※2009/2/14 「世界はニャーでできている。」は移転しました※
世界はニャーでできている。~過去ログ~




「ぺろり。」


という訳で、前日のロケハンで訪れたこの場所へ再び徒歩一時間、AM4時起きで真っ暗な中とぼとぼ行きました。街灯が無いとこんなにも何も見えないんだなあと初めて知りました。

到着後ほどなくしてうっすらと明るくなって参りましたが、前日とは何かが違う。
そう、雲が多すぎる。
この日の天気予報は、晴れのち雨。朝のうちは晴れだということで見切り発車でやってきましたが、曇りの合間の晴れ的な感じでもう。
雲で富士山が見えないよ!

そして前日のロケハン時もそうだったのですが、富士山をバックに写ってくれるねこが居ない。ここに居てくれたらなー、っていう場所に、ねこのねの字も見つからない。某有名動物写真家の富士山ねこ写真では、確かにここにいたのに。環境の変化ですかねそれとも「今のおまえにはまだ早い」とかいう判断を下され、ねこが登場してくれないのか。

しばらく徘徊していると、雲の切れ間から富士山が見えるように。そして絶好の撮影ポイント近くにねこの姿が!
あっちにいけー!あっちにいって、塀の上にのぼるんだ!と、呪いにも似た念を送り続けましたが、逆に徐々にこっちへ近づいてきました。だめだ。
発想を変えて角度を変えて、この時点での、できうる限りの富士山ねこ写真を撮りました。これです。






だめだこりゃ


ガードレールがじゃま!仮設トイレがじゃま!
そして何より、丁度陽が雲に隠れてしまい、ねこに光があたらない為ねこが見えない!更に富士山も霞んでる!
これ以上明るくすると富士山が見えなくなるし、これ以上暗くするとねこが見えなくなる、ギリギリの妥協点がここでした。ムキー!
雲海に浮かぶ富士山は良いと思うのですが、なんというか、某有名動物写真家の方と比べると、自分はこの位置なんだなと受け入れました。
これから経験を積んで、その進捗次第で徐々に素晴らしい富士山ねこ写真を撮れるようになってゆきたいと思います。


やがて富士山も全く見えなくなり、もう諦めてここいらのねこ達を無我夢中で撮ると決めました。
そのうちに、とりあえず今回に限っては、富士山ねこ写真はどうでも良いと思えるようになりました。




あたたかい陽ざしがこねこの元へやってくるまで



「だんだん近づいてきたのニャ・・」



「もうちょい・・・もうちょっと!」



「あったけー!」



超クールなイケメン表情



なんだこれは。どういう状態だ。


さっきから同じこねこばかり撮っていますが、勿論他のねこも沢山撮っていますよ。



慎重に。石橋を叩いて渡るタイプ。



「おみずまで、あとすこしニャ!」



急にこちらへ向けて飛んできたので対応しきれず、ピントが奥に合っている残念な一枚



ここの一団で、いちばん人なつっこくて動じなかったねこ。熟睡中。


昨日もお会いしたねこボラさんが、ごはんをあげにいらした所にお会いしました。
ここの子たちは、色んな人にごはんを持ってきてもらって、茂みの中にねこハウスをつくってもらったりと、シアワセなんだとのこと。
勿論避妊去勢手術を施し、不幸なねこが増えないよう考えて下さっています。
確かにずーっと写真を撮らせてもらっていると、ひっきりなしに色んな人がごはんを持ってくる。
その度にみんな、シッポをぴんと立てて、嬉しそうに駆けて行く。
冬の寒さは心配だけど、これなら安心だね。シアワセなんだねと嬉しくなりました。
ここへねこをすててゆく人間に対しては怒りがこみ上げてきますが、良い人もいるんだと安心しました。





食いっぱぐれはしません




ここよりちょっと離れた場所、林道を散歩していたら、群れずにひとり、通りすがる車や人や犬を眺めるねこがいました。
近づけば逃げてしまうであろうと、遠くから望遠で狙い、徐々に近づいてゆきました。



