※2009/2/14 「世界はニャーでできている。」は移転しました※
世界はニャーでできている。~過去ログ~




「すたこらぴゅー!」



「とことこ。」



「すたすた。」



「ひたひた。」



「のそのそ。」



「もさもさ。」



「がさがさ。」



「ごそごそ。」



「ぬー。もうひもくれるので、みんなそれぞれのいえにかえってゆくのニャ。」



「いいなあみんな・・・かえるいえがあって・・・・・。オレなんて、オレなんて・・・。」



「・・ということなので、このあわれなねこにメシをよこせばいいとおもうのニャ。にしし。」



「むっ!なにうたがっているのニャ!じつはここがじぶんのいえだとか、そんなことはだんじてないのニャぺろー!」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「じーーーーーー。」



「・・・・・ちょい、ちょい。」



「・・・・・・・・・・・・・・・。」



「ねろねろー」



「ふがふがあぐあぐ」



「・・・・・・・・・・・・・・・。」



「ふんがー!モガモガモガ!」



「むしゃりむしゃり。はぐはぐモフー!」



「く・・・くくく・・・・・。とうとう、ついにやったのニャ・・・。」



「ねえほらみてみて!りっぱなおひげがはえたのニャ!シャキーン!」



「べろー」



「う・・・やべえのニャ・・・とれないのニャ・・・・・。」



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





「あー、だるまーだるまいらんかえー。」



「おう!そこのおっちゃんイイオトコ!だるまかっていかないかニャ!」



「うむー。いまのよのなか、なかなかだるまはじゅようがないのニャ・・・。」



「・・・だるまやごっこはこれにてしゅうりょうニャ。やっぱりだるまぎょうかいはきびしかったのニャ。」



「つぎはなにをうろうかニャ・・・とことこ。」



「まんじゅうもよいのニャ・・・ああ、だんごもよいのニャ・・・まようのニャ・・・・・。」



「あたふたあたふた・・・(かんがえごとをしながらあるいていたら、ぶつかってしまったのニャ・・・)」



「さーあ、いらんかいらんかー!」



「さきほどのアクシデントはさっぱりわすれて、いまはうらないやをやっておりますのニャ。きょういのてきちゅうりつ!」



「・・・でもぜんぜんはんじょうしないのニャ・・・。これじゃあうらないじゃなくて・・・」



「うれない・・・・・。」



「ああっ!まって!いかないで!あやまるから!」



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





路地裏憩いの場。



「あっ!なにかがやってきたのニャ!」
「きたのニャ!」




「さぁさぁ、へんなのがやってきたので、あんたたちはかくれてなさいニャ。」
「はいニャ!」
「ニャ!」




「どっこらしょっと。」



「さて。なにようですかニャ。ようがないならすぐにたちさっていただけますかニャ。」



「じーー。」
「ああもう!かおをだしちゃダメなのニャ!」




「じーーー。」
「じーーー。」
「まったくこのこたちったらば・・・かくれていろってんだろニャ!オマエははやくたちされニャ!」




「だってー、きになるニャー。」



「きになるきになるー。」
「きになるじーーー。」




「・・・おおっと!きになるあまりにみゅる~!」



「こらおばか!でてきちゃいけないのニャこのとうへんぼく!」
「えー。」




「ちぇー。つまんないのニャー。」
「つまんなくないのニャ。とってくわれるよりはマシなのニャ。」




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「したへまいりまーす。」



「おっ、とびおりるのニャな。がんばれニャ!」



「いきまーす。」



「どうしたのニャ!だいじょうぶニャ!ちゅうちょすることはないのニャ!」



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・(うるせえ・・)。」



「そうニャ!オマエはやればできるこなのニャ!れんしゅうのせいかをみせるときなのニャ!」



「さささっ」



「ぴょいー」



「すたっ」



「おお・・・!よくやったよくやったのニャ!くろうしてきたかいがあったというものなのニャ!」



「これですべてがむくわれたのニャ。もうオマエになにもおしえることはないのニャ。オマエはいちにんまえなのニャ!」



「(・・・・・だれニャ、あいつ。。。)」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「こんにちはニャー。ほんじつはおひがらもよく、ぜっこうのねこびよりですのニャ。」



