河村龍一の「月の癒し」~銀河鉄道の夜

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「米国が今年6月に”UFO機密情報デ—タ”を解禁!」

2021-05-04 11:25:45 | 日記

「銀河鉄道の夜」に訪問していただき、ありがとうございます。

現実世界に疲弊した皆さまを、夢とロマンの時空にご招待いたします。

 

アメリカではとうとう、今年6月に”UFO機密情報デ—タ”を解禁するそうです。「ソニックブームなしの超音速移動物体がある」と、UFOの存在を公表する予定だとのこと。

 

事の発端は、トランプ前大統領が在任中、海軍、FBI、CIAなどの情報機関が収集したUFOなどのデータの詳細な分析報告書を180日以内(6月25日まで)に、連邦議会に提出するように国家情報長官や国防長官たちに命じたからだそうです。

 

トランプ政権下で国家情報長官を務めたジョン・ラトクリフ氏は、

「報告書には、説明しがたいUFO情報が詳述されているようだ。本来はトランプ政権時代に公開したかったが、時間が足りなくて公開できなかった」

と、米FOXニュースのインタビューでこのように明かしていました。

 

当ブログでも既に紹介しましたが、米国防総省は昨年、3つのUAP(未確認航空現象)の映像を公開しました。

 

さらにラトクリフ氏は、

「公表されたものより、はるかに多くのUAPの情報が盛り込まれている。いくつかが情報開示されたからだ。地球にはないテクノロジー、ソニックブーム(超音速飛行の際に発生する衝撃波)なしで超音速で移動する物体などがある」

と、地球外知的生命体の飛行物体の存在を認める発言をしたのです。

 

6月までには、米国防総省、国防長官、国家情報長官の名前で、正式にUFOに関する機密情報が開示されるということで、実際にどの程度まで情報開示されるのか楽しみです。

そうなれば当然、日本国内でも、もはやUFO問題はバラエティー番組のレベル程度では済まなくなりますね。

 

そして、米国の情報開示次第では、当ブログでも「2039年問題(ケネディ大統領暗殺事件の真相公開)」について、私が入手した情報にもとづいて少しだけ触れてみたいと思います。

本当は今すぐにでも紹介したいのですが……あまりにも衝撃的な内容なので、米国による6月の情報公開まで待っていてください!

 

ただ、UFOに関する機密情報について全面解除はしないだろうと推測します。

米国がそんなことをすれば、人類史やあらゆる宗教が根本的に「ひっくり返ってしまう」からです。

 

それでは、またのご来訪をお待ちしています。

 

コメント

「東京コロナピック強行は上級国民による”選別”か」

2021-05-04 00:20:15 | 日記

現実世界に疲弊した皆さまを、夢とロマンの時空にご招待いたします。

 

これから先は、あくまでも「陰謀論」としてお読みください。

 

「人と人との接触を減らせばよい」

小学生でもわかるような愚策をグダグダと政府が繰り返し仰ってきた結果、3回目の緊急事態宣言とは……。

どうやら、アソウミナティ(上級国民)による選別が既に始まったのかもしれない。

 

ワクチン接種も大本営発表が先行するばかりで、ワクチン接種を行う自治体では、医療従事者の確保、会場の確保、接種回数・予約などの管理、ワクチンの運搬・管理など、様々な問題を抱えており、医療体制が脆弱すぎて高齢者などの接種率がたったの7%と大幅に遅れているのが実状だ。

真意のほどはわからないが大量に供給したワクチンが保存期間を過ぎて使用できなくなり、密かに廃棄してしまったという情報まで飛び交う始末である。

この1年半、国はいったい何をやってきたのか。

 

死亡者数も既に1万人を突破してしまい、先般のNHKの報道によると、致死率・重症化率がスーパー級の2つの特徴的な変異を合わせ持った「インド変異株」が国内で21件(都内で1件)確認されたという。

現政権がここまで無能だったのか、と国民は呆れてしまうはずだし、これは政府による人災だと憤るだろう。

 

元厚生労働省医系技官で作家の木村盛世医師でさえも、政府のコロナ対応について次のように批判していた。

「日本は世界から見てハッキリ言って『何をしているんだろう』って見られている」と。

以下、詳細はこちらをクリック!