「なんニャおまえ!」


恐る恐る歩を進めて行き、あと2メートルという距離まで近づいたとき。
なんと逃げるどころか大歓迎ムード。足(スネ)にごちーんと頭突きをくらいました。
その後なにやら、ついてこいとばかりに林の中を突き進みます。
時折こちらを振り返りながら、行く先にある木などにいちいちスリスリしながらどんどん歩いて行く。
案内されるがまま、ついて行きました。



「ちゃんと、ついてきているニャか?」



「こっちこっち!」


そして辿り着いたは林道のベンチ。
嬉々として飛び乗り、ごろんごろんし始めました。一体何がしたいのか。



「ここ!ここー!」



「うっとり・・・・・!」


ひとしきりベンチでこの子をなで回しまくり、尻叩きを調子に乗って延々続けていたらねこパンチを食らったりしてしばらく過ごしました。



「なぁーお、なぁーお」

時折下の方へ降りて行き、何かを呼ぶような声で鳴いていたと思ったら、またこっちに駆け寄ってきて撫でれと催促してみたり。
勝手にこのねこにまつわるストーリーを考えていたら悲しくなってきて、一層この子がいとおしく感じてみたりしてその分なで回しまくってみたりして。






この写真を撮ってから、俺は自分のズボンに付着した植物を手で払っていましたその時間十数秒。
ふと見ると、このねこの姿はもう見える場所には居ませんでした。
完全なる消失。あれ?まぼろし?

まあ本当のところは、ごはんがやって来たので颯爽と目にもとまらぬ速さで駆け抜けて行ったという感じなのでしょうが、なんともキツネにつままれたような、タヌキに化かされたような、不思議な体験でした。


ねこ達ももうハウス内などで昼寝タイムに入ってしまったし、こちらも雨が降ってこないうちに引き上げようかと帰路を歩み始めた途端に雨降ってくるし、傘は持ってないしで一時間、雨に濡れながらトボトボ歩いてゆきました。
帰りの新幹線の時間を変更してもらおうとしたら、なんかグリーン車の喫煙席しか残っていないとかいう事だったので、鈍行で帰る決意をしてみたり。
湘南新宿ラインって便利ですね!せっかくなのでグリーン車を初めて利用してみたり。750円プラスでこの快適を得られるならすごくお得です。新幹線に比べたら。浮かれて駅弁なんか買って食べちゃいました。めずらしく。



また近いうちに、あの子たちに会いにゆこう。
そして「富士山ねこ」のリベンジを。
そう思い、年末にまた訪れる計画を立てています。
原付で。

・・・無謀ですかね。さすがに箱根超えは避けて、箱根山の北を迂回する予定でいますが。あの斜面がアイスバーン化してたら、ノーマルタイヤの原付などスケートをしに行く(死に逝く)のと同じですからね。
片道150kmという距離は、既に100km(休み無し3時間)を余裕で経験している身としては、何でもない気がするんですけどね。
(ただあの時は夏。今度は真冬、という違いはあれども)

という訳で、乞うご期待。いや、あまり期待しないで下さい。


今回も沢山のねこ達へ。ありがとうございました。

2008秋:ねこ旅 完





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




カビ臭と強烈な冷気と共に目覚めた早朝5時。
しかしそんなに早くバスは出ておらず、仕方なくダラダラと安宿の朝を過ごす。
原付が欲しい。

今日からの2日間は「富士山とねこ」と、これぞ日本のねこ!という写真をおさめる事を目標とします。
静岡県某所。念入りな下調べをしてやってきましたポイントその1。
ちなみにもう一カ所、ポイントは見繕ってありますがそちらは翌日・・・の予定。




「なんニャーてめえこっちくんなこっちみんなあっちいけキシャー!」


着いて早速、気性の荒い茶トラねこが、すごい剣幕でシャーシャー言っていました。
ここいらのねこは、勇ましいですね。




「へんなひとはっけん!」



ごはんをもとめて


ここで、ものすごく人なつっこい仔猫に出会いました。6ヶ月くらいのやんちゃねこ。
写真撮ってるといそいそと近づいてきて、足から背中から肩へ、ばりばり昇ってきます。そして顔に、顔や頭をスリスリしてきます。かわいいったらありゃしない。




