恐山あれこれ日記

院代(住職代理)が書いてます。

「原因」という病

2018年02月20日 | 日記
 若いころからずっと、仕事一筋で頑張ってきた人がいました。そしてその努力は、周囲の評価するところとなり、会社の中で相応の地位を得て、めでたく定年を迎え、引退となりました。

 しばらくは悠々自適、自分の時間を好きなように使える毎日を謳歌していたのですが、あるとき突然、かなり深刻な不眠症に悩まされるようになりました。

 その人は、まだ仕事をしていた時代にも一度不眠症にかかったことがあり、このときは過労が原因だろうと自分も思い、医師にもそう診断されて、薬を処方されるなどして、全快したそうです。

 ところが、今度はまったく突然で、どうしてそうなったのか、思い当たるフシもありません。医者に行っても原因らしい原因が無く、ただ睡眠薬を処方されるばかりで、一向によくなりません。

 医者をあれこれ変えてみたものの、症状は改善せず、思いあまった彼は、親しくしていた親戚に相談すると、その親戚はある寺に連れていき、住職に引き合わせたそうです。

 すると、その住職は「あなたの遠い先祖である侍が犯した罪な行いが祟っている」と言い出したのだそうです。

 そんな馬鹿なと思った彼は、今度は別の親戚に相談すると、「ホラ、この前、田舎のお墓を霊園に移したのがいけなかったんじゃないの?」

 もう親戚はダメだと思い、次に職場の元同僚に相談すると「通常の検査ではわからない病気かもしれない。はやく専門医に」

 ところが、検査をしても、異常は無し。

 そうなると彼は、著しい不安にとらわれるようになり、不眠の原因を求めてあらゆる分野の人に相談を持ち掛け、自分は疲弊し他人に煙たがれ、二進も三進もいかなくなり、行き詰まってしまいました。


「・・・・と言うわけなんですが、ご住職、どうなんでしょう? やっぱり原因は祟りですか?」

「祟りですかって、あなた祟りだと言われて信じられないから、私のところに来たんでしょう。私が言えば信じるんですか?」

「いやあ・・・・、すぐには・・・」

「そうでしょうねえ。で、いま、不眠症はどうなんです? 全然眠れませんか?」

「いえ、最近は睡眠薬を飲みながらですが4、5時間は」

「えっ? それだったら、今の私の睡眠時間とほぼ同じですよ。 それじゃ足りなくて、日中眠くて仕方がないんですか?」

「いや・・・、特には」

「じゃ、・・・」

「ええ、不眠症の方はもういいんです」

「だったら、何が問題なんです? 不眠症がもういいなら、あなたの不安の正味のところは、原因がわからないことなんですか?」

「そうですなあ」

「だったら、原因をさがすのを止めればいいじゃないですか!」

「えっ?」

「もう無駄な話である以上に、害になってるじゃないですか」

「でも・・・」

「そう、あなたみたいなタイプは、すぐに原因探しを止められない。だったら、今日からは趣味でしなさい。「原因探し」という個人的趣味なんだから、あなたが原因関係の相談を持ちかける相手には、相談相手代兼迷惑料としてお金を払いなさいよ。30分千円とか」

 こういう仕事の一筋やり手タイプには、「自己決定・自己責任」的意識の強すぎる人が多々います。決定と責任は、因果関係をはっきりさせて初めて有効になる行為であり概念です。

 結果、このタイプには、「原因」探しの病に陥る人がしばしば出てくるわけです。
コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

片々問答

2018年02月10日 | 日記

「お前の言う、無常が無常とはどうことだ」

「『一切は無常である」という主張にも、無条件の根拠はない。この世にはすでに一神教があるからな。そのアイデアを頭から否定する根拠もない。『無常』『神』も所詮、認識だ。言葉で言えばね」

