※2009/2/14 「世界はニャーでできている。」は移転しました※
世界はニャーでできている。~過去ログ~




「・・・かえってきやがったのニャ。」



「おぅおぅ、なんかうまそうなもんくってるじゃねーかニャ。」



「なんニャいつもいつもふらふらほっつきあるいて!このかいしょうなし!」
「うひー、きっついこと言うのニャ。」




「あんたにくわせるメシはないのニャ!はたらかざるものくうべからずニャ!」



「いーじゃねーか、へるもんじゃなしに。」
「へるもんニャ!」




「・・・・・・・・・・。」



ぽむ。



「・・・・・・・・・・・・。」



「(ダメおやじ…。)」



「さあさあ、こんなふりょうおとうさんはほうっておきましょうニャ。」



「んノビ~!」



「みんなであっちにいって、ムシでもコロしてあそぶのニャ。」




コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )





3ニャーが寄り固まって。



「ややっ!?これはききてきじょうきょうなのニャ!」



「ま、まてっ!オレもにげるニャ!」



「・・・・・・・・」



「・・・んー?あによー?」



「ふうぅぅんぐわわわ」



「わわわわぁ~…。」



「どっこいしょっと。」



「・・・あとにしてくれニャいか。ねむいので。」




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「フガフガ、フガフガ。」



「ふむ、コレがウワサのきびなごというやつかニャ。」



「どれ、ひとくちためしにガブー。」



「こ…これは…!かめばかむほど、あじわいぶかいのニャ!」



「ちょううめえのニャ。いままでしらないでいたことがくやまれるのニャ。」



「…オカワリ!」




コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





「・・・う~。。」



「ひまニャ…ひますぎてしにそうなのニャ…。」



「しかたないのニャ…ひまつぶしにアレをやるのニャ…。」



「・・・・・・・・!!」



「ス、スネオヘアー!」




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「と~りゃんせ~、と~りゃんせ~」



「こ~こはニャ~のほそみちニャ~」



「ここは…」



「とおさないの…」



「に゛ゃあ゛ぁぁ~…」



「ごろごろごろ~」



「ムフフ…」



「ここをとおりたければ、ミツギモノをおいてゆくのニャ。」




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「このやさしさわすれたこころないチキュウに~」



「あらわれたアナタはたったひとつのきぼう~」



「ありったけのこえでさけびうたうよ~」



「メシ!メシ!メシメシメシー!」



「…アイツらにもおしえてやるのニャ。」



「おぉ~い!キュウセイシュさまがきたニャよ~!」



「…これでもうのがれられないのニャ。さあだせさあだせ!メシよこせニャ!」




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





「フガフガ」



「クンクン」



「・・・・・・・・。」



「(・・・くちがくせえのニャ…。)」
「な、なにっ?…ねえ、なにっ!?」





コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「せんじつはオレのたんじょうびにたくさんのコメント、ありがとうニャ。あのときいいわすれていたニャが、あとひとつプレゼントがあったのニャ。」



「下僕がミクシィのニャー写真コンテストで入賞したさいにもらったしょうひん、またたびウォーター6本ニャ。下僕をあやつってたのはオレだから、これもオレのもんニャ。」



「さてさて、ちょっとためしてみようかニャ…」



「フムフム…これは…ウワサ通りの…」



「っか~!たまらんのニャ~!」



「べろーん」



まあどうぞどうぞ。
「は、はやくするのニャ…!」




「ぴちゃぴちゃぴちゃぴちゃ…」



「むっはー!マタタビー!」



「ちょううまかったのニャ!オカワリ!」



「ごろごろごろごろごろ~」



「すいぶんせっしゅもバンゼンで、ニョウカンケッセキよぼうにもなるのニャ。けんこうてきニャーせいかつニャ。」



「オマエもいっぱい、どうニャ?」




コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )





