※2009/2/14 「世界はニャーでできている。」は移転しました※
世界はニャーでできている。~過去ログ~




みつめあうフタリ。



「まったく、オマエはいつもいつも・・・。」



「なんでこんなにかえりがおそいのニャ!いままでどこほっつきあるいていたのニャ!」



「うぅ・・・ぅ・・・・・。」
「あー!なんとかいったらどうなのニャ!きょうというきょうはゆるさないのニャ!




「だ・・だって・・・・・・。」
「だって・・なんニャ!せつめいしてみやがれってのニャ!」




「・・・や、やまにしばかりにいって、かわにせんたくにいったら、おおきなももがながれてきたので、たべようとおもってきったらなかからかわいいねこがでてきたので、ねこたろうというなまえをつけてそだてたのニャ。あるひねこたろうがおにがしまへねこさらいをこらしめにいくからといって、マタタビをせびってきたのニャ。しかたがないのでひぞうのマタタビをあげると、そのままゆくえしれずになってしまい、おとさたなくいまにいたるのニャ。ひどいのニャ。サギなのニャ。ねこねこサギなのニャ。」
「・・・・・。」




「そしてそして!ほかにもいろいろと、えーと、オオカミにくわれたけどハラをつきやぶってでてきたり、どろぶねでしずんだり、りゅうおうをたおしにいったりといろいろあって・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・。」




「・・と、とにかく、こっちはこっちでたいへんだったのニャ!ってねてるし!」
「くかー・・。」




「ようし、こうなったら」



「このすきに・・・!」



「またぬけだして、もうひとあそびしてくるのニャ。しめしめニャ。」



「ふがふがー!これでまたひきつづき、おもうぞんぶんふがふができるのニャ。ふがふががー!」



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





駐車場を横切ろうとするニャー。



「・・・なんかへんなヤツがみているのニャ。」



「きっとねこさらいなのニャ・・・あんまりかかわりあいになるとキケンなのニャ・・・かくなるうえは・・・」



「・・・む、むし!すたこらー」



「くっくっく、なにもきょうみをしめさなければ、つまらないヤツとおもってあきらめるだろうニャ。」



「つかつか。・・・うなーん!ついてきてるー!」



「もうこうなったらおくのてニャ・・・ねこワープ!」



「せつめいしよう!ねこワープとは、ねこにしかとおりぬけることのできないほそいみちをゆくことによりショートカットはもちろん、おってからのがれたりもできる、ちょうべんりなオトクわざなのですニャ!」