「無常が無常なら永遠になっちまう、という話ではないのか?」

「いくらぼくでも、そんな阿呆な言葉遊びをする趣味はない」


「死者が実在するとは?」

「君には過去があるだろ?」

「ある」

「そういうことだ」


「坐禅はしなければならないのか?」

「この世にしなければならないことなど、ない」

「じゃ、好きでしてるのか?」

「違う。する羽目になっただけだ」


「人生とは何だ?」

「それを考える意味はない」

「なぜ?」

「死ぬまでが『人生』なら、死ななければ考える対象にならない。生きている最中は、それを考えなくても生きていける」


「業と輪廻の違いは?」

「現実とお伽噺の違いだ」

「悟りと真理の違いは?」

「経験で錯覚するか、理屈で錯覚するかの違いだ」
コメント (184)
この記事をはてなブックマークに追加

クラブ活動

2018年01月30日 | 日記
 今年5月で齢60を迎えるから、というわけでもありませんが、長年懸案としていた課題に取り組むことにしました。それは『正法眼蔵』の全巻講義です。まあ、ライフワークみたいなもので、運よく命があれば完結するでしょうが、先のことはわかりません。

 実は、第一回目を、昨日(29日)夜、大本山永平寺で行ってきました。これには経緯があります。

 昨年か一昨年、永平寺で運営の最高責任者の任にある僧侶(これが私の旧知の友)から依頼がありました。

「直哉さんも、そろそろ本丸を攻める頃合いじゃないですか?」

「なんだよ、本丸って?」

「眼蔵ですよ、眼蔵。もう始めてもいいでしょ。永平寺で修行僧に眼蔵の講義、やってくださいよ」

「やだよ。本山でやるなら、オレみたいな傍流はだめだよ。本流・王道の老師を頼みなよ」

「え~っ、いいじゃないですか。本流を引き立てるのも傍流ですよ」

「失礼だな。オレは引き立て役か?!」

「怒らないでください。ぜひお願いしたい一心ですよ」

「じゃあねー、クラブ活動ならやる」

「え?」

「参加不参加は自由。中途参加も退会も自由。有志のみ、参加したい者だけ。その人たちだけでやる。」

「なるほどね。本山正式の講義ではなく、ですね。つまり、課外活動」

「そう。だから、ただの講義にしない。ゼミナール方式にする。自分の意見を言い合い、質問しあって、参加者が眼蔵にアプローチする自分なりの道筋を見つけられような、そういう講義をしたい。前半を各自の見解を述べた上での討論、後半をぼくの解釈に対する質問と討議の時間にする」

「直哉さんらしいですね」

「ぼくにとっては、自分の解釈がどう受け止められるかの実験として有意義だし、参加する修行僧にとっては、この勉強を通じて、自分は何をテーマにして僧侶、就中道元禅師門下の僧侶であろうとしているのかを、深く考える機会になればよいと思っている」

「希望者多数ならどうします」

「大丈夫。せいぜい数年程度の修行歴で、眼蔵に真っ向から挑戦、なんて威勢のいい修行僧がそう多くいるわけはない。あと、南さんは『参加する以上は、脳から血が出るまでやる』と言ってると宣伝してくれよ。オレの過去が過去だから、未だに真に受ける修行僧も多いだろ」

・・・というやりとりから、まさか実現しないだろうと思って高を括っていたら、本当にすることになってしまいました。

 で、行ってみたら15人の参加者がいました。一人でもいるなら結構だと思っていたので、数の多さに驚いてしまいました。今後どうなるかわかりませんが、とりあえずスタートです。

追記:10年にわたって釈尊から道元禅師までの仏教思想を講義した「仏教・私流」が、『超越と実存』(新潮社)と題して書籍化され、先日発売となりました。編集者の指示でプロローグとエピローグを書き下ろしで付け加えています。ある友人には、そこだけ褒められました。やれやれ。
コメント (245)
この記事をはてなブックマークに追加

傍目の見方

2018年01月20日 | 日記
 ゴータマ・ブッダの生涯については、初期経典に言及する文章が散在してます。また、後代には伝記的経典も作成されました。

 その中から古来、特に重要な出来事を四つ選んで「四大事」と言います。その四つとは、誕生、成道(悟りを開く)、初転法輪(最初の説法)、涅槃(入滅、逝去)です。この四つを誰が「大事」と決めたのか知りませんが、私には個人的な不満があります。

