※2009/2/14 「世界はニャーでできている。」は移転しました※
世界はニャーでできている。~過去ログ~




「いらっしゃーい。」



「えんろはるばる、ようこそいらっしゃいましたのニャ。」



「カラーコーンすきー」



「ふう。」



「・・・・・さてと。」



「ねる。」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





「・・・!!」



「な、なんなのニャいったい!こっちみんな!」



決して怪しい者ではございませんで・・・・



「・・・しんようできないのニャ!そのカオは、へんしつしゃのカオですのニャ!さっさとたちさるがいいニャ!」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





ちょっと警戒中



ぼけーっと中



なんか変なゴミであそび中



給油中



何かを狙い中



あくび中



アンニュイ中



腹毛モフ中



「つかれたニャ。」



おねむ中



「いじょう、こどもねこのせいかつでしたのニャ。」




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「ねむー。」



「とてもよいねどこをはっけんしたのニャ。まるであつらえたような、あんみんねどこなのニャ。」



「ほら。すっぽり。」



「そしてこれは、ちょっとしたまくらにもなるし、つめとぎにもなる。」



「サイコーのぶっけんニャ~!もうだれにもわたさないのニャふがふが。」




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「やまをこえー」



「たにをとび・・・っと。」



「おぉーいコドモ!あっちでゆっくりなごもうではないかニャ。」
「うーむむむむむ・・それはかなりみりょくてきなおさそいなのニャ・・・がしかし!」




「そんなへいわをぶちこわさんとねらっている、うえたおおかみのようなきょういをオトナはまだしらないでいるのニャ・・・!」



「・・・・・アイツなのニャキシャー!とりあえず、アイツをなんとかしてからじゃないと!」



「よーし、しばらくこのきのかげにかくれておくのニャ。みうしなってあきらめてかえるのをまつのニャ。」



「ついでにきのぼりにょろー!つめばりばりー!」



「ふう・・・もういいじかんなのニャ。どれ、ちょっとのぞいてみるのニャ。」



「そろそろ~り。・・・うむ。アイツのすがたはみえないのニャ。よし・・・!」



「かった!まんまとダマしてやったのニャ!ニンゲンなんてちょろいもんなのニャ!キョーキョキョキョキョ!」



「それではあんしんして、まったりするのニャ。おぉーい、オトナー!」



「ゆっくりまったりする・・・・・はッ!!またでたニャ!!」
「おまえきにしすぎニャ。」




コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )





「んー。おきゃくさんとは、めずらしいのニャ。」



「どうもどうも。よくぞおいでくださいましたニャ。」



「ここはびみょうにさかみちになっているので、マクラがわりにちょうどよいですのニャ。」



「せっかくなので、ここいらをあんないしてやるのニャ。おーい、ちょっとでかけてくるのニャー!」



「どーぞごじゆーにー。」



「よし。それではしゅっぱつニャ。」



「しっかりついてくるニャよ。はぐれることのないように。」



「ひたひたひた・・・ここいらはさかみちがおおいので、たいへんですのニャ・・・。」



「こらてめー!おいぬくんじゃねえのニャ!」



「あんないしてやっているので、あとをついてくればよいですのニャ。」



「よし、ここをまがって・・・」



「ここからさきは、かんけいしゃいがいたちいりきんしなので、ここでおわかれニャ。さっさとかえれニャ。」



コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )





「よーよーにーちゃん。なんかメシよこせニャ。」



「え・・・なんニャ。なにももってないニャか。・・・つかえねえやつニャ。」



「ああ、しゃしんをとってるニャな。ようし、オススメのばしょがあるのでついてこいニャ。」



「このあかいとんがってるやつが、あかくてとんがっているのでさいこうだとおもうのニャ。」



「おまけにツルツルなのでたまらんのニャ。ほら、すりーすりー。」



「こ、こらー!どアップはきんしなのニャ!」



「このかいだんはオレのなわばりニャ。ここいらはどこもかいてきになごめるばしょなのニャ。」



「ふっふーん。」



「くたー。」



「どうニャ?いいしゃしんはとれたニャか?ほら、ウインクウインク。」



「・・・・・んんっ!?」



「おうおうねーちゃん!ちょっとオレをなでなでしていかニャいか!?」



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





「おれは~ニヒルな~うみのーおとーこ~。」



「きょうも~ぼうはていで~ひーとーやすーみ~。・・・どっこいしょ。」



「ふー。しおかぜがめにしみるのニャ!・・・・・あっ?」



「こらオマエ!なにみてんのニャ!キシャー!!」



「まったくもう・・・ふゆかいなのニャ。ばしょをいどうするのニャ。」



「ふうぅ。やっとこれでおちついて・・・・」



「・・・てめえこのちくしょうめ!なんでおっかけてくるのニャ!オレにさわるとヤケドするのニャ!キシャー!!」



「さらにおくへといどうするのニャ。ったく、しつこいヤツなのニャ・・・。」



「やれやれ・・・まったくさいきんのヒトは・・・どっかり。」



「やっぱりおっかけてきたニャか。わかっていたのニャ。もう、いたいめにあわないとわからないようニャな・・・。」



「・・キシャー!モシャー!がるるがるるべりばりもけけもけけモッチャンギャアァァス!」



「・・・・・まあ、どうせとるならかっこよくとっていくがいいニャ。」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「うーん・・・・・。」



