逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

アメリカを牛耳るペドフィリア(小児性愛)秘密結社

2019年07月12日 | 宗教
長年の少女売春組織(ペドフィリア 小児性愛)で逮捕された大富豪ジェフリー・エプスタインと元民主党アメリカ大統領クリントン夫妻の親密な関係の一部が2016年大統領選時にも暴かれたがデマで逃げ切った。(有罪なら終身刑)

建築エコノミスト森山さんがリツイート
@d0BqXm5jXujF9DS · 7月10日
ビル・クリントンは、人身売買のエプスタイン島(ヴァージン諸島)にプライベートジェットで少なくとも26回渡った。大富豪エプスタインへの起訴はまだまだ続く。

『実業家エプスタイン氏、未成年者の売春あっせん容疑で起訴 米』
2019.07.07 CNN

米フロリダ州の実業家ジェフリー・エプスタインが6日、未成年者の売春斡旋容疑(2002~5年ニューヨークとパームビーチで起きた性的人身売買)で逮捕され、ニューヨーク・マンハッタンの連邦地検が改めて起訴した。
エプスタイン被告は同様の罪でマイアミ連邦地検に起訴されたが、司法取引が成立して不起訴となっていた。
この司法取引はアコスタ労働長官がフロリダ州の連邦検事を務めていた時代に担当した。連邦当局の捜査で36人に上る未成年者の性的被害が判明していたにもかかわらず、エプスタイン被告は08年に州法上の2件だけを認めて連邦レベルの裁判を回避し、禁錮1年1カ月という異例の軽い刑を言い渡された。
同被告はこの時、連邦捜査局(FBI)の性犯罪者リストに登録された。
エプスタイン被告は前回裁判の被害者や、証言する可能性があった別の被害者ら全員に補償金を支払って和解、解決している。
アコスタ長官は司法取引に違法性はなく司法省の調べに応じると表明していた。
(抜粋)
7月7日 CNN

建築エコノミスト森山さんがリツイート
@_yanocchi0519 · 7月7日
CNNですら報じているんだから、日本の主要メディアもしっかり報道してちょーだい🤣www

『まさに「取らぬ狸の皮算用」の米民主党や極悪リベラルメディア』

司法取引が無くガチンコの裁判なら(もし有罪に持ち込めたら重罪だが)必然的に莫大な補償金を被害者に支払った超大富豪のエプスタインは無罪放免。有耶無耶になっていた。CNNらの批判は丸々妄想である。
★注、
2008年にフロリダ州の連邦検事だったアコスタ労働長官がエプスタインとの司法取引で『有罪』に持ち込んだから、→FBI(連邦捜査局)の性犯罪者リストに登録され、→10年間以上も追跡調査が行われた結果。→今回の再逮捕の持ち込んだ。



『キューブリックの衝撃的遺言をニコール・キッドマンが暴露! 』

「ロリコン秘密結社が世界を動かしている」「突然死の真相は…」 
2017年6月29日 エキサイトニュース

赤裸々な性描写が話題を呼んだ、99年公開のR-18指定映画『アイズ・ワイド・シャット』。鬼才スタンリー・キューブリック監督の遺作であるが、この作品には今まで語られてこなかった監督の秘密が隠されていたという。

■『アイズ・ワイド・シャット』に隠されたキューブリックの警告
今回、同映画にトム・クルーズとともに出演した女優ニコール・キッドマンが、監督が残した衝撃の発言を暴露したことで、ついにその秘密が明らかになった。
なんと、最も有名なシーンである「仮面乱交パーティー」は、監督の命を賭けた告発だったというのだ!
人気海外TVシリーズ『ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~』のプロモーションインタビューに応じたキッドマンは、生前キューブリック監督が「秘密結社」の研究に没頭し、彼らの恐ろしい実態を語っていたと告白。

「スタンリーは、ペドフィリアが世界を動かしていると言っていたわ」
「彼は生涯を通して秘密結社を研究していたわ。すっかり夢中だった。そして、こう言ったの。エリート、つまりトップの秘密結社は特殊な性癖を持った男たちでいっぱいで、彼らはペドフィリアという共通点で集まり、結束していると」
彼らはお互いの黒い秘密を知っているから、そこから抜け出すことは簡単じゃない。死ぬまで団結するらしいわ。抜け出したいと思っても、他のメンバーに阻止される。世界をめちゃくちゃにしながら、死ぬまで組織に残るのよ。これがスタンリーが私に話してくれたこと。だけど、とても複雑だから、ちゃんと説明できていないかもしれない」(キッドマン)