 

そこで、少し冷静に考えてみたい。

前安倍政権や現菅政権による”あまりにも理解不能なコロナ対応”について、本当に無能・無策なのだろうか、と。

しかも、全国各地で変異株が猛威を振るうなど第4波が始まった現状において、国民の7割が東京五輪開催を反対しているというのに、さらなる「感染爆発」のリスクが懸念されるのにもかかわらず、なぜか政府は開催を強行しようとしている。

 

コロナ禍において、強引に「ゴート―キャンペーン」を実施してしまったことから、国内各地でコロナ感染症が蔓延してしまったが、全国観光協会会長の二階さんが観光業者から多額な献金を頂いているから、それは理解できるのだが。

 

これまでは、「モリかけ問題」や「サクラを見る会前夜祭」などの安倍疑獄事件と、菅首相の長男の増収賄事件から国民の目を逸らす目的で「コロナ感染爆発」を利用したと考えていたが、どうも違うみたいだ。

 

「後手後手」と酷評されてきた政府による一連のコロナ対応の背景には、もっと深刻で大きな問題があるのかもしれない。

それは、プライマリーバランスの黒字化・財政健全化を目指す目的で、竹中要蔵氏などの上級国民による「貧困者・高齢者95%削減計画」といった選別なのか。

 

それとも、ワクチン接種の効果がなくなり、しかもPCR検査までもくぐり抜けてしまうように次々と変異していくコロナウイルスの正体が、実は中国の生物兵器だったことがわかり、さらに、福島原発の放射能汚染水の問題が実際はかなりヤバい状況になってしまったため、現政権では対処できずに自暴自棄となり、国と国民を見捨てて一部の上級国民だけトンズラしようと企図しているのか。

 

それでなくても、当ブログでも再三警鐘してきたとおり、海溝型巨大地震や富士山噴火といった自然災害が切迫している日本列島には現在、54基の原発があり、万が一、3・11クラスの震災などが発生して原発事故まで起きてしまった場合、日本国内には人が生活する場所がなくなってしまうことになる。

そうなれば近未来、日本列島は中国の一部と化してしまうだろう。

 

今後、中共の生物兵器コロナウイルスは真っ先に医療を崩壊させ、それから経済も社会も崩壊させてしまい、やがて民主主義国家を崩壊させてしまうことが予想される。

そして最終的には、世界は中共のような専制主義国家だけが繫栄することになるかもしれない。

 

先述した事を既に見越した与党や一部上級国民だけが、中国共産党にすり寄り生き残ろうとしているようだ。

だから、与党内にも「親中・媚中議員」が存在している理由が納得できる。

 

ところで、話は変わるが、地球の環境異変について、国や大手メディアでは決して報じないため、わかっている範囲の一部だけでも当ブログで公表してみたい。

 

1 「世界の山間部の氷河が、2050年までに“完全消失”する」

2 「南極の氷は、5年前の“3倍速”で消えている」

 

突然、この衝撃的なニュースが報じられた。

既にご存じな読者もいるだろう。

地球温暖化による影響だというが今後、それらによる海面上昇が懸念されるところだ。

報道によると、米航空宇宙局(NASA)の試算では、スウェイツ氷河が崩壊すれば世界の海面は2フィート(約60cm)以上も上昇するという。さらに周辺の氷河の融解による影響も合わせると、合計8フィート(約244cm)の上昇になるそうだ。

 

1と2の詳細については、次の太字棒線箇所をクリック!

 

1について

2について

 

 

 

 

 

それと、次の画像を視てほしい。

以前の当ブログで指摘していたとおり、先日(5月1日)発生した宮城県沖を震源としたマグニチュード6・8の地震の揺れ(震度5強)により、土と芝生の堤防の一部がひび割れしてしまったのだ。

 

 

ここで、津波の破壊力がどれほどか、次の動画を紹介する。

こちらをクリック!

 

前画像のように土や芝生でつくった粗雑な堤防や護岸道路では、切迫している「東北沖アウターライズ巨大地震」や「千島海溝・日本海溝巨大地震」発生による大津波(石巻市内で想定される津波の高さは13・5メートル)などに耐えられるわけがない。

ひび割れた部分にもの凄い勢いで津波が押し寄せてしまったら、たちまち堤防が決壊してしまい、堤防で守られていた周辺の地域は水没し破壊されてしまうだろう。

国のやる事は、全てがこのとおりである。

 

以上が、今宵の都市伝説でした。

またのご来訪をお待ちしています。

 

コメント

「小倉美咲ちゃん救出する手段~卑劣な誹謗中傷投稿者を刑事と民事で告訴すること!」

2021-04-21 22:38:34 | 日記

今宵、「銀河鉄道の夜」に訪問していただき、ありがとうございます。

現実世界に疲弊した皆さまを、夢とロマンの時空にご招待いたします。

 

 

刑法230条 名誉毀損罪

 

「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」

 

  1. 公然

「公然」とは、「不特定多数が知る可能性がある」状態のことです。

女子プロレスラーの故木村花さんや小倉さん一家のようにツイッターなどで名誉を傷つけられた場合など、また、誰もが閲覧できるブログなどで名誉を傷つけられた場合も「公然」の要件に当てはまります。

 