「どうも・・・しっくりこないのニャ。」



「いやね、ぐっすりゆっくりねようとおもうのニャが、なかなかよいばしょがないのニャ。」



「ここはどうニャ。よっこらしょっと。」



「・・・なんというか、シリのフィットかんというか、すわりがわるいのニャ。」



「あぁぁ~、はやくみつけないと、ひるねのじかんがなくなってしまうのニャ・・・。」



「だいたいあと・・・5じかんくらいしかないのニャ。はやくせねば・・・。」



「まああせってもしょうがないので、ひとまずここはすりすりーでもしてこころをおちつけるのニャ。」



「ふうぅ。どっこらしょ。・・・・・ん?」



「こ・・・!これニャ!このゴツゴツかんといい、あんていせいといい、もんくなしニャ!」



「いままででさいこうのばしょニャ!しんはっけんニャ!いっぱいニオイをつけて、じぶんのものだとアピールしとくのニャ!」



「むはー。あんじゅうのちー。」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「げんかんまえで、だらりーん。」



「・・・まったくもうあのこたちったら、メシもくわずにどこであそんでるのニャ。」



「まちくたびれて、そりゃああしやしっぽもだらーんってなってしまうのニャ。」



「・・・や・み・に・かーくれて、い・き・る」



「・・オレたちよーかーいニャンげんなのさっ」



「・・ベム!」
「ベラ!」
「べろー!」




「あー、ようかいニャンげんごっこはたのしいのニャ。いくらやってもあきないのニャ!」
「あきないのニャ!」
「ニャ!」




「・・・はいはい、いつまでもやってればいいのニャ。メシのじかんはもうおしまいニャ。」



「これからしずかにねるので、うざったいからくるんじゃねえのニャ。はらへったっていってもしらないのニャ。」



「お・・おい・・・メシ・・じゃなくて、カーチャンおこってるのニャ・・・。これはまずいのニャ・・・。」
「まずいのニャ・・・。」
「ニャ・・・。」




「つくづく、おばかさんきょうだいなのニャ・・・・・。」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「だいいちゲート、ねこゲートインかんりょうしましたのニャ!」



「だいにゲートのねこは、まだちょっとじゅんびちゅうのようですのニャ。」



「これからしゅっそうなので、にゅうねんにおていれするのニャ。」



「オマエはしなくてもいいのニャか?」



「おていれは、ストレッチもかねているのニャ。ちなみにこれは、にくきゅうにきくストレッチなのニャ。」



「ふわわわわぁ~!おおあくびー!」



「ふぁー・・・・・・・。」



「ごろーんごろーん。」



「よし。これでしゅっそうじゅんびととのったのニャ。だいにゲートねこ、ゲートインかんりょうしましたのニャ。」



「それではいちについて。・・・よーい、」



「・・どん!たったったった・・・・・」



「やったのニャ!いっとうしょうなのニャ!しょうひんのメシうめー!」
「このこはほんと、ひとりあそびのとくいなこなのニャ。」




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「きょうもきょうとてパトロールなのニャー。」



「ちゃんとおうだんほどうをわたるのニャー。」



「あっ!わたるまえに、さゆうかくにんするのをわすれたのニャ!」



「まあいいのニャ。もうぶじにわたりおえてしまったのニャ。」



「このカドをまがればー。」



「ちょっとくるまどおりのはげしいみちにでるのニャ。あぶないのでしゃどうにでてはいけないのニャ。」



「でもこうきしんおうせいなねこは、ちょっとだけでてみたりするのニャ。たまにニャ。」



「・・・さっきから、みょうなしせんをかんじるのニャ。」



「オレはさいきょうでちょうつよいのだけど、むだなたたかいはさけるべきだとおもうのニャ。」



「かくなるうえは・・・ささっ。」



「フフフ・・・ここにかくれてしまえばもうだいじょうぶなのニャ。みつかりっこないのニャ。」



「ほとぼりがさめたころにでていって、パトロールのつづきをすることにするのニャ。ふふ。」



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「のんびりーくたー」



「・・・どこかから、しせんをかんじるのニャ。」



「・・・・・・・・あっ!」



「みてるのはオマエかニャ!ストーカーなのニャ!」



「それにしてもきもちのいいひなのニャ。ねむくなってしまうのニャ。」



「そんな、ねてなんかいられないのニャ。さっさとしたくするのニャ。」



「ほら、そろそろでかけるニャよ。」



「えー、やだー ねるー」



「だめニャ!ねちゃだめなのニャ!ほら、はやくたちあがるのニャ!」



「やーだー!ねーるーのー!」



「まったく・・・もうかってにしろニャ。オマエなんかストーカーにずっとストーキングされていればいいのニャ。」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「ミゾー、ミゾー、ミゾにはなにがあるのかニャー。」



「メシとかあったらいいのにニャー・・・」



「うわっ!」



「なんニャおまえ!とつぜんめのまえにたちはだかるんじゃねえニャ!ビックリしたのニャ!」



「あーあ、なんかたんけんきぶんじゃなくなってしまったのニャ。」



「おまえのせいニャ。いったいどうしてくれるのニャ。」



「・・・でもこのままなごんでいるのもよいかもしれないのニャ。」



「ちょっとねむくなってきたのニャ・・・こっくりこっくり。」



「ああぁ・・・あつさとねむさで・・・・・」



「どろどろどろどろどろ~」



「・・・とけてしまったのニャ。」



「せっかくなので、このままねてしまうことにするのニャ。ぐー。」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「フガフガ」



「・・・ちょん。」



「このなか・・・きになるニャ・・・。」



「ほじっ!ほじほじほじっ!ほじっ!」



「ぜはーぜはーぜはー。」



「はいはいごめんよー」



「ちょっととおりますのニャ。」
「・・・ん?」




「くんかくんか。」



「・・・・・・・・・・・・・・。」



「・・・なんか、へんなニオイがしたのニャ。」



「こっちはだいじょうぶかニャ。くんかくんか。」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