SHINKO の ブログ日誌
今日を大切に生き、明日を信じて未来を語りたい …
 



サムネイル写真をクリックして下さい
 < <画像〔1〕 <画像〔2〕 <画像〔3〕 <画像〔4〕 <画像〔5〕 <画像〔6〕 <画像〔7〕 <




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ボタンに マウスオンで、写真が縦、上下にスクロールします

山陰の松島、浦富海岸

<

日本海の荒波と厳しい風雪で削られた
断崖絶壁の洞門や洞穴

その豪快な景観から
山陰の松島と言われています

どこまでも透き通る海水に浮かぶ島々は
黒松や野生の菜の花に飾られています

鳥取砂丘の横の、この浦富海岸島めぐりは
潮の香り、爽快感200%で目を見はるばかりの
景観です。 ダイナミックな感動があります
<
< <



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




下のサムネイル写真をオンマウス&クリックして御覧下さい
<
<ビクトリアの滝とサファリ~南アフリカの旅
<<<<<
<


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




のんびりとマイペースの水鳥たち… うらやましい!?生活です
写真をクリックして御覧下さい
<
>
<>

<最初の画に戻る





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




<中国のスイスといわれている天池です
標高5445mのボゴタ峰中腹で天山山脈の
雪解け水をたたえています
伝説の仙女と周の国王がここで酒を
酌み交わしたといわれています
<


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





鶴見緑地公園にて
<

とりどりの蘭の花<
< <


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




3月25日、以前、登った六甲のロックガーデンよりもさらに険しい
荒地山(こうちやま)登山に挑戦しました。朝方は少し雨模様でしたが
芦屋川の駅に着いた頃には雨もあがりラッキーでしたが…足のすくむような
思いの場所も数箇所あり、足をかける所もない急勾配の岩山を仲間の人達に
支えてもらって必死でよじ登っていきました。後戻りは出来ない場所で進む
しかなく何かを考える余裕もありません。何故?そんなにしてまで登るの?
と問われ、かって山男達は「そこに山があるから
と答えたという有名な話がありますが、少しだけ
ほんの少しだけ解った様な気持ちになりました。
本来は、出来ないこと、しないこと、を経験できたという達成感があります
途中で見た山つつじや可憐な花、雄大な景色に癒されました。



 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




白梅の写真の上でマウスオン で紅梅に
紅梅の写真の上でクリックオン で
大きな画像の枝垂れ桜に変身!です
 <>

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




浮かび上がる写真10枚のスライドショーです
写真をクリックして御覧下さい








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




浮かび上がる写真10枚のスライドショーです
写真をクリックして御覧下さい




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