「とうちょうせいこうニャ!」



「ごろー」



「うきゃー」




日だまりでごろごろしながら、両前足で頭を抱えて悶えるその動きにやられました。
金網の向こうじゃなければ、もっと色んな角度から撮影できたのに。。





ちょっと鼻がグズグズいっていて、時折クシャミもしており、風邪っぽいとここいらのねこを気にしてくれている人がおっしゃっていました。
これから寒くなるので心配です。
ごはんは毎日、色んな人が持ってきてくれるので心配ないので、昼間のうちにしっかりひなたぼっこして、健康になってほしいものです。




しっかり眠れよ


さて、肝心の「富士山とねこ」ですが、確かにここから眺める富士山は絶景です。素晴らしい。
でも、富士山をバックに写真撮れるところまで、ねこが出てこない。
先の人なつっこいねこを肩に乗せたまま、富士山の見える方へ連れて行けそうではありましたが、普段テリトリーにしていない場所へ連れて行ってパニックになったり、若干の車通りがある場所までテリトリーに広げてしまったらこの子のためにならないと思い、やりませんでした。
結果として、ここでは富士山ねこは撮影しませんでした。
富士山写真も撮っていません。ねこがいない富士山写真なんて、自分にとっては何の魅力も感じませんし。



昼過ぎとなり、ここのねこ達も本格的に睡眠タイムに入った模様。
これ以上ジャマしてはいかんと思い、早々に次のポイントへ移動。
バス~電車~徒歩で約2時間。宿に荷物を置いて、さあポイントその2のロケハンに出かけます。
・・・なんと!土日祝はバスが走ってないと!宿から片道5kmくらいあるよ!思いリュック背負って一時間歩いてようやく到着しましたよ!ほんと原付があれば!

ここは実は、某有名動物写真家が出版した猫写真集にて、素晴らしい富士山ねこ写真を撮影したポイントなのです。グーグルマップ等を駆使して突き止めました。便利な世の中になったものです。

丁度ねこボラさんが、ここいらのねこ達にごはんをあげている場に遭遇。
ねこだまりをご紹介いただき、すぐ咄嗟に撮った写真がこれ。




ねこ、一応います


・・・なんかもう、色々ジャマだし、陽がさしてないのでねこが見えないしでほんと悲しい写真です。



「ぜんぜんダメなのニャ・・・」



「そんなことよりほら!こうしてまえあしをうしろあしのマタのしたにもぐりこませると、まえあしがちょうあったかいのニャ!みてみて!」


・・・まあ、今日は明日のためのロケハンなので、明日思いっきりたくさん撮ればいいやと思い、ここいらのねこさん達にひたすら和まさせられる時間を過ごしていました。
真っ暗になってきたところで、本日のねこ撮影は終了。
また明日、早朝からおじゃましますよとねこ達に語りかけて、徒歩で一時間、5kmの道を宿まで帰ったのです。腰が若干おかしくなった。




土曜ワイド劇場っぽい感じ


三日目、つまり最終日の模様は、また明日に(たぶん)。
果たして念願の素晴らしき「富士山とねこ」写真は撮れるのか?
最終日の奮闘を、乞うご期待!(結論:無理でした)





コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




さて、先日の三連休は、久しぶりにねこ撮影旅行に行って参りました。
もとい、うちのポストカードを置かせて頂いている、岐阜県多治見市の本町オリベストリートにオープンした「猫ちぐら 東風庵(こうちあん)」を訪ねるついでに、ねこ撮影、という形で。









