拓栄建設株式会社 社長のブログ

大田区の建築会社社長が感じた事・お役立ち情報、雑学・趣味である釣りの釣果・ペットのチワワの成長記録など
ご報告します。

小鹿野にある十輪寺・・・日本で唯一の石像・カルラ王(迦楼羅天石仏)

2016-03-31 16:08:04 | 旅行
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます

秩父の巡礼中に小鹿野にある十輪寺(札所では有りません)で




笛の音で悪い龍を退治すると言われている
迦楼羅天(カルラ王)の石仏が有りました


日本では、唯一この十輪寺に有る1基だけとの事

同行したお坊さんのお話によると
大変に貴重な石仏との事でしたのでご紹介しました。

私的には・・・

ご本堂の天井に描かれた絵の方に興味が
有りましたが・・・<(_ _)>

コメント

秩父巡礼・・・2日目(3月29日)・・・33番~34番札所で結願なのですが(~_~;)

2016-03-31 14:57:42 | 旅行
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます

秩父巡礼2日目は、朝から全身が筋肉痛・・・(>_
宿泊させて頂いた小鹿野の旅館『越後屋』前で
安全ミーティングを済ませて出発・・・

道中は

完全に春を迎えていて景色も最高でした


道中、沢山有る社寺仏閣やお地蔵さまにお参りしながら


何とか・・・33番札所:菊水寺に到着




必死で書いた写経と納め札を納め・・・
お経(般若心経他)をお坊さんと一緒にお唱えし・・・
ご朱印を頂いて・・・あと1か所で5回目の結願

しかし・・・・・・・・・・・・・・・
情けない事に・・ここで体調不良でダウン!!

33番から34番札所の水潜寺までの道のりは
秩父巡礼古道で1番の難所・・・

険しい急坂が連続した大日峠・札立峠を越えなければ
なりません!!
熊の出没も多々ある程の山深い道程です

ご一緒させて頂いたお坊さん達にご迷惑が掛る事
(修行の邪魔)だけは避けなければならないので・・・

同行した石屋さんの社長と共に2人で車での移動と
させて頂きました。

以前のブログで書いた通り
巡礼前日にオールナイトで釣りをしていたのが
響いたのだと思います。(年齢も??)

考えが甘かったと深く反省した最終日でした<(_ _)>


でも!!!タクシーで秩父鉄道の皆野の駅でバスに乗り換える際
駅近くにあるうなぎ料理の有名店

『吉見屋』さんで美味しいうな重を食べて
疲労が多少回復できました

店のご主人や奥様には、秩父地方のお話しや
札所について沢山の資料と共に解説して頂き・・

乗り換えのバスの発車時間まで休憩させて頂いたり・・・
おまけに色々なお土産まで頂きました。

秩父の方々の暖かさに触れあえた素晴らしいひと時でした。

秩父鉄道 皆野駅そばにある『吉見屋』さん

勿論、料理も美味しく・・・絶対お奨めです
是非、皆野においでの際は立ち寄って見て下さい(^_^)/

結願を終えた後は、天然温泉施設の『満願の湯』で
祝杯をあげ・・・足を引きずりながら帰路につきました。
コメント

秩父札所31番:鷲窟山観音院・・・初日は小鹿野の町からスタート

2016-03-30 13:26:38 | 旅行
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます

いよいよ5回目の秩父巡礼のクライマックス・・初日
(平成28年3月28日)

前回、秩父札所三十二番 御舟観音で知られる
法性寺を廻り最後に帰途についたバス停で下車、
そこから江戸巡礼古道をたどる
一筆書きの巡礼(修行)再開です

宿泊予約してあった小鹿野の旅館に

リュックサックを置かせて頂き
身軽になって出発(^_^)/

この時点では栄養ドリンクのおかげか?
まだ・・元気ハツラツ!!でしたが・・・(@_@;)

31番札所と32番札所が逆打ちとなりますが
31番観音院からのスタートです


31番観音院は写真の様な仁王門があり、大きな仁王様が立っています。
仁王様の身の丈は、1丈3尺、台座まで入れると4mを超す札所第一の高さの
荒削りの石像で、1868年長野の石工藤森吉弥一寿の作。


仁王門をくぐると石段があり、観音堂までつづいています。
石段の数は296段あって、般若心経276字と、普回向20字の合計の数になります。
一段づつお経を唱えながら登っていくと、厄除けのご利益があるといいます。

ご本堂はこんな感じ!!


そこから、さらに山登りをして奥之院でお参りです(>_
写真左側上に西奥之院が写っています

参道は意外と歩きやすく

こんな感じ

そこからさらに進むと・・・

大きな岩の庇に守られたお地蔵様がずらり・・・

実際に歩いて行かないと実感できない
感動が・・・

この時点で足はパンパン・膝はガクガク

途中に

こんな名所も・・・

何度お参りしても素晴らしいロケーションのお寺です。
春の秩父を満喫出来ました!!(この時点までは!)

次回につづく

コメント

徒歩の巡礼古道にこだわって・・・お坊さんと同行の秩父巡礼は、こんな感じ

2016-03-30 11:48:02 | 旅行
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます

今回で5回目になる秩父巡礼の成満

都内のお寺のお坊さんに同行させて頂き
徒歩にこだわって一筆書きになる様に
江戸巡礼古道を歩いています

道中は、さすがに本職の方々なので・・・
一般の方の巡礼とは大きく違い
札所以外の社寺仏閣・お地蔵様等々


全てにお経を唱えながらの巡礼です


札所以外でも有名な彫刻家による
大変に手の込んだ立派な掘り物のあるこんなお寺も!!

写真は、秩父皆野が栄えていた頃の名家が個人的に立てたお寺です。
東照宮の彫り物を手掛けた職人さんに依頼したとか・・・

こんな感じで1番~34番までの札所を
巡礼古道を全て徒歩で廻っています。

コメント

西武秩父駅・・・温泉掘削も完了した様子・・・駅ビルが生まれ変わります

2016-03-30 10:28:01 | 旅行
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます

西武鉄道の秩父駅:平成28年3月末現在

『祭』をコンセプトにした複合型温泉施設に生まれ変わるため
只今、工事の真っ最中!!

どうやら、温泉の掘削も完了して

いよいよ温泉の汲出しに入る様です。


こんな工法で温泉を掘っていたとの事です

工事現場のすぐ横には・・・

記念碑の台石に化石が・・・


秩父では、化石なども観光の呼び物として
ジオパーク秩父などで力を入れています。

西武秩父駅に行かれる方は、この化石を
見つけてみては??
コメント (1)