ワルツ(だらだら無気力ブログ)
映画 「ジーン・ワルツ」(ようこそMr.G)
ジーン・ワルツ(花ごよみ)
『ジーン・ワルツ』(2010)(【徒然なるままに・・・】)
『ジーン・ワルツ』(つれづれなるままに)
「ジーン・ワルツ」母親になりたい本能が導き出した望まれて生まれてきた子供たち(オールマイティにコメンテート)
ジーン・ワルツ(勝手に映画評)
「ジーン・ワルツ」みた。(たいむのひとりごと)
ジーン・ワルツ(5125年映画の旅)
「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界(はらやんの映画徒然草)
映画「ジーン・ワルツ」(FREE TIME)
ジーン・ワルツ(佐藤秀の徒然幻視録)
ジーン・ワルツ(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
映画:ジーン・ワルツ(よしなしごと)
映画:ジーン・ワルツ(伊八のいろいろ)
ジーン・ワルツ(2011-014)(単館系)
【ジーン・ワルツ】(日々のつぶやき)
ジーン・ワルツ(空想俳人日記)
ジーン・ワルツ(とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)


【告知】
まだまだ応募者募集中です。
一緒に映画情報サイトを作ってくれる方、探してます^^
http://www.moviepal.jp/

コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« ウォール・ストリート/Wall S... | トップ | マネーボール/Moneyball »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(サ行)」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

『ジーン・ワルツ』 | 浅丘ルリ子の妖演がこの映画を救った? (23:30の雑記帳)
皆さんに謝らなければいけないことがあります。 今までいろいろな映画に、 容赦ない辛口批評を浴びせてきましたが、 この映画を観てしまった今、 下には下があることを思い知ら ...
ジーン・ワルツ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。海堂尊原作、大谷健太郎監督、菅野美穂、田辺誠一、白石美帆、片瀬那奈、南果歩、風吹ジュン、浅丘ルリ子、大森南朋、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉漣、西村雅 ...
ジーン・ワルツ (LOVE Cinemas 調布)
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品だ。主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂、共演に『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 』の...
ジーン・ワルツ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ジーン・ワルツ'11:日本◆監督:大谷健太郎「ラフ ROUGH」「NANA2」「NANA」◆出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、白石美帆、桐谷美玲、風吹ジュン、浅丘ル ...
映画「ジーン・ワルツ」 (FREE TIME)
映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞しました。
ジーン・ワルツ (だらだら無気力ブログ)
『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊によるベストセラー医療ミステリーを 「パーマネント野ばら」の菅野美穂主演で映画化。さまざまな問題が山積 する現代の産婦人科医療を背景に、現場で格闘する医師として体制に批判的 なヒロインが抱える葛藤と彼女を巡る疑惑の行方...
ジーン・ワルツ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ジーン・ワルツ生命誕生というテーマはなるほどシリアスなものだが、問題が大きすぎて掘り下げが浅い。これでは感動したくても難しい。医療の最高峰・帝華大学病院の産婦人科の医 ...
ジーン・ワルツ (5125年映画の旅)
産婦人科医の曾根崎理恵は、妊婦が術中に死亡した事件や術死を恐れて妊婦が病院をたらい回しにされ母子共に死亡するという事態に危機感を抱いていた。曾根崎は自身が勤めるマリア ...
「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 (はらやんの映画徒然草)
海堂尊さんの小説「ジーン・ワルツ」の映画化作品です。 小説のレビューのときも書い
■映画『ジーン・ワルツ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
「なるほど、こうまとめましたか…」 映画『ジーン・ワルツ』は、海堂尊の原作からミステリ成分を少なくし、感動ものの要素をプラスした作品です。 もちろん、原作小説と映画が別物だということはわかっているんです。 ただ、どっちつかずになってしまった印象は否...