  1. 事実を摘示

「事実を摘示」とは、事実として周囲に伝えることをいうため、必ずしも真実であるとは限りません。

刑法230条でも「事実の有無にかかわらず」という記載があります。

つまり、嘘でもさも事実のように伝えた場合、名誉毀損として成立します。

小倉とも子さんのケースでは、間違いなくこれに該当します。

 

  1. 名誉を毀損

名誉には、「自分自身の名誉感情」「社会的名誉」などいくつかの種類がありますが、民事・刑事において対象となるのは、社会的名誉です。

つまり、個人や企業が社会から受ける評価とも言い換えられます。

今回、小倉とも子さんはツイッターで

「私も母親が犯人と思う」

「(母親の)逮捕も首を長くして待つことにします」

といった、母親のとも子さんを犯人扱いする内容の卑劣な中傷の投稿が計14件あったことから、小倉とも子さんが社会的に名誉を棄損されたことは明白です。

 

※刑事上の責任とは、刑法に定められている通り「3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金」です。

 

※民事上の責任には、慰謝料の支払いや謝罪広告、表現の削除などがあります。

実際には、民事事件で争い、慰謝料を求めるケースが一般的といえます。

 

以上ですが、名誉毀損罪は通常、刑事事件として立件するにはハードルが高いため、警察でもなかなか捜査に着手できないのが実状のようです。

 

しかし、小倉さん一家に対する誹謗中傷の投稿をした者たちは、その悪質性と詳細が各メディアで既に報じているため、民事裁判で裁くことが可能でしょう。

民事裁判では、慰謝料などは極端ですが、たとえ「50円」の請求でも良いのではないでしょうか。

そして、原告の小倉さんたちが勝訴後、裁判で明らかになった「誹謗中傷の投稿をした者たち」一人ひとりを順番に刑事告訴(名誉毀損罪は親告罪のため)していけば、警察も本格的に動けると思います。

一方、小倉さんとも子さんは、ツイッター社から中傷投稿10件超の投稿者情報の開示を受けた後、直ちに警察へ情報提供してください。

たとえ、警察では刑事事件として立件することが困難なケースでも、「誹謗中傷の投稿をした人物の前科や素性と、美咲ちゃんが行方不明になった当日の彼らのアリバイやアシドリ」などについて警察当局が徹底的に調べていけば、必ず、何らかの手掛かりをつかめるのではないでしょうか。

前回のブログでも述べましたが、小倉さん一家に対する誹謗中傷の投稿をした人物の中には、捜査のかく乱を企図する目的で小倉とも子さんを犯人にでっち上げた者が必ずいるはずです。

ですから、警察が着実に調べていけば、美咲ちゃんが失踪した件について何らかの事情を知っている人物か、若しくはかかわっている人物にたどり着けるでしょう。

そしてそれが、美咲ちゃん救出につながる唯一の方法ではないでしょうか。

 

コメント

「小倉美咲ちゃん失踪事件~誹謗・中傷投稿は美咲ちゃん救出と犯人特定のチャンス!」

2021-04-20 23:39:42 | 日記

今宵、「銀河鉄道の夜」に訪問していただき、ありがとうございます。

現実世界に疲弊した皆さまを、夢とロマンの時空にご招待いたします。

 

小倉美咲ちゃんの母親の小倉とも子さんが今年3月29日、ツイッター社に中傷投稿10件超の投稿者情報の開示を求める訴訟を東京地裁に起こしました。

 

訴状によると、昨年9月から今年1月にかけて、ツイッターで9つのアカウントから、

「私も母親が犯人と思う」

「(母親の)逮捕も首を長くして待つことにします」

などと、母親のとも子さんを犯人視するなど中傷の投稿が計14件あり、また、投稿の中には、とも子さんの投稿に直接返信する形で、“美咲さんに関するひわいな内容”の投稿を繰り返したものもあったとのこと。

 

「幼い美咲に対する凌辱(りょうじょく)的な言葉をわざわざ母親に向けて発信する行為を到底許容することができない」と原告側では糾弾し、不明中の美咲さんに対する「敬愛追慕の情」や、とも子さんの名誉権などが侵害されたと主張しています。

 

提訴の理由は、

「小6の長女も知らない人に話しかけられるなどしており、『何かあってからでは遅い』という思いもあって提訴した」と、母親の小倉とも子さんが語っていました。

 

世の中には随分酷い人間がいるようですが、私が母親の小倉とも子さんに伝えたいこと、それは、もしかしたら投稿者の中に犯人がいるのではないか、ということです。

 

以前のブログでも同様な事を述べました。

美咲ちゃん誘拐の犯人が、みずからの犯行を隠蔽する目的で、「母親の小倉とも子さんが真犯人である」とツイッターで中傷し嘘を拡散して炎上させるなど、“捜査のかく乱を企図した”のではないかと推測しています。

