日本人の法意識:推定有罪の原則

2020-01-18 12:47:11 | 日記
前に「それを『常識』とする根拠は、もはやどこにもない」という記事で、日本人の法的知識の欠落は(憲法の名宛人など含め)明らかであって、教育内容や共同体の崩壊、あるいはそもそも日本人の法意識を鑑みるならば驚くに値しない、と書いた(こういう主張に対して出てくる愚かな反応の一つは、「私は知っている」というものだ。そういう御仁は個別具体と一般の違いも理解できないらしい)。 これに関しては、単に法知識がな . . . 本文を読む
コメント

特攻隊員のリアルとは?

2020-01-17 12:39:44 | 本関係
「言葉の自動機械」とレッテル貼り、そしてそれがはびこる背景を話したので、今回は「アンチプロパガンダ」(になりうるもの)の一例について述べたい。   それはつい先日店頭に並んだ一ノ瀬俊也『特攻隊員の現実(リアル)』である。彼の著作としては、『皇軍兵士の日常生活』、『銃後の社会史ー戦死者と遺族』などがあり、戦争ではあっても戦略論や外交史ではなく、戦場のリアル、銃後のリアルを記述しようとす . . . 本文を読む
コメント

不安とは畜群にとっての飢餓常態であり、レッテル貼りは最高の飼料となる

2020-01-16 11:44:00 | 生活
昨日は宮台真司の動画で言及された「言葉の自動機械」について、ホイジンガの「遊び」と対比しながら共通前提の崩壊という記事を書きましたよと(ちなみにホイジンガの「遊び」に関して言い忘れたが、それは「情報と分析:それがどんな『ゲーム』なのかを知る」で書いたような「ゲーム」と連なるものがある)。ちなみに宮台は「言葉の自動機械」の他に「法の奴隷」という言い方もしているが、これも全く同じ流れと考えることができ . . . 本文を読む
コメント

共通前提の消滅:「言葉の自動機械」、「遊び」と人間、パラサイト

2020-01-15 11:17:15 | 生活
  社会のモナド化(って言い方もいい加減古いなw)と絡む承認の枯渇、そして経済的地盤沈下による実生活の不安・困窮から治安の悪化という話を「それを『常識』とする根拠は、もはやどこにもない」と「ルサンチマンのハレーション:昭和維新、そして現代」で書いた。   まああまりにシビアな話ばかりするのもね、ということで過去記事復活の遊びをして次の話題に・・・と思っていたところ、ち . . . 本文を読む
コメント

♰ ダヴィンチちゃんが実は♂なんて辛、これはいい・・・ ♰

2020-01-14 17:25:37 | 不毛
天は二物を与えずと言うが、レオナルド=ダ=ヴィンチほどこの言葉が当てはまらない人物もいないだろう。   その非凡な才能はもはや世を隔絶しており、およそ我らが眷族とは思えぬほどである。であるならば、かの者に「二物」が与えられることはさして驚くに値しない。何となれば、エウロパの想像力は、異界が存在たる天使をアンドロギュノスとして描いてもいたのだから。   かかる事態を勘案し . . . 本文を読む
コメント

♰ あっと驚くたまごろー ♰

2020-01-13 11:11:11 | 不毛
  優れた作品を見たとき、もうこれ以上のものに出会うことはないのではないか?我々はついそのように思いがちである。しかし「後生恐るべし」とはよく言ったもので、次から次へと珠玉のエロスが生み出され我らは休む暇がない。たとえば今そのような存在として挙げうる一人が、「たまごろー」という御仁である。   彼には「サンキューベリービッチ」の頃から注目していたし、また同人作品もポケモン . . . 本文を読む
コメント

♰ アカギ量産機 ♰

2020-01-12 17:18:42 | 不毛
レトロスペクティブになったついでに、「あにまーじゃんV3」というゲームをご紹介しよう。この題名を聞いてあーあれね、と反応された方は相当なマイスター級エロゲーマーであろうwというのもこれ1993年、つまり20年以上前に発売された、まだエ〇ゲーがアングラな香りを多分に残していた時代のゲームだからである(この2年後にはプレステへ移植されたときメモなどの隆盛を経てサターンに同級生などが移植されて知名度が上 . . . 本文を読む
コメント

♰ デッドリードライブ ♰

2020-01-12 11:11:11 | 不毛
  月・火でかなり消耗したものの、今日の仕事は朝の会議のみ。よって家に帰って爆睡し、あとは借りてきたDVDでも見ながら体力の恢復に努める予定・・・だった。   しかし、「一日ぶり」という理由だけでPCを立ち上げたのが運の尽き。そしてその時に、デスクトップの水龍敬を(なぜか)クリックしてしまったのが運の尽き。   全くエロい気分でなくとも、容赦なく我が息子を支 . . . 本文を読む
コメント

ルサンチマンのハレーション:昭和維新、そして現代

2020-01-11 12:10:13 | 生活
  この案件、実はもっと前にジム=ロジャーズ絡みで書こうと思ってたんだけど、彼が自分が今10歳で日本に住んでいたら、という仮定で「日本を脱出する」か「AK47を持つ」という発言をして話題になったことがある。その中にはもちろん批判的な意見も多く存在したし、別に彼の発言を鵜呑みにする必要も全くないのだが、一方で「こんな発言はレベルの低い脅しで、日本は全く問題ないのだ」なんて考えたりして . . . 本文を読む
コメント

それを「常識」とする根拠は、もはやどこにもない

2020-01-10 12:48:55 | 生活
  お勧めに「懲役太郎」の動画が出てきたので色々見てみた(前回が「境界線」のお話だったので、それと関係する話題である)。最初は「山に人を埋めるのは間違い」からスタートし(犬とかがすぐ掘り返すんでスゲー深く掘らなきゃいけないと聞いてたのをどう解説するか見たかった)、そこから他の動画を視聴したが、なるほどなるほど、この人は発言にちゃんと「軸」がある。一般の人が知らない知識をキワモノ的に . . . 本文を読む
コメント