ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「コロンビアーナ」

2012-09-13 18:33:49 | Weblog
                           「コロンビアーナ」
ユナイテッドシネマ豊島園にて。

この日のUCとしまえん6番スクリーンはお客さんもまばら・・・。
思っていたより小さめのスクリーンにちょっとがっかり(T_T)
やはりこういうアクション物は、デカイスクリーンで観たかったとです。

オープニングで空撮される住居の密集地域(ボゴタかメデリン近郊か?)の映像が異国感を感じさせる。

本作は「レオン」「ニキータ」の監督であるリュック・ベッソンが製作・脚本。
因みに私は「ニキータ」未見という親不孝者です(汗)

主演は「アバター」のネイティリ役で一躍脚光を浴びたゾーイ・ソルダナ

ストーリー的には・・・1992年・・ところは南米のコロンビア・・。
マフィアの内部の裏切りにより、目の前で両親を殺された少女・カトレアは、間一髪!単身辛くもコロンビアを脱出し、生前父から「何かあったらこのおじさんを訪ねなさい」と言われていたアメリカはシカゴでギャングをやっているエミリオ(クリフ・カーティス)を訪ねる。やがてそこで生きて、そして「殺し屋」になる訓練をしていくことになるのだが・・・。

ここからは復讐劇ですので、観ていてストーリーはなんとなく予想がついちゃうんですが、
いつかきっと、両親を殺した奴らを殲滅すると胸に誓ってから15年の歳月が流れます・・。
そして、カトレアはプロの殺し屋として「仕事」をこなしてゆくのですが、なぜかどの死体の上にも必ず大きな“カトレア”の花の絵を描くのです・・・。

ストーリー冒頭、少女カトレアがマフィアの追手から逃げてゆくシーンはスピード感があってまるで「ジェットコースター」に乗っているようなドライブ感が味わえました。

拘置所内での「仕事」のシークエンスもスマートで緊迫感があってカッコイイっす。

マフィアとの銃撃戦もハデにやってくれますからね~。

ラスト近くの素手でのタイマンも迫力ありましたね~。

ただ、私見なのですが、「ちょっと正統派すぎたかな~・・・」という感じが、正直の所、少ししました。もうひとヒネリほしいなぁ・・などと・・。

無意識のうちに「レオン」と比べてしまっているというのが一つ(全然ちがう映画だから比べても意味がないとは思いつつ(T_T)

リュック・ベッソンが監督やったらどうなったかな~とか・・。

あとは、最近スケール(銃火器なども含め)のデカい、音もデカい、炎もデカい映画を多く観る機会が増えて、自分的に感覚が鈍感になっているような気が(これの前回は「プロメテウス」でした(T_T)

あと、何故か、「復讐劇」ではありませんでしたが、観終わってから、どういうわけかアンジェリーナ・ジョリーの「ソルト」と本作を対比させていました。

まぁ何にしろ、面白いことは請け合いです(^^♪

コツは、出来るだけ大きなスクリーンで観ることですね~・・・。




ひきばっち的満足度★★★☆




つらい腰痛・肩こり・頭痛など、スタッフが全力でサポートします。
癒しの森整体院
丸ノ内線 新中野駅 徒歩3分








コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 「SAYURI」 | トップ | 「男はつらいよ 望郷篇」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB ありがとうございます (morkohsonimap )
2012-09-15 09:50:49
せっかくTBいただいたのですが、
私のPCではモニターに表示されてるだけしかTBのURLをコピーできなくて
更に隠れてる部分までスクロールが不能という体たらくでありまして
遺憾ながらTBをお返しすることができませんので

釈明含めてコメントさせていただきました。
morkohsonimapさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2012-09-17 03:21:49
レス遅くなりまして、大変失礼致しました。
コメント有難うございます(^^♪