 

ですから、母親の小倉とも子さんは、今は悲しまないでほしいのです。

犯人の”かく乱ツイッター”に同調した「ど阿呆の投稿」が多かったのも事実ですが、これは逆に、美咲ちゃん救出のラストチャンスであり、また美咲ちゃんの誘拐犯人が特定できる絶好の機会だと捉えてください。

 

山梨県警の捜査員へ是非お願いします。

小倉とも子さんや家族への誹謗中傷するツイッターを投稿した者の中には、必ず犯人に結びつくような人物がいると思われます。

 

犯人の”捜査かく乱ツイッター”に同調したバカが多くて大変な作業になると思いますが、小倉さん一家に対する誹謗中傷の投稿をした者たち全員の当日のアリバイやアシドリについて、徹底的に捜査してみてください。

 

中傷の投稿を既に削除した者は、最も犯人に近い人物ではないかと思われます。

そこはプロバイダーに捜査協力をお願いして、小倉さん一家に対する「名誉棄損罪」などの容疑で片っ端からしょっ引き、厳しく取り調べてみてください。

 

おそらく、犯人逮捕と、美咲ちゃん救出につながるのではないでしょうか。

 

えっ! 冤罪・誤認逮捕になってしまう可能性があるからマズいのですか?

そんな事は、かまわないでしょう。

 

美咲ちゃんが行方不明になってしまってから、ご家族の皆様がどれだけ辛くて悲しい日々を過ごしているのか、小倉さん一家に対する誹謗中傷の投稿をしたような人間にはわからないでしょう。

だから、そのようなクズたちには「名誉棄損罪」の容疑で、警察が懲らしめてやればいいのです。

他人をツイッターなどで誹謗中傷の投稿をする卑劣な行為の代償が、特に小倉さん一家などの犯罪被害者に対して安易に誹謗中傷することがどれだけ高くつくか思い知らせてやるべきです。

 

以前に女子プロレスラーの木村さんを自殺に追い込むまでSNSで誹謗中傷する事件がありましたが、とにかく、こういった「地平線のように限りのないバカども」に二度と同様な行為を繰り返させないよう、捜査員の方々は、”ネット上で小倉さん一家を侮辱した人物”の職場や自宅に押しかけてから、

「小倉さん一家に対する誹謗中傷の投稿をしたのはあなたですね。警察まで任意同行して事情を聞かせてください」

と、周囲に聞こえるような大声を発し、クズを警察までしょっ引いてやってください!

それによってクズが職場をクビになろうが、近所から白い目で見られて引っ越さなけれならない状況に追いこまれようと知ったこっちゃない。自業自得である。

 

まさにそういった意味でも一石二鳥になります。そして、いずれは誹謗中傷の投稿をした人物を徹底的に調べていけば必ず、犯人にたどり着くはずです。

 

だから、美咲ちゃんの母親の小倉とも子さんは、今後も誹謗中傷する投稿を「美咲ちゃんの救出のチャンス」だと捉えて悲しまずに、逆に歓迎し、バカどもにどんどん投稿させて警察に情報提供してください。

今となっては、それが美咲ちゃん発見の唯一の手段ですから。

いずれにしろ、小倉さん一家の皆さまは、民事裁判でもいいので、とにかく、くじけることなくバカどもを徹底的に糾弾するなど頑張ってください。

非力な私ですが、一刻も早く美咲ちゃん発見ができるよう、全力で応援していきます。

 

コメント

「3・11の悲劇は再び起こる~東北沖アウターライズ大地震発生が切迫!」

2021-04-18 20:18:15 | 日記

今朝、恐ろしい夢(?)を視てしまった……。

 

――私の居住している地域や職場周辺が、なぜか海岸に位置していて、時々、高潮などで水浸しになっていた――

 

これは直感的に、普通の夢とは違い予知夢ともいうべき幻視のようなものだと捉えた。

そのあまりにも現実的な光景に、今も恐ろしくてこのように冒頭から記してしまった。

おそらくは「地球温暖化による急激な海面上昇」の啓示かもしれない。

 

これまで、予知夢や幻視は数回経験してきた。的中率は70%。

以前、本ブログでも記載した3・11にまつわる幻視のような夢もその一つだ。

非科学的なことを、と感じる方も多いだろう。

 

しかし、”急激な海面上昇”については、大手メディアでは決して報じない、最新の科学的データや専門家たちから入手した情報にもとづき拙著に記載してある。

拙著の読者は既にご存じであり、決して「トンデモ話」ではないことを知っている。

 

今宵は、あくまでも内閣府や専門家などが公表した情報にもとづく最新の記事を記載してみた。

日々の防災意識を高めるためにも、東日本大震災被災地の被災者のほか、多くの人々に是非、最後まで読んでほしい。

 

