まにあっく懐パチ・懐スロ

古いパチンコ・パチスロ、思い出のパチンコ店を懐古する
(90年代のパチンコ・パチスロ情報がメイン)

黄門ちゃま・台湾Ver

2012-09-09 00:39:03 | 懐かしの台湾パチンコ

「黄門ちゃま・台湾Ver」

 

★現金機デジパチ(台湾で導入。その後、日本のゲームセンターに逆輸入された。)

★導入時期…1996年(平成8年)前後

★大当り確率…不明(推定1/500)

★盤面…初代「黄門ちゃま」(大当り確率1/240のノーマル機)の中古を使用。

★ゲーム性について

大当り絵柄は、通常の絵柄3つ揃いの他に、「234」「321」「798」などの続き目でもOK。

その為、通常時はリーチが頻繁にかかるのが特徴(リーチ確率…1/4程度)。

デジタルが揃うと、すぐさま中デジタルで「再抽選」を行う。中デジタルがリーチ状態でスクロールして、最終的に停止した出目で連チャン数を決定。1は単発、2ならダブル、3ならトリプル、という具合に、数字の数だけ連チャンする。印籠、おかめ、ひょっとこ、招き猫、でんでん太鼓、黄門、町娘の絵柄は、10連チャン以上が確定。最大で15連チャンする。

連チャンは、大当たり終了後の保留玉一個目で発生。連チャンを消化する度に、大当り出目がマイナス1されて行き、最後は「111」で当る。

また、単発大当り後に限り、大当たり終了後の8回転が「高確率状態」となる。この間、大当り確率が1/10程度にアップしており、当ればそこから7連チャンが確定する。

当時の台湾パチンコには、大当り前の「前兆」が存在した(アタッカーが一瞬開く、呼び出しランプが点灯・点滅するetc)。「黄門ちゃま・台湾Ver」の場合、「35〇」「46〇」「79〇」という形の「カンチャン待ち」リーチが連続すると、前兆パターンとなる。

大当り及び連チャン数が確定すると、店員が頭上に連チャン回数の表示札を刺す。「222」なら2連チャン、555なら5連チャン、000なら10連チャンといった具合。15連チャンならば、「000」と「555」の札を同時に刺してくれる。

(当時のお決まりアイテム、「連チャン札」)

 

当時の台湾では、大抵のホールで台の「掛け持ち」が認められており、一人が同時に3台を独占する行為も 良く見られた。但し、投資スピードが日本の1.2倍(玉が一分間に120発出る)の為、ハマリを喰らうと、とんでもない負債を作る事にもなる。連日のハマり過ぎて頭に血が上り、台を拳銃で打ち抜いてしまった輩もいたほどだ。

1997年(平成9年)1月3日に放映された、「TVチャンピオン・世界の達人に挑戦・世紀の4番勝負」において、本機が勝負機種として登場。出場者は大崎一万発、ベンツ小林。コーナー進行は松本明子。

コメント (2)