 たとえば、どうして出家が入ってないのか不思議です。我々にしてみれば、出家したゴータマ・シッダールタに意味があるのであって、ただのシッダールタの誕生などは、どうでもよいことです。 
 それに初転法輪を言うなら、それを可能にした梵天勧請(梵天による説法の要請)も重要でしょう。

 そこで、これらの仏伝のエピソードについて、日ごろ私がつらつら考えていることを書いてみようと思います。

〇誕生
 
 これについては、要するに、彼は大変結構な生まれと育ちで、十分な教育を受けていたということが重要です。極端な貧困や差別などの社会苦や、様々な病気や複雑な人間関係に苦しむような青少年期を過ごしたわけではない。ということはつまり、世間で宗教に「はまる」三大原因と言われる貧(貧困あるいは金銭問題)・病(自分や家族の病苦や介護)・婚(結婚・恋愛をはじめとする人間関係)とは関係がないということでしょう。

〇出家

 彼の出家は、人間が生きていることの根本条件である、老い・病い・死がテーマであったということ。しかも、それらが嫌で、不老不死を目的にしていたわけではなく、三つを嫌がる人間の考え方や態度を問題視していたことが、実にユニークな点です。

〇成道

 何を、どんな方法で悟ったのか、まさにその時の状況について、本人の言及がまるでありません。「悟り体験」みたいなものがあったとしても、それほど大したことではなかったのではないでしょうか。

〇梵天勧請

 ここで大事なのは、誰が説法を要請したかではありません。梵天はバラモン教・ヒンズー教の主神ブラフマンのことですから、仏伝作者がこれを持ち出すのは、仏教の優越性の主張として当然です。

 問題はそこではなく、要請でもされない限り、シッダールタ本人に自分の「悟り」を他人に教える気がまったく無かったということです。ということは、彼は自分が「悟った」ことを普遍的で絶対的な「真理」、すなわち誰もが知るべき・知らなければならない「教義」などと考えていなかったわけです。それはすなわち、彼はこの時点で、出家の動機となった自分の切実な問題にそれなりの見解を得たので、もうそれで十分だったということです。

 しかしながら、梵天勧請の最も重要な意味は別にあります。シッダールタが何を悟ろうと、それを誰かに話してみて、相手が納得しない限り、ただの個人的妄想と区別できません。これが単なる「自己満足」的錯覚ではないことの立証は、話を十分に理解し納得する他者がいるかどうかの一点にかかります。梵天の説得は、この事情を象徴的に物語っているのです。

〇初転法輪

 シッダールタがゴータマ・ブッダとなり、彼の考えが「仏教」になったのは悟りを開いたときではなく、まさに最初の説法のとき、その話を昔の修行仲間の一人が理解したときです。他の誰にも理解も共有もされないアイデアは、アイデアでさえありません。

 さらに私が面白いと思うのは、ブッダの修行仲間は、話を聞いただけで「悟った」と経典にあることです。修行仲間が当時どんな修行をしていたかは定かにわかりませんが、まさか後代の仏典で説く通りの修行をしていたわけではありますまい。とすると、ブッダはそれでも悟れるような、聞いてすぐわかる話を最初の説法でしていたということになります。

〇涅槃

 涅槃は仏教の最終的な到達点ですが、それは当事者でない第三者からみれば、死ぬことです。ということは、仏教の最終目標は、敢えて言えば、特定の死に方で死ぬことでしょう。あるいは、死の受容の仕方を稽古することなのです。

 ところで、ブッダは涅槃に入る直前、第四禅という禅定段階にいて、そこから涅槃に入ったと経典にあります。すると、後に教義として体系化された禅定段階において、さらに上位にある禅定はみな、仏教究極の目的と直接関係ないわけです。
 第四禅とは、簡単に言うと、あらゆる感受を停止し、意識を安定的に保ち、苦も楽もない心身状態に入ることです。なるほど、これなら精進によっては自分たちにも到達可能だと、修行者に思わせるところもあるでしょう。
 