「10年間、国は何をやっていたんだ!」

今年は3・11から10年経過した節目の年であり、被災地石巻を中心に取材しているが、現地の“復興工事の遅さ”と、”お粗末さ”(詳細は後述)に強い憤りを覚えた私の率直な感想だ。

 

数年前から、取材のために東日本大震災被災地の石巻市に在住しているのだが、ありがたいことに、なんと先般、震度6と震度5の地震を2回も体験できた。

今年2月13日に発生した福島・宮城震度6弱(マグニチュード7・3)の地震と、3月20日に発生した宮城震度5強(マグニチュード6・9)の地震である。

 

同地震発生時は、まるで建物全体が大波に漂う舟のように大きく揺れていたことから立つこともできず、このまま建物が倒壊して下敷きになってしまうのでは、と腰が抜けてしまった。

しかし避難後、現地の人々は笑いながら「3・11のときよりも揺れは大したことなかった。あの時は建物が実際に壊れたし、『ゴー!』というような大きな音がして互いに大声を発しても全く聞こえないほどだった」と、ビビッていた当時の私に説明してくれた。

 

何事も経験とはこういったものだろう。改めて、「3・11=マグニチュード9・0」の大きさと、恐ろしさを類推させられた次第である。

 

ところで、同地震発生直後に一抹の不安がよぎった。

もしかしたら、311が再度繰り返されるのではないか、と。

この事は、私と同様に現地の人々も危惧していた。

 

そして、やはりというべきか、それを裏づける新たな情報が舞いこんできた。

現在、3・11の影響で、震度5弱程度の揺れでも想定外の大津波を引き起こす恐れがある「東北地方太平洋沖アウターライズ地震」の発生が切迫しているという。

 

先ずは本題の前に、今後想定される「3・11を上回るような大津波」について、内閣府や原子力規制庁などで公表している千島・日本海溝巨大地震発生に伴う北海道や東北地方及び関東などの太平洋沿岸地域津波被害想定」の資料から一部を引用し記載したので、特に、現地の人々はそら恐ろしい現況を把握してほしい。

 

【津波被害想定図】

2020年4月21日、内閣府が公表した「日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会」(座長:佐竹健治東京大学地震研究所教授)の概要報告より引用。

 

「原子力施設所在市町村における津波高及び震度の推計値」

(令和2年5月13日 原 子 力 規 制 庁)

 

▲大間 大間町 :津波10.3m(太平洋側)~ 震度5強。

▲東通 東通村 :津波13.9m ~震度6弱。

▲リサイクル燃料備 蓄 セ ン タ ー(RFS)、むつ市:津波 13.4m(太平洋側)~震度6弱。

▲六ヶ所 六ヶ所村 :津波10.7m ~震度6強。

▲女川町と 石巻市:津波 13.3m(石巻市)11.7m(女川町)~震度5弱。

▲福島第1 大熊町、双葉町: 津波14.1m(大熊町)13.7m(双葉町)~震度5弱未満。

▲福島第2 楢葉町、富岡町 :津波13.2m(富岡町)10.9m(楢葉町)~震度5弱未満。

▲東海第2、JRR及び東海再処理: 津波5.0m (東海村)~震度5弱未満。

▲HTTR6 、大洗町:津波 4.8m ~震度5弱未満。

 

所在市町村の最大沿岸津波高であり、敷地の最大浸水深ではない。

参考図集の図から読み取りのため多少の誤差あり。

津波高さについては、全て東京湾平均海面(T.P.)換算値

想定される地震の規模について

日本海溝地震(三陸・日高沖):最大でマグニチュード9.12011年東日本大震災(311)の1.4倍。

千島海溝地震(十勝・根室沖):最大でマグニチュード9.32011年東日本大震災の2.8倍。

 

○巨大地震のエネルギー

▲2011年東日本大震災(3・11)のエネルギー換算値は広島型原爆31万6.700発分に相当。

日本海溝地震は広島型原爆44万3.380発分に相当。

千島海溝地震は広島型原爆886.760発分に相当。

 

【海溝型地震の危険度ランク図】~日本海溝巨大地震

 

千島海溝・日本海溝巨大地震とは、南海トラフ巨大地震や首都直下巨大地震よりも発生リスクが非常に高く(過去のデータでは、平均350年間隔で巨大地震が発生しているので、千島海溝沿での最後の巨大地震から約400年経っている現在では、いつ起こってもおかしくないと予測されている)、国も最高危険度ランクにしている北海道や東北地方北部(千島海溝)と、三陸沖から房総沖(日本海溝)を震源とする巨大地震。

 