今後とも宜しくお願い致します

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

15 トラックバック

コロンビアーナ (あーうぃ だにぇっと)
コロンビアーナ@一ツ橋ホール
『コロンビアーナ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「コロンビアーナ」□監督 オリヴィエ・メガトン □脚本 リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン□キャスト ゾーイ・サルダナ、ジョルディ・モリャ、レニー・ジェームズ■鑑賞日 9月2日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...
映画:Colombiana コロンビアーナ(日本未公開) 一言で表現すると ≒ブラック版「ニキータ + レオン!」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
リュック・ベッソン制作。 で「スタートレック」「アバター」で活躍の、ゾーイ・サルダナ(写真)が主演。 彼女が演ずるのは、10歳の時に両親を目の前で惨殺されアメリカに逃亡したキャットという名の少女。 叔父の家に逃げ込み、 そこで殺し屋としての技術を身につけ...
コロンビアーナ(Colombiana) (KATHURA WEST・・・Art-Mill)
予想と期待を遥かに越えた《美しい作品》でした。 復讐の鬼と化したヒロインの名前が《カトレア》。 《清楚な甘いイメージ》と《復讐殺人鬼の執念》という相対するイメージの絡み合いがこの作品の主旋律になっている。物語は刺激的で美しくしかも刹那的だ。 作品...
コロンビアーナ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) ヒロインに最後まで感情移入できないというのは辛い(苦笑)
映画「コロンビアーナ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「コロンビアーナ」観に行ってきました。「ニキータ」「レオン」などの映画製作を手掛けたリュック・ベッソン監督が世に送るクライムアクションドラマ。作中には血を出して死ん...
コロンビアーナ  監督/オリヴィエ・メガトン (西京極 紫の館)
【出演】  ゾーイ・ソルダナ  ジョルディ・モリャ  レニー・ジェームズ  クリフ・カーティス 【ストーリー】 1992年、南米コロンビア。麻薬組織のマフィアたちに目の前で両親を惨殺された9歳の少女カトレヤは、その場を逃れてシカゴでギャングとして生きるエミリオに...
コロンビアーナ (だらだら無気力ブログ!)
アクションシーンは大いに見応えあって面白かった。
『コロンビアーナ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.08. 21 『コロンビアーナ』試写会@一ツ橋ホール yaplogで当選。いつもありがとうございます! ずいぶん前にテレビで紹介されているのを見た覚えがあるのだけど、何の番組だったんだろ? よく見てたのはShowbiz countdownだけど、1年以上前に放送終了しちゃった気が...
映画 「コロンビアーナ」 (ようこそMr.G)
映画 「コロンビアーナ」
コロンビアーナ (そーれりぽーと)
リュック・ベッソン製作脚本で、監督を誰かに任せた時の映画としてのクオリティーはわかってたけど、なんも観たい新作が無い週末だったので『コロンビアーナ』を観てきました。 ★★ 劣化したビヨンセ、ゾーイ・サルダナの老け方が半端ない。 25歳前後の役のはずだけど、...
[映画『コロンビアーナ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今日公開の『デンジャラス・ラン』を観ようと思ったのだが、残業だったので、時間の合うこちらを見た。  正直、リュック・べッソン印は面白いが、予想のつく範囲内の面白さなので、とり急ぎで見ないではいいかな、と思っていたのだが、やはり、予想の範囲内なれど「通...
コロンビアーナ (試写会) (風に吹かれて)
悲しき暗殺者公式サイト http://colombiana.jp9月1日公開製作・脚本: リュック・ベッソン監督: オリヴィエ・メガトン  「トランスポーター3 アンリミテッド」1992年コロンビア。
コロンビアーナ : カトレアやるじゃん (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」のアンケートへご回答ありがとうございます。引き続きアンケートへの回答お願いします。では、本日紹介する作品は、こちらになります。 【題
コロンビアーナ (銀幕大帝α)
悲しき暗殺者、カトレア。 彼女の生きる意味――それはただ、復讐を果たすこと。 -感想- 一言で言うなら『ニキータ』の劣化版。 脚本・演出・展開、全てにおいて雑。 ろくに下調べもしていないのに悠々と標的の懐までに到達出来るってのが笑える。 巨大水槽の“そこ...