コメント (183)
この記事をはてなブックマークに追加

番外:面会について

2018年01月17日 | 面会について
 最近またお問い合わせが増えてきたので、あらためて申し上げます。

 私との面会がご希望の方にお目にかかることは、日時と場所で折り合っていただければ、基本的に可能です。

 ご希望の節は、以下のようにお願い申し上げます。

一、面会希望の封書を送っていただく。

「面会希望」の一文(それ以外の文章は不要です)、お名前、住所、連絡先電話番号(携帯電話のものが有難いです)を明記したものを、当面福井の霊泉寺に、必ず封書でお送りください。

 宛先: 〒910-2165 福井県福井市東郷二ケ町27-4 霊泉寺

 注意! お名前・住所・連絡先電話番号の3つが揃わない場合、当方から返信・返答をしません。

一、遅くとも一か月以内に、当方から記載された電話番号に連絡申し上げる。

 このとき、日時と面会場所をご相談の上で決めます。

一、合意の日時と場所で面会。

 なお、この手続き以外の面会・面談、メールや電話による相談には一切応じません。また、突然お送り下さる手紙やメールなど(寺院業務やその他仕事上のものは除く)にも一切お返事しませんので、あしからずご了解ください。

 この記事は本ブログのカテゴリーに残しますので、よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立っているところ

2018年01月10日 | 日記
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 新年早々、思いつき禅問答シリーズ。

 行脚の修行僧が、ある老師の下に至り、その坐禅する場所を三周してから、手に持った錫杖をひとたび振るうと、その場に端然と直立しました。

 すると、老師いわく、「よし、よし」

 ところが、この話を聞いた別の老師はコメントして、「間違ってるな」

 行脚の僧は、さらにもう一人の老師を訪ねて、前の老師の時にしたことと同じことをして、直立しました。

 すると、この老師は「ダメ、ダメ」

 それを先のコメントの老師がまた、「間違ってるな」

 行脚の僧は、「ダメ」と言った老師に訊ねます。

「前に行ったところの老師は『よし』と言ってくれましたよ、どうしてあなたは『ダメ』なんです?」

 老師は答えます。

「前の老師の答えはよい。お前がダメなのだ。老師によいと言われた、お前の立っているところは、結局は無くなってしまうものだ」

 この話を私はこんなふうに読んでいます。

 行脚僧が「立っているところ」とは、彼が「真理」だと思っているアイデアです。それを最初の老師は肯定しました。

 次の老師が「ダメ」出ししたのは、最初の老師が行脚僧の真理だと思うことを肯定したことではありません。それは一つの見解としてあり得る話でしょう。

 しかし、その肯定によって、一定の条件下でしか成立しない見解を、行脚僧が絶対の真理のように錯覚することを、老師は「ダメ」と言ったわけです。

 ですが、この問答の核心は、コメント老師の「間違ってるな」にあります。この老師は、「よし」も「ダメ」も、両方間違いだと言うのです。

 なぜなら、「ダメ」の老師も自分の見解を言っているだけで、そこに絶対の根拠は設定できないからです。すなわち、およそ自分の立っているところには、コメント老師の「間違ってるな」も含め、無条件に通用し得る、何ら確実な支えもないということです。

コメント (41)
この記事をはてなブックマークに追加

年の瀬の放言

2017年12月30日 | 日記
 年末に鬱陶しい話ですみません。ご海容ください。

 人並み以上に道徳的とは到底思えない政治家が決め、誰でもそうであるように、道徳的かどうかは時と場合と人による教員が、学校で教科として「道徳」を教え、しかもそれを成績のごとく評価するという、およそ馬鹿げたことをするくらいなら、ぜひ試みてほしいことがあります。

 それは、いわば「生死」科を義務教育にすることです。つまり、家族をつくり、次世代を担う子供を持ち、彼らを育てていくこと。そして、ついに自分や家族が老いて死んでいくとはどういうことか ーーー 自分自身についても他人についても、それをどう考え、どう扱っていくかを、実地に学ぶのです。