この巨大地震で想定されている震度は、北海道沖の千島海溝でマグニチュード9.3、東北沖の日本海溝でマグニチュード9.1と非常に巨大であり、この数値は、マグニチュード9.0の東日本大震災を超える規模である。

震源地近隣の北海道から千葉県の太平洋側の地方自治体は、最大で30メートル近い津波に襲われると想定されており、東日本大震災のような甚大な被害が、再び、北海道から千葉県の太平洋側を襲う可能性が高くなっている。

(画像と記事一部の引用元:株式会社エコプロテックHP

 

以上のことから、いつ発生してもおかしくない「千島・日本海溝巨大地震」だけでも、2011年東日本大震災(3・11)を上回るほどの甚大な被害が予想される。

 

ところで、世の中には二種類の海溝型地震がある。

逆断層型地震と、正断層型地震だ。

地殻内部にかかる力の状態は複雑で、その状況によって様々な型の断層運動が生じる。

断層面が傾いている場合、両側の岩盤のうち、浅い側を「上盤」、深い側を「下盤」と呼ぶ。

断層面を境として両側のブロックが上下方向に動くときを「縦ずれ断層」と呼び、「縦ずれ断層」のうち、上盤側がずり下がる場合を「正断層」、のし上がる場合を「逆断層」と言う。

 

東北地方太平洋沖地震(3・11)は典型的な逆断層型地震である。

東北地方では太平洋プレートが日本海溝付近で日本列島を載せるプレートの下に沈み込んでいる。

 

そして、東北地方太平洋沖地震が発生したことにより引きずり込まれていた陸側のプレートのひずみが解消されたのだが、沈み込みつつある太平洋プレートにかかる抵抗は少なくなり、既に沈み込んでいるプレートに引っ張られるような状況が生じ、アウターライズ付近では引っ張りの力が強くかかるようになっていると考えられている。

 

*海溝は海洋プレートが大陸プレートの下に潜り込む場所だが、陸から見て海溝の外側には海洋底より数百メートル高い緩やかに盛り上がった隆起帯が存在する。海溝の外側の隆起帯をアウターライズという。

 

そして、引っ張りの力に耐え切れなくなった断層が破壊されて地震が発生する。このような場所(アウターライズ)を震源域とする地震をアウターライズ地震と呼び、これを正断層型地震という。

このアウターライズ地震は、プレート境界型の巨大地震が起きた後に必ず起きるもう一つの巨大地震だともいわれている。

 

実は、厄介なのが想定外の津波被害をもたらす正断層型地震(アウターライズ地震)だ。

特に、東北地方のアウターライズ地震は震源域が沿岸から遠く離れていることから、陸地側では地震動が小さく、津波がくるまでに時間がかかることが特徴であり、高台に避難しなかったり避難先から帰宅した頃に大津波に遭遇するような事態が懸念される。

 

「巨大地震が起きた後に、規模の大きなアウターライズ地震が起きる」というケースは決して珍しいことではなく、特に日本海溝では当たり前のように起きてきた。

 

例えば、アウターライズ地震の典型的なケースは、1933(昭和8)年の昭和三陸地震(マグニチュード8・1)である。

同地震の伏線として、1896年にマグニチュード8・1~8・5と推定される明治三陸地震が発生した。同地震を現在に例えると「3・11」のような地震だった。

津波の高さは3・11とほとんど同じで、2万人以上の犠牲者が出たという。

しかし、この時はこれだけでは終わらなかった。

 

明治三陸地震から37年後の1933年、今度はさらに沖の「アウターライズ」でマグニチュード8・1の昭和三陸地震が発生したのである。昭和三陸地震では震害(揺れによる被害)は少なかったが、地震の津波は明治三陸地震よりは若干低いものの、標高30メートルまでに到達した。

地震発生後30分~1時間後に大津波が北海道から三陸沿岸を襲い、岩手県を中心として死者・行方不明者3,064人・家屋流出4,034という被害が発生した。

この昭和三陸地震こそ、前述したメカニズムで発生した「アウターライズ地震」である。

 

一方、2011年の東北地方太平洋沖地震の後、規模の大きなアウターライズ地震が未だに発生していないことから、近い将来、ほぼ確実に発生するのでは、と、現在、最も危惧されている。

 

先述の福島・宮城震度6弱の地震と、宮城震度5強の地震も、実はアウターライズ地震だったという。

「幸いにして、震源域が深かったことから奇跡的に大津波が発生しなかった」

これは、専門家たちによる見解だ。

 

先般の報道によると、気象庁では今後、同地震なども含めて3・11の震源域周辺で発生する地震については“3・11の余震”などと表現しないという。

余震という表現では、人々が過小評価してしまい、甚大な被害につながる恐れがあるという理由からだった。

 