「ぬひー。おそくなったのニャ。すまんニャ。」
「いや、いまきたところなのニャ。」




「ちょっとそこで、ねこさらいチックなへんなヤツがいたので、ねこワープでぶじまいてきたのニャ。」
「それはさいなんだったニャ。」




「・・・でもその、ねこワープでまいた、ひとさらいチックなへんなヤツというのは、アイツのことじゃねえのかニャ?」
「・・・・・え?」




「あああ!あいつ!・・・な、なんでここにいるのニャ・・・ふしぎでならないのニャ・・・・・!!」
「オマエもつめがあまいのニャ。」




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「あのこたちも、そろそろメシのじかんですのニャ。」



「よし、このへんにおいて・・・・・っと。」



「・・・ん?」



「ふんがー!めしー!」
「でたなこのメシまじんめ!」




「オマエにはさっきメシあげたのニャ!これはオマエのぶんではないのニャ!」
「あんなもんじゃたりないのニャ!めしめしー!」




「ふんが!めしー!」
「めしーめしー!」
「わー!メシまじんがふえたー!」




「おっと、おもわずメシをおとしてしまったのニャ。」
「めし!めし!」
「ふんがっかっか・・・」




「げっ!やべっ!」
「め、めし!!」
「ふんがっ、ふんがっ」




「はしっ!・・・ぐぐぐぐぐ・・・・・。」
「めし!がんばれめし!」
「ふがー!・・・めし?」




「あ。」
「あ。」
「あ。」




「ったく!オマエらのせいで、おとしてしまったのニャ!・・・しゅばっ」



「すたっ!くるっ!」



「これはあのこたちのぶんなので、オマエらのぶんはさっきのでおわりニャ。」
「えー。」
「えー。」




「オマエらもうおとなしくねてろニャ。」
「ぶー!」
「ぶーぶー!」




「・・・ほらメシなのニャ。たくさんたべろニャ。」
「わーい!めしー!」
「めしめしー!」




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「おっ、やってきたニャな。」



「ようし、オマエちょっとスパーリングのあいてしろニャ。」



「もんどうむようニャ。それではいくのニャ・・・かくご!」



「ぺちん」



「ぺちん」



「よ、よーし!ひっさつわざニャ!いきおいをつけてー・・・」



「くらえ!ちょうウルトラスーパーデリシャスとりにくマーベラスかいてんパーンチ!」



「モフン」



「・・・・・・・・。(ハァ・・・ハァ・・・・ハァ・・・・・・・)」



「き、きょうはこれくらいにしといてやるのニャ!(ふぅ・・ふぅ・・・・・ふぅ・・・・・・)」



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「うなー・・・おっかしいのニャ・・・・・。」



「まちあわせのじこくから、もう3じかんがすぎようとしているのに、いっこうにあらわれないのニャ・・・。」



「あおいバケツのまえ、っていってたのに・・・ここじゃないニャか・・・・・?」



「・・・しかたないのニャ。きょうはもうひきあげるのニャ。まったくやくそくすっぽかしやがってぶつぶつ・・・・・・ん?」



「なんニャおまえ!もしかしてまちあわせていたヤツかニャ!ふがふがー。」



「・・・・・・・・・・・・・・。」



「・・・・・いや、どうかんがえてもちがうのニャ。すたすた。」



「ふいぃぃぃ、どっこいしょっと。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



「・・・やっぱねんのため、よーくみておくのニャ。オマエまちあわせしてたヒトかニャ?」



「たしかめるので、ちょーっとゆびさきをだしてみ!だしてみ!」



「ふがふがふがー」



「ふがふがふがーふがふが、ふがっふがーふがふふふがふーがふがーー!」



「むーーーーーーー。(かいせきちゅう)」



「・・・いや、やっぱちがうのニャ。くっそう、むだフガだったのニャ。」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





建物の隙間にニャー親子。



母ヒトリ子ヒトリと思いきや



子フタリ




「ぺろーぺろー。」
「ねえねえ!なんかさっきからへんなのがのぞいてるのニャ!」
「・・・・・・・・。」




「あー、あんなんほっとけニャ。」
「・・・。(ほっとけないのニャ・・きになるのニャ・・・)」
「・・・・・・・・。」




「ぺろーぺろーぺろーぺろー」
「でもさっきからずーっとこっちをみてるのニャ。わがやをしんりゃくしようとしてるのかも・・・こええニャ!」
「・・・・・・・・。」




「おまえしんぱいしすぎニャ。チキンハートなのもたいがいにするのニャ。」
「!!・・・・・って、コイツがいってたのニャ・・!まったくこわがりだなあコイツは!ハハハ!」
「・・・・・・・・?」




「・・・いいかニャ。アイツはとてもおろかなヤツなのニャ。」
「お、オレはぜんぜん、まったくもってしんぱいなどしていないのニャ・・へいきなのニャ。ごそごそ。」
「・・・・・・・・。」




「からだばかりでかいでくのぼうなので、ここにははいってこられないのニャ。かわいそうなヤツなのニャ。」
「そ、そうニャ!しんぱいすることないのニャ!ここにはいれないとは、おろかとしかいえないのニャ!ニャ!!」
「・・・・・・・・。」




「だから、きにするだけムダなのニャ。きにすんなニャ。」
「・・・・・だってさ!きにすんな!」
「・・・・・・・・。」




「・・・・・・・・・べろりん。」
「・・・!!」




コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )





「(のっしのっしのっし・・・)」



「(このみちはオレだけのみちニャー。だれもしらないぬけみちニャー。)」



「(もぞもぞもぐってー)」



「(するともうこんなところにワープしちゃーうー)」



「(ここがオレのしろー、なんぴとたりともはいることのできな・・・・!!?)」



「あんわおまもが!もまがもがもがむもががむもがー!」



「(・・・いかんのニャ!くわえたままだとなにしゃべってるかわからんのニャ!・・とりあえずおいてから・・・)」



「・・ではあらためて。・・・なんニャおまえは!ここはオレのしろなのニャ!ノゾキなんてあくしゅみはやめるのニャ!」



「あっがぐもふ、もがもごごむごむまもが・・・(まったくもう、ちかごろはぶっそうなのニャ・・・)もがもがあぐあぐ。」



「もげえ、もげえもがー!(うめえ、うめえのニャー!)」



「・・・あんわもが。まぐわむぐむぐがもが。(なんニャもう。まだあいついるのニャ。)」



「・・・そんなものほしそうなめでみられても、これはオレのなのであげられないのニャ。ざんねんながら。」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「しっかしほんと、メシのじかんまではなにもすることがないのニャ。」
「とてもヒマなのニャ。」




「オマエちょっと、なんかおもしろいことやれニャ。」
「な!なんでオレが!」




「おもしろかったら、メシをちょっとわけてやるのニャ。」
「えっ?ほんと?」




「そ・・・それじゃあ、やってみようかニャ・・・・・。」
「やってみれ、みせてみれニャ。」




「とっておきの・・・いっぱつげいニャ・・・・・よっと。」



「・・・・・・・・っ、だぶりゅ…っ!」(両腕の形が)