明治元年建築の町屋を改装したこの建物は、とても暖かみのある、ぬくもりを感じる空間で、内装もそこかしこに遊び心満載で、ねこに対する愛に溢れたものでした。
ここでは中川こうじさんのねこ写真が常設され、またこの界隈の地域猫活動の拠点、更に沢山陳列されている猫グッズは販売されており、その売上の一部は家なきねこ達の為に使われるという「猫の自立支援モデルハウス」を目指した場でもあるといいます。
最近日本で粗末に扱われがちな「命」というものの大切さを訴える場。ねこ好きがふらっと立ち寄って語らう団らんの場。軽食や飲み物も用意されているといいます。様々な顔を持つこの「猫ちぐら 東風庵(こうちあん)」
お近くに訪れた際には、是非立ち寄ってみてください。








このような形で、うちのポストカードも置かせて頂いてます。
中川さんと、Hoshinoさんという、こんな素人がほんとすいませんすいません!と、地面に埋まるほど土下座してしまいそうになるほどの方々のポストカードと隣接し、肩を並べて展示販売させて頂いている現実が信じられませんでした!

「この猫ちゃん、うちの●●(猫)に似てるー」と、ケンシロウのポストカードを指さしておっしゃる方々の会話をコソコソ盗み聞き、ニヤニヤしておりました。へんな人ですいません。
今後、ここでしか販売しない(手に入らない)ようなポストカード、もしくは他の何かを作成し、置かせて頂こうかなあとも思っています。

オープニングイベントとして開催されていた写真展を、時間をかけてゆっくり、それぞれの写真の隅々まで堪能し、販売されているポストカード、うちの素人ポストカードよりも数段上のクオリティなポストカードを買いあさったりした後、いよいよ付近のねこ散策に出かけます。



第一ねこ発見



スタスタスタ



「どうよ、ウチのみごとなこうようは。」


そういえば、紅葉の季節でしたね。ここしばらく季節感というものを全く忘れておりました。季節感、という限定で言うと、たぶん9月くらいから止まってます。








ふらふら彷徨い、体内内蔵ねこレーダーが示すほうへふらふら、高台の地域に足を踏み入れました。
ここいらのねこは、空中戦が大好きなようです。
きっともうすぐ沈み行く太陽の光を、最後まで浴びていたいんでしょう。


ぐるーっと散策&撮影を楽しんだあと、東風庵近くまで戻ってきました。
ねこ撮影時は飲食を忘れておりますゆえ、ここいらで本日初めての食事をしようと、もう陽も落ちた頃にだんご屋さんに入りました。
注文を聞いてから焼いてくれるシステム。一本5個だんごがついていて70円。とても美味しかったです。
ここには看板ねこがいましたよ。


「だれだい、あんた。」


特技は、電卓押しだそうです。
だんごを焼いてもらっている最中、ずっと遊んでもらってました。


「ちょあ~!」



「ちょろいもんよ」


東風庵にお越しの際は、是非このだんご屋さんにもお立ち寄り下さい。
だんごだけではなく、薫製たまごやスモークチーズなども売っていて、こちらもおいしかったです。
このねこさん、気ままに散歩に出ている時間帯もあるとのことで、注意が必要ですが、会うために何度も足を運ぶべしです。


ふたたび東風庵に戻り、中川こうじさんと、そして当日写真を展示していらっしゃったうちのひとり、「猫ろじっく」蔵人さんと、暗くなり落ち着いた雰囲気の東風庵内にてねこ談義に花を咲かせました。
特に蔵人さんとは、昼間の時も含めてたくさんお話しをさせていただきました。非常に楽しいひとときでした。ありがとうございました。
中川さんの考える想いも、お話ししたり、お話しされているのを横で聞いたりして、改めて、また更に共感を覚えました。本当にあたたかい方です。
訪れてよかったと思います。



トイレ横の洗面台に置かれているお手ふき。ねこのシルエットを形取った染め物だそうです。ここにも、ねこに対する愛情が感じとれます。


時間が押していなければ、もっとお話ししていたかったのに、それができない予定を組んだ自分を呪いつつ、後ろ髪を引かれる思いで東風庵を後にしました。
馴染みのだんご屋さんもできた事だし、魅力的なねこ達にも逢えた事だし、また是非訪れたいなと思いました。