ここで言及されている秘密結社が具体的にどの組織を指しているかは明らかではないが、以前トカナでも報じたように、米ニューヨークには「エリート小児性愛者グループ」が存在していると露プーチン大統領が暴露した上、最近ではローマ法王が小児性愛者のカトリック神父を黙認するような発言をし、世界中に衝撃が走ったばかりだ。
世界中のエリートらが。何らかの小児性愛グループに属していてもおかしくはないだろう。

■キューブリックの死とも関係か?
もうお気づきだと思うが、『アイズ・ワイド・シャット』の問題のシーンでキューブリック監督が訴えたかったことこそ、悪魔を崇拝するペドフィリア秘密結社を告発することだったというわけだ。
その証拠に、キューブリック監督の次回作はペドフィリアについて描かれる予定だったという。
キューブリック監督は『アイズ・ワイド・シャット』の公開を待たずして、1999年に急死するが、この死にも同映画の内容が関係していると指摘されている。
監督の死の真相を聞かれたキッドマンは、眉毛を釣り上げながら、「言うこともできるが、どのメディアも発言の内容を公表することは許されないだろう」と、警告。ペド結社の一員と思われる権力者がそれを許さないというのだ。
ということは、このようなギリギリの発言をしているキッドマンもただでは済まないだろう。彼女はなぜ今このタイミングで公表に踏み切ったのだろうか? これは1つの謎である。
とはいえ、このニュースを報じている「Yournewswire.com」は、オルタナティブニュースサイトとして知られており、キッドマンの発言の真偽には疑問が残る。大手メディアもこの件について一切報じていないが、これはキッドマンが真実を語り過ぎたため、検閲されたと見るべきだろうか? 最終的な判断は読者に委ねたい。
(編集部)


人類最初の月旅行アメリカNASAのアポロ計画もキューブリック監督が極秘に撮影したとの真偽不明の根強いうわさが、

異例尽くめ『異様なキューブリック映画アイズ ワイド シャット』
★注、
Eyes Wide Shutは内容が外に漏れないようにアメリカの繁栄を象徴するニューヨークの摩天楼の場面もイギリス国内のスタジオで秘密裏に撮影、完成後の試写会も監督と主演者、側近スタッフの4人だけで行ったが、その5日後にスタンリー・キューブリック監督は不審な心臓発作で急死。米国から一年以上移住して撮影した(キューブリックと4人で極秘試写を見た)主演のトム・クルーズとキッドマン夫妻は離婚する。


ヘッジファンドの大富豪ジェフリー・エプスタイン

『多数の少女に性的虐待か、富豪のファンドマネジャー起訴-米連邦地検』2019年7月9日 ブルームバーグニュース

➞ 少女らにマンハッタンの豪邸などで性的虐待繰り返した
➞ 08年の司法取引を激しい批判するリベラルメディア
幅広い人脈のジェフリー・エプスタインは、自らの富と権力を使ってニューヨークのマンハッタンに持つ豪邸で何年にもわたり数十人の若い女性に対して性的虐待を繰り返していたと米連邦地検は8日起訴した。
マンハッタン連邦地裁での罪状は性的搾取目的の人身取引と共謀。14歳の少女らに対する6つの行為で有罪となれば、エプスタイン被告には最低でも10年の禁錮刑が言い渡される。地検はまたマンハッタンの豪邸差し押さえも目指している。同被告はトランプ大統領やクリントン元大統領らと交流があったことで知られている。
マンハッタン連邦地検は裁判開始まで身柄を拘束するよう判事に求めた。保釈に関する審問は15日に再開される。
ジェフリー・バーマン検事正は「良心を揺るがす行為」だと断じ、新たな犠牲者も次々に発覚していると述べ、被害者に名乗り出るよう促した。
未成年に対する性的虐待はエプスタイン被告のマンハッタンやフロリダ州パームビーチの高級住宅で行われた。エプスタイン被告はフランスから帰国したニュージャージー州テターボロ空港で逮捕された。
エプスタイン被告に対しては10年余りにわたり厳しい監視の目が向けられていた。


