青い鳥の世界へ

人として厳しい中で生きていかなければならない中、少しでも良い世界になったら。そして、より明るく、清らかに、暖かく。

ブログ記事内容の変更

2018年07月04日 | 日記

これまでの私のブログ記事は、本来の「宗教観、人生設計(人生観、処世訓)、詩、短歌、日記、俳句と川柳」だったのですが、ついつい「政治や社会問題」に辺だってしまいました。
それで今後は、本来の目的の記事の掲載にしたいと思っています。

政治や社会問題ごとに関りますと、ストレスになります。
その記事をご覧になられる方たちにも、ストレスを与えてしまっていたと気が付きました。それで辞める次第です。

それに私には、今一つ取り組んでいるものがありまして、これを何とか完成させたいと意気込んでいます。
それは「小説」です。もう7.8年前くらいから取り組んでいますが、いかんせん素人ですし、障害のある身でもありのますので気が萎える時もあったり入院したりで、まだ半分もできていません。しかしそれでも諦めずに、5年たとうと10年たとうとやり遂げるつもりです。
だが最近はPCに向かっている時などもふら付き、長く向かっていられないので゛中々です。

コメント

7月の壁画

2018年07月04日 | 日記

ディサービス利用者により制作差それた、7月の壁画です。

コメント

七福神壁画

2018年06月06日 | 日記

ディサービス利用者の方々によって製作された、「七福神」壁画です。

コメント

6月の壁画

2018年06月02日 | 日記

私が通所しているディサービス利用者の方々が製作された、6月の壁画です。
「菖蒲」の花が、一ぱい咲いています。

コメント

人類の決断

2018年04月27日 | 日記

南北 年内に終戦宣言へ=「朝鮮半島非核化」確認

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は南北首脳会談を行い、朝鮮統一の居相をお互いが決断して宣言した。
これはまた、人類が行わなければならない決断を託している。

その一つに、世界各地で打ち続く内戦などの戦闘停止の決断であり、さらには米国、ロシア、中国、英仏やインドなどの核保有国が、核保有の廃止と破棄の決断すべき時でもある。
そしてそれはまた我が国が、これまでのように米国の核の傘に依存すべきではないことの、決断を迫らされている。
さすれば人類の世界に、その決断によって人類の内に平和と統一の機運が盛り上がっていく。

コメント

睦月の壁画

2018年01月04日 | 日記



デイサービス利用者の方たちが精魂込めて制作されました、平成30年睦月の壁画です。

コメント

親子バンダ

2017年12月22日 | 日記

ディサービスで利用者の方たちによって作られた、親子バンダの雪だるまです。中身は新聞紙で、その上に薄い千代紙を何枚も貼り付けられ、絵の上手な職員さんによって「目鼻立ち」が描かれました。

コメント

実りの秋

2017年09月03日 | 日記

今月初めの利用日に参りますと、すぐに目に飛び込んできたのは、今月の壁画。
政策に従事されていられた、利用者の方たちの思いが伝わってきますね。
そして猛暑につかれた体が、とても癒されます。

コメント

バイキング

2017年06月22日 | 日記

昨日の21日は「夏至」でしたね。
今年の折り返し点です。
その夏至に合わせたように、こちらではやっと梅雨入り宣言が出されました。
天気も申し合わせたように日がな一日雨の日だったのですが、一夜明けた今日は、朝から良い天気になっています。
ディサービスではその良い天気の青空の下、パラソル広げてそよ吹く風の中でバイキング献立を頂いています。

★ 梅雨入りの 直後の晴れに 空の下
     ディサービスの バイキング美味し

https://youtu.be/Tk-oYmb8G5s

コメント

母の日の贈り物

2017年05月14日 | 日記

今日の子クラブ、小物作りに参加しました。
アジサイ作りの方ではなく、バラ飾りの方です。
明日は「葉の日」ですので、その贈り物作りの、ちょっとした加保飾り作りです。
それで「奥さんにできたものを差し上げてください」となって、やらされることになってしまいました。
「今更、な」という思いもないではありませんが、私は縁あって40代の頃お釈迦様の教えに触れる気になり、次のようなお話を覚えています。

「大海に、メクラで年を取った大海亀が泳いでいたとしよう。そこへ大きな古木と遭遇した」

お釈迦様はそう述べた後、

「こうした状況は、何千億、何万億年後の未来にも、また同じことが行われる」

私はこのお話を思い出し、このお話と同様私たち夫婦は、何千億、何万年億の未来、来世において、また夫婦として沿い合うということを意味したものと受け取らざるを得ません。
それだけではありません。
お釈迦様のこのお言葉はまた、何千億、何万年億年も前の過去、過去世゚においても、夫婦して沿い合っていたことを語っているといってよいでしょう。
「夫婦は二世」などと言いますが、二世どころか何千万世です。第一、宇宙というものは、絶対壊滅するものではありません。例え破壊されても、すぐに再生が、復活が行われます。そしてまた、いつか今と同様の状況も再現されることになります。
今の人間は、民主主義の基本的人権を振り回して我儘になり、すぐに別れるの離婚するのと言っています。
今という夫婦なれば、その夫婦の暮らし方そのものが、来世においても再現されます。ですから来世においても、良き夫婦、仲良き夫婦であるように、今の今生において仲良くしていくべきでしょう。
しかしこれは夫婦間のことだけでなく、人類全てに渡ることでもあります。殊に首脳という立場の人たちの行為が、そのまま来世にまで引きずっていくことになりますから、余ほどこのことを弁えること、それは宗教心に根差していますから、宗教という信仰心を持った生活が大事になってきます。

https://youtu.be/WsCWQLAlIEs

コメント