現在、最も切迫している「東北地方太平洋沖アウターライズ大地震」について、各メディアなどでは殆ど報じられていない。

実は、私も以前は、「千島海溝・日本海溝巨大地震」の発生が一番切迫していると思っていた。

しかし、ここ最近、宮城県沖周辺では、中規模の地震が続いており、また、現地の人々が口をそろえて「あの時と同じような不気味な地震が続いて、カラスの集団が異常に多く目立つなど、3・11の前と似た状況になってきた」と危機感を募らせているため、そこで、3・11はまだ終わってなくて、今すぐにでも昭和三陸地震と同じケースの震災が繰り返されるのではないかと、次第に不安になってきた。

 

さらに、今年に入ってから日本列島全国各地で中・小規模の地震が頻発していることから、近いうちに何か途方もない、想像を絶するようなスーパー地震が発生するのではないかと、嫌な予感がして落ち着かないのだ。

今の国内はコロナも満で怖いが、やはり、被災地に住んでいると地震が怖い。

 

そこで冒頭に戻るが、たった今この瞬間にでも万が一、「東北地方太平洋沖アウターライズ大地震」が発生したとしたら、私が滞在している被災地石巻市内は、いったいどうなってしまうのか、次の画像から想像してほしい。

もはや、”復興五輪”とは、ブラックジョークにもならないだろう。

先ずは、3・11で津波襲来当時の動画から紹介しよう

こちらをクリック!

【土と芝生で作った護岸道路・堤防】

【土と芝生の堤防で守られた町(石巻市新栄町)】

【石巻市内では、土と芝生の堤防の高さが鉄橋と同じで海面から7メートル】

【海面からの高さが7メートルの土と芝生の堤防で守られている新栄町】

※海抜マイナス地帯の新栄町は約1.000世帯の住民が暮らしている。311では、同地域は津波による浸水被害が発生したという。

【川幅が狭くなった旧北上川】

※海面からの高さが7メートルの堤防で守られている住吉町と中央町や不動町だが、311では、同地域などや石巻駅周辺などの地域がまともに津波被害を受けてしまい、次の画像のとおり水没してしまった。

【水没した石巻】

(画像提供:石巻復興まちづくり情報交流館)

 

【土と芝生の堤防で守られている中央町】

【土と芝生の堤防で守られている不動町と住吉町地区】

 

 

 

【画像の赤い建物は、311では校庭に船が流れ着いた住吉小学校の体育館】

【土と芝生の堤防工事中の湊地区と中央町】

「えっ! うそだろ? 土と芝生の堤防?」

「現地の人が嘆いていたように、堤防は鉄橋(JR石巻線)以上の高さにはできないため、海面から7メートルまでだというが、本当に大丈夫なのか?」

「堤防工事は、これで終わってしまうのか?」

 

それでなくても復興の遅れている石巻である。

そこで不安になった私は、かねてよりの知人である石巻市在住のK氏に直接会って訊いてみた。

K氏は現在も復興に携わる業務に就いているため、とりわけ、復興にまつわる様々な情報には詳しい人物だった。

 

私:「いま工事中の堤防の件ですが、あの高さで、しかも土と芝生でつくった堤防なんかで、3・11と同じ状況の津波が押し寄せてきたら大丈夫ですか?」

 

K氏:「大丈夫じゃないよ!」

 

私:「えっ! やはりそうですよね。石巻市の復興もかなり遅れていたし……」

 

K氏:「復興なんか無理だよ!」

 

私:「ええっ!? 石巻市の復興予算は1兆2.000億円と聞いていますが、あんな粗雑な堤防・護岸工事で復興も終わりですか」

 

K氏「そうだな。予算はそれくらいだろう。何しろ毎日30億円以上の予算を使い切る必要がある。だから、国は勝手に決めて工事しているのだ。地元住民や石巻市の要望なんか一切考えていないよ――」

 

K氏の説明によると、復興工事などは年間1200億円の予算を費やすために国が全般的に主導して決めてしまい、その結果、あまりにもお粗末な「土と芝生の堤防」が完成したそうだ。

 

これは一度、国に問い合わせて確認したほうがよいと思い、翌日、さっそく国交省の担当部署に電話してみた。

すると、まだ着任したばかりのような若い担当者らしき人物が応対した。

 

私:「旧北上川の堤防と護岸工事の件ですが、石巻市内のほとんどが土と芝生でつくったものですね。仮に3・11と同じ津波が押し寄せたとしても設計上問題ないのですか?」

 

担当者:「えー、はい。大丈夫です」

 

私:「現在、千島・日本海溝巨大地震の発生が危惧されており、昨年に内閣府で公表した資料によると、石巻では最大で13・5メートルの津波が到達すると想定していますよ。それはご存じですか?」

 

担当者:「はい」

 