犠牲者に名乗り出るよう促す米当局のポスター

2008年エプスタイン被告がフロリダ州当局の2件の罪状を認め禁錮1年1月の判決を受けた司法取引は議会民主党やリベラルメディアが厳しく批判している。
被告弁護団のリード・ワインガーテン弁護士は法廷で今回の罪状について「古い問題」だと語った。
(抜粋)
7月9日 ブルームバーグ



建築エコノミスト森山さんがリツイート
@_yanocchi0519 · 7月7日
エリザベス2世女王の次男であるヨーク公アンドリュー王子は、14歳の少女を虐待したとして非難されていたが、アンドリュー王子もエプスタインのロリータ・エクスプレスの常連客であることが判明している。
カバール大量逮捕作戦の火蓋が切って落とされた。

建築エコノミスト森山‏ @mori_arch_econo · 7月9日
これ、芋づる式に全ての加害関係者を挙げてほしいものです。
以前から巨大な人身売買組織と拠点島の存在が指摘されていました。


2018年3月イヴァンカ・トランプが提案したネット人身売買規制案、米上院が可決 免責が廃止されたIT大手に痛手

建築エコノミスト森山さんがリツイート
@september7357 · 7月9日
トランプ大統領は、人身売買撲滅に力を入れてますからクリントンまで行くかも知れません
是非、そうであって欲しいものです。

『メディアが報じないトランプの仕事』
人身売買ネットワーク撲滅に尽力
 2017.07.13 ザ・リバティWeb

• 人身売買などの犯罪ネットワークを、トランプ大統領は撲滅しようとしている
• アメリカの小児性愛者の犯罪ネットワークは権力者との癒着も指摘されている
• トランプ大統領はアメリカの闇を暴き、正義を取り戻そうとしている

ドナルド・トランプ米大統領が、少年少女を守るため奮闘している。
日本ではあまりなじみがないが、「Pedophile Ring(ペドファイル・リング)」という問題が世界には存在する。
ペドファイルとは、幼児・小児を対象とした特殊な性的嗜好を持つ人を指す。こうした人々の欲望を満たすべく、幼児誘拐や性的虐待を取りまとめる犯罪ネットワークを、ペドファイル・リングと呼ぶ。
トランプ氏の大統領就任から2カ月の時点で、ペドファイル・リングに関連して、すでに1500人ほどが逮捕されている。これは、オバマ政権下の2014年に逮捕された約400人の3倍以上の数だ。
トランプ大統領就任後の1月末には、カリフォルニアで人身売買組織が摘発され、474人もの逮捕者が出た。児童28人と成人27人が救出されたという。
国際アナリストの藤井厳喜氏は本誌2017年8月号で、4月の時点で逮捕者は3000人を超えると語った(アメリカ以外も含む)。逮捕者の多さから、ネットワークの大きさがうかがえる。

「あまりに事件が多すぎる」
トランプ氏は、こうした組織的な犯罪を撲滅しようとしている。

2月、国境を越えた犯罪組織に関する連邦法の強化、および人身売買などの国際的な密売を防ぐ旨の大統領令に署名。同月、人身売買問題の専門家との会合を開き、司法省や国土安全保障省、連邦政府関係機関に人身売買の防止強化を指示すると述べた。
実は、大統領に就任する5年前、トランプ氏は行方不明事件について次のようにツイッターで述べている。
「性倒錯者に捕えられたこれらの行方不明の子供たちに対して何かしなければならない。あまりに事件が多すぎる。迅速な裁判、そして死刑が求められる」