夜になると、白熱灯色の照明が中から漏れ出ていて、より一層趣のある空間となります。


この後新幹線で一路静岡県へ。
やっとの思いで宿にたどり着き就寝。一日目は終了しました。
上の階から水が漏ってきてうるさかったり、異様にカビ臭かったりしましたが、疲労と睡魔の為めんどくさくて寝てました。

二日目三日目はまた明日以降に。
「富士山とねこ」の写真をおさめようとした奮闘っぷりを、どうぞご期待下さい。いや、期待しないで下さい。




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




文字通り、旅に出ておりました。
福島経由で、宮城へ。三泊四日。
ここ2年ほど、この時期(ゴールデンウィーク)の定例となっていた、宮城の某島と、途中寄り道して東の猫駅長に会ってきました。それと今年初の日焼けと。超ヒリヒリ痛かった。
まあ、帰ってきたのは一週間ほど前なんですが。日焼けはさっき、皮がめくれてきました。





芦ノ牧温泉駅の名誉駅長「バス」さん


福島は会津、芦ノ牧温泉駅に住み着いている、御歳10歳前後というおばあちゃんねこ。
若い頃に地元の小学生が駅へ連れてきて以来、ここでのんびり暮らしているらしい。
名前は「バス」。某有名アニメ映画中のキャラクター「ねこバス」になぞらえたという。
2008年4月24日に当駅の「名誉駅長」として会津鉄道株式会社から委任状を受け就任。
和歌山のスーパー駅長・たまのように、世界中から注目される福招きねことなるか。


しかし




寝る



寝る



本当に



寝てばかり


「今日も仕事放棄じゃにゃあ」というキャプションをつけられるほど、確かにずーーーーーーっと寝てばかり。
年齢やらねこの習性やらを考えると至極当然であるのだけども。
寝てるところにちょっかい出すと、「んなぉあぉ~、んなあ゛~ぉ~」と鳴いて不機嫌になる。
一時間に一本程度の割合で電車が駅に到着するが、たまに車内乗客から熱烈な催促があると、「いやだーいやだー、ねかせろー」とうだうだ言いながら人間の駅員さんが、寝ているバスを抱えてホームまで顔見せアピールする時があり、ちょっと可哀想(笑。
任務が完了し元の場所に戻されると、ぶつぶつ言いながらまた眠る。
このねこの本能全開っぷりが、またたまらないのであります。
働き者の和歌山・たまスーパー駅長とはまた違った魅力。

夕方が近づいてくると、だんだん元気に歩き回るようになる。
人間に媚びず、ねことしての正しい生活リズムを崩さないバスがステキ。




「ゆうがたからのぎょうむはまかせておいていただきたいのニャ!」


夕方、帰宅し駅に到着した男子中学生に、わしわし撫でられていた。
住民に密着したねこなんだなあ。感激。




で、次は宮城の某島へ。



相変わらずすごい



やっぱりここに来ると安心する。ねこが平和に暮らしている。



「あちー」「あづー」









世界中が、こんなにも平和ならいいのに。



「サカナおくれニャ。」




漁港に、こねこが4にんいました。



ほわほわな毛玉がしきりに動いたり、腹を上下させながらぐっすり寝たりと微笑ましく見ていたのだが、この子たちはちょっと前に漁港で捨てられていたらしい。



あぁー、やっぱり・・
ねこの楽園、と言われ有名なこの島は、遂にそういう場として標的にされるようになってしまったのだ。
ほんと、人間にはがっかりだ。




幸いなことにこの子たちは、優しい漁港のヒトたちによって保護され、また、先住のねこ達にも受け入れられ育っている。

4にんのこねこのうち1にんは、カラスに弄ばれたのか足をちょっとやられてしまったという。随分マシになってきたというが、今でも動作がにぶく、野生動物が多く居るこの島で、果たしてこれから無事に育ってくれるかどうかが心配でならない。

わざわざ船で来るくらいだから、ねこ嫌いの人間が捨てに来たのではないと思うけど、「ここなら幸せに育ってくれるだろう」という安易であさはかな考えで捨てないでいただきたい。人間の身勝手さに腹が立つ。
ねこを捨てるという事は、命を奪う事と同等なんだという事を認識すべきだ。




ねこを捨てるのは犯罪です。法的にどうかという以前に、倫理的な面で人格を疑います。
この子たちの無事を。この島のねこ達の無事を。
そして全てのねこの幸せを。この島のねこ神社に祈ってきました。
どうか、みんな、幸せでありますように。




更に、隣の島へ。



昨年来た時には見かけなかったねこがいる。増えた?


