拓栄建設株式会社 社長のブログ

大田区の建築会社社長が感じた事・お役立ち情報、雑学・趣味である釣りの釣果・ペットのチワワの成長記録など
ご報告します。

台風15号からの復興・・・まだまだ沢山のブルーシートが!千葉県館山市の今

2019-12-17 17:27:47 | 建築
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます
当社HP

台風15号の被害から≒3か月

当社でも被害の大きかった千葉県館山にある
学校施設の復旧工事を施工中です

先日、現場の様子を確認するために館山に行ってきました


高台に建てられた建物で海が一望。見晴らしが良い鉄筋コンクリート造の
施設ですがその分、風を遮るものがなく風が直撃した事が容易に想像できます。

大きなトップライトが吹き飛び、体育館や校舎のガラスは至る所で破損
室内に大量の雨が入り込み、また、屋根材や軒裏の仕上げ材が
広範囲で吹き飛んでいました。

ガラス窓の修理や外装の復旧を先行して進めていて
とりあえず、雨風はしのげる状態にまでは完了しています。

今後、急ピッチで内装などを復旧していきます。

驚いたのは、現場の行き帰り(T_T)

車窓から見える民家の屋根には、まだまだ、たくさんの
ブルーシートが掛けられていてびっくり!!

復旧工事の順番待ちでしょう!

地元の方々のご苦労が分かり、本当に心から早期の
復旧をお祈りした次第です。

台風15号から3か月経過した千葉県館山市の現況報告でした。
コメント

ガラス廻りのシーリング・・・プロのマスキング

2019-12-10 08:42:56 | 建築
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます
当社HP

窓ガラスをサッシュに取り付ける場合
一般的には、ビートと呼ばれるゴムひも状の物を
使うか、コーキングで固定します

そのうち、ビートの場合、古くなると・・・

写真のようにゴムが収縮して固くなり
外れて垂れ下がったりしてきます

結果、ガラスの固定が不完全になり
すきま風が入ってきたり、ガラスがガタついたり

また、台風時などの強い風が当たった場合には
ガラスが割れやすく成ったり・・・危険なのです

先日、経年劣化でビートが上記のような現象になっている
施設の窓ガラスのビートを撤去してコーキングに変える
工事を行いました

その工事の中で改めて感心したのがコーキング屋さんの
マスキングテープを貼る速さと技術でした

マスキングテープとは・・・

コーキングやプライマーなどがガラスやサッシュに
付着しないように養生するための物です

ガラス面とサッシュ面がそれぞれ一筆書きのように
継ぎ目なく貼るのです




その速さと正確性には改めて感心!!

私でも時間を掛ければ貼ることは出来ますが・・
作業スピードが天と地、真鯛とハナダイ、マゴチとメゴチ
くらいの違いがあるのです

マスキングテープ貼りのご紹介でした
コメント

コンクリートブロック・・・上下があります

2019-12-03 08:49:46 | 建築
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます
当社HP

塀の崩落などで問題になっているコンクリートブロック塀

しっかりとした施工をし、決められたマニュアル通りの
高さや配筋・基礎工事を行えば安全なのですが・・・

そんなコンクリートブロックですが
実は、一般の方には、あまり知られていない特徴がいくつか
有るのですが・・そのうちの一つをご紹介します

施工の際、上下左右どのように使っても問題なさそうに見えますが
実は、上面・下面があり、きちんとした設計になっているのです

上面が↓


下面が↓


よ~く見ないとわからないかもしれませんが
穴の大きさが違うのです

横から見ると↓

写真の上側が実際にブロックを積むときの下面

穴が極端に言うと四角錐のようになっていて

モルタルを詰め込んだ時に下側に荷重がかかって
安定するように設計されているんです!!

コンクリートブロックのちょっとした特徴のご紹介でした


コメント

台風15号被害・・・やっと、シャッター取り換え完了

2019-11-15 14:27:02 | 建築
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます
当社HP

台風15号の直撃から、はや、2か月近くたちました・・・

台風被害にあった建物の補修のうち、高額になってしまう工事は、
保険で賄う場合が多く、今月初め頃から、やっと、保険屋さんから
施工OKの連絡が入り始め・・

11月に入って当社でも急ピッチで保険対応の台風被害復旧工事が始まりました

本日も川崎市内のお得意様の店舗正面のシャッターが強風により
大破して取り換えることになっていた現場がようやく施工できました

店舗正面のシャッターと言う事も有り、早めにシャッターを取り付けたい所でしたが・・
この案件も保険屋さんからの承諾が中々もらえず、ヤキモキ状態でした(-_-メ)

すでに、現場の寸法や形状を調査済。新しいシャッターの納まり図面も
承認をして保険屋さんからの承諾があり次第、工事に入れるように
段取りをしてあった為、これでも早めの取り換え工事ができました

部材は、見切り発車で発注済だったので即、納品

施工は、午前中で完成!!

とりあえず、めでたしめでたし( ^)o(^ )でした!!

コメント

台風19号の接近・上陸に備えて・・・建設現場では

2019-10-10 15:35:09 | 建築
東京都大田区で拓栄建設の社長やってます
当社HP

台風15号による復旧工事は、まだまだ時間が掛る状況
屋根や窓、シャッターや外壁・防水等々
資材・材料の不足に加えて職人さんの不足が原因なのですが・・

泣きっ面に蜂。

今週末には超大型台風19号が接近中(@_@;)

建設業界では、台風被害防止にてんやわんや

東京労働基準局から以下の通りの注意喚起・指示が!!

【一斉送信】
建災防東京支部メルアド登録会員の皆さま
分会事務担当者の皆さま
業務委員の皆さま
団体会員の皆さま

             東京支部事務局です。


台風19号が日本に近づいています。別添のとおり労働災害防止の徹底について東京労働局から要請がありました。

悪天候時の作業休止やクレーンのブームや足場の倒壊防止対策の実施
悪天候後の足場等の作業開始前点検の実施
親綱の設置と墜落制止用器具(安全帯)の使用など補修作業時の屋根、屋上などからの墜落災害防止対策の実施

など東京労働局の要請に応じて各現場にご指示いただくようお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当社でも基本的に12日の作業は中止としました
(どうしても休めない現場では、早じまいで対応)

作業の安全性だけでなく、通勤中の事故・被災も
考えられるし、社員や職人さん達の家族、自宅への被災
又、交通機関の混乱等々を考えてです・・・

大きな被害が出なければ良いな~と願うばかりです
コメント