私:「3・11では、石巻市内に押し寄せた津波の高さが平均して6~7メートルでした。万が一、千島・日本海溝巨大地震が発生した場合、あの堤防の高さでは簡単に津波が超えてしまい、市内は3・11のときよりも甚大な被害が発生しますよ。ですから、土と芝生の堤防ではだめでしょう。せめてコンクリートブロックとか、国では考えなかったのですか?」

 

担当者:「あ、はい」

 

私:「それは予算の関係からですか?」

 

担当者:「あ~と、そうですね……はい」

 

私:「それと、堤防の高さが井内地区の北上川の鉄橋と同じ高さで、それ以上は高くできないと現地の人から聞いてます。それは本当ですか? ちなみに堤防は海面から7メートルの高さですよね」

 

担当者:「あ~、はい。7メートルです」

 

私:「千島・日本海溝巨大地震の発生時の津波は論外として、例えば3・11のときと同様な巨大地震が発生して津波が押し寄せたとき、今度は旧北上川の川幅が工事により狭くなってしまったので、3・11のときのように市内への浸水を防げたとしても、それにより津波が増大して水の勢力も強くなりますよ。水道につなげたゴムホースの先をしぼめると水の勢いが強くなりますよね。それと同じ原理で井内地区方面へ、もの凄い勢いで増大した津波が急襲することも想定されます。はたして、あの高さと、土と芝生の堤防で本当に大丈夫ですか?」

 

担当者:しばらく沈黙してから「ええと……はい。大丈夫です」

 

私:「ところで、遅くても今世紀中に地球温暖化による海面上昇が約2メートルと言われています。私が直近で入手した正確な情報によると、早ければ2050年頃にそうなってしまうのでは、と危惧されています。そのことについては、私の著書にも記載してありますが、どうですか?海面上昇した場合の対策は?」

 

担当者:「はい。そのときは、堤防を高くして対応します」

 

――以下、省略。

ちなみに、津波災害に対処するため岩手県釜石市釜石港に建設された「釜石港湾口防波堤(かまいしこうわんこうぼうはてい)」でさえ、3・11ではケーソンの一部が決壊し破損するなど津波により被災したのだ。

同防波堤は「世界最大水深の防波堤(Deepest breakwater)」としてギネスブックによる世界記録として認定されていた。

 

国交省の担当者の回答によると、3・11で破壊されてしまった「釜石港湾口防波堤」よりも、土と芝生でつくった堤防でのほうが大丈夫ということらしい。

 

 

やはりというべきか、311が東北の方でよかった」と仰った国の真意が改めて確認できた。

 

さて、ここで万が一、今すぐに千島・日本海溝巨大地震が発生し、昨年に内閣府で想定した津波が石巻市などの東北地方太平洋沿岸部に急襲した場合、それはどのような状況になるか想定してみたので、次の画像を見てほしい。

【津波前の石巻中央町から住吉町】

 

【津波後の石巻中央町から住吉町】

【津波前の新内海橋から見た石巻市内】

【津波後の新内海橋から見た石巻市内】

【津波前の井内地区】

【津波後の井内地区】

 

311発生時の石巻市内浸水被害状況(赤色の地域)

①門脇小学校 ② 南浜町 

③日和大橋  ④ 石巻漁港・魚町 

⑤ 日和山  ⑥ 石ノ森萬画館

 

 

先般、復興を騙った「世にも奇妙なチンドン屋」が被災地に突然出没して、世論が大炎上してしまったが、国はそんな無駄な事に莫大な血税を投入している場合ではない。

ましてや「コロナ禍」である。以前のブログでも警鐘したように「複合型災害」が今すぐに発生したら、本当に日本は壊滅状態になってしまう。

 

令和のインパール作戦と言われている「東京五輪」など、ただちに中止し、その膨大な追加予算を全て新たな防災体制の整備費用に転用してほしい。

 

銀河鉄道からの提言

◆宮城県石巻市の牧山は、山梨県上野原市の「コモアしおつ」のように岩盤でできた頑丈な「自然の土台」である。

また、次の画像のように牧山は岩盤がむき出しになっている。

【現在の石巻市牧山】

撮影 河村龍一

 

この山上に、次の画像のような新たな石巻の街をつくれば、完璧な防災都市となる。

 【近未来都市牧山のイメージ画像】

岩盤でできた牧山に建設した巨大なドーム状の建物は、まるでUFOのような形状をしているため、スーパー台風や巨大地震による大津波などの自然災害に強く、またコロナ禍における大型避難施設としても被災した市民を大量に収容できる。

詳細は、こちらをクリック!

 

「複合型災害の発生」が懸念され終末的様相を呈している昨今、全国の市町村では、このような災害に強い近未来都市構想に着手したらどうか。

 

 

 

 

 

コメント