ハリウッドや政治家の関与

ペドファイル・リングの問題は根深く、権力者との癒着も指摘されている。こうした説を陰謀論だとする声がある一方で、癒着を裏付けるような被害者の告白もある。
2014年、「An Open Secret(公然の秘密)」というドキュメンタリー映画が公開され、物議を醸した。これは、ハリウッド業界内で行われている少年への性的虐待の事実を明らかにしたものだ。
同作品では、プロデューサーや投資家から実際に性的虐待を受けていたという元子役の男性が、当時の様子を描写する。断れば仕事がなくなるという状況の中、少年たちは大人に相談することもできず、苦しみを隠した。10代前半の少年が60歳を超えた男性に性的虐待を受けるなど、信じがたい行為が当然のように行われていたという。
性的虐待の記憶からアルコールやドラッグに走り、普通の生活が送れなくなった元子役の姿が描かれた同作品は、「これは氷山の一角にすぎない」と視聴者に訴えかける。英ガーディアン紙や英テレグラフ紙でも取り上げられ、注目を浴びた。
ハリウッド以外にも、ペドファイル・リングには政治家の関与もささやかれている。
トランプ氏は、こうしたアンタッチャブルな領域にもメスを入れるつもりなのだろう。
日米の大手メディアは、トランプ氏の失言や疑惑ばかりを取り上げ、揶揄する傾向がある。しかし、報道されない仕事にこそトランプ氏の真意が隠されている。国民は真実を見極める力が必要だ。
2017.07.13 ザ・リバティ

『行き着くところまで行ったペドフィリア秘密結社』

イスラム法のサウジアラビアとかパキスタンなどでは不倫や同性愛は今でも石打刑(死刑)だが、ユダヤ教キリスト教イスラム教は『宗教』として見れば全く同一で『宗派の違い』なのでほぼ同じ教義だった。
このため先進国だと思われているアメリカですが、実は何とも恐ろしい政教一致の『神聖国家』の隠れた側面を持っている。イスラム教以外の国家で禁酒法を施行したのは世界で唯一アメリカだけだったのである。
今も昔も同じでアメリカは、性には寛容な日本とは大きく違い、18歳以下(未成年)との性行は問答無用で全て強姦と見做され超厳罰。同性愛などに対するヘイトクライム(嫌悪殺人)も横行するなど、性的少数者にとっては危険がいっぱいの社会だった。
しかし禁止すればするほど、厳罰にすればするほど逆に興味がわく。すべてが逆効果なのである。

『聖書原理主義アメリカの反キリスト?』
★注、 
日本昔話の『鶴の恩返し』ではないが、人間誰しも『決して、見てはなりませぬ!』と言われると逆に秘密を覗いてみたくなるのが人情だった。アメリカを代表する超大物エスタブリッシュメントの小児性愛(ペドフィリア)の秘密組織の存在は『当然の成り行き』で、『仕方が無い』としか言いようがない。


日米二重国籍のジャニー喜多川は大昔に隠し撮りされた写真以外、肉声も不明なら肖像も不明。日本の芸能界に君臨した超大物エスタブリッシュメント

闇どころか、光り輝いていた『日本を代表するペドフィリア(小児性愛)組織ジャニーズの栄光』

町山智浩さんがリツイート
@ykhre · 7月9日
ジャニー喜多川氏、かつて事務所に所属する男児たちへの凄まじいセクハラで暴露本まみれだったと記憶してるけど、いざ亡くなってみると偉大だった!アリガトウ!○○(グループ名)に出会わせてくれて感謝!的なツイが多すぎて驚き。この国、割と死んだら全部免罪しがちですよね。すごいな(褒めてない

町山智浩さんがリツイート
@postermantoru · 7月10日
毎度偉いな、ワイドショーは。死んでしまえばどんな人も「いい人」にしてしまう。見る方もそうやって自分を納得させる。日本人はこうやって「臭いものに蓋」を「水に流す」と言い換えて来た。

町山智浩‏@TomoMachi · 7月11日
ジャニーさんが行くのはどんな地獄なのか 「鬼灯の冷徹」で描いてほしい。

ジャニー喜多川の死去に伴う事務所取材で、「ジャニーズ事務所はなんで男性タレントばかりなんですか?」
と素朴に聞くテレビ局はまだか。 

町山智浩さんがリツイート
@YasuhikoFK · 7月9日
寝ようと思ったらジャニーさんの訃報。
もう25年以上前、既に「××にレコ大よこさなければ今後お前の局にはうちのタレントは一切出さない」の一言でレコ大放送の数日前に局の決定事項をひっくり返せた人です(事実)。 綺麗事で生きていた人ではない。まさに大権力者。美辞麗句は似合いません。合掌。