 私は、時々、面会希望の人たちと話していて、この人はどうしてこれほど親との関係で苦労しなけれいけないのかと、気の毒になることがあります。また、世上では児童虐待の報道が絶えず、どうみても親にならない方がよかった思う人物を目の当たりにします。


 他方、老いと介護の問題も、家族が小型化するにつれ、単に身内の「情愛」で始末がつかない状況になり、私自身も周辺で「介護殺人」一歩手前かというような、深刻な苦境にある人たちを見聞きします。

 私は児童虐待や高齢者の虐待は、レイプ同様、「魂の殺人」に近いと思います。特に児童虐待は、その深刻な精神的後遺症を考えると、「殺人未遂」レベルの刑罰に相当すると思います。

 今や、我々の社会は、家族を作り、子供を持ち・育てること、老いて死ぬことと看取ること、これを家族や地域において「自然に」学び身に着けることのできる環境にありません。赤ちゃんやお年寄りと日常を共にすることが、とりわけ人口が集中する都市部では、普通のことではないのです。

 それらの意味と方法(公的補助・サービスの現状を含む)を、社会的配慮の下、きちんと早いうちから教育しなければいけない時代がついに到来したのではないでしょうか。

 たとえば、小学校に保育園、中学校に高齢者施設(逆の方がいいか?)を万遍なく併設してみてはどうかと、私は最近よく思うのです。

 そこで乳幼児や高齢者と否応なく触れながら、生きていく過程において起きてくる具体的な問題を発見しつつ、身体的行為を通じてそれに取り組む。これによって人間の「生死」の現実を学ぶほうが、よっぽど「道徳教育」に資するはずです。

 もしそんな教科があれば、万一虐待されている児童・生徒がいたとしても、彼はそれがどれほど理不尽なことか気づけるかもしれません(ご承知のように、被虐待児はそれでも親を庇うし、その結果自分の方が悪いと思い込もうとするケースが多い)。

「子」を持つと決めた瞬間に、そこに無条件で一方的な責任が「親」と、親子関係を規定し次世代を必要としている「社会」に発生します。

 動物が行うことのない看取りは、いわば人間として社会に生きることの代償であるとともに、尊厳でしょう。

 その責任を果たし、代償を引き受け、尊厳を得るために、学校での「生死」科という提案は役に立たないでしょうか? 少なくともオヤジの思い込みだけでやっている「道徳」科(こんな浅薄なことを主導しているのは、中年以上の男に違いないと思う)より数段マシだと、同じオヤジの(もうジイさんか)私は思うのですが。

 今年も本ブログをお読みいただき、ありがとうございました。皆様の平穏な迎春を心より祈念申し上げます。
コメント (103)
この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせのご報告

2017年12月20日 | 日記
 年の瀬に遅ればせのご報告と御礼を。

 今年恐山で3回行いました「坐禅と講話の会」、全部で49名の方をご参加をいただきました。ご参加の皆様、まことにありがとうございました。またお疲れ様でした。

 平均すると1回が16名前後となりましたので、結果的に、とても余裕を持って行うことができました。

 坐禅は初回20分、翌朝30分でしたが、皆さん熱心に坐っていただき、中には初心者とは思えない坐相の方もおられました。

 講話は、いくつか禅問答を取り上げ、それをネタに仏教のアイデアを講釈しましたが、レジュメ通りに終わらない私の話の常として、半分もご紹介できませんでした(いつでも、どこでも、この種の「私流」講義≪法話や講演は別≫は、どうしても中途で時間切れになる)。反省しています。