「しょうしょううでをけがしておりますが、だいじょうぶですのニャ。そのうちなおりますのニャ。」



「アナタのアシから、きょうのうんせいをうらなってさしあげますのニャ。どれどれ、くんくん・・・。」



「ひかえめに、すりすりー。」



「ぺろん」



「・・・・・・・・・・・・わからんのニャ。」



「まあまあ、せっかくいらっしゃったのだから、そこにすわって、つもるはなしでもきいていってくださいニャ。」



「それがね、きいてくださいよ。きのう・・・」
「ぺろーぺろー」




「きのうそこを・・・・・・・・」
「ぺろーぺろーぺろー」




「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・んっ?なにか?」




「もういいのニャ!ひどいのニャ!ヒトをおちょくるのもいいかげんにしていただきたいのニャ!ぷいっ!」



「フテねするのニャ!きずついたこころとうでは、すいみんでいやすのニャ!・・・くかー。」



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





「よーよーにーちゃん。なんかメシよこせニャ。」



「え・・・なんニャ。なにももってないニャか。・・・つかえねえやつニャ。」



「ああ、しゃしんをとってるニャな。ようし、オススメのばしょがあるのでついてこいニャ。」



「このあかいとんがってるやつが、あかくてとんがっているのでさいこうだとおもうのニャ。」



「おまけにツルツルなのでたまらんのニャ。ほら、すりーすりー。」



「こ、こらー!どアップはきんしなのニャ!」



「このかいだんはオレのなわばりニャ。ここいらはどこもかいてきになごめるばしょなのニャ。」



「ふっふーん。」



「くたー。」



「どうニャ?いいしゃしんはとれたニャか?ほら、ウインクウインク。」



「・・・・・んんっ!?」



「おうおうねーちゃん!ちょっとオレをなでなでしていかニャいか!?」



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





「おれは~ニヒルな~うみのーおとーこ~。」



「きょうも~ぼうはていで~ひーとーやすーみ~。・・・どっこいしょ。」



「ふー。しおかぜがめにしみるのニャ!・・・・・あっ?」



「こらオマエ!なにみてんのニャ!キシャー!!」



「まったくもう・・・ふゆかいなのニャ。ばしょをいどうするのニャ。」



「ふうぅ。やっとこれでおちついて・・・・」



「・・・てめえこのちくしょうめ!なんでおっかけてくるのニャ!オレにさわるとヤケドするのニャ!キシャー!!」



「さらにおくへといどうするのニャ。ったく、しつこいヤツなのニャ・・・。」



「やれやれ・・・まったくさいきんのヒトは・・・どっかり。」



「やっぱりおっかけてきたニャか。わかっていたのニャ。もう、いたいめにあわないとわからないようニャな・・・。」



「・・キシャー!モシャー!がるるがるるべりばりもけけもけけモッチャンギャアァァス!」



「・・・・・まあ、どうせとるならかっこよくとっていくがいいニャ。」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「くたー」



「くっくくく・・・ふたたびくろマスクとうじょうなのニャ。いまからヤツをおどろかせてやるのニャ。」



「ゆっくり、こっそりちかづいて・・・」



「・・・・・わっ!!」
「ギャアアァァァ!」
「ひべしっ!」




「いてえのニャ!ひどいのニャ!なにどさくさにまぎれてケリいれとるのニャ!」



「・・・くっそー、よくもやってくれたのニャ。かくごしやがれニャ。ちょい、ちょい」



「よし、いまニャ!」



「フライングボディーアターック!」



「ふはつ!」



「シャーッ!モシャーッ!キシャーキシャーッ!!」
「うげ・・・ちょうおこってるのニャ・・・。」




「そんなにおこらなくてもいいのに・・・ほんのジョークなのニャ・・・。しかたない。」



「ち、ちょっときゅうようをおもいだしたので・・・それじゃニャ・・・。」
「オイコラ、にげんじゃねえニャ。」




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「1にゃん!」



「2にゃん!」



「3にゃん!」



「4にゃん!」



「5にゃん!!・・・そして」



「われら5にゃんで、ねこねこせんたいゴニャンニャー!(ビシッ!)」



「とくいわざは、じめんでまるくなってねることニャ。」



「フハハハ!どうニャてきめ!われわれがジャマで、おもうようにあるけまいニャ!」
「あるけまいニャ!」
「まいニャ!」
「ニャ!」




「・・・・・ここだけのはなし、どうもあいつらのテンションについていけないのニャ。」



「ゴニャンニャーを、だったいしようかとおもっているところですのニャ・・・。」



「ドスーン!キジしろニャーの、てこでもうごかないこうげき!どうニャまいったかニャ!」



「・・・あれ?なんかしらないねこに・・・・・ポジションうばわれてるー!」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「まだかなまだかなー。」



「ただいまぜっさん、まちぼうけちゅうですのニャ・・・。」



「うむ。もうそろそろかえってきてもいいころあいなのニャ。」



「こうしていちにちじゅうまっているのもつかれるのニャ。たまにうたたねでもしながら、のんびりかまえるのニャ。」



「・・・ん?あれ?・・・かえってきた!」


「え!マジマジ!?」
「ほんとうニャ!ほらあそこ!」




「ほんとだ!やった!」
「まちこがれていたのニャ!」




「わーい!ばあちゃんメシー!」



「なでなではあとでよいのでメシー!」



「・・・・・・・・あのー」



「どうしよう・・・おりられなくなってしまったのニャ・・・・。めしが・・めしが・・・・・。」



「・・・・・・・・・・・ま、いいや。ねよ。ぐー。」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「いらっしゃいませニャ。えいぎょうちゅうなので、どうぞよっていってくれニャ。」