まったりー。



「・・・・・。」



「ニャ。」



「・・・・・・・・。」



「ニャ。」



「・・・ストーカーにこまっておりますのニャ。」
「ストーカーいうなニャ。」





コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





てくてく。



「…オレのきょだいトイレなのニャ。」



「・・・・・・・・。」



「・・・わるかったのニャ。」



「じつはうそニャ。」



「さらばニャ。」




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「フフフ…きょうはなんのひかしってるかニャ…?」



「そうニャ!きょうはオレのたんじょうびニャ!2さいになったのニャ!いわえニャ!」



「たんじょうびにはごちそうがツキモノなのニャ。下僕てづくり、鮭と鶏ささみとしめじのミルク煮ニャ!とうぜんミルクはニャー用のやつをつかってるのでだいじょうぶニャ!ってか…はやく…っ!」



「ムシャシャシャー!うめえ!こりゃうめえニャ!でもちょっとあちいニャ!」



「ネコジタであちいモノをくうときは、あわてずに…」



「こうしてちょっとずつユカにおいてさましてくうと…」



「ほら、アツくないのニャ。」



「それにしても、やめられないとまらないのニャ。ムシャシャシャシャ…」



「クセになるアジなのニャ。いっきにくってしまうのニャ。ムシャシャシャシャ…」



「ふう…まんぞくニャ。まいにちつくってくわせろニャ。」



「それとたんじょうびプレゼントがあるということなのニャ。この布のむこうにあるらしいのニャ。」



「フムフム…いったいなんなのかニャ…」



ジャーン



「な、なんかオモチャがいっぱいなのニャ!」



「すげえニャ!よりどりみどりなのニャ!」



「んんっ?…コレはなんニャ…?」



「フンギャー!うんこ!うんこニャ!」



「それにしても…どれからてをつけようかまよってしまうのニャ…」



「ちょい!ちょい!」



「獲れたのニャ!」



「このやろがっ!このやろがっ!」



「うほー」



「にょほー」



「めーっちゃ」



「たのしー」



「にょりーん!」



「ゴロゴロゴロゴロ」



「ふんぬっ!」



「とあー!」



「ンフー!たんのうしたニャ!」



「あばれまくったので、ちょっとつかれたのニャ。ねることにするのニャ。」



「うむ、ごくろうだったのニャ。さがってよいニャ。」



この6月20日という日を、できるだけ多く、共に迎えられますように。



「・・・・・一体どういうつもりニャ…!」




コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )





路地の奥にニャー。



「…なんかへんなのがきたのニャ。」



「ふー。やれやれまったく、いつもこうだニャ。われわれニャーたちにあんじゅうのちはないのかニャ。」



「ともかくこのばをさるのニャ。ほんと、やれやれニャ。」



「ちょっとはニャーの身にもなってほしいのニャ。こころやすまるヒマがないのニャ。」



「こんなペットボトルなんかきかねえのニャ。」




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「いそげ、いそげ」



「ふう…メシのじかんにまにあったのニャ。」



「…うーん、きょうはちょっとおそいのニャ?」



「おーい、きましたよー。」



「メシはまだですかニャー?」




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「…なんかいま、へんなやつにあとをつけられてるのニャ。」



「ひとまずどこか、しばらくみをかくしたほうがよさそうなのニャ。」



「…あれっ!?いつのまに…。ど、どこいっちゃったのニャー!」



「フフフフフ…」



「フハハハハハハハ!」



「上ニャ!!」




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「ひざしを背にうけて、さっそうととうじょうなのニャ。」



「…ん?」



「こっちにいいばしょがありそうなのニャ。」



「こっちか?こっちか?」



「んはー、せなかがあったかくてキモチイイのニャ~。」



「ねむくなってきちゃうのニャ…。」



「…ねてなんかいられないのニャ。もっとどんよくに、よいばしょをおいもとめるのニャ。」



「…ん?フガフガ…」



「…へっくしょい!」



「メシまでまだじかんがあるので、それまでよいばしょをおいもとめつづけますのニャ。」




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