『トランプ勝利を予測した岡本行夫と町山智浩』

元外交官で自民党政府の要職を歴任した代表的保守系知識人岡本行夫を除けば3年前の2016年11月8日のアメリカ大統領選挙以前で、『暴言王のドナルド・トランプが勝ちそうだ』、『メディアが一致して支持するクリントンとは違い、トランプ候補には熱狂的な支持層が存在する』と言っていた有識者は、アメリカ・カルフォルニア州バークレー市在住の映画評論家町山智浩だけなのである。それ以外のマスコミも知識人も全員が同じように『クリントンが勝つ』と固く信じて疑わなかった。
ところが、現在はその唯一の例外だった岡本行夫も町山智浩も、もちろんマスメディアも全員が『トランプが悪い』の大合唱である。
今度のクリントン元大統領に近いエスタブリッシュメントのペドフィリア(小児性愛)組織の発覚でマスコミが騒然となるが、在米知識人の町山智浩は何故か一切沈黙している。
その代わりがジャニー喜多川の闇だった。
ジャニー喜多川と芸能界のつながりは山口組3代目の田岡一雄組長(美空ひばりの米国公演)が最初だったと言われているが、アメリカCIAエージェントであるとか、アメリカ陸軍諜報部員など様々な黒い経歴があるが、一番問題なのは世間知らずの10代前半の子供たちを搾取する日本最大のペドフィリア(ホモの小児性愛)組織ジャニーズに君臨したことに尽きるのである。

米国なら殺されている
★注、
ジャニーズは海老蔵殴打や横綱朝青竜の引退など芸能やスポーツ、政治家や実業家など日本の『エスタブリッシュメントとヤクザの秘密クラブ』、最も危険な暴力団である住吉会系の関東連合による、麻薬と売春と賭博のシンジケートより大規模でもっと悪質だ。

『アメリカの隠されたヘイトクライム(ホモ殺し)の歴史』

LGBT先進国なんて言われ方もするアメリカですが、2016年フロリダ州オーランドのゲイナイトクラブで白人男性が自動小銃を乱射し容疑者を含む50人が死亡し、53人が負傷した。このアメリカの犯罪史上最悪の銃乱射事件被害とは、ヘイトクライム(一神教的な信条によるホモ殺し)だったのである。
もっとも有名なヘイトクライムはサンフランシスコ市の行政委員(副市長格)だったハーヴェイ・ミルク暗殺事件である。
ハーヴェイ・ミルクは1977年アメリカでは初めて、自分がゲイであることを公表して公職(サンフランシスコ市会議員)を得た人物で行政委員にも選ばれた。ところが1年も経たないうちにジョージ・マスコーニ市長と共にホモ嫌いのダン・ホワイト議員に射殺される。
ホモフォビア(同性愛嫌悪)による計画的犯行だったが、たった7年の禁固刑。裁判に怒った同性愛者らがサンフランシスコで広範囲にわたる暴動を起こした1978年のハーヴェイ・ミルク暗殺事件は二度も映画化されるほど有名でアメリカ人は誰でも知っている。
対照的に日本では(宗教批判を絶対のタブーとするマスコミが一切報じないので)アメリカの暗部『ホモ殺し』など日本人は誰も知らないらしい。

『哀れな親米売国右翼』

アップルのジョブズの死に関連してアメリカの暗部ヘイトクライム『アメリカ建国の精神とスティーブ・ジョブズの死』(2011年10月10日 宗教)を書いたらネットウヨが『アメリカにホモ差別は無い。なぜなら同性愛者保護の法令が沢山ある』と消しても消しても延々と投稿してくる笑い話のような逸話がある。
★注、
アメリカには深刻なヘイトクライム(ホモ殺し)の長い歴史があり、繰り返し繰り返し何度も何度も『ホモを保護する法令が必要だった』との簡単な『因果関係』が、何とも可哀想に理解出来ない。対米従属命なので絶対に理解したくないのである。




コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 福島「県民健康調査」検討委発表 | トップ | キクマコ博士の異常な愛情 »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ローレライ)
2019-07-12 17:02:02
日米の子供慰安婦犯罪の輪は上級国民クラブ!
僕もそういう日本人を知っている (十三湊淳之介)
2019-07-12 18:12:55
四十年前旧ユーゴで国の機関に勤務しておったとき、かなり高名な教育者のアテンドをしたことがある。同僚とともに、氏を招待者宅まで案内し、皆で食事をいただいたのだが、彼は明らかに七歳の娘さんに見惚れていた。娘さんもそれに気づいていたと思う。宴会の最中でも、彼は娘さんにちらちらと視線を向けるのだ。表に出て、車へ向かって歩き始めたとき、彼は足を止めゆっくりと振り返った。僕たちも自然とそうした。二階のバルコンから彼女がじっと見ているではないか。まるで恋人同士のように。氏をホテルに送り届け、同僚宅に寄った。公安出身の彼は僕が問いかけるより先に、「危険な人物だな」、と断言した。今生きておられれば、九十ニ歳になられるのではないかな。
ソ連も (カチンの森)
2019-07-12 18:55:31
秘密警察の幹部のベリアやエジョフも未成年者に対する性交と虐待が趣味だった。
Shut Not Open (私は黙らない 改め セコイアの娘)
2019-07-13 03:27:51
タイトルをEyes Wide Openではなく、Shutにした意味は深いと思う。

ジャニー廟 (私は黙らない)
2019-07-13 05:23:14
日本のメディアのジャニー弔い祭りが異様で、これじゃ、いっそのこと遺体を防腐処理して、ジャニー廟でも作ればって思う。その位の遺産は残しているはず。彼の毒牙にかかった少年たち、全員集合!
Eyes wide shutの評論 (rakitarou)
2019-07-13 08:21:35
表で活躍する評論家ほどEyes wide shutについて「意味不明」とか「中年夫婦の不倫願望で中身がない」といった悪評を書きがち。町山もそうだったような。秘密組織うんぬんで説明しようとすると(内心ガタガタ震えながら?)「陰謀論的なことを云うあほう」みたいな決めつけをしてきますね。
Donald Trumpの労働長官、Alexander Acostaの金曜日の辞任 (山椒魚)
2019-07-15 01:11:18
world socialist website の記事に、トランプ政権の労働長官が辞任したとの記事下が出ています。
「アコスタは、2007年にフロリダ州南部の米国弁護士としてエプスタインの恋人との取引を組織し、その後53ページの起訴状および性的人身売買に関する連邦刑務所で45年の刑を宣告される可能性があるため、辞任を余儀なくされた。」
とのことです。
人喰いレプテリアン (傍観者)
2019-07-15 01:46:28
放射能に手強い化け物集団だ。あのバチカンにイギリスエリザベス陰女王に日本の偽物皇族すら、献血を偽って集めた人の生き血を啜る獣だ。判っちゃいるが、あの座間の白石と言うヒトモドキの殺人魔の事件さえ追随報道をしない警察機関に司法機関すべからずが全部人喰いレプだと理解すれば【小児愛擬き悪魔儀式の人肉喰らい儀式】の餌食になってレプの腹に収まった人間の子供達を悼むものだ。アーメン
ルカシェンコは少年少女の米国人養子縁組を禁止していた (十三湊淳之介)
2019-07-17 18:08:22
べラルースのルカシェンコ大統領は、米国人の養子としてもらわれた少年少女への虐待に怒り、これを禁止したことがありましたね。2008年の頃だったかな。同じ頃ベルギーでは、ペドファイルである初老の夫婦が複数の少女を誘拐し、英国の組織に送り出した事件もありました。カリブ海のある島で殺害され、広大な敷地内の池で飼っていた鰐の餌とされた、と欧州の報道にあったことを覚えております。今ふと思ったのですが、米国の「トランプ叩き」と「ロシアゲート」は、ともにペドファイル組織が仕掛けたのではないでしょうか。プーチンもトランプもこの犯罪集団に言及しておりました。
所謂上流階級の名が見えますね (十三湊淳之介)
2019-07-18 21:52:35
関係者にはハーバード名誉教授Alan Deshowitzと、元駐朝鮮民主主義人民共和国人権問題特別大使Jay Lefkowitzの名前が出ています。ロシア語の父称(-ич, -itz)を苗字とするのは、ユダヤ系ロシア人に多いのです。

コメントを投稿

宗教」カテゴリの最新記事