前の島、お世話になった民宿のご主人が、ものすごい量の食事を用意して下さり、完食するのに半泣きであったのだが(残すの嫌い)、それがわざわいしてか、この日の夕食時。全く腹が減ってない。困った。
いや、それでも、無理矢理食べようとするのだけど、俺の座っている目の前、廊下と玄関をはさんで外からねこが覗いてる訳ですよ。
「いれてー!なかにいれてくれニャー!そしてオレにもサカナを!」
などと言いながら、なんども中を窺っている訳ですよ!




こんな感じで(写真は昨年撮影したもの)。


ぬおー!メシなんか食ってられるかー!太郎ー!ごめんよー!(このねこの名前です)

なんというか、牧場で牛を見ながらステーキを食う、とはちょっと違うかもしれないけど、とにかく罪悪感みたいないたたまれない気持ちの中食事を続けることは難しかった。
・・・まあ、実際ほんと腹減ってなかったので、俺としては珍しく、しかし苦渋の決断で豪華磯料理を少し残してしまったのです。




一方、漁港でサカナをゲットして浮き足立つ他のねこ





この写真は、一年前この島で撮ったものです。

夕方から翌日昼までと短い滞在期間でしたが、今年この茶トラの姿をみなかったので、帰り際恐る恐る旅館のおかみさんに聞いてみたのです。

やはり、亡くなったとのこと。




カラスに横腹を傷つけられ、それが原因で、とのこと。絶句してしまった。残念で、悲しくて、無念で、せつなくて。



結構年齢がいっているように感じたけど、今年も会えるって思っていたのに。
もうカラスなんぞは金属バットでフルスイング&ジャストミートしてくれるわ、などと危険な想いが頭をよぎりましたが、人間としては、これも自然の摂理と考え諦めるしかないのです。
それよりも、たくさん写真に写ってくれてありがとう、と、お礼をのべよう。




そういえば今年、この島に着いてすぐ、鳥居をくぐった更にずっと奥にある神社近辺にて、茶色いシッポが茂みの中に入ってゆくのだけを見かけました。
てっきりこの茶トラなのだと思いつつ、しかし結局亡くなっていた・・・ではあの茶色いシッポは一体なんだったのか。
ここいらのねこで、他に茶色いシッポをしたねこは、昨年今年あわせても見かけなかった・・・。
帰りの船を待つ間、自分に都合の良い解釈で考え進めるうちに、嗚咽がとまらなくなりました。
船が来て、焦って思考を散らしました。




そして今年、横腹の毛が薄くなっているねこを見かけました。
この子も昨年、今年と沢山写真に写ってくれたねこです。
どうか、無事に暮らしてゆけますように。
みんな、幸せでありますように。




ところでこの島、昨年今年と、明け方から昼くらいまではものすごい霧に包まれました。
一度なら良いけど、二度となると、写真的に、ちょっと。
この島独特の現象なのかな、と思ったら、仙台まで来ても霧は晴れていませんでした。
家に帰ってきて、その日宮城スタジアムで行われたプロ野球の試合ダイジェストをニュースで観た時も、ものすごい霧でした。
次回はちょっと季節を変えて行こうかな、と思いました。



外出中ケンシロウは寂しかったらしく、帰宅してからというもの、毎日のようにか細い声で鳴いて甘えてきやがります。
ういやつめ。7.5kgのくせに。
なでは相変わらずマイペースです。
俺の前で尻を静止させて叩けアピール。叩かないと甲高い声で鳴いて催促。ドMめ。
ウチは平和です。





コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )