Be ambitious!

日々の出来事から感じたことを
仕事・働き方・ライフスタイルを
通して考えていきます

自分の人生を変えた作品『船乗りクプクプの冒険』

2018-01-03 | 自分を整理するために
お正月気分もだんだん落ち着いてきてFacebookを眺めていたら、「トリビア自己紹介」というものが出てきました。
質問は「自分の人生を変えた作家は?」
お正月だし、気持ちの整理のためにも記録に残しておきたく、少しまじめに書きました。

私の人生を変えるというか、考え方を変えたのは北杜夫の『船乗りクプクプの冒険』。
この本は、なんといっても設定がメチャクチャなのに、とても奥が深い。結末も夢オチのようなありがちなものではありません。
文章は明解で、南の島の暑さが読者にも伝わってくるぐらい。それと同じように主人公クプクプの「え~どうしよう」という気持ちに、自然に入っていくことができます。なのでまじめに読むというよりは、変な話だな~と思いながら読みすすめていたのですが、クプクプを優しく応援してくれる大男ヌボーの言葉に衝撃を受けました。(以下、ネタバレです)


クプクプが先輩に理不尽な意地悪をされ、空を飛ぶカモメを捕まえろと言われたとき、クプクプは途方にくれて立ちすくんでいました。そこにヌボーが現れて一言、
「カモメなら釣ればいい」とアドバイスし、驚いているクプクプをよそに、釣り竿に魚の肉をつけて海に放り込みました。するとすぐにカモメが海に舞い降りてそのエサごと飲み込み、たぐり寄せると本当にカモメが釣れます。

クプクプが感動して、ヌボーは本当に頭が良いというと、ヌボーが、
『カモメをつる方法を知っていたって、ちっとも頭がいいことにはならない。おれは長いこと海にいたから知っているだけなんだ。なにかを覚えていても、頭のいい証拠じゃあない。その知識から自分でくふうして、応用できる人が頭がいいのだ』(船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫)より抜粋)

海に釣り竿を入れてカモメを釣るという発想にも感動したのですが、知識を自分で工夫して活かさないと本当に頭をつかっていることにはならないという言葉に衝撃を受けました。初めて読んだのは小学生だったのですが、子どもながらも覚えるだけじゃダメなんだと、新しい知恵が入った瞬間でした。
そして、自分も応用できる大人になりたいと心に決めたことを覚えています。

さて、今の自分はそれを実行できているのか。

自分で答えが見つからなくなったときには、たまに読み返してその気持ちが折れないように元気を貰っています。

船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫)
クリエーター情報なし
集英社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年の始まりはやっぱり福梅

2018-01-01 | リフレッシュ
明けましておめでとうございます。

大晦日に慌てて作ったお節を食べながら、娘と夫と初詣。天気も良く暖かく穏やかなお正月を迎えています。
息子は、美味しい物が食べたいと金沢に一人で帰省。息子大好きの母は大喜び。孫ならではの孝行です。


ちなみに、私のお正月は、金沢独特のお正月の和菓子、福梅から始まります。今年は西武に入っている小出さん。なので、大好きな金つばも買ってしまいました。

今年でNPOフラウネッツは15年、会社は11年目に入ります。初心を忘れず、心も体も引き締めて頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小浜島に行くなら夕食は居酒屋で

2017-12-27 | リフレッシュ
今年は夫婦二人で小浜島はいむるぶし
   

ホテルの料理もいいのですが、せっかくなら島の料理が食べたいと、夕食はホテルを抜け出して、島の居酒屋「SANUFA/サヌファ」に行きました。食べるのに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れてしまったのですが、本当に美味しい。もちろんちゃんぷるをはじめとした島の料理がオススメとのこと。

ちなみに2日目の夕食も、島の居酒屋「さとうきび」へ。

写真は、おまけでいただいた紫紅いもとゴーヤのしゅうまい。2500円のコースなのですが、肉、野菜、魚と、まんべんなく小浜島の料理を満喫できました。お話を聞くと、マスターは元はいむるぶしの料理長。どの料理も素材を大切にしていて、優しくてどことなく上品な味わいなのが納得です。

翌日、午前中に西表島へ。
    
ボートでマングローブや西表の説明を聞いたあとは、水牛車に乗りながら由布島へ、
ここで、牛と一緒に記念写真を撮影。1枚1300円という高価な値段なのですが、なんとなく映りが良かったので買ってしまいました……。

小浜島に戻り、電動自転車で島一周。島はかなりアップダウンがあるので、たぶん電動じゃなかったらもたなかった……。島一番の標高をほこる大岳の展望台には、登山とまではいかないまでも階段を5分ほど登らなければいけません。しかし、そこからの景色は八重山の島々が見渡せて最高。汗をかいて登って本当に良かったと思える眺望でした。
  

目の前に広がるのはさとうきび畑。島の西端からは西表島が近くに見えます。
  

 
今回の旅のもう一つの目的の南十字星を一眼レフカメラで撮影すること。
でも、こちらはどんよりと雲に覆われてしまい叶わず……。というか、朝5時に起きて浜辺にでたのに、カメラのリモコンを探しに部屋に戻りタイミングを逃してしまいました。アシスタントなら、ゲキ怒られるレベル。ちょうど、「星空Café」が営業中だったので21時頃からまた海辺へ。残念ながら、星はあまり見えませんでしたが、波の音を聞きながら南国の夜を楽しみました。

次回は、満点の星空を撮影するぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナターレフェスタ2017

2017-12-10 | イタリア語を覚えて何をする?
今日はイタリア語クラスのナターレフェスタでした。

パーティーで人と話すのが苦手な自分にとっては何事も挑戦。

でもイタリア語は、英語と違って上手く話せなくてもみんな楽しい(笑)
料理もワインも美味しいからかな(笑)

かなり酔いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20歳。母親業も20年

2017-12-02 | 自分を整理するために
息子20歳の誕生日。

20歳という区切りもあり、来年から一人暮らしを始めることになりました。

お酒も無事解禁で、さっきみんなで食べに行った焼肉屋では竹鶴のハイボールを頼んでいました。
気がつかないうちに、だんだん大きくなるなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚労省「雇用類似の働き方に関する検討会」委員を務めます

2017-10-25 | フラウネッツ活動報告
厚生労働省が行う「平成29年度在宅就業者総合支援事業」(委託事業)による標記検討会について委員として参加します。
検討委員として、現状把握はもちろん、課題を明確に浮き彫りにし解決の糸口が見つかるよう努めます。




■朝日新聞記事
一人親方・フリーランス…雇用に似た働き方、実態調査へ

■NHKニュース
個人事業主などの働き方 実態調査へ 法改正の必要性も検討
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西東京市柳沢公民館主催「私が輝く!ライフスタイル~私・子育て・仕事をみつめた理想のあり方、暮らし方~」

2017-10-25 | フラウネッツ活動報告
西東京市柳沢公民館主催の講座、「私が輝く!ライフスタイル~私・子育て・仕事をみつめた理想のあり方、暮らし方~」の中の、
第5回目「自分にあった働き方と自分サイズの起業」を、代表の宮田が担当させていただきました。

あいにくの雨でしたが、参加者の皆さんの静かだけど熱い想いに感動しました。
実は、他にも保谷中学校の皆さんが、公民館の仕事について社会科見学中。
いつもより少しだけ緊張したセミナーになりました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分しか書けない書評『国語好きを活かして在宅ワーク・副業を始める 文字起こし&テープ起こし即戦力ドリル』

2017-10-20 | 今、読みたい本
国語好きを活かして在宅ワーク・副業を始める 文字起こし&テープ起こし即戦力ドリル
廿里美
エフスタイル


10月25日に、『国語好きを活かして在宅ワーク・副業を始める 文字起こし&テープ起こし即戦力ドリル』が、
全国書店にて発売となります。著者は廿里美氏、発行はエフスタイル、発行人は私です。
ということで、発行人の私しか書けない書評を綴りたいと思います。

ある日、社内の広報担当が涙をふいていました。
周りの社員が「どうしたんですか?」と尋ねたら、この本の自己紹介を読み、思わず泣いてしまったとのこと。
特に泣かせるような文面ではないのですが、廿氏の経歴を知らなかった広報の彼女は、
少々びっくりしたのかもしれません。

その通り、今回の本には、読んだ人が驚くほど、何気ない箇所に著者の“ホンネ”がつまっています。

例えば、第1章 12ページ。

文字起こしの仕事は本当に存在するのか?
という問いに、著者は明確に「仕事はたくさん存在します」。と答えています。
ただ、読者が本当に質問したいことは、

文字起こしを勉強した後に、仕事をスタートするルートはあるのか?
なのではないかと、問いかけます。そしてその答えについての方法を書いています。

仕事はたくさんあります。でも、残念ながらまともな報酬の仕事は、プロ仕様です。
クラウドソーシングサイトで探せば、ものすご~く安価な案件はあるかもしれませんが、
その仕事を請けるために、在宅ワークを始めたわけではないはずです。

この本は、読み進めながらも要所にドリルが埋め込まれていて、
解決し、スキルをつけながら進むようになっています。
例えると、ドラクエの小さなミッションをクリアするかのようなイメージです(笑)
飛ばしてもかまいませんが、後で自分が困るはずです。

ドリルは音声データをダウンロードし、実際に起こします。
音声は、声優の小島英樹(アミュレート)さんにお願いしました。
いろいろと読み分けていただき、こちらも聞き応えアリです。

あと、本の表紙であるカバーデザインは、あまちゃ工房の天野勢津子さんにお願いしました。
これは、天津さんの水彩画に一目惚れしお願いとなったのですが、
実は天津さんは、図書館や男女共同参画センター勤務経験のあるそうで、本の主旨に理解をいただきました。

「歳をとり、大人になって新しいことを始めたいと思っても、少し勇気がいる。そんな人たちを応援するイメージにしたい」という、
私の無謀なオーダーも、上手にイラストに盛り込んでくれました。
ちなみに、裏表紙には、表紙のイラスト+小さなメッセージが書いてあります。
手にとられた方は、ぜひ確認してみてください。

書評というよりは、ただの広告になった感はありますが(笑)、
読みものとしても、十分に楽しめますので、お手にとってみてください。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州 松本城のみどころ

2017-10-08 | リフレッシュ
仕事しか予定がなかった3連休、日帰りで長野県松本市に行ってきました。

松本城では、「信州 松本そば祭り」なるイベントが開催されていて、そばの他にも果物やら野菜がたくさん。
試食を楽しみながら、東京よりもずいぶんお得な「シャインマスカット」や「秋映」「シナノスイート」を確保し、そばブースに向かいました。
そばブースでは、悩みながらもご当地がいいなということで、「奈川そば」と「ぼくちそば」を食べました。イベント会場とはいえ、しっかり作られた味に満足。できれば、お店でゆっくり食べたかったかな……。

ぼくちそば 
 


こちらは奈川そば 店員さんの背中には、粋な小唄が。
  

お腹がいっぱいになった後は、松本城へ。観光シーズンということもあり、入城するのに60分ぐらいかかりました。
人数制限があり、ちょうど良い具合に私たちの前で仕切られてたおかげで、
係の方に松本城の秘密を解説していただくことができました。

私も取材さながらに質問。何人か城主が変わっているが、松本市の人たちの「お殿さま」といえば誰なのか。と聞いたところ、
「石川数正」と係のおじいさんは答えてくれました。
石川数正は、徳川家康の人質時代を供にし、その後秀吉に仕えた武将だと聞きます。
正確には、数正と二代目の康長にて松本城の基礎を作ったようです。


松本城は住居というよりは、戦うためのお城であったこと。入城する前にこの解説を聞けたことで、
よりお城のなかにあった解説をスムーズに理解することができました。

お城のなかは、鉄砲博物館かと思うぐらい、鉄砲について詳しく展示されています。
長篠合戦屏風(レプリカですが)と比べながら、その鉄砲隊の活躍の様子を見るのは非常に面白かったです。

その後、市役所前から30分ほどバスに揺られ、石川氏が造営したという浅間温泉へ。
日帰り温泉「枇杷の湯」に行きました。
美肌の湯というだけあり、お肌はツルツル、さっぱり。
その後、「そば処あるぷす」で天ぷらと十割そばを頼み、
信州のそばを十分に堪能したところで、またまたバスに乗り、松本駅から東京へ。


弾丸ツアーでしたが、大満足な休日となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SAITAMA在宅ワークビジネスマッチングフェア 懐かしい出会いに感動

2017-10-04 | フラウネッツ活動報告
昨日のことになりましたが、埼玉県主催のSAITAMA在宅ワークビジネスマッチングフェアに参加させていただきました。
約200名近くの方が参加。その中でとても嬉しい出会いがありました。

約10年近く前、採用サイト制作のお手伝いを得意先の社内にて行っていたとき、
制作と同時に、私と別のスタッフが入力として入っていました。
その時に、ご一緒していた方が、なんとこのイベントに参加、フラウネッツを訪ねてくれました。
その方が結婚し退社するときに、うちのスタッフが「在宅で働くという方法もある。
将来、在宅で働きたいとき、フラウネッツを訪ねて」とアドバイスをしたそう。
それを覚えていたそうで、今は在宅ワークを選び校正をしているそうです。

毎日、ミスチルの“HANABI”を何度も聞いて、一喜一憂しながら、迷いながら進んでいますが、
その道が間違いではないんだと、少しだけ、思わせてくれる嬉しい瞬間でした。

その方の話しを聞き、嬉しくて泣きそうになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日 2017

2017-09-27 | リフレッシュ
家族で、新宿JYAKENで鉄板焼。その後、自宅でケーキ。

今はにぎやかだけど、子どもたちが大きくなり独立すると、
だんだん揃わなくなってくるのかとかなと考えてしまいました。



ラインでは、高校時代の友だちからメッセージ。
18歳の時から何年たつかな(笑) 。

たくさんのお祝い、ありがとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エフスタイル10周年社員旅行

2017-09-02 | 仕事を楽しむために
今年は会社設立10周年ということで、週末は社員で軽井沢に記念旅行にいきました。

実は社員旅行ってどうなのかな~と思っていたのですが、
女子旅のせいか、みんな本当にすっごく楽しかったようで、良かった!
 

子育て中の社員も赤ちゃん連れできてくれたのですが、
経験豊富なメンバーが揃っているので、
何の問題もなし。

いやあ、良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第5回赤羽萬次郎賞 佳作に入りました

2017-08-11 | 自分を整理するために
  

地元金沢の北國新聞社が主催する「赤羽萬次郎賞」の佳作に入選しました。

公募ガイドをながめていて初めての出品。タイトルも「ふるさとへ」だったので、
思うところを書いてみました。Facebookでつぶやいていることをまとめたような感じです(笑)。
出来上がりは、辛口の妹と子どもたちにダメ出しをしてもらいました。

8月11日には、北國新聞社での表彰式に出席するために金沢へ。
夫と母も来てくれました。

表彰をいただいたときは、思った以上に緊張しました 😊

これからも、もっともっと感性鋭く、良い文章が書けるよう頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イライラする問題 数学好きと国語好きの違い

2017-06-22 | リフレッシュ
数学が大嫌いな私のお腹から生まれたのに、なぜか高1の娘の得意科目は数学と理科。

そのせいか、物事の考え方にも多少の違いがあって、
たまに話し合うと、こんなところにストレスを感じているんだ!という発見があります。

娘によると授業を受けていて、イライラするのが、答えが一つではない英語や国語。
国語好きの私から言わせると、
答えというか解釈が一つでないから面白いと思うのだけど、
娘はこれが好きじゃない。

「先生本人も、
『まあ、ここにLikeが入っていても間違いではないですね』とか言うんだよ。
どっちじゃーって思う」

とのこと。その曖昧さが面白さだとはとらえないらしい。

ほかにも、
「試験はハッキリ『小数点第二位以下切り捨て』とか表記があるからいいけれど、
 授業中の何気ない問題で、『1/3として計算~』とかカンタンに書いてある問題があって、
 どこまで計算すればいいんだーってツッコミをいれたくなる。無限級数であーだ、こーだ」

ごめん、数学に詳しくない母は、無限級数の意味をちゃんと理解していないかも……。

ちなみに私は「Aくんが8時に出発して、Bくんがそのあと5分後に出発して~」という算数の問題に、
どーして、AくんはBくんを待たずに出発したんだろう、
一緒に行けば、こんな問題考えなくて済むのに……と、
いつも思いながら、渋々問題に向かっていました(笑)

たぶん、電車に乗っていても、同じ本を読んでいても、
人によって感じ方やとらえ方はいろいろなんだと、
今さらながら改めて思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨古川『君の名は。』の舞台を訪ねて

2017-05-04 | リフレッシュ
ロケ先を訪ねることを「聖地巡礼」と呼ぶことが好きじゃないので、
そのままの言葉ですが、映画『君の名は。』のイメージとなった飛騨古川に行ってきました。


まずは、のんびりと歩きながら気多若宮神社へ。地元の方も含め、途切れなく参拝者の方がいらっしゃいました。


途中、「壱之町珈琲店」に寄りました。濃厚なカレーと美味しいアイスコーヒーをいただきました。
白壁土蔵の美しい、とても景観の良い街でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加