「・・・・・・・・・・・・・・・。」←(みてない)



「あんだてめー!ヒトにやれっつっといて、みてないとはどういうりょうけんなのニャ!このやろう!」
「・・えっ?いまなんかやった?くふふ。」




「もうほんきであたまきたのニャ!メシのまえに、キサマをくってやるニャ!キシャー!」
「わあ、おこったおこったー!」




「もうギッタンギッタンの、ボッコンボッコンにしてやるのニャ!おぼえてろニャ!」
「うひー、おたすけをー!くふふ。」




「まったくもう・・・ヒトがはじをしのんでやってやったというのに・・・。とんでもないヤツなのニャ。ぶつぶつ。」



「こんなはずかしめをうけたのははじめてニャ。やっぱり、おとなしくしてるのがいちばんのようなのニャ・・・。」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





「じーーーーーー。」



「じーーーーーーー。」
「じーーー。」
「じーー。」




「・・・オヤジがくってるアレ・・・なんだろう。きょうみしんしんなのニャ・・・・・。じーー。」



「ああ、あのあまそうなの・・。よし、ねんりきをつかうのニャ。オヤジソレクレオヤジソレクレオヤジソレヨコセ・・・」



「・・え!?くれるの!?まじで!やたー!」



「・・っと、よろこぶのもつかのま、オヤジぜんぶくいやがったのニャ・・・!くっそう、ダマされたのニャ・・・・・。」



「まったくもう・・・これだからオヤジってやつは・・・・ぷんすか!」



「そんなおこったってしょうがないのニャ。だいいちアレは、あますぎて、ねこのくちにあわないのニャ。」
「ふんだ。ほっとけニャ。」




「さあ、きぶんてんかんのため、いっしょにストレッチをするのニャ。ふんがががぐぐぐにょび~!」



「・・・そんなへんたいストレッチなんかおことわりニャ。・・お、あらたなるターゲットはっけん!メシくれー!」



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「うむう・・・。そろそろはらがへってきたのニャ。」



「よし、メシをさがす、そうだいなたびにでかけるとするのニャ。よっこいしょ。」



「ここいらへんにはなさそうなのニャ。」



「このなか・・・でも、なさそうニャ・・・。」



「あーもう!つかれたのニャ!みつからないのニャ!そらからメシがふってくればいいのに。ぼけー。」



「よし、かわりにオレがみつけてやるのニャ。」
「たのーむニャー。ぼけー。」




「(そしてみつけたあかつきには、ひとりじめするのニャ・・・くくく。)」



「このうえなんかはどうニャ?ちょい!ちょい!」



「がさごそー、がさーごそー。」



「ぬぬー。みつからんのニャ・・・。いったいメシはどこにあるのニャ・・・。」



「おぉーい!みつかったのニャー!」
「な、なぬっ!?」




「ほれ、ここニャここニャ!とうだいもとくらしだったのニャ!」
「ま、まってー!オレのぶんー!」




「ほらねメシ・・・って、もうくってるし!」
「ぺろぺろがつがつむしゃむしゃげふんげふんもしゃもしゃ」




「うめえのニャ。やっぱりメシはさいこうなのニャ。もぐもぐ。」
「あぐあぐばくばくにゅるにゅるちょりんちょりんキシャー!」




「あー、くったくった。」
「オマエくうのはやすぎニャ。」




「メシをくったら、こことはもうおさらばなのニャ。」
「ちゃんとくちまわりをおていれするのニャよ。」




「しょくじのあとに、かおのおていれをするのはねことしてのたしなみニャ。ぐるるぐるる。」



「ぺろりん」



「ふいぃー。まんぷくまんぷく。さて、つぎのメシのじかんまで、ひるねでもするのニャ。」



「え?おていれ?そんなのしるかニャ。きままにいきるのも、ねことしてのたしなみなのニャ。」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「・・・・・・・・・。」



「・・・たしかに、ウワサのミケのいばしょはしっているのニャ。」



「でも・・・こっちのミケも、そうわるくはないニャよ・・・フフ。」



「みよ!このごろごろぐりぐりーを!」



「ごろりんごろりん、ぐりぐりぐり」



「・・・・・・・ぐり?」



「うなー・・・まったくぜんぜんきょうみなし、ってカオしてやがるのニャ・・・。」



「もういいのニャ。いじけてひとり、クサでもくってやるのニャ。」



「ふがふがー!むがむがー!」



「もしゃもしゃもしゃ・・・・・・そんなにうまくないのニャ・・・。」



「・・・・・・・・・・」



「そんなにウワサのミケにあいたいニャか。・・しかたないニャ。おしえてやるので、こっちこいニャ。」



「ウワサのミケは、このさき30メートルほどいったところにいるのニャ。いってこいニャ。」



「また、ここにもきてくれニャ・・・・・・・・。」



「ぬーん。」



「うむ。たしかにウワサのミケですのニャ。でもただウワサになっているだけで、とくにどこがすばらしいとかはないですのニャ。」



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )





先日おいのりしてもらった白黒ニャー。



「あせあせ、あせあせ。」



「あぁー、じかんがないのニャ・・・・ん?」



「なんニャおまえ、まだいたのかニャ。いまはあいにく、あいてをしてるヒマはないのニャ。」



「これからでかけるので、みだしなみチェックのまっさいちゅうなのニャ。・・・ふがふが。あしはだいじょうぶ。」



「ふがふがっ・・・ふが・・・!?・・こ、ここはやばいのニャ・・・・。」



「これは・・・いそいできあいいれて、おていれしなければならないのニャ・・・。」



「・・・・・ふんがっ!!」



「ぺろーぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろぺろ」



「もがー!ぺろぺろもがぺろもがもがー!」



「ふー。これでよしニャ。」



「ちょい、ちょい」



「よし、でかけるのニャ。めざすはこのむこうなのニャ。」



「・・・ということなので、せきをはずすのニャ。もうあきらめてどっかいけニャ。」



「ついてくるようなヤボなことはないよう、おねがいしますニャ。ねこだけの、ヒミツのおでかけですのニャ。」



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





「うぅうんむむむむむ・・・。」



「じつはいま、けっしのかくごでいどんでおりますのニャ・・・。」



「このせんからむこうがわにでると、ばくだんがばくはつしてとんでもないことになるのニャ。」



「それもただのばくだんじゃないのニャ。ケムシばくだんなのニャ。ちょうチクチクなのニャ。」



「・・・ああっ!!きがゆるんだすきにシッポが!あぶないっ!」



「・・・なーんて、うそニャ。ダマされてんじゃねーのニャ。ばーかばーか。」



「・・・ところかわって、パトロールちゅうのねこですのニャ。」



「なんニャおめえ。なんかくれるニャか?」



「・・・・・・・・・・・・・。」



「・・ちっ。ぬかよろこびさせやがって。もうつぎからはダマされないのニャ。」



「よし、こうなったらさっきみつけたあのばしょで、さいこうのひなたぼっこをしてなごむのニャ。」



「どっこいしょっと。・・・ああっ!ここもうひがさしてないのニャ!なんたるふかく!」



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「のっそりのっそり。」



「むはー!きょうもこのイシのかんしょくがたまらないのニャ!ぐりぐりー。」



「んが・・。ちょっとクビがかゆくなってきたのニャ・・・よいしょっと。」



「ぽりぽりぽりぽりぽりぽりぽりぽりぽりぽりぽりぽり」



「むー。だめニャ。どうもスッキリしないのニャ。・・・あっ。そうニャ。」



「おい、そこのヒト。くびをグリグリすることをきょかしてやるのニャ。さっさとやりたまえニャ。」



「んあ~!そこ!そこキクー!」



「ぬはー。キモチイイけど、イタキモ・・・いや・・じゃっかん、イタイのニャ・・・・いでででで。」



「お・・・おい!ちからつよすぎニャ!いてえのニャ!も、もうけっこうなのニャ!」



「ぐ・・ぐえ・・・・このままだと、いのちがあぶないのニャ・・・。ここはツメをだして、ぜんりょくでだっしゅつするのニャ・・・!シャキーン!」



「ふうぅ・・・。えらいめにあったのニャ。これだからヒトってやつはもう・・・ぶつぶつ。」



「なんかすげえかたこったのニャ。グキバキ。ゴリゴリ。」



「やっぱりさいしゅうてきにしんらいできるのは、じぶんだけなのニャ。じぶんばんざいなのニャ。」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





切り株ニャー発見



微動だにしない



ん・・・?振り向くか?



ふりむいたー!



「・・・なんニャもう。せっかくめいそうをしていたのに・・・ぶつぶつ。」



「え?なんでそんなにきりかぶだいすきなのかって?」



「くっくっく・・・おぬしカンがするどいニャ・・・じつはふかいわけがあるのニャ・・・・・だれにもいっちゃだめニャよ。」



「じつは・・・われこそが、きりかぶからうまれた、きりかぶたろうだからですのニャ!」



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



「・・・・・ごめんうそ。」



「・・おっと、そろそろメシのじかんのようなのニャ。あそんでやってるばあいじゃないのニャ。わるいけど、それじゃあまた!ニャ!」



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