 来年の検討課題としては、すでに複数回の参加者もおられるので、次回から初心者コースと経験者コースに分け、年2回で行ってはどうかと考えています。

 あと驚いたのは、過去に2度だけ行ったことのある「恐山の参禅」を、復活させてほしいという要望があったことです。あれを知っている人がいたこと自体が驚きでした。

「恐山の参禅」は、2泊3日で行う、永平寺などにおける修行僧の僧堂生活により近い内容での、いわば「簡易修行体験」的催しです。以前、歌手で俳優の土屋アンナさんが恐山に来られ、これに近い修行を体験していただき、NHKが放映しました。大よそはあの通りで、動画投稿サイトにまだ番組がUPされているかもしれません。

 ただ、これを行うのはなかなか簡単ではなく、来年すぐに実施するかどうかの判断は保留中です。

 いずれにしろ、ご要望やご意見をいただきながら、来年も行いたいと考えていますので、よろしくお願いします。
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

気持ちと言葉

2017年12月10日 | 日記
 依頼されて、何らかの思いのある方と面談することがあるのですが、そういう時に、特に若い人からしばしば言われるのが、

「そうです、そうなんです、それが言いたかったんです」とか、

「どうして私の気持ちがわかるんですか?」とか、

「あなたに言われて、やっと自分の気持ちがわかりました」などなど・・・。

 実を言うと、私は相手の気持ちがわかっているのではありません。だって、他人ですから。想像しているだけです。想像して、相手の言いたいことはこんなことかな、と思うわけです。

 こういう相手と話しているとわかってくるのは、自分の気持ちを他人に語る基本的な言葉の力が不足していることです。だから、こちらが想像して、こんなことを言いたいんだろうなと、必要そうな言葉を渡してやると、まさにその言葉が相手の気持ちの輪郭をはっきりさせるわけです。

 すると、こちらは言葉の補助をしただけなのに、そういう言葉を提供できるのは、自分の気持ちがわかるからだろうと、相手は思うらしいのです。

 現代の若い世代は、SNSなどで、膨大な言葉をやり取りしています。私などには、それが言葉の大量生産・大量消費の経済活動のように見えます。すると、その「市場」からは、厄介なもの、難しいもの、否定的なもの、苦しいものなど、「売れない」言葉は流通しにくく、排除されていくでしょう。

 そうでなければ、そういう言葉は、単純なのに不明瞭な断片と化して、地下に潜って方向を失い、ただ渦巻くことになるように思います。

 しかし、「自己」という実存には、まさにそういう「売れない」ことを、必要な時に確かに明らかに他人に語る言葉が必要なのです。その言葉が萎えるのは、深刻な危機と言えるだろうと、私は考えます。

 ただ、最近思うのは、この状況が、どうやら若い世代に限らないらしい、もっと上、中高年といわれる世代にも言えるかもしれない、ということです。

 彼らの場合、言葉の力の不足というより、自分の「切ない」状況にきちんと向き合い、考え、最後にそれを言葉にするだけの、時間と余裕がないのです。そんな「非生産的」なことをしていたら、「市場」の「競争」に負け、「レース」に後れるからです。

 この状況は、若い世代同様、実存を蝕むでしょう。崩れるとき、言葉と実存は共に崩れるのです。
コメント (58)
この記事をはてなブックマークに追加

「死」幻想

2017年11月30日 | 日記
 いずれ死ぬはずの未来、まだ死んでいない現在、既に死んだ過去。「自己」という時間は死から流れる。

 「神」と「真理」は死の影である。

 死についての語りは、その内容ではなく、語る欲望と語り方に意味がある。

 死の「恐怖」は、「それがわかるはずなのにわからない」と錯覚することから生じる。

 ある種の人間は、死の「不安」を眺めているうちに、それに慣れる。

 死は観念。生はイメージ。その裂け目のリアル。

 古今東西、大抵の人間がしているのは死の話ではない。死ぬまでの心配と死んでからの成り行きである。誰も死の話はしていない。

 死と、死者と、遺体と、死体と、その違いを区別してから、話を始めるほうがよい。

 死と言葉と意識。親のいない三つ子。

「死ぬ準備」を本気でしようという人は、死が準備可能だと考える時点で、自分が「死ぬ」とは思っていない。

「死」の終わり、それが死である。
コメント (139)
この記事をはてなブックマークに追加