「ただいまバイトちゅうですのニャ。くっていくためには、ねこもはたらくじだいなのニャ。」



「しかし・・・もうこうたいのじかんなのに、アイツいったいなにをやっているのニャ・・・いらいら。」



「ぺろーぺろーぺろー」



「ねこのしなやかなからだは、ぜんしんをおていれするためにあるとおもうのニャ。」



「それはもはや、おていれすることがねこにとってのしめいであるともいえるのニャ。」



「・・それはそうと、いまからものすごいはやさでごろごろするのでみていてくれニャ。」



「ぐりりりりりりり~!」



「ごろろろろろろろ~!」



「はぁ・・はぁ・・・・どうニャ、すごいだろう・・・・はぁ、はぁ・・・・・。」



「ごろごろしたら、またからだがよごれてしまったのニャ。おていれさいしょからやりなおしニャ。ナメーナメー。」



「・・・シビレをきらしてきてみれば、オマエなにバイトさぼってあそんでんのニャ・・・!」
「あそびじゃねえのニャー、おていれなのニャ。」




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





「んーーーーーっと・・・。」



「うーむ。どこやったっけな、アレ。くんくん。」



「きょうのおやつにと、このへんにかくしておいたんだけどなぁ・・・ねずみのしがい。」



「おかしいのニャ・・・みつからないのニャ・・・うぅむ。」



「・・・・・・・・・・・・・あっ!そうニャ!」



「かくしたばしょは、ここじゃなくあっちだったのニャ!いそげ、いそげ!」



「まあよくかんがえてみたら、あいてはねずみのしがいなので、にげたりしないのニャ。べつにいそぐひつようはないのニャ。・・でもいそげ!」



「んー・・・・・・・・。」



「お、おかしいのニャ!たしかにここにかくしておいたのに!なくなっているのニャ!」



「ぬうう、あのねずみめ・・・じつはしんでいなかったとか・・・・・いや、それはないニャ。アタマなくなってたし。」



「うにー!くやしいのニャせつないのニャわびしいのニャ!きょうはおやつぬきかニャ・・・・・めそめそ。」



「・・・・・さてはオマエ!くったな!くったんだろニャこいつめ!ヒトのくせに!」



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「うろうろ。うろうろ。」



「こそこそ。こそこそ。」



「うはー!めしー!むしゃむしゃむしゃり。」



「ぺろぺろがつがつ、むしゃむしゃむしゃりぺりんばりんムフー。」



「なんニャー、そうぞうしいのニャはしたないのニャ!」



「オマエもくろねこならば、ひんよくでーんとじっくりかまえていろニャ!」



「・・・ぐうたらくろねこよりはマシなのニャ。オマエみたいになるもんかニャ。」



「べろりん」



「メシがおわったらおていれぺろー。ねろーんねろーん。」



「ぴょい」



「あとはひたすら、だみんをむさぼるだけなのニャ。これぞねこのだいごみですのニャ。」



「おちばのベッドー、ふかふかふわふわ、あったかニャ。」



「それではおやすみですのニャ。ジャマなのであっちいけニャ。」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「ささ、ごきとうはこちらでうけつけておりますのニャ。」



「どうぞどうぞですのニャ。」



「さあ、みんなでしろねこだいみょうじんをよぶのニャ!」
「よぶのニャ!」




「せーの、しろねこだいみょうじーん!」
「じーん!」




「とことことことことこ」



「やあやあ、われこそはしろねこだいみょうじんなのニャ。ありがたいきとうのはじまりはじまりですのニャ。」



「さすがしろねこだいみょうじん。うごきがはやすぎて、すがたがよくみえないのニャ。」
「さあ、しんみょうなおももちでみまもろうニャ。きをつけしてまつのニャ。」




「ちょこちょこちょこちょこ」



「あぁあお~ん。」



「すたすたすたすたすた」



「・・・ふがー!」



「どうもどうも、だいみょうじん。おつとめごくろうさまでしたのニャ。」
「でしたのニャ。」
「うむ。またいつでもよんでくれニャ。」




「ほんじつのごきとうはこれにてしゅうりょうニャ。このぶんだとオマエ、ごきとうがあと14かいひつようなのニャ。」
「かいすうけんのごりようがオトクなのニャ。15かいぶんでねこめしいちねんぶんニャ。」




「おかいあげのうえ、またごじつくるのニャ。」
「これでいちねんかん、メシのしんぱいがなくなったのニャ。あんしんしてねむれるってもんニャ。」




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